2枚の名刺で、飾らず ムリせず 進化する!パラレルキャリア塾《東京》
  • 07Oct
    • 「だって...ほら...ねえ」で叶うんです。の画像

      「だって...ほら...ねえ」で叶うんです。

      *今日は、ご案内をさせてください!一冊の本に導かれ、夏の終りに旅をしました。本の名前は「へろへろ」。これは、自分たちの居場所を、終の棲家を、自分たちの手で作ってしまった人々の実話です。ひとりの困っているお年寄りのために始まった取り組みは、現代社会において自分の家族に多大な迷惑をかけずに一生自分の地元に住み続ける仕組みづくりへとつながっていき、木の香りのする前代未聞の老人ホームが福岡博多の住宅街に出来上がりました。施設の名前は「宅老所よりあい」といいます。カフェが併設され、おやつコーナには甘味のみならずお酒まで用意され、食事は大皿から取り分けて食べたり、みんなでホットプレートを囲んで目の前で焼きそばを作って食べたりするほんわかした家のような施設です。本によると、「宅老所よりあい」元代表下村恵美子さんは”だって・・・ほら・・・ねぇ”のたった3つの言葉を巧みに使い、どんどん周りを巻き込みながら願いを現実化していく天才さんです。彼女が”神”ってる錬金術師のような女性であってくれたなら”こういう人だから成し得たのね!”と私達の旅も納得して終わったことでしょう。しかし、お目にかかってみたら、案外、普通のおばちゃんで・・・。「へろへろ」の著者鹿子裕文さんも、自称、ひまっ子、売れなさすぎっ子のフリーの編集者さんです。何かを成した人には共通の「何か」があるはず。お金でもない、権力でもない、計画性でもない「何か」が。それは一体何なんだろう。今回、このお二人がこの度、下村さんが鹿子さんと共に、福岡からいらしてくださり、トークショーが開催されます。無謀で無計画だったからこそ、願いを叶えてしまった人たちに会ってみませんか?願うだけで叶うのはあの世。願って、行動する。それが地球のルールです。とは言え、きちんと願うってどうするの?行動するってどういうことなの?そのあたりを改めて知りたい方にいらしていただけたら思っています。聞いて、笑って、語らって・・・、いつまでも心に残る時間を皆さんと一緒につくりましょう。お顔が浮かんだお友達にシェアしていただけたらとても嬉しいです。お申し込みはPeatixよりお願い致します。ゲストスピーカープロフィール■下村恵美子(しもむらえみこ)1952年生まれ。宅老所よりあい元代表。社会福祉士、介護支援専門員。祖母のぼけの世界につきあったことがきっかけで、30歳で福祉大学に入学。デイサービスや老人ホームで働き、老人ホームの同僚3人で1991年お寺の一室を借りて宅老所よりあいを開設する。この取り組みは介護家族や現場職員の共感を得、国のモデル事業となりグループホームや小規模多機能などの制度が実現する。2016年市民と共働で資金をつくり、特別養護老人ホームを作り上げ退職。現在は、コンサート開催と施設を応援するボランティアグループで活動している。■鹿子裕文(かのこ・ひろふみ)1965年福岡県生まれ。編集者。ロック雑誌『オンステージ』、『宝島』で編集者として勤務した後、帰郷。タウン情報誌の編集部を経て、1998年からフリーの編集者として活動中。2013年、「宅老所よりあい」という小さな老人介護施設で起きているドタバタのみを取り上げる雑誌「ヨレヨレ」を一人で創刊。ありえない企画と不思議な誌面が噂を呼び、ブックスキューブリックスの「売り上げベスト10」で18週連続1,2,3位を独占するという空前絶後の記録を打ち立てた(全4号で完結)。杉作J太郎が率いる「男の墓場プロダクション」のメンバー。人生でもっとも影響を受けた人物は早川義夫。Twitter日時:10月22日(火・祝)時間:18:30-20:30 (開場18:15)会場:武蔵野プレイス 4FフォーラムA・B武蔵野市境南町2-3-18JR中央線武蔵境駅南口徒歩1分定員:100名 参加費:2,000円(数量限定のペア割引券もございます)*お支払いをもちましてお申し込み完了とさせていただきます。領収書について問い合わせはこちら!⇚会場へのお問い合わせはお控えください。お申し込みはこちら!

  • 12Sep
    • 枠を外してみたら・・・見えてきたことの画像

      枠を外してみたら・・・見えてきたこと

      子供の頃、「梅雨」は勝負のときだった。この時期のちょっとの体調の崩れはアトピーを極端に酷くさせたから。*3歳の時にアトピー(&喘息)を発症。酷くなったまま夏に突入した場合、自分の汗にも被れるほど抵抗力が落ち、同時に、気力も落ちていった。汗をかくことを拒んで秋を迎えた年の冬は、極端な冷えに悩まされた。会社員になってからは梅雨時は積極的に海外出張をして乗り切る作戦を思いつき、それは上手くいった。そして、30歳を過ぎた頃からアトピーは全く出なくなった。アトピーを悪化させていた原因が、(そもそもアトピーであった原因が)ジメジメなどの外的要因ではなく、私の内側から発生していると自覚したのはフリーランスになって数年立った頃だった。無理が効かず、パフォーマンスが悪いだけでなく、思いつくことがイケてない。だったら、ゆっくりしようよ♪「毎日働くのは当たり前!」という自分の中の当たり前を外し、小学生以上に長い夏休みを取りはじめて数年経つ。全く働いていないわけではない。ルーティン化できている仕事のみ淡々とこなし、新しいことはしないのだ。そして、好きなだけ本を読んだり、好きなだけ片付けしたり(⇚趣味)、旅をしたりして、小学生の時以上にダラダラする。それなのに収入が上がってる!なんで?と言うことで、今年の夏は実験してみた。*実は今年は無理が効かなくなってなかった。ともかく、私はこの実験プロセスがおかしいくらい大好きなのだ。明日より3日間、「おしごとラボ お金編」3日連続開催デス!無限の泉を手に入れたい方お待ちしています。知った瞬間から実践できる「秘技」付き♪2019年9月13・14・15日に開催です。1円玉を1つ持ってきてね~。詳細・お申し込みはこちら!p.s.あまりに急で都合つかないよ。という方はメッセください。別日にも開催可能です。

  • 23Apr
    • 好きは、もうそれだけで「才能」です。の画像

      好きは、もうそれだけで「才能」です。

      「今度生まれ変わったらこういう仕事がしたいな~」かっこよく事件を解決していく弁護士ドラマを見ながら、ふと、つぶやいた私。当時、30歳ぐらいだったでしょうか?これを聞き逃さなかったのは父でした。「あのですね、この世が全てですよ。来世とかないですから。たとえ、あったとしても今の想いを来世のあなたは覚えていない。やりたいことがあるのなら今すぐやりなさい!」いつもになく厳しい口調でした。どうした?どうした?父よ、(珍しく)かっこいいぞ。3年前に他界した父の口癖は、「あんまりねぇ・・・」でした。あんまりねぇ、過激なことを言わないほうが良い。あんまりねぇ、目立たないほうが良い。あんまりねぇ、敵を作らないほうが良い。事なかれ主義を生涯貫いた人の発言とは今、思い出しても信じられないけれどあの晩、彼は確かに私にそう言い放ったのです。「起業したい」と熱い想いを抱えて私のもとに現れる方の中で、すぐに変化し始めビジネスを作り出せる方と、思いの外苦戦する方がいらっしゃいます。すぐにビジネスを作り出せる方の共通点は、「今のままでいい。今、できることをやるんだ」と、自分を等身大に評価して進んでいく方です。反対に、「変化しなきゃ、変わらなきゃ」と焦ったり、過小評価する人はなかなかカタチにできません。むしろ、新しい学びを始められることも多いです。本当に残念なことですが、やって見る前に「やっぱり、才能がないみたいです。」と結論付けられる方も少なからずいらっしゃいます。そもそも「好き=才能」なんですよ。音楽が好きなら、音楽の才能がある。コーチングが好きなら、コーチングの才能がある。何かが好きということはその才能を持って生まれてきたと言うことなんです。個人的には、来世は存在すると思っていますが、実際のところはわかりません。来世が存在したとしても、その才能を再度持って生まれるとも限らないし、父が私に言ったように、今世、思ったことを来世の自分は覚えていないということは十分にあり得ます。植物に例えるのなら好きなことは「種」で、才能は「花」と言えるのではないでしょうか。種のままでは「花」は咲くことが出来ません。まずは、種を撒かないと何も始まらないです。植物の育て方を何通り学んでも「行動」しないと何も始まらないのです。「種」を植え、大事に育てていくと、才能という「花」が咲き、成った「実」が誰かの喜びとなるこれって嬉しくないですか?せっかくの「種」をもったいぶらないで植えてみましょう!大丈夫。あなたの好きなことの中に才能は十分にありますから。今の自分が持っているものをちゃんと認めてみる。それだけでビジネスは作り出すことができますよ。いつも応援しています^^。

