【頑張らずに理想の体型になる方法】④

 

 

では、いよいよ脚の部に入ります。

 

お腹と一緒で、

脚も柔らかくないと

細くすることはできません。

 

絶対にです。

 

 

むくんでいて、

ぱつんぱつんの状態では、

絶対に、痩せないのです。

 

 

なので、まず

足の指からほぐしていきます。

 

 

末端の足指は、

老廃物が溜まりやすいところです。

 

 

男性に多い痛風などは、

足の指が痛みますね。

 

風が吹いただけでも

痛いのだとか…

 

 

女性に多いのは

靴の形のせいで

外反母趾になっている人ですね。

 

 

まずは、

足指握手でほぐしましょう!

 

 

足の指、一本一本の間に

手の指を挟んでいきます。

 

なるべく根元まで

指を差し込みます。

 

 

肩こりがある人などは、

指が開きにくくて、痛いかもしれません。

 

 

でも、やった方が良いですよ。

 

肩こり、頭痛も改善されます。

 

 

 

足の指、特に小指ですけど

曲がったり捻れたりしている人が多いけど、

 

それも伸ばしておきましょう!

 

 

足の指はですね、

曲がってしまったものは、もう伸びないと

思っていらっしゃる方が多いのですが、

 

ちゃんと伸びます。

 

ちゃんと真っ直ぐになりますし、

爪も綺麗に生えてきます。

 

 

なので、諦めずに

痛くなくなるまで、真っ直ぐになるまで、

しっかりほぐしてくださいね。

 

赤ちゃんのような、

「やわやわ」な足指を目指しましょう!

 

 

 

そして、足の指に

手の指を根元まで差し込んだら、

 

一度、ギュッと握手をします。

 

 

 

これだけでも、驚くほど

痛がられる方もいらっしゃいます。

 

 

それだけ足の指の付け根には

乳酸、尿酸などの疲労物質

老廃物が溜まっているという事です。

 

 

ギュッと握手をしたら

今度は少し緩めて

足の指、全体を動かすように

ぐるぐる回します。

 

 

この時に注意していただきたいのは、

回すのは足首ではなく、

足の指の方(足の上部)です。

 

あくまでも、

最初にほぐすべきは「足指」です。

 

 

末端が大事です!

 

 

 

【足指握手】

 

 

 

足指が柔らかくなってきたら

次は、足首に移りますネ。✌️😊

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回の補足です。

 

 

お腹が柔らかくなったら

呼吸法で吐く時に

 

ググッとお腹を

凹ませるんですけれど、

 

 

凹ませたら、そのサイズのまま

キープして

肩の力を抜きます。

 

肩の力を抜いても

お腹は引っこんでいる状態です。

 

 

 

よく、氣功や太極拳で言われる

 

下は「実」…力のこもった状態

上は「虚」…ただスッと乗っかっている状態

 

になるわけです。

 

 

メジャーで測ると

よく分かると思いますが

 

呼吸を吐く時にお腹を凹ませると

5センチくらいは

一気に細くなります。

 

なので、マイナス5センチくらいは

すぐになれるというわけです。

 

 

そして、その状態から

更にまた呼吸を吐く時に

もう少しお腹を凹ませていきます。

 

 

肩の力を極力抜いて

その状態を

よくよく鏡で見ていただくと

 

自分史上、最高に

スッと美しく

立っている姿になるのです。

 

 

丹田は充実していて、

膝はほんの少しだけ緩んでいます。

 

肩はスッと下がり、

首が伸びたような、

(頭のてっぺんがスーッと上に引っ張られた感じ)

 

そんなふうに見えます。

 

 

これだけで

黄金比に近づいた気がしますね。

 

 

 

あとは、その状態を

「体に記憶させる」

だけです。

 

自分の脳が、

この状態が普通だ、いつもの私だ!

と、認識すると

 

気がつけば

その形に戻ります。

 

 

形状記憶の体になるわけです。

 

 

形状記憶の体になるには、

どれだけ繰り返し

体に覚えさせるか、に尽きます。

 

 

でも、

難しいことではないですね。

楽しい努力です。(^.^)

 

 

鏡とメジャーと仲良しになって、

 

思い出した時に

繰り返してください。

 

きっと、

効果はすぐに現れますよ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

【最近ハマっているフルーツポンチ】

 

今日は、なんと

マンゴーさんがご参加!

