本田健公式ブログ

本田健公式ブログ

お金・ビジネス、恋愛や結婚、才能、人間関係など幅広い分野の
「人生が変わるきっかけ」となる情報をお届けしています。

NEW !
テーマ:

『大富豪からの手紙』3つ目の手紙は、「直感」です。
 
 
ワクワクする、ゾクッとくる、体が熱くなる、楽しく
なってくる、などが「直感からのサイン」なんだよ。
幸せな人生を送りたいなら、直感を読み解く技術を
身につけることが必要なんだ。
 
「自分にとって何が大事かは、その人の心と体が
 ちゃんと知っている」
 
大切な局面で決断するときは、「理性や論理」で決めて
はいけない。決めるときは、「直感」で決めてみよう。
 
ビジネス、アート、政治などの世界でも、成功している
人は、自分の直感を大切にしている。
 
一時的には、「失敗したかもしれない」と思ったことも
あるが、後から振り返ると、その決断が間違っていな
かった、ということばかりだった。
 
直感は、新しいステージへの誘いでもあるから、それに
対して恐れを感じることは、よくあることです。
 
 


 
日常生活の中で、「これだ!」とか
「今だ!」と思うことがあるのではないでしょうか?
 
あなたは、そんな心の声にどれだけ耳を傾けて
いるでしょうか?
 
そんな心の声をかき消すか、素直に従うかで、
人生は全く違ったものになります。
 
ぜひ、自分の直感を大切に扱って下さい。
それが、あたな自身を大切にすることにもなります。
 
今、あなたのハートは、何と言っていますか?
 


★本田健公式LINE@
 http://bit.ly/kenLINEAT
 


テーマ:

<読者からの質問>

才能を磨くことが大切という話がありましたが、
私は飽きっぽく、1つのことをずっと
やり続けるのが苦手です。
続ける才能がないと才能は輝かないのでしょうか?


<本田健からの回答>

飽きっぽい人は、才能を見つけられないと
思われがちですが、それは才能に対する7つの誤解
のうちの1つです。

実際には、飽きっぽいから見つけられないのではなく、
本当の才能を見つけてないので、飽きてしまうだけです。
本当にその人の才能だったら、
やめることの方が難しいはずです。

それは例えば本を読むことだったり、
料理を作ることだったり、
どこか旅に出掛けることだったり、
人と話すことだったり、
人の話を聞いてあげることだったり。

ずっと永遠にやっていたいぐらい楽しいこと、
これを見つけたらやめることを考えるのも難しいのです。

つまり、飽きてしまうのは
そこまでの才能ではないということです。

面倒くさくても、
どれだけうまくいかなくても、
「これにハマっている!」
というものが見つかった人はすごく幸せだと思います。

それを見つけるには、とにかく動くことです。
いろいろな人たちと会って、
いろいろなことにチャレンジしていくうちに、
自分の才能ってこれかな?
ということが分かってくると思います。

本気で自分の人生を生きようと思って
才能を探すとすると、
試行錯誤する時期も必要になるかもしれません。

それでも数年で、
本当にこれ!
というものに出合えると思います。

本田健

 

 

 

 

 

 今なら、本田健の無料動画セミナーをプレゼント
★本田健公式LINE@
 → http://bit.ly/kenLINEAT
 

 


テーマ:

イスラエルから帰って来てすぐ翌週に、
皇居での勤労奉仕に行きました。

60名の人と一緒にイスラエルに行ったのですが、
今度はまた別の60名を連れて、勤労奉仕です。
いろんな人の配慮で、60名の団長をさせて
もらうことになったのです。

当日は、ドキドキしながら、朝7時過ぎには皇居集合。
日本全国から皇居でボランティアをやるために、
仲間が集まりました。4日間かけて、
皇居と赤坂御苑のお庭を掃除するというのが
今回の活動なのですが、事前に警察の身元調査もあり、
皇居に集まったときは、緊張しました。