  • 18Apr
    • 何でもうまくいく人と”オレオレ詐欺”の共通点。の画像

      何でもうまくいく人と”オレオレ詐欺”の共通点。

      はぁ、プール付きの豪邸ねぇ・・・。タイのオレオレ詐欺のアジトが検挙されましたね。2月のみの被害額が少なくとも約1億3600万円!?へぇ~、と思いながらニュースを見ていて気になるものを見つけました。"ネガティブにならない""責任感を持つ""冷静さを心がける""しっかり集中する""絶対稼ぐ"などなど、アジトの壁に自分を奮いたたせる言葉が貼られていたんです。一体、どのくらい真剣に毎日オレオレ詐欺をやっていたの?と思うと同時に、自分を鼓舞する「言葉の力」の汎用性の広さに感心しました。まるっと私が主催している「起業塾」の壁に貼ると良さそうです。塾生さんに「起業家として何でもうまくいく人になるために」2つのことを意識してほしいと伝えています。1つは、「人を動かす力」です。熱い想いが相手に伝わり、心を動かし、「行動」を促す力ですね。何でも売れるほどパワフルな力です。もう1つは「モラル」です。自分が大変なときも、仲間のことを気にかけるということです。周りを幸せにすることを当たり前にできる人がお金を払って依頼してくださるクライアントの幸せを考えないはずはないからです。モラルを持たずに「人を動かす力」だけを身につけると危険です。オレオレ詐欺は、この類です。つまり、人を行動させて「奪う!」ことが目的だったら自分の幸せと利益のためにだけにビジネスをしているとしたら例え、売上がジャンジャン上がっても苦しんでいる人や、悲しんでいる人を作り出してしまいます。これは、ビジネスではなく詐欺ですよ!いかに儲けるか?に焦点を当ててノウハウだけを学ばないでください。講座に「申し込んでもらう」ことや、「売れる」ことだけを目的にしないでください。誰も幸せにしないビジネスは長く続くはずがありません。結局、自分も幸せにならないんです。さっさと止めたほうがいいです。今回、不法就労で検挙された15人の日本人に”見つかってよかったね””止められてよかったね”と言いたいです。刑に服した後は、”一体、誰を幸せにできるのか?”という「モラル」を持ってビジネスを選んでほしいと思います。その上で、今と同じくらいガンガン働いたらいい。今日もすばらしい1日になりますように。応援しています^^

  • 11Apr
    • やりたいことなら”そんなの当たり前!”の画像

      やりたいことなら”そんなの当たり前!”

