KEN五島の写真家ブログ KenGoshima Photography              建築写真・夜景空撮・航空機・炭鉱遺産・風景etc.

KEN五島の写真家ブログ KenGoshima Photography              建築写真・夜景空撮・航空機・炭鉱遺産・風景etc.

札幌圏を中心に、建築写真・夜景空撮・航空機・炭鉱遺産・風景などの撮影に取り組んでいる写真家です。 My main candidates for photography are an industrial heritage,scenery,construction, etc.

駆け出しの頃、東京から北海道札幌市に移住して約12年。札幌圏を中心とした北海道の建築写真・北海道炭鉱遺産・空撮や風景などの撮影に取り組んでいる写真家です。公益社団法人日本写真家協会(Japan Professional Photographers Society JPS)会員

1999年。大夕張鹿島の人々が去った炭鉱街を見た時の衝撃が現在の活動の原動力になっています。
関わって下さる全ての方々や事柄に感謝し、前に進んでいこうと思います。

2004年 ニコン札幌SCミニギャラリーにて初の写真展開催。以降北海道と東京で写真展開催多数。
2010年 写真集「北海道炭鉱遺産(アスペクト刊行) 」を出版。
2012年 富士フォトサロン札幌にて写真展「北海道炭鉱遺産」開催
2014年 ニコンプラザ銀座階段ギャラリーにて札幌夜景空撮作品を展示
2014年 写真展「札幌夜景空撮」The night view from the sky 主催 一般社団法人札幌観光協会
2013年~16自民党道連広報誌「われら北海道」にて「北海道炭鉱遺産紀行」を連載(株)自由広報センター
2015年 札幌駅JRタワーESTAプラニスホール「The Night View from the Sky~札幌夜景空撮展」主催 札幌駅総合開発(株) 北海道新聞社
2016年 「ニッコールレンズが映し出した日本の翼」ニコンプラザ各拠点 主催 (株)ニコンイメージングジャパン 協力 (株)日本航空
    「ニッコールレンズが映し出した日本の翼」羽田空港開催編 主催 日本航空(株) 協賛 (株)ニコンイメージングジャパン

2015 私のNIKKOR VOL.34 KEN五島 × PC-E NIKKOR 24mm f/3.5D ED 熊本城天守閣夕景を担当させて頂きました
2014 ニコン新型レンズAF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED プロモーション撮影を担当させて頂きました
北海道ライカーズ空から見る札幌の魅力「写真展:札幌夜景空撮 The night view from the sky」

写真家KEN五島のウェブサイト Kengoshima Photography  
Please send me info@kengoshima.come-mail to here if you need

Copyright (C) 2009 Ken Goshima All Rights Reserved
いつも当ブログにご登場頂いている札幌イタリア料理「グラヴィータ」さんの
フルコース料理、2回目の掲載です。大変繊細で贅沢な品の数々、どれも感動しながら
頂きました。


「ポルチーニ茸のリゾット」
ポルチーニ茸の柄の部分を使用したリゾット。ポルチーニ茸の風味と柄の歯ごたえが
楽しめる一皿です。



「白老牛とポルチーニのグリル」
白老牛のステーキ、脂肪の少ない肉の濃い旨味が絶品でした。


ポルチーニ茸の方から撮影。肉厚で、今まで食べたキノコとは全く異なる食感。
白老牛と一緒に焼くことで、肉の旨味が移りさらに濃い旨味となるそうです。



「あかねリンゴのタルト バニラジェラート添え」
りんごの風味と甘味のとても濃い一品。ジェラートの控えめな甘さとよく
合っていました。


D850 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR


今回もとても美味しい料理と贅沢な時間を頂くことが出来ました。
ぜひ札幌「グラヴィータ」さんのランチとディナー、頂いてみてください。
「イタリア料理グラヴィータ」
電話: 011-207-7789
札幌市中央区北1条西10丁目 ダイアパレス北1条1階
TEL 011-207-7789
ランチ 11時30分~14時
ディナー17時30分~22時
当ブログにご登場頂いている札幌イタリア料理「グラヴィータ」さんの
フルコース料理を頂いて来ました。2回に分けて掲載いたします。
シェフの地元根室や本場イタリアから取り寄せた素材を素晴らしい料理に
仕上げてくださっています。今回は前回のオードブル等のライティング撮影と異なり、
いつも通りのレストラン照明頼りのスナップ撮影です。


「根室産サンマのカルパッチョ」
新鮮なサンマの甘味を楽しめる一品。サンマの握りなど生のサンマは食す機会が
多いですが、今までで一番濃い旨味を感じました。



「オマール海老とモッツァレラのサラダ」
一品一品の素材と仕立ての素晴らしさを感じました。



「ポルチーニ茸の傘のフリット」
ポルチーニ茸を初めて食べました。食感も風味も初めて経験するもので、キノコって
こんなに美味しいものなのかと思いました。



「ウニのクリームソースパスタ」
根室のウニをふんだんに使用したパスタ。ウニの旨味と風味を存分に楽しめます。



D850 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR


今回もとても美味しい料理と贅沢な時間を頂くことが出来ました。
次回はメインディッシュに続いて行きます。
ぜひ札幌「グラヴィータ」さんのランチとディナー、頂いてみてください。
「イタリア料理グラヴィータ」
電話: 011-207-7789
札幌市中央区北1条西10丁目 ダイアパレス北1条1階
TEL 011-207-7789
ランチ 11時30分~14時
ディナー17時30分~22時
久しぶりに、夜間訓練のため離陸するB777日本国政府専用機1号機を撮影しました。
旧政府専用機のB747と合わせ、正面からの撮影はよく実施しましたが、
今回撮影した夕陽に照らされる中離陸していくB777の姿はひときわ美しく感じました。

