「Tさん、はじめまして。◯◯という相談所で活動している38歳の男です。そこは御社のようなフォローが全くありません。そのせいで20代やアラサーの女性に申し込んでも断られお世辞にも顔が整っているとは言えない同年代のおばさんばかりから申し込みが来ます。

 

アドバイザーにお見合いが組めない理由を聞いても、写真を変えてはどうかというアドバイスくらいしかもらえず、最後にはもう少し年の近い人に申し込めと妥協を勧められました。

 

こちらは高いお金を払っているのに、何を考えているのでしょうか?頭に来たので怒鳴りつけてやりました。話にならないので募集が再開されたら御社に移籍しようと考えています。」

 

 




ツッコミ所が多すぎて困る所長

「オヨ〜…。」

 

突然歌い出す私

 「ドッキドキ⭐︎ドリームがきらめく〜

    ワックワク⭐︎ワールド広がる〜

 

    ヒラリ!年の差飛び越え〜

    キラリ!君も理想の⭐︎女性と!

 

 結婚〜!!

 




 

できるわけ、

ないルン!」

 

※今回はプリキュア回です

 

 





兵庫県高砂市、JR宝殿駅前、

結婚物語。仲人Tです。

 

去年の9月に入会して11月に成婚退会したアラフォー女性会員様の妊娠が発覚し、あまりのスピードについていけない今日この頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

 

 



さて、他社を紹介する記事を載せてから、男女問わずこのようなメールが殺到しております。

 

「聞いてください!うちの相談所は最悪なんです!ああでこうでどうでこうでとにかくひどい!


私の婚活が苦戦しているのって、相談所のせいですよね?

 

 




ンンーー!?




 

 







もちろん、

そりゃあ相談所がダメだわ!

ってメールもありました。

 

 

・Hに誘ってきた相手のことを報告したのに相手の相談所と揉めるのが嫌だからと対応してくれなかった


・仲人のオバさんが毎回お見合いの時に紹介だけではなくて1時間ずっと同席した上、こちらのおごりで1番高いメニュー(ドリンクではなく食事)を頼んでくる(ごめん、笑ってしもた)

 



 

この辺は怒っていい案件だと思うんです。

 

 







どちらが悪いわけでもなく、

たまたま相性が悪い問題もありました。

 

・アドバイザーが厳しすぎて凹む、

もしくは優しすぎて何も言ってくれない。

 

これはね、勇気を出して、自分と相性のいい担当に変えてもらいなさい!うちだって「Tさんは厳しすぎるから所長に」っていう人もいれば「ドMなんでTさんでお願いします」っていう人もいるから!よくあることやから!アドバイザー皆そんなんで気を悪くしたりしません!

 

 



 

ただね、

 

こういう、こういうやつ!

 

「いい人と全然会えなくて、

変な人ばっかり申し込んでくるんです!」







えっ、それ、ほんまに、

相談所のせいと思ってんの?

 



「高いお金払ったんだから会いたい人に会わせてくれるのが相談所の仕事でしょ!」

 






ブロッサム

おしりパンチ!!!

 




よし分かった。じゃあ、全然好みじゃない見た目で、年も希望よりだいぶ上の男性が、高いお金払ったからあなたに会いたいって言ったら、あなたは会うわけ?

 


あなたに心があるように、

相手にも、心があるねん!

 



ワシら、

魔法使いとちゃうんや!

 


キュアップラパパを何回唱えても、


40年彼女がいなかった男子が相談所に入った途端に金髪巨乳美女と黒髪ツインテ美少女に取合いされることは無いし、


家事も貯金もできなくて人の悪口ばっかりの女子が同年代のハイスペイケメンから「僕と契約して専業主婦になってよ!」って言われることは無い!

 


君らがムゲンダイ⭐️イマジネーションで理想の相手を思い描くのは自由!

 



でも、結局、

その相手に会えるかどうかは、

君ら自身にかかっとるんや!

 


理想の相手に会いたいなら、

相応しい人になるしかない!






だから、仲人みんな一生懸命君らにアドバイスすんねん!そしたら言われんねん!

 



「アドバイザーが上から目線でムカつく」

 

上や!

 

ワシら、君らより上や!

 

人として上とかちゃう!

 

「どうやって振る舞えば婚活がうまくいくのか」っていう知識量において、

 

圧倒的に君らより上や!

 

 



だから、頼むから素直にアドバイスを聞いてくれや!

 



「おごれ」言うたら「なんで男だからって奢らないといけないんですか?おかしくないですか?」って反論してくる男子!




 

アラサーで50代男性の平均年収を稼ぎダンナとのデートは全てワリカンにしていたこの私が、


男の子だってお姫様になれるはぐプリを一生懸命に視聴するダンナを微笑ましく見つめていたこの私が、



本気で「男は奢るもの。女は奢られて当然。」とか、


思ってるわけないやろうが!

 



その方がモテるから言うとんねん!

 





同じ口で女子には

 

「お金は出した方がモテるで」

 

て言うとるわ!

 

 

 




メール送ってきた君ら!


アドバイザーに八つ当たりして、

疎遠になっとる場合か!

