健康パパの楽しみ

 「楽しい家族」 家自体も健康な住まい環境から

現在の住宅は、気密が高く化学物質の中での生活環境

一人でも多くの方々が、安心・安全・快適に生活出来る場所を

還元作用を持つ「エコパラダイス工法」で取組をしています。


エコパラダイス工法の室内空間は、目で見る事が出来ないので常識的に

考えにくい事で、今までに経験した事がないから信じがたいです。


シックハウス症候群は、一般的なアレルギー症状として間違われ易いです。

何故アレルギーになったのか?を知る事が大切です。

その花粉症!過敏症の前兆かもしれません。 原因究明が大切です。

そこにある芳香剤かも?

アレルギーは、住宅の環境の悪化が原因だと言われています。

還元力を持つ善玉菌が豊富な環境・空気は、体内の毒素を流してくれます。


地震を感知すると「空気の力で家が浮き上がる」

Air免震(断震)工法による 地震無料体験実施中】
 $健康パパの楽しみ
 【無料体験予約 0773-63-0190】


荻野工務店 特設会場 舞鶴市字北吸245-3

 

Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

水道管 凍結or破裂

ここ数日『極度の冷込み』が発生
数十年ぶり⁈
私が子供の頃は「普通に氷柱(つらら)」

先に!
水道管が『破裂』した〜
と言う方は、水道メーターの所にある
バルブを「閉栓」して下さい。
『破裂』した場所を
お近くの水道屋さんへ伝えて下さい。

その他に
「蛇口から水が出ない⁉︎」
もしかすると!
水道メーターから蛇口までの間で
水道管が「破裂」しているかもしれません。
【確認方法】は
勢いよく「水道メーター」が回っていないか確認

『回っている場合』
家の外周や床下
特に「外気に面している水道配管」
給湯器周りだったりします。

「破裂」の可能性があるので
上記の通り「水道メーター横バルブ」を
『閉栓』

『回っていない場合』
水道管内部で『凍結』してたり
蛇口付近で『凍結』していたり

この場合
見えている配管に
バスタオルやタオル関係を巻きつける等
「冷込み進行を抑制」して下さい。
また、そのタオル類は
「出来るだけ濡れない様にして下さい」
濡れた場合、そこから
冷込みが進行してしまいます。

蛇口のバルブは閉めておき
定期的に、配管内の氷が溶け出し水が出るのか?確認。

決して!
配管類に「熱湯」を掛けないで下さい!
※急激な温度変化による『破損』する場合あり

冷込みが酷いと思う場合は
浴槽に「水」を貯めておく
残り湯でもok

水が出ない場合
1番に困る事は
水洗トイレの水が出ない為
流す事ができません。
そんな時の対処方法として
浴槽の水を使って流します。


ここ数日間
早朝電話がかかった内容は
「水道管破裂」(パンク)
あいにく3連休と言う事もあり
協力業者 水道屋さんはお休み中
休み明けまで待てる内容でない為

昨日は、
緊急出動し「水道管破裂」を修繕。

今日は、いつでも出動出来る様に
「待機」していました。

下の写真は
外気に触れている(屋外)水道配管
しっかりと配管に保温していましたが
配管自体が、旧式のVP配管だった為
凍結に対応出ず「破裂」
全長2.5m程ありましたが
いたる所で水道配管が「さけて」いました。

水道の教科書が有れば
配管凍結写真として使えそうです。

①配管が裂けている

②配管内びっしり凍結

③配管内

④配管が破裂した場合
「裂けてしまう」
「接続部分が抜けたり、破断」

水道配管内部は
びっしりと「凍結」していました。

破裂していない部分で、しっかりとした配管接続が出来る部分を探し、新しくHI-VP配管、架橋ポリに取り替え、配管保温もしっかり行い、水道管修理完了しました。

4枚目の写真右側になりますが
Lボと言う90度に配管を曲げる接続部品のバンドも劣化し、破裂と言うより、抜け落ちた様です。

この他の水道管破裂現場は
写真がありませんが
給湯の銅管の接続部分が
凍結の膨張に耐えかね
圧着した部分が抜けていました。

⑤配管が破断して某業者さんが、某テープで巻き付けるが、、、TV番組や通販説明の様にはいかない!


