KEIO SWIM CONQUEROR BLOG

KEIO SWIM CONQUEROR BLOG

OB・OGの方々、保護者の方々、受験生の皆様に向けて発信しています!!







こんにちは。








2020-2021シーズン
體育會水泳部総将
競泳部門主将を務めました
法学部政治学科4年  初谷智輝です。










10月7日から10月10日までの4日間、
東京辰巳国際水泳場にて行われました第97回日本学生選手権を持ちまして、
體育會水泳部競泳部門の2020-2021年シーズンが終了いたしました。
主将を務めました私からシーズン総括をさせていただきます。













総括に先立ちまして、
今シーズン體育會水泳部競泳部門に関わっていただきました
社会人コーチ、OB・OGの方々、各大会関係者の皆様にこの場をお借りして感謝申し上げます。











今シーズン體育會水泳部競泳部門では、
チーム目標を全体目標・女子目標・男子目標の3つに分けて掲げました。














<全体目標>




①専門種目で全部員自己ベスト更新



→未達成



81.6%の部員が自己ベストを更新しました。
2年生は全員更新、1年生も入部してから半年間にも関わらず7人が自己ベスト更新しました。



100%に達することはできませんでしたが、昨シーズンに引き続きコロナ禍で試合数が大幅に減少する中、部員一人一人が一試合一試合を大切に目標設定し、挑んだ結果だと思います。












②特定大会でのベスト率60%以上



→未達成



4月の東京六大学春季対抗戦、
9月の協生館オープンと10月の日本学生選手権
を特定大会と位置づけました。



勝負所で結果を出す意識付けの意味を込めて、この目標を掲げました。
東京六大学春季対抗戦ではベスト率36%
協生館オープンと日本学生選手権を合わせたベスト率は26%
とどちらも目指していた60%には及びませんでした。















<女子目標>



・次年度日本学生選手権リレー標準記録突破



→未達成



早慶戦では800mフリーリレーで4人が大幅にベストを更新するレースで、400mフリーリレーおよび800mフリーリレーで日本学生選手権の出場権を獲得し、次年度の標準記録を突破いたしました。



しかし、400mメドレーリレーで日本学生選手権標準記録を突破することができず出場が叶わなかったため、リレー3種目全てで達成することはできませんでした。















<男子目標>



・日本学生選手権男子総合7位以上




→達成!!!



154.5点を獲得し、総合7位入賞!!
1998年以来23年ぶりのシード権獲得!!



今シーズン、日本学生選手権でシード権および総合7位以上を獲得するために、戦略ミーティングに多くの時間を割いてきました。



出場する選手、会場でサポートするメンバー、合宿所での応援組、それぞれが自分の役割を明確に認識し、ひとつの目標に向かって全力で突き進んだ4日間でした。











2日目、ラストイヤー大場の400m自由形で5年ぶりの3分53秒台でチームは勢いに乗り、
100m平泳ぎで佐藤、深沢がワンツーフィニッシュを飾りました。












3日目も再び大場が200m自由形で自己ベスト更新する泳ぎを魅せ、
4×100mメドレーリレー予選で4位A決勝進出を果たしました。












最終日4日目はラストレースの初谷、高橋が9位に入り得点を稼ぎ、最後は200m平泳ぎで再び佐藤、深沢がワンツーフィニッシュを飾り、目標である総合7位を確実なものにしました。

















全体目標、女子目標の達成はならなかったものの、男子目標は達成することができました。


今シーズン、「CHANGE」のスローガンを掲げたことで、部員一人一人がチームにとって価値ある成長のため、変化を恐れずに取り組んだことがシーズン最終試合でシーズン目標の達成に繋がったと考えます。















また、1年間部内から感染者を出さなかったことも競技成績とは異なりますが、大きな成果だと思います。
私自身、主将として部内の感染対策に関して幹部や監督と共に時間を多く割いて検討してきました。


51名の部員が徹底した感染対策に取り組み続けてくれたことで達成できたシーズン目標です。









withコロナの環境下で部活動が止まった時期もありましたが、「目標達成のため今できること」を常に考え、追求した結果が82%の部員が専門種目自己ベスト更新に繋がったと思います。








