本日のブログも過去2回に引き続き、OG対談をお届けいたします!
是非読んでみてください!

〜紹介〜
高橋順さん
2020年卒業(白百合学園)・マネージャーOG
谷脇文香さん
2020年卒業(慶應義塾湘南藤沢)・マネージャーOG

ーマネージャーからみた準硬の魅力を教えてください!

順さん:準硬のマネージャーは成長できる環境があるっていうのが1つかな。準硬では、0→1で新たなことを考えることもできるし、今ある仕事をブラッシュアップすることもできるから、自分なりにガッツを見せてやりたいことを探して取り組んでいけば、必ず部に爪痕を残すことができるはず。それは、準硬という組織があまりに大きすぎるわけでもなく、型に固執するわけでもなく、かといって型が不安定なわけでもないからだと思う。

文香さん:やっぱり準硬のマネージャーの魅力はグラウンドの仕事も運営の仕事もできることにあると思う。

順さん:間違いない!

文香さん:運営する人とプレーする人が完全に役割分担されているよりも、より一体感が生まれているんじゃないかな。近い距離にいて、近くで頑張りを見ているからこそ同じチームの一員として同じ目標を目指して熱くなれるというのはあると思う!

ー最後に、新入生に向けてメッセージをお願いいたします!

文香さん:楽しい思いしかしていない4年間ではなくて、辛い思いもしたけれど、本当に心の底から4年間準硬で生きるという道を選んで良かったなと思っているので、野球に興味があったり、マネージャーやりたいなっていう漠然とした想いがあったりするなら、1度体験に来てみてください!

順さん:何かを4年間頑張りたいと思っている人がいたら、まずは練習に来てもらえると良いかなと思います!私は練習に来た時の雰囲気や人が決め手になって準硬に入ると決めて、私なりにやり切ったなと思える4年間を過ごせたので、準硬がフィットするなと思えばおすすめしたいです!まずは1回来てみてね!

お読みいただき、ありがとうございました。
3回のブログを通して、準硬のマネージャーの雰囲気が伝わっていれば幸いです!
マネージャーに少しでも興味がある方は、ぜひ1度見学に来ていただけると嬉しいです!
お待ちしています!

写真左上:高橋順さん、写真下:谷脇文香さん
2年 宇根千賀