(頂き物です)ありがとう!

贅沢ですね〜〜

 

 

食べたいものを買ってきて

好きなように食べるのも幸せですが、

 

お裾分けでいただいた美味しいものは

特に幸せを感じます。

 

人のあったかさが入るからかな…

 

コロナで分断された世の中ですが、

直に会う、

人との繋がりは本当に大切です。

 

より幸せを感じて

いただきましょう〜(^.^)

 

 

【頑張らずに理想の体型になる方法】③

 

〜まずはお腹を凹ませる〜

 

 

さて、

なかなか難しい脚やせですが、

 

重要な事は

 

・流れを良くするために、体を締めつけない

という事と

・黄金比のバランスを考えて、「お腹を凹ませる」

 

という事でした。

 

 

お腹を凹ませるのは、

出来ます!

 

そんなに難しくはありません。

 

どうやって凹ませるかと言うと、

それは

「呼吸法」を使います。

 

 

呼吸法だけで

お腹は引っ込むんですけど、

 

準備がいります。

 

それは、

お腹を柔らかくしておく事です。

 

 

お腹が硬いと

呼吸法で引っ込めようとしても、

引っ込まないのです。

 

 

どこもそうですが、

硬いと痩せません。

 

 

 

むくみがあったりして

タプタプになっている人は、

一見、柔らかいように思いますが

そうではありません。

 

 

脚のむくみは、わかりやすいのですが

足首やふくらはぎが

むくんで太くなっている人は

 

触ってみると

ぱつんぱつんになっています。

 

 

この「ぱつんぱつん」

の状態では、

脚は、絶対に細くなりません。

 

 

ウエストも同じです。

 

 

脇から手を入れた時に

ぱつんぱつんで、

全然つかめない状態になっている人は

固まっているという事です。

 

 

 

上半身、上の方は

肋骨がありますね。

 

肋骨は骨です。

 

 

下の方には、骨盤があります。

ここも骨ですね。

 

 

骨は固定されているので

その幅は変わらないですが、

 

肋骨と骨盤の間は、

背骨 (腰椎) があるだけなので

(内臓はありますが)

 

いくらでも細くすることが

出来るのです。

 

 

ウエストの

脇から手をグッと差し込んでみて

肋骨と骨盤の間に

指が4本くらい入るのが良いです。

 

 

手がよく入らずに

掴みにくい人は、

 

内臓も下垂気味で

固くなっている、という事です。

 

 

なので、まず

脇腹をしっかり伸ばして

肋骨を引き上げる必要があります。

 

 

 

【こういう体操が効果的】

 

【肋骨を引き上げ肝臓も強くなる】

 

 

 

それから、

「側腹法」というのがあるので

それをやってみて下さい。

 

 

脇から手を入れて

ググッと中の方にまで

手が入るようになると良いですね。

 

 

 

脇腹が柔らかくなると、

呼吸法で

どんどん引き締める事が出来ます。

 

 

私は、全身が映る鏡の前で

ウエストにメジャーを巻きながら

呼吸法を実践していました。

 

 

呼吸を吐いた時に

何センチまで絞ることが出来るのか、

 

そして、それをキープしつつ

また繰り返して

呼吸をすることが出来るか、

 

鏡で確かめながら

やると良いかと思います。

 

 

鏡でウエストの絞れた自分の姿を、

脳にインプットするのは

良い方法だと思います。

 

 

 

体重はこの際、

あまり気にしなくて大丈夫です。

 

 

見た目が変わるのが重要ですから…

 

 

これは、実践すると

必ず変わってきますから

ぜひ、やってみてください。

 

バスト、ウエスト、ヒップの

黄金比を目指して!💪

 

 

 

ウエストのくびれが出来てきたら、

いよいよ脚に入ります。

 

脚についてのノウハウは、

また次回にお伝えします。(^^)

 

 

 

 

【お腹柔らかくしてお腹を凹ませる】↓

 

腰痛予防にもなりますヨ(^^)/

 

 

 

 

 

【頑張らずに理想の体型になる方法】②

 

〜流れを良くするには締め付けないこと〜

 

 

流れが大事なのは

ご理解いただけたでしょうか?

 

 

では、ここから

具体的に何をすれば良いか、

という事をお伝えしますね。

 

 

流れを良くするためには、

 

「流れを止めない」

という事です。

 

 

 

鼠径部(足の付け根)や

脇の下には

大きなリンパ節の集まりがあります。

 

 

ですから、この部分は

なるべく締め付けない方が良いのです。

 

 

 

なので、私は

脚の付け根(鼠径部)

を締め付けるような

きついショーツを履くのをやめました。

 

 

肋骨を締め付けるような

アンダーバストの小さなサイズの

ブラジャーもやめて、

 

アンダーバストのサイズを

徐々に大きくしていきました。

 

 

70→75→80

という具合にです。

 

大人であれば、

アンダーバストが

70とか75のサイズというのは

 

本来は、ありえないのです。

 

 

 

痩せたい!

 

という気持ちから

ついつい小さめな下着を選びがちですが

 

体を締めつけるのをやめないと

流れが良くなりません。

 

 

 

肋骨を締め付けると

充分な酸素が

入ってこないので

 

そこから

色々な不調を引き起こします。

 

 

ブラジャーのサイズと脚やせが、

何の関係があるのか、

 

と、お思いでしょうが

 

 

これが、関係大ありなのです。

 

 

私を信じて、ついてきてください。

 

 

 

 

何も知識が無かった頃は、

私も色々と試していました。

 

 

「ビューティフルレッグス」

 

という、おそろしく美しい脚をした

外人のモデルさんが載っている

分厚い本も買いました。

 

 

一万円くらいする本で

学生だった私には結構な高額でしたが

 

藁にもすがる思いだったのでしょうね。

 

 

あのモデルさんみたいな脚になるのか!

 

と、喜んで

メソッドを実践した覚えがあります。

 

 

 

ところが、

モデルさんのような脚を上げるポーズが

私には、どうしても出来ない。

 

 

楽々、涼しげな顔をして

していらっしゃるポーズが、

 

私には、キツくて出来ない。

 

 

 

こんなの出来るわけないじゃないか!

…と、

 

ほんの数日で、

さっさと挫折してしまったのでした。

 

 

そう、

急にダブダブの脚を

スイっと高く上げるなんて

 

出来るわけがないのです。

 

 

そんなことが出来るくらいなら、

もう、とっくに綺麗な

おみ足になっているはずです。

 

 

なので、

こういう体操系は

もっとずっと後から実践するべきです。

 

 

 

なので、

まず、やるべき事は

 

「体を締めつけない」

という事でしたね。

 

 

そして、

ここからは少し

バランスを意識していきます。

 

 

「黄金比」

というものです。

 

 

 

正面から見た時に

バストとヒップの幅は

 

だいたい同じくらいが良いのです。

 

 

ウエストはそれに対して

およそ 0、7の割合です。

 

 

1 :   0、7 :    1

 

の割合が

最も美しく見えるバランスだ

という事です。

 

 

 

 

アンダーバストを締め付けると

 

 

ウエストとの差を

小さくしてしまうので

 

 

絶対的に

「黄金比」

にはならないのです。

 

 

 

そして、

黄金比を作るには…

 

 

はい、そうです!

 

「ウエストのくびれを作ること」が

重要なポイントです。

 

 

 

ビューティフルなレッグスに

なるためには、

 

まずはお腹を凹ませる

必要があります。

 

 

 

 

けれど、

下半身太りでお悩みの方は

お分かりでしょうが、

 

 

脚を細くするのは

至難の業ですが

(私は諦めていました)

 

 

ウエストを引っ込ませるのは、

案外カンタンなのです。

 

 

 …という事で

 

次回は、

脚やせをするための方法ですが

 

 

その前にやるべき

「お腹を引っ込める方法」

 

をお伝えしますね。

 

 

 

 

 

【自作のフルーツポンチ】

 

どうしても食べたかったスイカと

常備のリンゴ

それから、頂き物の桃ちゃんも入って

(ありがたい)

豪華なフルーツポンチに!