皇居広場で、皇宮警察のお巡りさんから
チェックを受けるのですが、みんなとても笑顔でフレンドリー。
イメージと違うので、びっくりです。


4日間、朝早くスタートして、
午後4時前には終わるのですが、
待ち時間や皇居内観光の時間もあって、
実際には数時間しかボランティア活動はありません。
こちらはやる気満々で行ったのですが、
皇居内移動の途中で観光案内をしてくださって、
申し訳ないぐらいです。

庭師の方が、色々と説明してくださるのですが、
とにかくお話が面白い。
落語が趣味で笑わせるのが好きという人が何人もいて、
芸達者だと思いました。

興味深いのは、執務室の前の庭が、
一見荒れ放題になっていたことです。


そこは、除草剤を使わず、
自然の状態のままにしておきたい
というのが、天皇・皇后両陛下の意向のようで、
ミツバチや蝶々がいっぱい飛んでいたのが、
嬉しくなりました。そういう状態であることを
理想だと思われる感性が素敵ですよね。


本田健



★本田健公式LINE@
 http://bit.ly/kenLINEAT

 


テーマ:

<読者からの質問>
新しいことにチャレンジするときは、
型から入るのがいいのでしょうか?
それとも、自分がワクワクするやり方を
とるのがいいのでしょうか?


<本田健からの回答>
どの方法がいいか、悪いかと考え出すと、本質を見失うと思います。

例えば、空手で型から入るというのは
一つのやり方だと思いますが、
その間は全然楽しめない可能性もあります。

だから、メンターに言われた通りにやっていくのは
型通りとも言えると思いますが、
何も考えずに言われた通りのことをこなしていく
スタイルで楽しい人と、
自分のオリジナルで試行錯誤しながらやった方が楽しい人と、
両方いると思います。
何も考えないでやることのほうが楽な人は、
型通りにやればいいのではないかと思います。


私の場合は、自分が一番やりたいようなやり方で
やりたいように面白そうなものをやった時が、
モチベーションが長続きしました。
だから、自分にとって合っている方を選べばいいと思います。


この型というのは、
ある意味モデリングと同じだと思いますが、
モデリングには危険なところがあります。

それは、自分とは異なるタイプの人を
モデリングしようと思ってもうまくいかないことです。

自分とモデリングする人のタイプ、特質を見極めて、
自分と同じタイプの人をモデリングすればうまくいきます。

でも、たいていモデリングしたいと思うような
憧れる相手は、自分とちょうど正反対の人であることが多いのですが、
それでは自分を改造することになるだけで、
成功できるかもしれませんが、
自分を見失うことになります。

だから、憧れている人のモデリングはオススメしません。
下手にモデリングするよりも、
自分が誰かということを思い出すことの方が
100倍大事で、100倍成長、成功できると私は思います。


 今なら、本田健の無料動画セミナーをプレゼント
★本田健公式LINE@
 → http://bit.ly/kenLINEAT


 


テーマ:


目の前にある選択肢の中から、良さそうなものを
選び続けるかぎり、心からワクワクする人生は送れない。

 
 
なぜなら、目の前にある選択肢の中に、
「本当に欲しいもの」が必ずあるとは限らないからだ。
 
その中に「最高の未来」は、まずないだろう。

 
 
 
『大富豪からの手紙』の第2の手紙は「決断」です。
ここでは、決断について、こんな風にも書かれています。
 
 
 
「決めるためのスタート時点」では、才能も、
 お金も、時間も、まったく必要ない。
 
信じられないかもしれないけれど、「決断した瞬間」に、
その未来は、同時に誕生する。
 
キミには、たくさんのことを決断して、自分の
人生を積極的に創り出してもらいたい。
 
「がっかりする可能性があるから、最高の未来を見ない
ようにしている」のだとしたら、非常に損をしている
かもしれないよ。
 
「人生のすべてを一瞬で変えることはできない。
 だが、進む方向は、一瞬で変えることができる。」
 
 今、決断しなさい。
「最高の人生を生きる」とね!
 