昨年10月からシーズンを始めてから、
コロナ禍で会食禁止や活動時間が制限され、コミュニケーションをうまく取れないことをチーム課題としていました。







コミュニケーションを促す新たな取り組みを始め、試行錯誤してきましたが、部員同士すれ違うこともありました。



その中でも「シード権獲得」するチーム像をイメージし続けたことで、想いをひとつに進んでこれたと思います。












ここからのシーズン、チームはシード校として新たな高みを目指すことになります。




全国の強豪校と戦うためにはまだまだチームとして「CHANGE」していく必要があります。


今シーズンのスローガン「CHANGE」の精神を忘れることなく、深沢主将を先頭に強いKUSTを作り上げていって欲しいと思います。









最後に
KUSTに関わっていただきました皆様


1年間コロナ禍で身動きの取りづらい時期が続きましたが、KUSTにご支援いただきまして誠にありがとうございました。


引き続きご支援ご声援の程よろしくお願いいたします。




















CHANGE







KUST2020-2021
慶應義塾體育會水泳部競泳部門
主将  初谷智輝









こんばんは。



本日、東京辰巳国際水泳場にて、第63回日本選手権(25m)2日目の競技が開催されました。



昨日に続き出場した佐藤翔馬(東京SC/慶應義塾大学)、夏目大志(OB/KEIO)に加え、髙﨑有紀(OG/KEIO)が出場いたしました。



以下結果です。




【予選】


50Br 女子

髙﨑有紀(OG/日清食品) 30.44 予選3 決勝進出!!



50Br 男子

佐藤翔馬 27.23



100Ba 男子

夏目大志(OB/KEIO) 53.92



200Br 男子

佐藤翔馬(東京SC/慶應義塾大学) 2:05.71 

予選2 決勝進出!!




【決勝】


50Br 女子 決勝

髙﨑有紀(OG/日清食品) 30.37 4‼︎



200Br 男子 決勝

佐藤翔馬(東京SC/慶應義塾大学) 2:04.93 4‼︎





本日にて本大会2日間のすべての競技が終了いたしました。



今回は少ない人数での出場ではありましたが、インカレを終え初めてのレースとなり、新しい目標に向かって走り出す第一歩目のレースとなりました。



2週間後の1030日、31日には東京都ジュニア秋季短水路記録会を控えております。




本大会でまた新たに発見した伸び代を踏まえて、さらに飛躍して参ります。




2日間、皆さま温かいご声援ありがとうございました。




これからも部員一同精進して参りますので、変わらず見守っていただけると幸いです。





Change 












こんにちは。



本日、東京辰巳国際水泳場にて第63回日本選手権(25m)水泳競技大会の1日目が開催されました。

東京SC/慶応義塾大学から佐藤翔馬、

KEIOからOBの夏目大志が出場いたしました。




以下結果です。

◎100IM 男子 予選

佐藤翔馬 56.31



◎200Ba 男子 予選
夏目大志(OB/KEIO) 1:58.65

◎100Br 男子 予選
佐藤翔馬 58.29


久しぶりに短水路の試合でした。
インカレから1週間が経ち、新シーズンに向けてそれぞれが新たな目標を掲げているかと思います。

明日は本日出場した2名に加え、日清食品からOGの髙崎有紀も出場されます。

短水路で実力を十分に発揮できるように応援しております。

明日も温かい声援をよろしくお願いいたします。





Change





こんばんは。

本日、東京辰巳国際水泳場にて、第97回日本学生選手権最終日の競技が行われました。

以下結果です。


【予選】
◎100Fr 
今西慶太 51.12 
鈴木基心 50.88


◎100Ba 
髙橋海輝 55.90 第9位!!
丸山斗夢 58.54


◎200Br 
佐藤翔馬 2.10.29 予選2位 決勝進出!!
深沢大和 2.10.01 予選1位 決勝進出!!


◎400IM 
初谷智輝 4.20.73 第9位!! Best!!


◎800FR
大場/髙橋/初谷/今西 7:26.89
(1:50.84/1.53.74/1:51.65/1:50.66) 第10位!!

渡辺/倉科/妻井/秋山 8:35.22
(2:05.65/2.05.34/2:13.47/2:10.76)


【決勝】
◎200Br
佐藤翔馬 2.08.46 第1位!!
深沢大和 2.09.21 第2位!!


