新NISAを始めた方、あるいは始めようとしている方は読んでみてください。

私は、次の部分に共鳴しました。

 

「「投資は高値づかみをしてはダメというのが大原則です。NISAでも、利益が出ないと非課税のメリットは得られないのだから、大暴落して儲からなかったら意味がない。

今、大暴落は間近とおっしゃいましたが、足下では日本株は大きく上昇し、日経平均株価はバブル期の最高値を更新しました。そのような状況で、「こんなタイミングでNISAに踊らされて大丈夫か」という危機感がある? 

 澤上:大丈夫か? って、ダメに決まっています。確かに、オルカンもS&P500も、長期で持ち続けられればいいですよ。だけど、これから暴落して長期低迷するとしたら、そのときにみなさん、耐えられますか。
いま、日経平均は34年ぶりの高値とか言われていますよね?  逆に言えば、元に戻るまでに34年かかったわけです。


一度、暴落が始まったら、リーマン・ショック以上の落ち込みになると見ています。金融当局も、もはや救済する有効な手段を出し尽くしてしまっていますから。」」

 

 

 

上記の記事の続きです。

●本サイトが予想する
首都圏M8クラスの巨大地震の地震前兆のモニタリング

下記の4種類の地震前兆で、
第1項:千葉九十九里浜ラドンが484日ぶりの超ウルトラ濃度を2/22に観測。さらにリバウンドが続く。
第3項:東京スカイツリー送信静岡県西部受信ルートウルトラ伝搬異常。 205日間24時間継続タイプの伝搬異常継続中

第4項:千葉県八街市植物生体電位観測異常変動で、異常値のピークが、2/15-2/18となった。
同観測点の東日本大震災時には、ピーク発生後、40日後の、巨大地震発生となった。それをあてはめると、地震発生は、3/29となる。

しかし、今回の予想震源域は、プレートの三重会合点付近という非常に特殊な地域で、前兆発生から地震発生までが非常に長いという特徴がある。
そのため、1か月程度は、遅延すると推察する。

4月以降は、用意していた直前前兆観測データをあてはめながら、地震発生日を推測していく。

4種類の地震前兆
第1項:千葉九十九里浜ラドン  
12/28-2/15までは、大きな異常はなく、収束に向かうと思われたが、2/16に凡そ1000ベクレルにリバウンド
さらに、濃度は上昇。2/22に2627ベクレル。
2022/10/26に2346ベクレルを観測以降、484日ぶりに、2300ベクレル以上となる超ウルトラ濃度となる。

第2項:東京多摩東部のELF帯電磁波異常
2022/5/19から2023/4/4まで、320日、10.5か月継続した。
「東日本大震災におけるELF帯電磁波観測の異常期間:4か月」の2倍以上の期間となった。
4/5-5/13まで収束後、5/14-9/22の期間4か月リバウンド。
10/2以降、ほぼ完全に収束した。

第3項:東京スカイツリー送信静岡県西部受信ルートウルトラ伝搬異常
205日間24時間継続タイプの伝搬異常継続中

第4項:植物生体電位観測異常変動
千葉県八街観測点の同観測の日変動の推移から判断すると、
キンモクセイの植物生体電位の異常値のピークは、2024/2/15
モクレンの植物生体電位の異常値のピークは、2024/2/18

異常値のピークから大地震又は巨大地震の発生までの期間は、1-2か月
同観測点の東日本大震災時には、ピーク発生後、40日後の、巨大地震発生となった。


今回の異常値ピークから40日後は、3/29となる。
今回の震源域は、プレートの三重会合点付近という非常に特殊な地域で、前兆発生から地震発生までが非常に長いという特徴がある。
そのため、1か月程度は、遅延すると推察する。

肺がんが「たった30分」で治療できることも…想像を超えた、がんの「最先端治療」がスゴかった!

 

 

がんはもう「治らない病気」ではない…ウイルスや免疫が大活躍する最新「がん治療」

 

 

 

2本の記事で、紹介されている最先端療法

陽子線療法

重粒子線療法

CAR-T療法

光免疫療法

がんウイルス療法

詳しくは、本文をお読みください。

 

保険適用になっているのは、上記5種類の療法で、ごく一部のがんしか認められていません。

そのため、全額自費で負担する人も多い。

 

私が、1年前に、大学病院に脳の手術で入院したときに聞いた話は、

前立腺がんで北関東の陽子線療法(大学名は伏せます)を、受診。それ以外の摘出手術など一切治療なし

7年間、再発なく元気に暮らしている。全額自費だったそうです。

 

自分の友人で、がんが全身に転移している末期(4期)がん患者。

免疫療法と 自分の免疫細胞を人工的にパワーアップさせる CAR-T療法を受けています。

 

保険は効かず、年間3000万円以上かかるそうです。

 

がん保険で、どこまで最先端療法を受けられるか事前に調べておきことも大事ですね。

 

 

 

1/26報告続報

●東北方面
北日本FM局地震エコーが未だ、継続しています。
2/16がピークで、2/17は、2時間の短時間。
スタンバイが近づいている。

本サイト静岡市観測点で、大気中イオン濃度観測で
2/3にマイナスイオン濃度がプラスイオン濃度を上回る逆転現象が発生。ウルトラ異常。

過去10年以上の観測結果から、2/3+10=2/13までに
静岡市が有感地震となる地震が予想される。

しかし、2/11にも、異常が発生。
2/11+10=2/21までと計算される。

今のところ、前兆現象の可能性から、東北地方の大きな地震と推察。

●本サイトが予想する
首都圏M8クラスの巨大地震の地震前兆のモニタリング

下記の4種類の地震前兆で、
第1項:千葉九十九里浜ラドン 、
第3項:東京スカイツリー送信静岡県西部受信ルートウルトラ伝搬異常

特に、この2種類の異常が継続しており、第4項の異常もまだ継続すると判断される。
地震発生は、2か月後、春の終わり頃かもしれません。
冬の巨大地震の恐れはなくなりつつあり、自分としては、冬季の巨大地震の悲惨さを思うと、一息ついています。