 
この「決断」の手紙では、
 
「不安や恐怖を感じて当たり前」
 
「心配していることの90%以上は、実際には起きないのです」
 
と言います。
 
 
もしそうだとしたら、
あなたが、今「決断」できることは何ですか?
 
 


 
<本田健の友人、世界的コーチ クート・ブラクソン来日>
7/22 本田健の人生相談 半日公開収録
「あなたの望む、最高の人生の受け取り方」
→ http://www.aiueoffice.com/dk30msp.html
 


テーマ:

<読者からの質問>
自分が何かを提供して対価を頂くときに、無価値感が噴き出してき
ます。どうしたら気持ちよく受け取れるようになりますか? 


<本田健からの回答>

まず、そのお金には、いろいろなものが入っている
と考えてみてはどうでしょう?

例えば1万円を頂いたとして、
そのうち3,000円がその対価だとしましょう。
残りの7,000円は、その人がライフワークを
深めるために何かを買う必要があったり、
新しいことを学ぶために使う必要があったり、
人生を楽しむために使う。
そのようなものも含めてくれたのだ。と捉えるのです。

それでも、こんなにもらっていいのか
と思うかもしれません。
ですが、これからさらに新しいことを学んで、
よりいいサービスが提供できるように
このお金を出しますと言ってもらった、
信任投票のようなものと考えればいいと思います。

そうすると、感謝もより深まり、
かなり受け取り方も変わってくるのではないでしょうか。

ぜひ、もっと楽しむことや
もっと学ぶことまで含まれていると考えて、
ありがたく受け取ってみてください。

本田健
 


<本田健の友人、世界的コーチ クート・ブラクソン来日>
7/22 本田健の人生相談 半日公開収録
「あなたの望む、最高の人生の受け取り方」
→ http://www.aiueoffice.com/dk30msp.html

 


テーマ:

本田健『大富豪からの手紙』の
第1の手紙「偶然」の一説ですが
あなたは、この文章を読んでどう感じますか?
 
 
 
大富豪の祖父が伝えたかった「偶然」とは
こんな言葉で本の中で表現されています。

『そのときはわからなくても、後で振り返った
 ときに、複数の偶然の「点」が「線」に、
 そして「線」が「面」に見えてくる。』
 
『つまり、「人生を信頼して生きられる」という
 ことなんだよ。』
 
「これからの人生にも、素敵なシナリオが準備され
 ている」と、安心できるようになる。』
 
「どんなことにも意味がある」ように見えてきて、
 目の前のことに「一喜一憂」することが減っていく』
 
『どんなことが起きても、それは自分を幸せに
 するために起こっているという感覚を、この
 【第一の手紙】で伝えたい。』
 
 
 
毎日毎日、人生を変えるための機会が
「偶然」という衣をまとって、
私たちのもとを訪れています。
 
それに気が付き、
活かすことができるかどうかで、
人生は変わっていきます。
 

 

 

<本田健の友人、世界的コーチ クート・ブラクソン来日>
7/22 本田健の人生相談 半日公開収録
「あなたの望む、最高の人生の受け取り方」
→ http://www.aiueoffice.com/dk30msp.html

 

 


テーマ:

<読者からの質問>
お金を稼ぐ金額はセルフイメージが決めているという話が
ありましたが、なかなか自分のセルフイメージを高くする
ことができません。

将来、経済自由人になりたいなと思っていますが、

会社員の現状からのステップが見えず止まってしまっています。

どうしたらお金に対するセルフイメージを高められますか?


<本田健からの回答>

一番簡単な方法は付き合う人を変えることです。
ほとんどの人たちが自分と同じような人たちとしか
付き合っていないので、自分がこうなりたいと思う人
と付き合うことからスタートしたらいいと思います。

例えば、経済的に成功したいのであれば、そういう人
と身近に接するということです。それで初めてその人
の感覚というか、空気感が自分の中に入ってくるのです。

僕が作家になろうと思ったときに、作家の世界で成功
している人たちと会っていったわけです。そうすると、
この人がミリオンセラーなのかとか、この人が年、
印税だけで1億稼ぐ人なのか、ベストセラー作家は
こういう感じなのだなというのが自分の中に入ってきたのです。
いきなりすごい成功者に会えないかもしれませんけど
自分よりもちょっと先を行っている人を見つけてきて、
そういう人に会うと、何か自分の中の空気感が
違ってくると思います。

ちなみに、自分よりも成功している人に会うと、
当然落ち込みます。そして自分がいかにいけていないか、
打ちのめされるのです。でも、打ちのめされるから、
次に行ってみようと思うわけです。普通の自分と
同じような人たちとしか付き合っていなかったら、
もうこれでいいや、となってしまうのです。

だから、少しずつでも付き合う人を変えていくことです。
パナマ運河方式と言っているのですけど、例えば
海抜ゼロメートルから100メートルには、
一足飛びには行けないわけです。
ゼロから5メートル、ちょっと上がって、
そして水門を締めて、また10メートルに上がって
というように、ちょっとずつ上がればいいのです。
こうしてセルフイメージを上げていくことで、
収入もそれに見合ったものになるでしょう。


本田健

<残席わずかとなりました>
7/22 本田健の人生相談 半日公開収録
「あなたの望む、最高の人生の受け取り方」
→ http://www.aiueoffice.com/dk30msp.html


テーマ:

このたび、本田健の特別動画

「日常の偶然を読み解く秘訣とは?」を、

本田健公式Youtubeにて配信させていただきました!


『大富豪からの手紙』 第1の手紙「偶然」
への質問が多かったので、まとめてお伝えします。

ちょっと笑えるのが「深読みしすぎる人」

じゃあ、どれがシンクロで、どれがそうでないのか?

それを読み解く秘訣をお伝えしています。

興味がある方は、ぜひご覧下さい。
 

 

 




今、本田健公式LINE@に登録いただいた方は
無料動画セミナーをプレゼントしています
 http://bit.ly/kenLINEAT
 


テーマ:

<読者からの質問>

 私は、人と親密になることに抵抗を感じてしまいます。
 小さい頃から人の輪の中に入ることが苦手で、大人に
 なった今でも、友人を遊びに誘うことにも抵抗を感じ
 てしまいます。無意識に、深い人間関係を避けている
 ように思うのですが、私としては深く人間関係を築い
 ていきたいと思っています。
 健さん、どうすればいいでしょうか。


<本田健からの回答>

やはり、こういうことは少しずつしか変えられないので
す。どんな人でも、深くつながっていくことに対して、
恐れはあります。特にパートナーシップだと、相手に拒
絶されるというリスクがあるのです。あるいは、結婚し
ていても同じように感じます。奥さんや旦那さんなのに、
自分のことを受け入れてくれないのかという恐れは、
結構感じるものです。

ですので、そういう恐れを感じながらも、自分から誘う
のです。そして、拒絶されるのではないかと思いながら
も、相手に好意を示し続ける、ということの先にしか、
深い関係というものはないのです。

ある意味、縁があれば必ず愛は深くなると考えるのは
どうでしょうか。もし駄目だったらもう駄目で、縁がな
かったと思えばいいのです。縁があったらうまくいくか
らと思えば、積極的に動いてみるモチベーションにも
なるのではないでしょうか。

逆に言うと、デートで誘っても全然縁がなかったら、
もうそれでその人と縁がないということが分かるわけで
す。本当に縁がある人を探すためにも、そのエネルギー
を使ってほしいと思います。




今、本田健公式LINE@に登録いただいた方は
無料動画セミナーをプレゼントしています
  http://bit.ly/kenLINEAT


<もうすぐ締め切り>
7/15 本田健『大富豪からの手紙』実践セミナー in 東京