      ”寝ても覚めても野菜のこと考えてるんだね。(よくそんなに同じこと考えていられるね)”と言われた。そんなの当たり前だ!やりたいことなんだから。(僕に言わせれば、)毎日会社の愚痴言いながら飲んでる君たちの方が信じられないよ。おやすみ。”これは、言葉尻は正しくないかもしれませんが、たまたま目にした無肥料栽培の伝道師岡本よりたかさんのある日のSNS投稿です。ガツンときました。当時、なんとなくカフェ&レンタルスペース経営をしていた私は、この投稿をずいぶんと長く眺めていたと思います。やりたいことをやろう!自分の可能性を信じよう!そうすれば人生は必ずうまくいく!そう思えた瞬間でした。私は、「才能発掘コンサルタント」として、起業のお手伝いをさせていただいていますが、正直、起業をするかしないかは、どちらでも良いと思っています。会社で働くことに十分満足しているのであれば、むしろその方が良いのではないかと思うこともあります。しかし、会社で働くことに「不平不満」を持っていたり、自分の力を最大限に活用していないと思うのであれば、自分の内なる声を無視しないでほしいのです。あなたが思っている以上に、あなたの可能性はずっと大きのだから。やりたいことを我慢してやらないで、やりたくないことを我慢してやっているこれを続けると・・・間違いなく「死ぬときにやりたかったことをやらずに後悔する」ことになります。私はこのような人をなくしたいのです。大切なのは”成功したか、失敗したか”ではないのです。”チャレンジしたか、しなかったか”それだけなのですよ。あなたも本当は気付いているのではないですか?今の自分に満足行かないのであれば自分を変える!人生を変える! そう心に誓ってこの瞬間から生きていきましょう。もうすぐ年号も変わり、紙幣もリ・デザインされますね。あなたを、リ・デザインする気になったらぜひ会いに来てください!今日もすばらしい1日になりますように。応援しています^^

  • 02Apr
    • ビジネス・リ・デザイン!~モニター募集~の画像

      ビジネス・リ・デザイン!~モニター募集~

      時には「世の中のせいだ」と言い、別の時には「自分で選んだ運命だ」と𠮟咤激励しながらも、どこかでビジネスを軌道に乗せられない自分を不甲斐なく思っている。この春で、起業コンサルをスタートして4年目となります。その間に起業はどなたにとってもより身近なものになりました。例えば・・・、何十万もしたHP制作費はいまや無料。デザインのロゴやバナー制作も、無料アプリを使えばあっさり数分で出来上がります。その他、困ったらできる人を探す前にアプリを探せばなんとかなってしまったり・・・。さらには経理だって、MFクラウドや、フリーを使えば月額1000円ほどで済みます。こうして「起業」は、誰でもできるコトへと変化したのです。しかし、せっかくスタートしても「軌道」に乗らなければ意味がありません。アプリを駆使し、サービスや商品を短時間で作り上げ、テストし、商品化して、「軌道」に乗せる。そのためには、莫大な情報の中からやる!やらない!と、スピーディに取捨選択していく能力が求められます。そんなことは言われなくてもわかってるんだよー!そう思われた方に朗報です。先月、数名の方にモニターとなっていただき1日で終了する「ビジネス・リ・デザイン」プログラムが完成しました。勘違いしないで欲しいのですが、これは体験会や診断など気付きを与える「1Dayセミナー」の類ではありません。根本解決を目指します!いい加減に、ノウハウもセオリーもぶっ飛ばして自分のビジネスを軌道に乗せたい!そう思いませんか?私はそういう方のお手伝いがしたいのです。ずっとがんばって来た。それでもうまくいかなかった。その問題を1日で構築し直そうだなんて・・・。怪しいですよね。とても怪しい話をしているのはよくわかっています。しかし、少なくとも51%は信じていただく必要があります。この中には、自分はこれで変わる!と自分を信じることも含まれます。新元号も決まり、新しい時代を目前に控え、”なんとしてもビジネスを軌道に乗せたい”と思われる方のためにキャンペーンをご用意しました。完全プライベートであなたにまるっと一日寄り添います。変わる可能性の方が高い!これで私は変わるんだ!そう思われたらご連絡ください。4月7日10時より受付開始です!

  • 28Mar
    • 「スキル」も「資格」も腐るのです。の画像

      「スキル」も「資格」も腐るのです。

      ======================================= プライベートコンサルは現在、満席で募集を停止しています。 枠が空きましたらメルマガでお知らせいたします。 ========================================= ”今日の夕飯何にしようかな?” ”あるもので何か作ろう。” そう思いながら、 冷蔵庫を ゴソゴソしていると・・・、 『うわっ・・・、   腐ってる』 冷蔵庫の奥の奥から、 いつ買ったのか不明な お花の咲いた ”ゆず”を発見し 残念な気分になりました。 「スキル」を過小評価してない? あなたのお宅の 冷蔵庫に入っている 全ての食材を、 教えてもらえますか? そう言われたら、 たいていの方は、 答えられないのでは ないでしょうか? では、 こちらはどうでしょう? あなたの 「持っている資格」や、 ビジネスに 繋がりそうな「強み」を 全部教えて もらえますか? 起業を目指す方と お話をしていると ”それ、前職で担当してました。 でも、そんな人はたくさんいるから 言わなくていいと思ってました” ”その資格持ってます。 でも、使うつもりがないので 言いませんでした。” こんな感じで、 自分の持っている 資格やスキルを 過小評価していたり、 ホントに すっかり忘れていて 伝えてくれない ということは 頻繁に起こります。 「食材」をおいしく「調理」しよう。 『本を読んで得た知識』 『セミナーで学んだこと』 『頑張ってとった資格』 これらは、通常 「インプット」と呼ばれます。 冷蔵庫の中で待機中の 選りすぐりの「食材」 のようなものですね。 『本を読んでブログを書いた』 『セミナーを開催した』 『とった資格でサービスを提供した』 これらは、 「アウトプット」と呼ばれるもので、 ここまで来てやっと 「食材」は「調理」され、 「食べられるもの」 になるわけです。 「自分」という冷蔵庫の中に、 「インプット」という食材が 思いのほか たくさん眠っていることに 気が付いていない人に 出会うと 本当に残念な 気持ちになります。 冷蔵庫の中に どんな食材があるか 忘れてしまうように、 「インプット」した ことを忘れてしまって いませんか? そして、「ない」と 勘違いをして 新しい学びに向かう・・・。 これって 非常に「勿体ない」です。 「スキル」も「資格」も腐ります。 スキルにも、資格にも 「旬」はあります。 腐るんですよ! 旬を逃し、 最終的に 腐って捨てるしかなくなるのを ただ 眺めている暇があったら すぐに 「アウトプット」という 調理をする計画を たててください。 才能がない 自信がない 価値がない これって本当ですか? この「ない」というマインドが、 「ある」に変わった時、 既に 「ある」ものを 旬を逃さずに 使い切ることが出来ると 私は思います。 そして、 自らの可能性を 心の底から信じ、 行動することで 人生が変わっていくのです。 あなたには 才能も、自信も、価値も 既にあるのだから。 その「ある」に 気づくために、 アウトプットを してみてください。 何から始めていいか わからないなら、 この2つ質問に答える形で アウトプットをしてみませんか? あなたが自分には「ない」と 思っていることはなんですか? あなたか「腐らせたくない」と 思うものはなんですか? 今日もすばらしい1日になりますように。 応援しています^^

  • 18Mar
    • 欲しいものは何ですか?の画像

      欲しいものは何ですか?

      電車を2本乗り継いで降り立った場所は、都心からそう遠く離れているわけでもないのに、ゆったりとした空気が流れていました。”どうぞ。乗って!”日頃から亀を溺愛している私を見て、”そんなに(亀が)好きなら、今度の休みに連れて行きたい場所がある”そう言って、カフェの常連さんからお誘いをいただいたのでした。指定された駅で電車を降り、行先も告げられぬまま車に乗り込んだ私。ドライブの最中車の窓から見えているのは、青く茂った木々や草花、そして、穏やかな海、大きく広がる高い空。まるで自然の中に放り込まれたかのよう。久しぶりの”休みらしい休み”にすっかり気分も晴れやか。程なくして到着したのは、材木座にあるゲストハウスでした。”ここはね、週末だけカフェとしても営業してるんだよ”と常連さん。”あっ、亀!”「亀時間」と書かれた立派な表札を見て私は嬉しくなりました。”だから、連れてきて下さったのか”ここには、どんな亀がいるんだろう。亀の代わりに見つけたものは・・・。独特な雰囲気の漂う古民家「亀時間」にドキドキしながら入ってみると、亀は・・・、居ませんでした。 あらまっ。*ミヒャエル・エンデのMOMOに出てくる亀にちなんでいるそうです。その代わりに、私が見つけたのは、「友人」の痕跡でした。ビーックリしました。ビックリしすぎてクラっとしたくらい。当日、本人は海外旅行中で不在だったのですが、私はそこで友人主催のWSのお知らせを見つけたのです。15年ほど前にヨルダンを旅した時に出会った旅友、Masaくんがここの経営者と知ったのはその後のことでした。亀時間でタイムスリップヨルダンへの観光客のほとんどは「ペトラ」という世界遺産を楽しみにこの国を訪れます。私もその一人でした。早々にペトラ観光に数日間を費やし、すっかり満ち足りた私。あとは”死海”に行ってゆっくりしよう~と首都アンマンに移動してきた矢先にゲストハウスで出会った日本人がMasaくんでした。彼はヨルダン入りして既に随分経っていたけれど、まだ「ペトラ」には行ってないと言い、”この人、何しに来たんだろう?”ペトラの感動が冷め止まぬままの私にはさわやかな笑顔でこう言い放つ彼のことが理解できませんでした。脳は意識するとちゃんと「見つける」その数日後、私はイスラエルに行き、再度、同じ宿に戻ってきて、彼に尋ねました。”ペトラは観た?””いいえ。まだなんです””じゃあ、一体何してたの?””いやぁ、特に・・・。”せっかくあと一歩のところまで来ているんだから是非見てほしいという想いが溢れてしまって、ついついキツイ口調になっている私に、困った顔をしながら彼が話し始めたのは、私達が泊まっていた宿のオリジナルレイアウト変更プランでした。”あそこを綺麗に片付けて、テーブルといすを置いて・・・”などなど。説明を受けて改めて眺めてみると、彼の指摘は理にかなっていて納得できるものでした。そうだけど・・・、そうなってたらお客としては嬉しいけど・・・。私は、後2日しかここにいないしなぁ。そんな現実的なことを考えながら、彼の考えを聞いたことが蘇ってきました。「カラーバス効果」という現象を聞いたことがありますか?世の中は情報にあふれています。これらの情報を我々の脳は1秒間に2000個察知し、その中から「本人が意識していること」に関する情報”だけ”を8~16個選び出して見せてくれているのだそうです。「意識していることほどそれに関係する情報が、自分のところに舞い込んでくるようになる」のはそのためです。このような現象のことをカラーバス効果と言います。脳は意識するとちゃんと「見つける」ヨルダンの地のみならず、彼の脳は彼が世界一周する間、”心地よく”旅をするために必要なことや、宿の在り様などをずっと見せ続けたのでしょう。帰国して数年後にこのゲストハウスをオープンさせたそうです。私がゲストハウスに求めるものは、・清潔さ・安全さ・情報収集のしやすさ・スタッフの対応・旅人同士のつながりです。*料金がリーズナブルで、立地が良いのは言わずもがなです。この「亀時間」がこれらをあっさりと満たしていることはすぐに解りました。それに加えて、自然からの恩恵に溢れた風の吹き抜ける快適な環境が旅人にもたらすものはきっと大きいです。時を経て時間を司ると言われる亀のおかげで、思いがけず古い旅友と再会できたことは本当に嬉しい体験でした。*常連さんもありがとう!そして、改めて「意識」の大切さを肝に銘じました。このように脳は我々が意識してさえすれば必要なことをいつもちゃんと「見つけてくれる」のだから。さぁ、あなたは何に意識して生きますか?何の情報を求めていますか?「カラーバス効果」を活用することで、自分の欲しい情報をより効率的に集めることは簡単にできますよ。今日もすばらしい1日になりますように。応援しています^^

  • 11Mar
    • 本当のリスクって?の画像

      本当のリスクって?