D850 AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED AF-S TELECONVERTER TC-14E III
いつも美味しい料理を頂いている札幌イタリア料理「グラヴィータ」さんの法事用弁当&
オードブルを撮影しました。いつもは食事を頂きながらのスナップ撮影写真を掲載して
いますが、今回はパンフレット用ということでライティングして撮影しました。

オードブル用の料理を寄り気味で撮影。どれも厳選した食材を用いていて、
いつもの料理同様とても美味でした。ひとつひとつの品に確かな仕事を感じます。



こちらは法事用弁当の鰻重。イタリア料理の「グラヴィータ」さんで鰻の料理とは
斬新に感じました。ふっくらとした仕上げが写真からも伝わるかと思います。



こちらは牛ステーキ。肉のジューシーな質感がとても美味しそうです。
どの料理もいつも同様、とても美しく美味しく仕上げられていました。

D850 AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
夜間訓練にて滑走路へ向かうF-15JをD5で撮影しました。
ISO20000で1/320の露出で撮影しています。灯火に浮かび上がるF-15Jの姿が
静かに美しく浮かびあ上がって描写されました。

D5 AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED
7月末に東京森武道具さんで購入した「ダイヤメン(ムッシュボー仕様)」に
赤の矢羽飾りを入れて頂きました。矢羽飾りを縫いこんで下さったのは、
いつも稽古を頂いている東京の七段の先生です。固い剣道具にどうやって
矢羽を縫えるのか、裁縫が苦手な私には想像がつかないです。

赤が入るだけで、かなり華やかな感じになりました。小手の飾りや小手紐がエンジか赤で、
生地胴の胸も赤のツブシなので、赤で出来るだけ揃えるようにしています。

ダイヤメン(ムッシュボー仕様)」を購入して約2ヶ月が過ぎ、あと少しで大体
50回の稽古に使用したことになります。最初は顎をきちんとはめるのに難儀しましたが、
最近体に馴染んできたようで突きを食らってもずれることがなくなりました。大変頑丈で
あり布団が分厚く、それでいて軽く、肩の骨の部分など痛みを感じることが全く
無くなりました。またすぐ乾くムッシュボー仕様なので、サラサラしたつけ心地なのが
大変嬉しいところです。

なお突き垂れの部分をよく見ると、付け根の部分の塗装が全て剥げています。
上段を執っていると突きを必ず打たれますが、最近先生方の突きが強烈になって
きていて、たちまち剥げてしまいました。この強烈な突きを打ち落としつつ
片手面を決めるのが目標の一つです。

D850 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR
久しぶりに建築写真のご紹介を致します。普段ゼネコンや建築家の方のご依頼で
様々な建築の撮影を行なっていますが、このan. Design House(アン・デザインハウス)
設計士の石栗さんとは既に10年近くのお付き合いになり、毎回緻密な建築設計の
妙味に刺激を受けています。今回も端正なラインを持つ建築の美しさを表現できるように
意識して撮影を実施致しました。

D850 AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED



D850 AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED



D850 AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED

夜間訓練にて離陸滑走を開始したF-15JをISO8000、1/30で流し撮りしました。
アフターバーナーの火炎を描写するには厳しい条件でしたが、躍動感がいい感じに出た
一枚となりました。

D5 AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED
千歳基地を拠点に実施されている日豪共同訓練(武士道ガーディアン19)、
今回は特別塗装機を含めてご紹介いたします。


恵庭岳中腹、紋別岳の山頂を背景にランディング直前のF/A-18を撮影しました。
色鮮やかな塗装が映えています。

D850AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED AF-S TELECONVERTER TC-20E III


青空を背景に、グリーンの塗装機を撮影。

D850AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED AF-S TELECONVERTER TC-20E III


ノーマル塗装機がいい感じに雲に被ってくれました。

D850AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED AF-S TELECONVERTER TC-20E III
先日完成し稽古に使用し出したばかりの博多屋武道具「茶革武心小手"悟"2分5厘」と、
約1ヶ月前に札幌東京武道具にてたまたま新品購入出来た約30年前の「武蔵号205号特
1分5厘紺革小手」の比較写真を撮影してみました。両方とも同じく職人さんが国内で
製作されたものですが、約30年前の古式的な形状の「武蔵号」と、手首を返す
流行りの型「悟」を取り入れた現代の「茶革武心小手」。筒から手首部分の形状が
かなり異なります。武蔵号は返しが無くまっすぐな型ですが、「茶革武心小手」は
手を入れた時にそのまま竹刀を握る形になっています。
鹿毛がパンパンに詰まった大きめの小手頭は形状がよく似ている感じで、
手を入れた時に吸い付くように手に合うのは両方に共通しています。時代も職人さんも
異なるのに、似た感じの優れたフィット感になるのが不思議でした。



手のひら側の比較写真です。目を引くのは「武蔵号」の手の内の革と小手本体を
縫い合わせている縫製の緻密さです。手まつりと同じ紫の糸ですが、ありえないほど
狭い、アリが這うような精密な縫い合わせになっています。
両方に共通するのは、竹刀を握った時にシワが寄らないことです。
折れた革の圧力を感じることなく、自然な感じで竹刀を握ることが出来ます。



番外編で、今まで使用していた「七星紺革小手N-4」を加えて比較写真を撮影して
みました。「武蔵号」と茶革武心小手」が手刺、「七星」がミシン刺しになります。
小手の筒の部分の仕上がり部分に、それぞれ手刺とミシン刺の特徴が出ています。
七星は小手頭がやや小さく、毛詰も少し少ないように感じます。おろしてすぐに手に合う
柔らかさがある、現代の流行の小手のひとつだと思います。

D850 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR