KEN五島の写真家ブログ KenGoshima Photography               建築写真・航空機・野鳥・夜景空撮・炭鉱遺産etc.

KEN五島の写真家ブログ KenGoshima Photography               建築写真・航空機・野鳥・夜景空撮・炭鉱遺産etc.

札幌圏を中心に、建築写真・航空機・野鳥・夜景空撮・炭鉱遺産などの撮影に取り組んでいる写真家です。 My main candidates for photography are an industrial heritage,scenery,construction, etc.

駆け出しの頃、東京から北海道札幌市に移住して約19年。北海道の建築写真・航空機・野鳥・
夜景空撮・炭鉱遺産などの撮影に取り組んでいる写真家です。
公益社団法人日本写真家協会(Japan Professional Photographers Society JPS)会員

1999年。大夕張鹿島の人々が去った炭鉱街を見た時の衝撃が、現在の活動の原動力になっています。
関わって下さる全ての方々や事柄に感謝し、前に進んで参ります。

2004年 ニコン札幌SCミニギャラリーにて初の写真展開催。以降北海道と東京で写真展開催多数。
2010年 写真集「北海道炭鉱遺産(アスペクト刊行) 」を出版。
2012年 富士フォトサロン札幌にて写真展「北海道炭鉱遺産」開催
2014年 写真展「札幌夜景空撮」The night view from the sky 主催 一般社団法人札幌観光協会
2015年 札幌駅JRタワーESTAプラニスホール「The Night View from the Sky~札幌夜景空撮展」
     主催 札幌駅総合開発(株) 北海道新聞社
2016年 「ニッコールレンズが映し出した日本の翼」羽田空港・ニコンプラザ各拠点にて開催
     協力 (株)ニコンイメージングジャパン  (株)日本航空   
2014年より、学研プラスCAPAにて企画、作品を掲出中

2014 ニコンAF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED プロモーション撮影を担当させて頂きました
2015 ニコン 私のNIKKOR VOL.34 KEN五島 × PC-E NIKKOR 24mm f/3.5D ED 熊本城等城郭建築撮影を担当させて頂きました
2017 ニコンD7500デジチュータープロモーション撮影を担当させて頂きました
2020 ニコンP950プロモーション撮影(風景・月・航空機・人物等)を担当させて頂きました

写真家KEN五島のウェブサイト Kengoshima Photography  
Please send me info@kengoshima.come-mail to here if you need
Copyright (C) 2009 Ken Goshima All Rights Reserved

先日半年ぶりに頂いた札幌イタリア料理「グラヴィータ」さんの

フルコース料理掲載、2回目となります。

 

グラヴィータさんでお料理をいただく際は毎回写真を撮影させて頂いていますが、

今回は大きなボディのD6を使用しました。レストランで食事をしながら

写真を撮るにはかなり大きいので、最近はZ50が普段遣いになっています。

Z50の描写も新世代な感じで透明感があり気に入っていますが、D6はさすがの

描写と感じました。ライブビュー撮影も併用していますが、D850などに比べて

キレのいい作動となっており、風景における撮影などでも重宝をしています。

 

滝川産・鴨の低温ロースト。かなり大きな鴨のロースト、旨味がとても濃く、食べ応えがありました。

 

カキのクリームソースパスタ。毎回多彩なパスタを楽しませて頂いていますが、

牡蠣の風味が広がる見事な味わいでした。

 

デザートプレート。カタラーナ、レモンチーズケーキ、チョコテリーヌ、洋梨のコンポート。

グラヴィータさんのカタラーナは、ほかのお店ではちょっと味わえない素晴らしい一品です。

毎回とても楽しみにしています。

D6 AF NIKKOR 35-80mm F4-5.6 D

 

ぜひ札幌「グラヴィータ」さんのランチとディナー、頂いてみてください。
「イタリア料理グラヴィータ」
電話: 011-207-7789
札幌市中央区北1条西10丁目 ダイアパレス北1条1階
TEL 011-207-7789
ランチ 11時30分~14時
ディナー17時30分~22時

久しぶりのグルメ掲載となります。先日、半年ぶりに札幌イタリア料理「グラヴィータ」さんの

フルコース料理を頂いてきました。今回もとても美味な料理の数々を楽しませて頂くことが出来ました。

2回に分けて掲載を致します。

 

毎回お料理を頂く際に撮影をさせて頂いていますが、今回は初めてニコンD6を使用してみました。

今までは地明かりでの撮影で色被りが残りましたが、D6は色被りがごく少なく、残っていても

除去しやすいです。装着レンズは1995年発売のAF NIKKOR 35-80mm F4-5.6 Dになります。

廉価レンズですが、大変こだわりのある光学設計で、優れた描写をしてくれます。

 

 

鯛のカルパッチョ。鯛の旨味と香ばしさを楽しめました。

 

 

24時間以上、多彩な工程を経て作られたコンソメスープ。とても澄んだ味わいでした。

 

 

北寄貝のフリット、ラディッキオサラダ。北寄貝の甘味がより強調されていてとても美味です。

 

D6 AF NIKKOR 35-80mm F4-5.6 D

 

10月下旬から久しぶりに藻岩山トレイルランニングを再開し、

週に2回ほど藻岩山を走ることが出来ています。

掲載したカットは数日前の藻岩山兎平からの景色。カラマツが

黄金色に染まり、大変美しいです。登山道の下部はカラマツの

落葉で敷き詰められ、走っていて大変気持ちよく感じられます。

 

足の痛みにより、最近4年ほどは里山トレランを剣道の補強でするくらいでしたが、

藻岩山トレランを再開し、毎回行くたびにトレラン仕様の体力が少しづつ戻るのを

感じます。また下りも引っかかる感じがなくなり、スムーズに足を

運べる実感が得られるようになってきました。

 

この時期の藻岩山トレイルは雨や雪解けでドロドロになっていますが、

このところ上部は夜間氷点下になっているようで、シューズが

あまり汚れなくなってきています。積雪した方が走りやすい時期になりました。

藻岩山 トレラン トレイルランニング ken五島

Z50 NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR

久しぶりの建築写真の紹介、2回目です。夏になりますが、

いつも撮影をご依頼頂いているan. Design House(アン・デザインハウス)さんの

モデルハウスを撮影させて頂きました。今回はキッチン周りのカットになります。

1枚目はAF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDを用いて腰くらいの高さから、

2.3枚目はPC NIKKOR 19mm f/4E EDを使用しアイレベルから天板が見えるように

撮影をしています。いずれもラインの端正さが表現出来るように留意しています。

D850 AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED

 

D850  PC NIKKOR 19mm f/4E ED

 

 

D850  PC NIKKOR 19mm f/4E ED

久しぶりに、メイン撮影業務である建築写真をご紹介致します。

夏になりますが、いつも撮影をご依頼頂いている

an. Design House(アン・デザインハウス)さんのモデルハウスを撮影させて

頂きました。設計担当石栗さんの端正なラインを持つ美しさがより際立つ

建築空間となっていました。

 

建築写真では、主にPC NIKKOR 19mm f/4E EDとAF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED、

二本のレンズを主に使用します。その他にも使用をしますが、やはりこのレンズの使用頻度が

抜群に高いです。PC NIKKOR 19mm f/4E EDはパースペクティブコントロールレンズ、

光軸を調整することの出来るレンズです。アイレベルから見下ろすことなく光軸を下げて撮影しています。

an. Design House(アン.デザインハウス株式会社) KEN五島 KENGOSHIMA

D850  PC NIKKOR 19mm f/4E ED

 

an. Design House(アン.デザインハウス株式会社) KEN五島 KENGOSHIMA

D850  PC NIKKOR 19mm f/4E ED

 

 

こちらは腰くらいの高さからAF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDを使用し広く撮影。窓の大きさを

強調しています。

an. Design House(アン.デザインハウス株式会社) KEN五島 KENGOSHIMA

D850 AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED

 

 

長い間苦しんだアキレス腱痛が治り、里山だけでなく藻岩山でのトレランを

増やしています。剣道の際は少し痛くとも動きに支障は無かったのですが、

山を走るとすぐに痛みだしてしまい、藻岩山や羊蹄山は諦めていました。

やはり里山よりも圧倒的に苦しく、楽しいです。

今回は空荷でなく、水やカメラなどを背負って少し負荷をかけました。

 

気温が10度を超え、先日の積雪はスキー場コースでは殆ど無くなっていました。

山頂では急速に天候が悪化しだし、強風の中Z50で少し風景を撮影してみました。

1本のレンズで75〜375ミリ相当の画角は、山の中ではかなり便利です。

 

曇天でしたが、JRタワーに少し光が当たりました。

藻岩山 トレラン トレイルランニング ken五島

 

反対方向、藤野のフッズスキー場に光が当たり美しい情景となっていました。

藻岩山 トレラン トレイルランニング ken五島

 

「スキー場コースにヒグマ の爪痕あるよ」と教えていただき、兎平の上部で確認をしてみました。

トドマツが盛大に引っ掻かれています。直近ではないようですが、すぐそばにヒグマ が生息していることを実感します。

藻岩山 トレラン トレイルランニング ken五島

Z50 NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR

 

 

本日は早朝から雷鳴が轟き、霰が降り注ぐ珍しい天気でした。

日中、天候が穏やかになったタイミングを見計らい、藻岩山スノートレランへ

行ってきました。2016年の暮れに藻岩山スノートレランをした記憶がありますが、

雪の藻岩山を走るのはその時以来です。

 

登山口ではまだ降雪が浅く、チェーンスパイクを装着するか迷いましたが、

滑って怪我するのを未然に防ぐため、装着して走り出しました。

すぐに一面真っ白の積雪模様となりましたが、まだ気温が高く水を多く

含んでいるので、チェーンスパイクにダマになって固まってしまい、少々

走りにくかったです。

 

スノートレランは、無雪期よりも足を取られる分、負荷が高くなります。

前回よりもやや時間がかかり、29分半くらいで山頂に到着。到着寸前に

上空で雷鳴が轟いたため、展望台へ上がるのはやめておきました。

 

下りはさらに降雪が強くなり、照度もかなり暗めとなりました。

すれ違う登山者の方は往復一人のみと、大変静かなトレイルでした。

 

山頂の藻岩観音奥之院。明治34年に山頂に祠が建立され、この当時の観音様は

現在「水かけ観音」として右下の水場の傍に安置されています。

藻岩山 トレラン トレイルラン トレイルランニング

 

藻岩山スキー場の急斜面、兎平。草刈りが完了し、積雪を待つばかりとなっています。

藻岩山 トレラン トレイルラン トレイルランニング

スマホで撮影

紅葉を背景に、テイクオフ直前のB777日本国政府専用機を撮影しました。

方向転換の際、真正面になる瞬間を捉えています。

D6と同時に、遅ればせながらAF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VRを

導入しました。主に飛行機撮影にて使用をしていますが、旧型のVR2とは

解像感の均質性、精細な描写など格段に進歩しており、今更ながら

素晴らしい性能に感服をしています。ニッコールZ用はさらに高性能との

ことで、ニコンレンズシステムがさらに発展することを楽しみにしています。

D6 AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR

ほんの2ヶ月前には30度超えの気温でしたが、早くも晩秋となり、

札幌では初雪となりました。気温は約3度、本日朝方には積雪を目視出来た

藻岩山へ、先週に引き続き短距離トレイルランニングへ行ってきました。

 

雪混じりの風が強く山頂が見えない時間帯もありましたが、スキー場登山口からの入山時には

雪は止んでいました。前回よりもだいぶ楽に走れたものの、濡れた落ち葉のぬかるみが結構あり、

山頂到達タイムは27分と前回よりもやや早い程度でした。前回に引き続きアキレス腱などの痛みが

出なかったのは今後の励みとなります。

今回はトレラン用ストックを久しぶりに使用。上半身の筋力を推進力に使えるので、やはり楽です。

負荷は低いながらも上腕三頭筋を使うので、剣道にも活かせるかもしれません。

藻岩山 トレラン トレイルラン トレイルランニング

 

 

降雪があり寒かったので、山頂施設にはあまり人影がありませんでした。

藻岩山 トレラン トレイルラン トレイルランニング

 

降った雪はほとんど融けていましたが、道端にはまだ雪が残っていました。年末には、あたり一面真っ白になり

マイナスの気温となります。

藻岩山 トレラン トレイルラン トレイルランニング

 

スマホで撮影

 D6にAF-S NIKKOR 600mm F4E FL EDを装着し、千歳基地に展開中の

小松基地第303飛行隊F-15Jを流し撮りしました。

残念ながら夕陽は当たりませんでしたが、紅葉を背景に撮影することが出来ました。

尾翼には、小松基地第303飛行隊の龍の部隊マークが確認できます。