      =========================================プライベートコンサルは現在、満席のため募集を停止しています。枠が空きましたらこちらでお知らせいたします。=========================================いつもの違和感。「よくそんな思い切った決断をしたね。勇気があるね~」金融業界を去り、個人事業主として独立したと伝えると大抵決まってこんな感じのことを言われます。その度に、そうかな?と、違和感を感じます。なぜなら、会社を辞めることは、勇気ある決断でもリスクのある行動でもないからです。例えて言うならば、火の粉が上がっている家から避難して「よく決断したね~!」と言われているようなもの。”ここはもう違う”、と気付いてしまった会社を辞めることは、私の中では当たり前のことでした。*出来る準備は先にした方がいいと思います💦私の本音初対面の人に面と向かって、こんなことは言ったりしませんが、このブログでは本音を書きますね。”好きなことを仕事にする”これは、リスクどころか、むしろリスクヘッジです。*リスクヘッジ:危険を避けるコト。でも、一般的には「好きなことを仕事にする=リスク」って言われます。なぜこんなに考え方が違うんでしょう?それは、そもそものリスクに対する定義が違うのだと思います。私が思うリスクとは、”死ぬまでにやりたいことをやれずに死んでしまうこと”です。つまり、「死ぬときにやりたかったことをやらずに後悔する」ことなんです。これが私にとっての人生最大のリスクです。「本当にやりたいことをやる」これは、その人が生まれてきた意味を全うすることに繋がっていますよね。そう考えたら、「本当にやりたいことをやらずに死ぬ」これ以上のリスクなんて、この世にないと思うんです。会社員なことは問題じゃないんだよ。会社で働くことに120%満足しているのであればそれで問題なしです!しかし、ほとんどの人は会社で働くことに満足しているどころか、「不平不満」を持っています。不満を持つ理由は、いろいろあるかと思いますが、根っこの部分は共通しているように思います。それは、「やりたいことをやっていない」ことです。やりたいことを我慢してやらないで、やりたくないことを我慢してやっているここに問題があると思います。そして、そのもっと根底にあるのは、「自分はこんなもんじゃない。もっとできるのに!」という自分の可能性を信じる素晴らしい気持ちです。あなたも本当は気付いているはずです。自分の力を最大限に活用していないことを・・・。あなたが思っている以上に、あなたの可能性はずっと大きのです。昨日(2019年3月11日)に、東日本大震災の流木で作られたバイオリンの音色を聴きました。思いっきり生きて!思いっきり感じて!木からのメッセージがコンサートホールに響き渡った夜でした。だからこそ、もう一度言わせてください。”本当にやりたいことをやらずに死ぬ”これ以上のリスクなんてないんです。やりたいことをやろう!自分の可能性を信じよう!今日もすばらしい1日になりますように。応援しています^^

  • 09Mar
    • なんとなく・・・は、未来からやって来る。の画像

      なんとなく・・・は、未来からやって来る。

      ========================================= プライベートコンサルは現在、満席で募集を停止しています。 枠が空きましたらこちらでお知らせいたします。 ========================================= なんとなく・・・帰省しました。 2月の初めだったでしょうか。 「え~、うそ‼」 ふと手帳を確認したら なんとなんと、 3月初めに 4日間もまるっと スケジュールが 空いている ことに気が付きました。 何しよう! どこ行こう! 嬉しいサプライズすぎて ウキウキです♪ それで、 「あっ、そうだ! 家に帰ろう」 と思い立ち帰省してきました。 あの時も、なんとなく・・・、で帰省したのです。 昔も一度、 こういうことがあったんですね。 当時は 親と仲が悪すぎて 脅迫まがいのことでも 言われない限り 帰省なんて 考えにも及ばなかった 私なのに、 なんとなく・・・、 一年で一番高いであろう 飛行機代を払って年末に 帰省したんです。 そして、元旦に 母方の祖母が息を引き取った との連絡を受けました。 中学3年の時に両親が離婚。 父方の祖父母に 引き取られた私は、 それ以来、 母方の親戚とは 疎遠になっていました。 ”もしかしたら、お正月だから 熊本に居るかもしれないと思って・・・” と連絡をもらい、 お通夜に出向くと、 さすが享年99歳! 弔問客は 少ない代わりに 叔父・叔母、いとこ達、 そして初めて会う その子供たちと 親戚一同が凄い数で、 大往生にふさわしい 賑やかな夜でした。 この時、 何十年ぶりに会った いとこたちと 連絡先を交換する ことができました。 それからというもの、 帰省の度に、 誰かが空港に迎えに来てくれたり、 諸々相談に乗ってくれたり、 一緒にビジネスを立ち上げたり・・・、 が始まったのです。 後から考えると、 あの時の なんとなく・・・、は 未来の私からの メッセージだったのでは と思うのです。 それと同時に、 祖母からの ギフトでもあったのでしょう。 なんとなく・・・・、から見えてきたマイルール。 この体験をきっかけに、 とりあえず・・・、 で動くことを止め、 そして、 なんとなく・・・、 を無視しないことにしました。 今はこれを、 マイルールとしています。 とりあえず・・・、 という時は、まだ目的が よく見えていないわけで 立ち止まって考えてみたほうが 良いと思っています。 それに対して、 なんとなく・・・、 は、サインです。 無視せず、出来るだけ 行動に繋げて行きたいです。 なんとなく・・・、 何かがふと脳裏をかすめたら 是非その”直感”を 信じて動いてみてください! 今日もすばらしい1日になりますように。 応援しています^^