【総合得点】
男子 154.5点 第7位!!
女子 2点



以上です。



本日にて4日間全ての競技が終了いたしました。

結果としては、チーム目標として掲げていた、総合順位7位以上を達成することができました。
シード権の獲得は、23年ぶりにようやくものにすることができました。



このような結果を出せたことは、チームメイト一人一人がチームのためを思い、行動した結果だと思います。


何より、平素より体育会水泳部に携わってくださった方々、応援していただいている皆様の存在があってこそ、成し得たことだと思います。

本当にありがとうございました。



慶應水泳部は今後、「インカレ総合優勝」という目標を掲げ、さらなる飛躍をしていきます。

変化を恐れず、どんな困難にも前向きに、常に挑戦していきます。


どうか、今後の水泳部にもご期待ください。





引き続き、皆様の温かいご声援をよろしくお願いいたします。




KUST 2020~2021
CHANGE








こんばんは。

本日、東京辰巳国際水泳場にて、第97回日本学生選手権3日目の競技が行われました。

以下結果です。



【予選】

◎200Fr 
今西慶太 1.51.82
大場法隆 1.50.49 第12位!! Best!!
渡辺佳菜 2.07.18


◎100Fly 
コーツリアム 54.80
倉科美月 1.02.19


◎200IM 
初谷智輝 2.02.20 第14位!!


◎400MR
髙橋海/佐藤/コーツ/今西 3:39.92
(56.33/59.70/53.78/50.11) 予選4位 決勝進出!!



【決勝】
◎400MR 
髙橋海/佐藤/コーツ/今西 3:38.72
(55.87/59.26/53.32/50.27)  第7位!! 第1泳者Best!!




以上です。


本日は、200m自由形、200m個人メドレー、400mメドレーリレーの3種目にて得点をする結果となりました。

特にメドレーリレーにおいては、想定よりも大きく順位を上げ、決勝に残ることができました。

決勝では、髙橋(4年Ba)が第一泳者で自己ベストを更新し、さらにコーツ(3年Fly)は個人種目よりも1.5秒近くタイムを上げるなど、全員がこの種目でベストパフォーマンスに近いものを発揮することができました。



ここまで、順調にタイムを出す、また得点を取っていけている状況ですので、最終日の明日も攻めの姿勢で望んでいきます。



明日も注目レースが目白押しとなっております。

最後まで、サポートしていただいた関係者の皆様、ご声援を送ってくださった皆様への感謝を胸に、全力で取り組んでまいります。



GO!! KEIO!!



KUST 2020~2021
CHANGE









こんばんは。
本日、東京辰巳国際水泳場にて、日本学生選手権2日目の競技が開催されました。

以下結果です。



【予選】

◎400Fr
大場法隆 3:53.95 第12位!!



◎200Ba
高橋海輝 2:06.63
丸山斗夢 2:09.00


◎100Br
佐藤翔馬 59.76 予選1位 決勝進出!!
深沢大和 1:00.43 予選3位 決勝進出!! Best!!


◎200Fly
倉科美月 2:14.95 第15位!!


◎400FR
鈴木 髙橋 大場 今西 3:22.69
(50.89/51.08/50.58/50.14)  第10位!!
秋山 渡辺 倉科 妻井 3:56.20
(59.34/58.31/57.56/1.00.99)


【決勝】

◎100Br
佐藤翔馬 59.58 第1位!! 
深沢大和 1:00.37 第2位!! Best!!



本日は、自分の力を十分に発揮できたレースが多く見られました。
その中でも、100m平泳ぎの佐藤・深沢は、本校で初のインカレでの1,2フィニッシュを達成することができました。

本日の良い流れは、出場する選手はもちろん、サポート組、スタッフそれぞれが役割をこなして、「チームのため」という一つの思いが重なり合った結果生まれ始めたものだと思います。

明日以降も、それぞれのやるべきことを行なっていけば、目標は達成されるはずです。
思いを一つに、あと二日間取り組んでいきます。



読者の皆様におかれましても、温かいご声援をありがとうございます。
あと2日、引き続き応援のほどよろしくお願いいたします。



KUST 2020~2021
CHANGE








こんにちは。




4年の稲田亮太郎です。




ついに僕もラストブログになりました。





初めてのブログの時は、どのくらい真面目なブログなのか分からず、ガチガチに自己紹介を書いたのを覚えています。




4年間書き続けてきたブログもこれで最後と思うと、少し寂しいところもありますが、いよいよ最後なので頑張って書いていきます。






磯田からの最後のふりである、大競への想いを少し書いていこうと思います。





大競への想いを一言で言うと、





こんな僕を拾ってくれてありがとう





という感謝です。







強い大学のほとんどは推薦で強い選手を獲得していくので、高校の時に目立っていない選手は普通は選手として競技を続けることはできません。






僕も平凡どころか、入学した時には受験で3年近く競技を休んでいたので、本格的に水泳をできる状態ではありませんでした。






入学が決まった時、慶應はなんとなく強豪のイメージがあったので、このまま引退するのかなと思いました。実際、並木勧誘のビラにも、ホームページにもマネージャー募集としか書いていなかったので、やっぱり選手としてはできないのかなと思っていました。






それでも、高校2年で受験に入る前に、初めて都大会の決勝に残った時の楽しさが忘れられず、新歓の時に慶応のユニフォームを着た先輩(葉山だった)に勇気を出して声をかけました。

そして、そのまま協生館での練習を見学し、話を聞いて、選手として入部できることを知りました。

こんな僕でも選手として、"拾ってくれる"ことを知りました。






その瞬間、練習を体験することなく、寮をみることもなく、入部を決意しました。







これを始まりとして、4年生までずっと選手として、さらにはこんなに強いチームの一員として、競技を続けてさせてくれた慶應水泳部には感謝しかありません。






これが僕の大競への1番の想いです。






しかし、この想いは決して慶應水泳部の入部条件への感謝がメインではありません。






正直、この3年半部活を続けることは簡単なことではありませんでした。





高校では考えられなかった量と回数の練習。




量と難易度が鬼だった理工の課題との両立。





部活の仕事による拘束。






どれをとっても大変なことを、同時にこなしながら3年半。やめようとしたことは意外にもありませんが、やめたいと思うことは何度もありました。






その度に救ってくれたのが、部活のみんなでした。

気にかけてくれて、手助けしてくれて、そして一緒に頑張ってくれて。








1人では決してできないことを、50人の仲間となら超えていけることを知りました。




 



そんな仲間と必死になって頑張れるのもあと2日です。








今日も頼もしすぎる後輩たちが素晴らしすぎる結果をたくさん残してくれました。







この波に乗って、最後まで史上最強の慶應として駆け抜けていきましょう!!








明日は慶應のエース今西です。







ラストではありますが、多忙なレーススケジュールでとても疲れてると思うので、ぱぱっと最終日の意気込みをよろしく!!








それでは、これで稲田亮太郎のブログを終わりにさせていただきます。








3年半もの間、僕に関わり、サポートしてくださった皆様、本当にありがとうございました。

そして、これからのKUSTも何卒よろしくお願い致します。





最後の最後に一言だけ。






僕はこの部活を選んで本当によかったです。




その選択に何一つ後悔はないし、

この部活の一員としてすごした3年半はとても充実して楽しい時間でした。



本当にありがとうございました。




慶應義塾体育会水泳部競泳部門4年

稲田亮太郎




2020-2021



〜CHANGE〜












こんばんは。

本日、東京辰巳国際水泳場にて日本学生選手権1日目の競技が開催されました。

以下結果です。


◎50Fr 予選
鈴木基心 23.60





本日は、50m種目ひとつのみの開催でした。
本校からは1年鈴木が出場し、初登場ながら健闘いたしました。

明日より、種目数が多くなっていきます。
準備してきたことを十分に発揮できるよう、やるべきことを確実に行っていきます。

あと三日間、温かいご声援の程よろしくお願いいたします。


KUST2020~2021
CHANGE






皆様こんにちは


2年選手の磯田です



ついにインカレが始まりましたね!



4年生の方々のレースもこれで最後です!



全力で応援していきます!




初日のスイマーは一年の鈴木君でした!

惜しくも決勝には行けませんでしたが、チームを活気づけるレースでした!





また、インカレの応援ということで、OBの高橋さんからブリトーの差し入れをいただきました!




撮影時だけマスクを外しております




さっそく食べさせていただきましたがとても美味しかったです!



ガッツリパワーもらえました!



ありがとうございます!



さて、インカレでチームが盛り上がっている中、インカレに出場しない組のシーズンオフも明け、ついに練習が再開しました!










来週の高知県で行われるオープンウォーターに出る勢はメニューありで、それ以外の人は基礎の練習を行いました






こちらはロングのメニューです


手前にいるのは同期の木根くん


シーズンオフでしっかりと脂肪をつけていたのでここからどう筋肉に変えていくか期待してます










はい、こんなところで昨日の石田くんのフリに答えていきたいと思います!