余談ですが、文頭でお話しした氷柱(つらら)
凄い冷込みですねぇ〜

再度申し上げます。
水道管が破裂した場合
水道メーター横にある
『バルブを、閉栓』
水道の水を止めて下さい。
その後、工務店さんか、水道屋さんへ連絡して下さい。

また、冷込みが強いと思われる期間は
浴槽に水を溜めておく。

工事計画は、下見(事前調査)から始まります。

私達工務店は
【新築の場合】
建物を建てようと計画する土地を調査します。
その土地の状況や方位、建築基準法による建築条件、上下水道、隣接地、道路、電柱、近隣etc

【リフォーム、リノベーションの場合】
元々の設計図が有れば、建築確認図面情報
図面が無ければ、まず、実測し図面を作成
図面が準備出来たら、その工事内容に合わせて
見えない部分を出来るだけ調査します。
床下に潜ったり、天井裏に上がったり
ダウンライト等の穴から天井裏を覗いたり
時には、土中の配管を確認する為穴掘り
先日は、擁壁のベースを調べる為、4mの単管を打込みしたり

新築と違って、リフォーム、リノベーションは
出来るだけ多くの調査をしながら
現状の状態を確認し、資料作成から始まります。


↑こちらは、江戸中期頃に建てられた観音堂
ただ今、屋根の改修工事を行なっています。
歴史的重要建物と言う事もあり
資料作りしながら、改修工事を進めています。
(京都府綾部市)



↑こちらは、築135年 うなぎの寝床とも言われる
京都市内にある古民家。
今回、外壁塗装工事のご依頼を頂き、現状確認へ
(京都府京都市)



↑こちらは、外壁の板と廊下の床がふわふわすると言う事で、改修調査
(京都府舞鶴市)


↑こちらは、木塀がところどころ老朽化していて、部分的修繕
(兵庫県淡路市)

↑こちらは浴室のシャワー他を新しく部品交換
(長野県諏訪市)

↑こちらは、介護が伴う和式トイレの改修
(京都府宮津市)


↑こちらは2階に、2ndキッチン計画
電気工事や流し台からの水漏れ他
(兵庫県洲本市)

↑こちらは、アーチサイン解体工事や
商店街 街路灯の改修他
(京都府舞鶴市)

↑こちらは、築120年らしい
このキッチンは、増築部分で築50年ほど
内壁の劣化もあり、室内リフォーム
(京都府舞鶴市)

この他
土留擁壁改修工事(京都府舞鶴市)
神棚製作(兵庫県芦屋市)
玄関先ウッドデッキ(兵庫県宝塚市)
外壁塗装工事(京都府舞鶴市)
金属折半屋根全面改修工事(京都府舞鶴市)

一つとして同じ物が無く
それぞれ、違ったテーマを頂き
調査をしながら、改修工事計画をプランニング

長年建築工事の経験をして来ましたが
それぞれに、ストーリーがあり
多種多様とした知識と経験を元に
新築、リフォーム、リノベーション
を楽しませて頂いています。

工事のご依頼を頂く時
「それは何の為に必要なのですか?」と
お伺いする様にしています。

皆さん
え⁈ってなりますが
色々とお話しを聞いていくと
時には、全く違った内容になる事もありますが

結果的に
皆様の住われている家は
いつも、皆様の住み心地良い環境を
応援してくれています。

【お仕事のご依頼を頂きました】

実は、、、2年前⁉️
浴室シャワーホースの劣化
『取替えをして欲しい』問合せを頂き
昨年訪問予定でしたが、、、
長野県諏訪市 友人宅
※我が家から片道6時間程度
行けるタイミングを逃し

今日訪問「修理完了」

事前に、今日の訪問を連絡し
他に修繕場所が無いか?と
問合せていたら‼️

「浴槽のチェーン⛓」の固定部分が
入居時より壊れていて
毎回栓を抜いた後、浴槽のヘリに
置いていたら!
浴槽と壁との隙間にチェーン⛓が入り
取れなくなってしまい‼️
『浴槽に栓が出来なくなった❗️』

それから
スーパーボールで栓をするが、、、
隙間から流れて出て?
何か不具合があた『1年前から‼️』

自宅の浴室に入らなくなった!