4種類の地震前兆
第1項:千葉九十九里浜ラドン  
12/28-2/15までは、大きな異常はなく、収束に向かうと思われたが、2/16に凡そ1000ベクレルにリバウンド

第2項:東京多摩東部のELF帯電磁波異常
2022/5/19から2023/4/4まで、320日、10.5か月継続した。
「東日本大震災におけるELF帯電磁波観測の異常期間:4か月」の2倍以上の期間となった。
4/5-5/13まで収束後、5/14-9/22の期間4か月リバウンド。
10/2以降、ほぼ完全に収束した。

第3項:東京スカイツリー送信静岡県西部受信ルートウルトラ伝搬異常
199日間24時間継続タイプの伝搬異常継続中

第4項:植物生体電位観測異常変動
千葉県八街観測点の同観測の日変動の推移をみると、1/17と2/15に新たな異常のピークとなる。


●能登半島方面
石川県の放射線量グラフで、
1/23には、12/31、1/13、1/15を上回るような放射線濃度を観測した。
ただ、その後、凡そ一か月間大きな異常はない。

2/6報告で、「Alexey Lyubushin博士が提供する月別日本の大地震、巨大地震リスクエリア」も解析で、
2024年1月で、能登方面のリスクが大きく後退しています。

もし、2024年2月の同解析で、同じくリスクが後退していれば、しばらくは、再度の大地震はしばらくないと判断されます。
2024年2月の同解析の公開は、3月の上旬ごろと思います。公開されれば、すぐに報告します。

 

 

近年、がん治療は大きな進歩を遂げています。

現在は臓器別にがんを治療する方法が主流ですが、徐々にがん細胞が持つ分子に注目して治療法が選択できるようになりつつあります。

外科的切除、つまり手術であれば、がんができた場所が重要です。

胃がんと肺がんの手術方法が違うのは誰もが理解できるでしょう。

がんの診断はまずどの臓器にできたのか、そして周囲にどれぐらい浸潤しているのか、リンパ節や他臓器への転移の有無を問います。がんの進行度を表すステージ分類は外科的切除を念頭に置いた分類です。

 一方で、抗がん剤治療では、がんができた場所よりもがん細胞の性質のほうが重要です。同じ胃がんでも、抗がん剤が効きにくいがんもあれば効きやすいがんもありますし、ある胃がんに有効な抗がん剤が、肺がんに効くこともあります。とはいえ、診断技術が進んでおらず、抗がん剤の種類も限られていたころは、臓器別に抗がん剤治療を行わざるを得ませんでした。

 革命的な進歩の一つが分子標的薬の登場です。

それまでの抗がん剤は細胞分裂を妨げることで作用しますが、分子標的薬はがん細胞の表面にある分子に働きかけることで効果を発揮します。

肺がんに対して最初に承認された分子標的薬であるイレッサ(一般名ゲフィチニブ)は、EGFRというがん細胞の増殖に関連する分子をブロックします。

イレッサが著効する患者さんもいればまったく効かない患者さんもいました。

同じ肺がんでもEGFR遺伝子変異がある患者さんにはよく効いたのです。遺伝子変異は顕微鏡でがん細胞を観察しただけではわかりませんが、遺伝子検査をすることでわかります。現在では、検査でEGFR遺伝子変異が陽性の患者さんに限り投与されています。

 HER2という分子が発現している乳がんにはハーセプチン(一般名トラスツズマブ)という分子標的薬がよく効きます。

乳がんは手術と抗がん剤を組み合わせる治療が標準となっていますが、HER2やホルモン受容体の有無で乳がんはいくつかのサブタイプに分類され、使用する抗がん剤の種類が変わります。興味深いことに、ハーセプチンは乳がんだけではなく、胃がんや大腸がんや唾液(だえき)腺がんにも適用が認められました。もちろん、HER2が発現していることが条件です。

 ハーセプチンやイレッサ以降も、さまざまな分子標的薬が登場しています。

そして分子標的薬は、がんが発生した臓器よりも、がん細胞がどのような分子を発現しているかが重要なのです。

一度に複数の多くの遺伝子変異を調べてどの薬が期待できるのかを調べる検査も行われはじめています。

 

現時点では、遺伝子変異を調べても有効な薬が見つからなかったり、費用が高すぎたりすることが課題です。将来は、臓器ではなく分子レベルに基づいて、個別の患者さんに最適化された治療が行われるようになるかもしれません。

 

★★この部分が重要です。

分子標的薬は、がんが発生した臓器よりも、がん細胞がどのような分子を発現しているかが重要なのです。

一度に複数の多くの遺伝子変異を調べてどの薬が期待できるのかを調べる検査も行われはじめています。

 

多数の遺伝子を同時に調べる「がん遺伝子パネル検査」という検査もあります。最先端の検査方法です。

 

特定の遺伝子が変異すると、臓器の枠を超えてさまざまながんの発症原因となることが分かっています。

そんな変異を特定するのが遺伝子検査です。

変異を特定した上、かつその変異に対応する薬剤があれば、その薬を使うことで、完治に近い状態まで回復するケースもあるようです。


最近のがん治療の一つとして、遺伝子検査があるということを覚えておくといいです。