「4年生との思い出を1人ずつ写真付きで教えてください」















やっていきましょう




まずは頼れる主将初谷さん

普段真面目な彼の口から坂系アイドルの話が飛び出てるのを聞いたときは驚きました




お次は頼れる副将秋山さん

GSが一緒で色々競技のアドバイスをしてもらいました




頼れる主務平間さん

もう何も食べられないかもとなった時、励ましてくださりさらに食べさせてくれました




頼もしい兄貴橋詰さん

色々とご飯に連れてってくださり、筋肉の話がをはじめ色んな話を聞いてくれたり、聞かせてくれたりしました




抹茶女子渡辺さん

一緒に食べた抹茶美味しかったですね(行ったことない)




ミスターホワイトスキン稲田さん

一瞬だけ訪れる彼の銀家行きたい欲が溢れた瞬間に一緒にいると銀家での一時をプレゼントしてくれます




大競の筋肉図鑑高橋さん

どこか小栗旬の面影を感じてるんですけどら誰にも共感されたことないです





タピオカ仙人倉科さん

練習中隣になった時バタフライで僕のフリーを圧倒していました





クールなゲーマー長野さん

彼に漫画やアニメ、ゲームの話を振った時に分からないと言われることはまずありません





競泳部の母木下さん

同じ商学部なのですが実はあんまり交流がないです、残りの期間で思い出を作りたいですね










と言った感じで思い出?を語らせていただきました!





さてこんなところで僕のブログを終わりにさせていただきます



明日は4年稲田さんです!

大競生活最後のブログになると思います


稲田さんの大競への熱い想いお願いします!















CHANGE




HP




Twitter



Instagram


気合

愚直

集中





どうも

虎流です





連日

4年生の崇高なラストブログが立ち並ぶ中

インカレ直前の2日間を僕と開で務めるという

とても荷が重い境遇に立たされている今日この頃です

今年もインカレは出場枠に制限があり

標準記録を突破していても参加できない選手や

帯同したくても帯同できないスタッフが多数います

僕もその1人です

したがって僕はインカレ未出場組と一緒に

現在シーズンオフを取らせて頂いております



まずは開のフリに答えますね


明日はたける!

シーズンオフ中にして1番楽しかったことを教えて!」



はい



まずは
僕がシーズンオフ中にしていたことを
答えていこうと思います













ずーーーーーっと
アルバイトをしていました





具体的にどんなところで働いているかというと
中華街あたりのクレープ屋さんで
クレープを焼いたり接客をしたりしています

そして
僕がシーズンオフの間に1番楽しいと思ったことも
アルバイトです
僕の職場は僕以外全員20代の女性です
10代も男はも僕1人なのでみんなチヤホヤしてくれます
褒めてもらうと気持ちは高揚するものですよね
フルーツのカットが上手になったり
クレープを焼くのが上手になったり
お客さんに対しての接客の仕方が上手になったり
掃除や片付けを丁寧にしていると
みんなが褒めてくれて認めてくれます
僕はそれがとても嬉しく幸せを感じます
バイトで幸せ感じるってどういうことだと
思われる方もいるかもしれません
しかし幸せを感じる瞬間や
充実していると感じる瞬間は
人それぞれであり
その大小もさまざまなんだということです
これはコーチ業にも通ずるものがあります
僕はインカレ未出場組のシーズンラストを見守りました
おそらく全員忘れていると思いますが
意識の話をしましたね
まだ水泳しかしたことのない選手たちを
どうにか2週間で競泳まで引き上げました
最終日の50mFrのベスト率はかなり高かったですよね
その瞬間はとてもやり甲斐を感じて
それはそれは大きな充実感に見舞われました
つまり楽しいと思える幸福感や
褒めてもらえる優越感は
その瞬間でしか味わうことができません
2021年の10月6日は今日しかありません
この先どんなことが起こっても
今日という日をやり直すことはできません

僕は
スタッフとして大学競泳に携わりながら
アルバイトとしてクレープを焼きながら
大学の難しい授業に参加したり
友達とキャンパスライフを満喫したりする
今日が1番楽しいです

話はガラッと変わりますが
虎流って名前めちゃくちゃカッコよくないですか
両親が付けてくれた僕の自慢の名前です

虎のように強く
流れる川のように激しく清い

阪神タイガースファンの両親の影響もあって
僕の名前には「虎」という字が入っています


当時の阪神タイガースのスローガン
「never never never surrender」
「絶対に絶対に絶対に諦めない」


僕がいるこのKUSTは絶対に諦めることなく
何事にも臆することなく貪欲に勝ちに行きます

そして明日からいよいよインカレが始まります
僕はメッセージなどが苦手なので多くは語りません




健闘を祈ります





磯田さんへのフリは
「4年生との思い出を1人ずつ写真付きで教えてください」


それではまた
来シーズンのブログにてお会いしましょう




change