電波伝搬計測システムの不具合で、7月のデータが更新されませんでした。
本日、さっきみたら更新されていましたので、その結果を踏まえて、
7/1報告を更新します。

●首都圏VHF帯放送波のー3シグマ以上の明瞭な伝搬異常
6/27-6/28、6/29、6/30と継続しています
7/1,7/2,7/3、7/4と異常が継続していました。

地震発生予想期間を変更します
7/4+5=7/9まで

震源域の予想は、
石川県能登地方、北海道、東北地方南部方面
7/3さいたま市送信群馬県桐生市受信の13-21時の異常が
著しかった。
最近1か月、中規模な地震が継続する
八丈島方面もこのルートの異常が際立つため、加えます。
本サイトでは、
房総沖から八丈島沖方面で、巨大地震が発生すると予想していますが、
その時期が凡そ一か月後の可能性が出てきました。
その根拠は、今後詳しく述べます。

房総から本州太平洋側で、巨大津波も予想されます。
時間があるときに、お住いの津波ハザードマットを取り寄せて、浸水予想地域を確認し、避難ルートを考え、避難所までたどり着く訓練の準備をそろそろお願いします。

●6/28;西日本方面の著しく強い地震エコーが発生。
6/28、6/29、6/30と継続した
さらに、7/3,7/4,7/5と継続しています。
また報告します。

※以下は蛇足です。
私の脳の手術後、一か月が経過した。
一か月後の検査と診察が、脳外科、眼科、内分泌代謝内科で行われました。
どの科でも、順調ですと、先生と談笑する余裕もありました。
さて、大病院ですと、患者がたくさんいて、待ち時間が長いのですが、今回、眼科で見聞きした実例を二つお話しします。
●糖尿病網膜症
失明原因の第1位。年間3,000人の糖尿病患者が視力を失っている。
血糖値が高い状態が続くと、目の毛細血管が破れて酸素や栄養が届かなります。

眼科の待ち合わせ室で、この病気の患者さんと看護師さんの会話
「網膜症の進行が早くて、急いで、入院して、手術して、進行を止めなければ」とかなり深刻な様子ですが、30歳代くらいの患者さんはきょとんとした状況。
この不釣り合いな姿が、心に刺さりました。

糖尿病は、とにかく合併症が怖いです。
野菜が多い食事、一日5000歩は歩く、内臓脂肪を減らす努力大事です。

●緑内障
待ち合わせ室で、隣の初老の方と話し込んだ、
医師からは「緑内障を治すことはできない。進行を遅くする薬を処方するだけです」と言われたそうです。
視神経という器官に障害が起こり、視野(見える範囲)が狭くなる病気のことです。 治療が遅れると失明に至る。
この病気の怖さを話し込んだ患者さんと一緒に感じました。
40歳を過ぎたら、定期的に、眼科で、定期検査を受けることが大事なようです。

●首都圏VHF帯放送波のー3シグマ以上の明瞭な伝搬異常
6/27-6/28、6/29、6/30と継続していますが、異常のピークは6/29でした。
地震発生予想期間を変更します
6/29+5=7/3まで
震源域の予想は、
石川県能登地方、北海道、東北地方南部方面(特に石川県能登地方)
強い揺れに対する防災の確認を願います。


●6/28;西日本方面の著しく強い地震エコーが発生。
6/28、6/29、6/30と継続したが、6/28がピークだった。
特に、6/28のFM熊本の地震エコーは、過去最大クラスだった。
西日本の地震エコーは、FM891沖縄、HitFM上海などの南西諸島方面のFM局の地震エコーが同時に現れることが多い。

九州南部から南西諸島北部(特に日向灘近郊)M6-M7の大地震
又は、熊本地方の再度の強い地震
強い揺れに警戒願います。

●46都道府県の放射能情報(福島県を除く)
モニタリングポストやリアルタイム線量測定システムによる測定値でみますと、6/30は突出して、北海道に異変がみられた。

群馬大学の電波伝搬システムでは、89.1MHz NHKFM北海道をモニタリングしています。
89.1MHzは北海道の稚内に近い知駒しりこま局です

その地震エコーだけが、最近ずっと継続しているのです。
本サイトの空の掲示板でも、北海道、サハリン、千島列島南部の大気重力波が継続しています。

●首都圏VHF帯放送波のー3シグマ以上の明瞭な伝搬異常
6/27-6/28の異常に続き、6/29もさらに大きな異常が継続中です。

●6/28;西日本方面の著しく強い地震エコーが発生

こちらも、FM熊本、FM891沖縄、HitFM上海の地震エコーが6/29も強いエコーが継続中です。

★★
明日もまた、6/30の状況を報告します。

●首都圏VHF帯放送波のー3シグマ以上の明瞭な伝搬異常
6/18-6/19の異常に続き、再度の異常です。

6/28:21-24時、
東京タワー送信群馬県桐生市受信:FM東京
6/27:17時-6/28:20時
千葉県船橋市送信群馬県桐生市受信:bayFM, NHKFM千葉
(+3シグマからー3シグマへの大変動)
6/27:5-7時
さいたま市送信群馬県桐生市受信:TV埼玉

衛星画像前兆としては、本サイト空の掲示板
No.47077 6月20日愛知西部の観測と衛星画像NASA&高知大学&ひまわり8号
衛星画像からは、能登半島北部上空に大気重力波が見られます。
https://bbs3.sekkaku.net/bbs/upfile/ikaseinoti--1655734916-800-790-953.jpg

それ以外に頻繁な前兆としては、北海道から千島列島南部です。

石川県能登地方、北海道、東北地方南部方面は、強い地震に警戒願います。

6/27+4=6/30まで。

●6/28;西日本方面の著しく強い地震エコーが発生。

6/28:10-17時、FM熊本、FM891沖縄、HitFM上海
著しく強い地震エコーを群馬県桐生市で観測。
今まで報告してきた
九州南部から南西諸島北部(特に日向灘近郊)M6-M7の大地震
又は、熊本地方の再度の強い地震
強い揺れに警戒願います。

●熊本地方:震度5弱
発生時刻 2022年06月26日 21時44分頃
震源地 熊本県熊本地方
最大震度 震度5弱
地震の規模M4.7
深さ 約10km
震度分布
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2022/06/26/2022-06-26-21-44-51.html

●気象庁の見解
今回の地震の震源は、熊本県熊本地方で2016年4月に震度7を2回観測した一連の熊本地震と同じ活動領域の中で発生したものだということです。
熊本地震ではマグニチュード6.5の地震が発生した2日後に、隣接する別の活断層でより規模の大きな地震が発生したケースもあることから、気象庁は、揺れの強かった地域では今後1週間程度、震度5弱程度の地震に注意するとともに、さらに強い揺れをもたらす地震発生の可能性もあるとして注意を呼びかけています。

●前兆
次の図を見てください
https://userimg.teacup.com/userimg/9201.teacup.com/tochiken/img/bbs/0001974.jpg
左側は熊本県の最近一か月の放射線量です。
モニタリングポストやリアルタイム線量測定システムによる測定値をグラフ化したものです。
空間線量(ラドンが主因と推察)が高いピークが、5/30,6/5-6/6、6/13-6/14にあります。
2度目のピーク6/5-6/6の6/6に同期して、
「南九州に白雲帯が見られ、日向灘から四国沖に大気重力波が発生。
その後、九州・四国・中国地方に大気重力波が広がりました。」

 

その衛星画像を図の右側に示しました。

 

6/6に大きな前兆が発生した20日後に熊本で震度5弱の地震が発生したことになります。