 



半年以上婚活に苦戦してる君らの頭の中を

いくら探したところで、

そこに婚活がうまくいく答えはない!

 

でも、

アドバイザーの頭の中には、

その答えがあるんや!

 





「あなたたちがダメだから私の婚活がうまくいかない!」ってキレとる場合か!


そもそもキレられた時点で、こっちはいい人を紹介しにくくなる!なんかあったらお相手にもキレるんかなって思うやろうが!

 

婚活で苦戦してるあなたが、

アドバイザーに言うべきセリフは、


「どうやったらいい人に会えますか?」

「どうやったら交際がうまくいきますか?」や!

 


プロフィールも変えれるとこあるかもしれん!写真をいい所に撮りに行ってもいい!趣味で「ヨガ」「釣り」とか異性にウケが微妙なものを書いてるなら、一緒に頭をひねってもっと刺さるやつ考えよう!女子は料理と〇〇について書いておくだけでいい印象になる!男子は〇〇〇〇がOKだと書いておくだけで俄然器がでかく見える!


 

男子は店選びに困ったら聞いてくれ!「パスタとか麺類が好きです」って教えてくれた女子を丸亀製麺に連れて行くんじゃない!今までで1番の破壊力やったわ!サイゼリヤなんて足元にも及ばんわ!

 


女子はラインの内容にこだわりすぎや!男子はそんな考えてラインしてへん!不安になったらスクショ送ってくるんや!私らが状況判断したるから!

 


「私は高望みなんでしょうか?」

登録した直後の2週間で申し込んで来た人の中に一人も会いたい人がいないか、申し込みが全員から断られてたら高望みや!

 


「私はどのレベルの人と釣り合うの?」

よし!今まで申し込んできた相手の平均を出せ!そのちょっと上まで行ける!平均年収400万なら450万!平均40歳なら同じ条件の38歳!その辺りにこっちからガンガン申し込め!

 


3回目のデートで手を繋いでいい?」

それは人それぞれや!

まず状況を報告してくれ!

 

 



いいか!


君らが今悩んでることはほぼ全て、

 

君らの先輩が、

通ってきた道やねん!

 




一人で悩まないでくれ!


私たちは、

答えを持っているんだ!

 



もちろん全ての人に当てはまる答えは存在しない!男子が多い東海と女子が多い関東関西九州では高望みのラインが全く違うし、男は絶対こうで女は絶対こうなんてことはない!


でも、

君のタイプと相手のタイプに合わせて、

最も正解に近い答えを導き出してみせる!

 

 





もちろん、私たちのアドバイスを全て実行しても、強力なライバルが出てきて負けることもある。

 



だけど、

アドバイザーの忠告を無視して婚活する男女がどんなに多いか、


長いこと婚活に苦戦しているあなたは、

知っているはずです。

 

店は予約しないし、奢れと言われているのに「1000円でいいよ」って言う男子。


奢ってもらってもお礼も言わず笑顔の一つも見せない女子。

 

そんな魑魅魍魎が蠢く婚活界で、アドバイザーの忠告をしっかり守る男女は、ひときわ輝いて見える!

 

アドバイスに沿って礼節を尽くすあなたを見て、お相手は心の中で呟くはずです!

 

「キラやば〜⭐️」

 

 





私たちは、厳しいことも言うかもしれない。

あなたが落ち込むこともあるかもしれない。

 

だけど忘れないで。

 

私たちは、

あなたを否定する敵じゃない。

 

あなたと共に戦う、

強力な味方なのです。

 




 

今、どこかの相談所に所属している方は、

「相談所を変わればうまくいくはずだ!」と退会する前に、担当のアドバイザーに本音をぶつけてみてください。

 

どんなにギクシャクしていようが、自社の会員に幸せな結婚をして欲しくないアドバイザーなど、誰一人いないはずです。



息が合わない時もあるけれど、

手を繋げば勇気が湧いてくるわ。

 

一人では無理でも、

二人なら出来るって思える!


だから!

 

プリキュアは二人なの!

 







そして、まさに今、

相談所に入るか悩んでいるあなた。

 






あなたは今までずっと、

一人で歩いてきたのでしょう。

 

誰にも助けてもらえず、

答えもわからないまま、


結婚にたどり着かない、

辛くて苦しい真っ暗な道を。



あなたはもしかしたら、

後悔しているかもしれない。

 



もっと早く始めていれば、

もっと若い時に入っていれば。

 





大丈夫です。

 




寄り道、

脇道、

回り道。


しかし、

それらも

全て道!


 

あなたの歩く、あなたの道を、

あなたが決める、あなただけの道を。



あなたの相談所のアドバイザーが、

明るく照らしてくれることでしょう。



 

これからは

遠回りでなく

最短距離を。

 





回り道を後悔する必要はない。



なぜなら、あなたが今、

30でも40でも50でも、





いつだって

今のあなたにふさわしい人が



あなたを待っているのだから。

 

 

 

 


 

本日も読んでいただき、

ありがとうございました。



次回

「本が売れてるらしいからそのお礼と、ブログの地上波ドラマ化決定のお知らせ」