保管していた商品の外装箱の交換 | 貼り箱工房Forest (有)金森紙器のスタッフブログ

貼り箱工房Forest (有)金森紙器のスタッフブログ

岩手県南で唯一!オリジナル紙箱を1個から!一関の紙器工房です。
マルシェ出店情報やお客様の別注オーダー品を紹介しています!


テーマ:

今回ご紹介する化粧箱の制作依頼は一般ユーザー様の、
『保管していた商品の外装箱の交換』です。

冠婚葬祭を始め様々なシーンで使用される贈答品や記念品、返礼品など,そのまま使用せずに箪笥や戸棚などに保管されている場合も多くありますね。
このお品を入れている外装箱(貼箱や鋲止箱など)の中には、長期保管での経年劣化が見られることが多いです。
多くは箱の反りや色あせ(退色)、保管状況によってはカビなどの発生もあります。
紙製品はやはり「生き物」です。諸条件での劣化はある程度仕方ありません。
今回の持ち込み依頼も長期保管のため外装貼箱に色あせや紙の反りが見られます。

創る側とすれば『ここまで良く頑張って商品を守ってきたなぁ』という労い感があります。
お客様のご依頼で新しい箱にバトンタッチです。
メーカー様ご使用の化粧紙はマナーとして使用できませんので、弊社手持ちの化粧紙を使用します。
今回は薄めの茶色系の化粧紙を使用して製作しました。
お役御免となった化粧箱は弊社提携の資源回収業者を通じて地元製紙工場に運ばれ再生紙として生まれ変わります。

貼り箱工房Forest (有)金森紙器スタッフさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス