こんばんは。
首藤くん(法2 城北)から大変煽られながら紹介されました酒井俊樹(経4 桐朋)です。彼が入部当初、とても真面目な態度と顔つきで先輩と接しているのを見て、井上広(政4 修道)や久嶋(法4 慶應義塾)のように段々とサイコパスに変貌していくのを私は期待しておりました。しかし、未だに彼はサイコパスの一面を見せず、より一層真面目にチームの為に学生コーチとして練習を引っ張るようになってしまいました。嬉しいようで、少し悲しいです。


さて、本日は春季リーグ戦が中止となった今の思いや、これからについて書こうと思います。

新チーム始動から髙野(商4 慶應義塾湘南藤沢)を中心として大きくチームを変えることができ、春合宿でのトレーニング中の盛り上がりや、大会前の森羅万象にシェイシェイ(全然流行せず)など大きな変化を実感しながら、関東選手権に臨む事が出来ました。日本大学に完敗という形で幕は閉じましたが、春季リーグ戦は「なんかいけるかもしれない」という謎の期待感を部員の大部分が抱いていたのではないかと思います。

しかし、全くシナリオ通りには行かず、気が付けば大きな目標としていた春季リーグ戦は中止。全日本への挑戦すら叶わなくなり、我々の代の、そして私の頑張る原動力でもあった明確な目標はどこかにいなくなりました。

残すは「秋リーグ」のみ。

今まで、引退を控えた4年生の秋季リーグ戦での奮闘ぶりに私自身何度も心を動かされてきました。

そんな4年生の必死に泥臭く食らいつく姿を、ぜひ後輩には目に焼き付けて欲しいです。もし機会があればの話ですが。

暗い真面目なお話になってしまいましたが、引きこもり生活を送る私に、そんな面白い文章など書けるはずがありません。申し訳ございません。次の人に期待して下さい。

次のブログは水澤くん(文3 國學院大學栃木)に回したいと思います。彼はコミュニケーション能力が抜群であり、交友関係が広いらしく非常に羨ましいです。僕も来世は水澤くんのように色んな人と仲良くお話が出来るようになりたいです。
あと、彼には内野チーフをやって貰っているのにも関わらず、彼が外野を守っているという問題を解決するのを忘れていました。

それでは水澤、よろしく。

4年 酒井俊樹