それからの入浴は
マンション最上階にある
「♨️上諏訪温泉♨️」
居住者専用へ入っていた😅そうです

今回は、その取れなくなった
「浴槽のチェーン⛓と栓」
「チェーン取付金具」


「シャワー🚿」



を修善😃





明日からは
ご自宅の浴室で❣️
「♨️上諏訪温泉♨️」のお湯で 
ゆっくり御入用して下さい😉

※友人宅の浴室には
普通の水道水のお湯が出る設備もありますが!
♨️上諏訪温泉♨️専用の
吐水口もあり
♨️毎日♨️いつでも♨️
♨️上諏訪温泉♨️に入浴出来ます。

で❣️
本題は「リビングのリフォーム」🏠
初めてのリフォーム⁉️🤔
床の改修をしたい😃思いの中で

実は、世間で言う「リフォーム」

想定外の「リフォーム」話しを聞き
友人驚き〜

何が⁉️と言うと
「リフォーム」の概念、捉え方
「プチリフォーム」でも
何に優先順位を優先するのか!
予算もありますが
大切な事は「予算」以外。

色々とお話しさせて頂き

本当の自分が
「こうなったら良いよなぁ〜」

と言うリストを作成してみよう🥰と
来月訪問までの「宿題」を提案
させて頂き頂き

今日は
室内間取り寸法を計測

会社へ帰ってから行う
間取り図面作成の準備をしてきました。

リフォーム予算の都合もありますが
大切な「アウトプット」を書き出し
快適・心地良いリフォームご相談を
これこら、勧めさせて頂きます😃

『株式会社 荻野工務店』は
日本国内全域へ対応させて頂いています。
「簡易的修繕から新築やリフォーム」

皆様の大切な【家】を
より良い住まいを
大切にご提案😊

やっぱり建築が好きなんです

こんにちは。

新しく出逢った方々や友達へ
私が何故?
建築の仕事をしているのか⁈って
改めて思ったら

よく話していました😊

私は、創立者の父が作った
「荻野工務店」が大好きです。

小学校の夏休み
子守がてら、現場へ連れて行ってもらい
近くの海で、魚釣りをして遊んでいました。

退屈になると
父の大工仕事を観に行ったり。
そこで
一生懸命に働く父や職人さんの姿
お客様が、完成を楽しみにしている姿
ご近所の方々の姿

皆さんの笑顔や
家がみるみる内に
沢山の職人さんが集まり
出来上がって行っていき

「家」が喜び出す
その感動が、子供心に残っていて
今の私がいます😊

実は、以前まで
「小学校に入った頃から
母親から洗脳を受けていたからと思い込んでいました」
『将来は、お父さんの後継ぎになるんだよ」と。


今回は、京都府の重要文化財
お堂の屋根改修工事をさせて頂いています。
江戸中期頃の建物の様で
過去に何度か⁈改修されていますが
皆さんの手入れを行う事で
建物のお化粧直しができ
また、この建物も末代へ引き継がれます。

有難う御座います




地元舞鶴には海と山があります。

世間では、今日からシルバーウィークなんですね。


仕事の合間に
「しらせ」が入港していると聞き
海上自衛隊まで行ってきました。



「しらせ」は、南極観測船
舞鶴港の所属だそうで
数年ぶりの帰港です。


事前に抽選に当選された方は

本日だけ?艦内見学がある様です。


舞鶴は「赤煉瓦倉庫群」も有名で

「コロナ禍」以前の様に

他府県ナンバーも多い観光客で

賑わっていました。


久しぶりに高台へ登ると

対岸の山と海と青空の雲の演出が

生きている「地球」を実感




秋の空


ちなみに舞鶴は、京都府の北部にあります。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>