けみ日記@菜園’s(サイエンス)考房『地球知足』

東京都中野区〜石川県羽咋市へ。
脱サラ・移住・新規就農へ向けての奮闘記。
【ホームページ】
☞http://chikyuchisoku.amebaownd.com


テーマ:
エジプトもメソポタミアもインダスも、古代文明の繁栄した土地は、ことごとく砂漠化した。
森林を伐採し、破壊し尽くしてしまったからだ。

文明があまりにも進歩して、人間は自分たちの根っこがどうなっているかを忘れてしまった。

森林が消えても平気でいられるのは、まだ滅びていない遠くの森林から木々を運ぶことが出来るから。
ある土地が砂漠化しても、また別の土地を畑にすることができるから、何が起きようが知らないふりをしていられる。

現代人は農薬や肥料がなければ生きていけなくなっているというのに、そのことの意味を真剣に考える人は既に少ない。

化石燃料が枯渇するのが先か、それとも環境が回復不能なところまで破壊されてしまうのが先かはわからないけれど、いずれにしてもそうなれば、農薬や化学肥料が不可欠な現代の農業が破綻することは目に見えている。

それが100年後なのか、あるいは30年後なのかはわからない。

インターネットがどれだけ便利になろうが、携帯電話で世界中と話が出来るようになろうが、毎日何かを食べなければ人は生きていけない。

生態科学者に言わせれば、人間は植物の寄生虫ということになる。

農業は人の命を支える根っこなのだ。

その根が枯れてしまったら、人は生きていけない。

そんなことは誰だってわかっているはずなのに、根をこんなにも痩せ細らせてしまって平気な顔をしているのが現代人だ。

海から遥か遠い場所で、その男は船を造った。

洪水なんて来るわけがない。

世間の人は確かそう言って、男を嗤ったのではなかったか。

それでもその人は、自分の信じるところに従って、独りで船を造り続けた。

そしてその船に、男は地上のあらゆる動物を一対ずつ乗せた。

その船とは『自然栽培の畑』だ。
あらゆる生物をのせたその船(畑)を、後世の人たちは『ノアの方舟』と呼んだ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。