 

作り置きの梅シロップと

炭酸をシュワワ〜っと(。・ω・。)

 

 

幸せの瞬間!(^.^)

 

 

 

 

 

【頑張らずに理想の体型になる方法】①

 

〜下半身太りからの脱却〜

 

そういえば、

ですけど

 

 

私は昔、

すごく悩んでいた事がありました。

 

 

体型の悩みです。

 

 

上半身に比べて脚だけが太い

下半身デブの悩みです。

 

 

いつの間にか

その悩みから脱却できていました。

 

 

それで、私が、

どうやってその悩みから脱却したのかを

 

思い出しながら

少し詳しくお伝えしていこうかな、

 

という気持ちになりました。

 

 

 

アンバランスな体型が

嫌で嫌で、

死ぬほど悩んでいたんですけどね。

 

 

同じように悩んでいる方に

参考にしていただければ、と思います。

 

 

 

 

まずなんですけど、

私は、自慢ではないですが

 

苦しいのは嫌いです。

 

 

体力も無かったので、

修行のような事もできません。

 

 

朝からのウオーキングなども

時間を決めてやってみた事もありますが、

3日しか続きませんでした。

 

 

 

だから、

そんな私でも

継続できる方法を徹底して研究しました。

 

 

 

そして、

納得できなければ

やる気が出ない性分なので、

 

なぜそうなっているのかも

納得できるまで調べました。

 

 

 

言わば、それが

 

私が今、

東洋医学や氣功、

 

整体の仕事をしている事に

通じて来るんですけどね。

 

 

東洋医学では、

下半身(脚)だけが大きい、

という事は、

 

老廃物が流れていない

水はけの悪い体、

 

(水毒)という事なのです。

 

 

血液は

心臓から送り出されていますね。

 

そして、末端(手先、足先)

まで運ばれて

また心臓へと戻って行きます。

 

 

リンパ液は、

血管のすぐ近くを通っています。

 

リンパの流れが「水の流れ」です。

 

 

末端まで行ったリンパ液も

老廃物を回収して戻ってくるのです。

 

 

が…

 

 

上の方は

心臓がポンプの役割をしているので

スムーズに流れる事ができますが

 

 

足の方は

心臓のようなポンプがないので、

 

ふくらはぎの筋肉が、

ポンプの役割をしています。

 

 

流れが悪い、というのは

毛細血管や毛細リンパ管に

詰まりが起こり

 

 

筋肉が硬くなって

動きが悪くなっているのです。

 

ふくらはぎの筋肉が

固まって、ポンプの役割が

果たせていない、という事ですね。

 

 

 

川の流れのように

サラサラ流れている時は、

 

綺麗な水(血液やリンパ液)ですが

 

流れが悪くなって、

停滞してくると

 

 

ドロドロした

ヘドロのようなものが

沈殿してきます。

 

 

そして、そのヘドロのような

老廃物が

 

足やふくらはぎ(下の方)

に溜まって

浮腫みの状態になってきます。

 

 

この浮腫みを

そのままにしておくと

 

冷え性や倦怠感、

腰痛、肩こりなど

いろいろな症状が出てきます。

 

 

そして、動くのも億劫になり、

また浮腫む、という

負のスパイラルになるわけです。

 

 

若い頃は、

東洋医学の知識など無かったので、

 

冷え症だと言いながら、

体が冷えるようなことばかりしていました。

 

 

知らないって、怖いですね。

 

 

とにかく、

流れを良くすることが

重要だということです。

 

 

何の流れかって?

 

「血の流れ」「水の流れ」

それから、東洋医学的に言うともうひとつ

「気の流れ」

 

目には見えないけれど

体を流れている

「波動エネルギー」の流れです。

 

 

この3つの流れ

「気」「血」「水」が、

たいへん重要なのです。

 

 

 

流れが良くなっていくと、

体もですが、

 

心も(精神的なこと)も

 

そして、なぜだか

環境も、

人生全般的なことが、

 

 

スーッと上手く

流れていくようになるのです。

 

不思議ですね。

 

 

 

この事を理解してからは、

 

理想の体型、

下半身痩せなど、

 

とうてい叶わない

夢だと思っていた事が

 

スルスルと、思ったように

なっていきました。

 

 

 

スタイルも健康も、

自分で作れる!

 

と、

自信を持って言えます!

 

それほどに

東洋医学は奥深いのです。

 

 

 

具体的な方法は、

またお伝えしていきますネ。(^.^)

 

 

 

次回へつづく…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【スリムジーンズも履けるようになった】

 

 

昔は、

脚を出すのが恥ずかしくて、

 

くるぶしまで掛かるような

ロングスカートばかり履いてましたっけね〜(^^)