  • 26Feb
    • 本当に、大切にしたいもの

      ”これも、もう手放そう”1つ、また1つと大切なものを諦めていく私。思わず涙が滲む。周りの人のすすり泣く声も聞こえている。そして、ついに・・・最後の一呼吸の時が訪れ、私の「命」は尽きたのです。最後まで手放せなかったもの先日「死の体験旅行」というWSに参加しました。*ネタバレ防止のためやんわり書きますね。ファシリテーターでもある住職様の厳かな声が響き渡る中、人生を全うする「疑似体験」をしました。命が尽きる日がそう遠くないと自ら自覚した時、”カタチあるもの”への執着はすぐに消えました。更に、自分との対話は続き、”想い出””家族”そして、最愛の”ペット”にも別れを告げました。しかし、それでも最後まで手放せなかったものがあります。それは・・・、これまで特に強く意識してたわけじゃない、いや、 見て見ないフリをしてたけど本当は夢見ていたまだ成し得ていない”体験”でした。ボスが別れ際に言ったこと私は起業するまでに2回の転職をし、合計10人のボスに仕えた経験があります。その中でも4番目のイギリス人のボスとは、ある時から家族のようにいや、それ以上に何でも言い合える仲となり、本気の喧嘩も何度もしました。その彼の転勤が決まり、日本を去る最期の日、彼は私を部屋に呼んでこう言ったのです。「1つ約束してほしいことがある。おばあちゃんになって自分の孫に人生を語る時、”あ~、あの時は無駄だった”もし、そう言うだろうと思ったら、他の人のことや、自分の明日からのこと、そんなことを考えずその日のうちに辞表を出してここを去りなさい。”何を言っているのかよくわかりませんでした。当時、私たちのチームはグローバルでとても仲が良く、それもあってどの国も驚異的な利益を上げていました。しかし、上手く行きすぎても不幸は訪れるもので・・・。私達のチームが大きな投資銀行にグローバルで買収されたのはこの直後の事でした。買収側の投資銀行にも同じ商品を扱っているチームはあり、それなのに買収された側の私達が上に立つ形での合併でした。たった7名のチームが20名を超える大所帯を率いることとなったのです。被っているクライアントの奪い合いに始まり、まだ意思の疎通が取れない仲間たちとの間でミスが連発。お客様は離れていき、新しいボスは3か月で逃げ出しました。そして、その頃にはハイエナのように鼻の利く人たちが社内のみならず、社外からも目を光らせており隙あらば私達に飛び掛かって来そうな緊張感の中、全くそれに気が付いていないかのように自分を殺して生きることが始まりました。そして、それから3年経ち、私自身は会社を去る決断をします。遅まきながら、元ボスが最後に言ったこの言葉に背中を押されてのことでした。「死」と向き合って見えてきたもの。死の体験旅行で「死」と向き合って意識したのは間違いなく「生」だったのです。せっかくこの世に生を受けたのにも関わらず、”チャレンジもせず諦めた”人生の最後に、こんな後悔をすること以上の悲劇があるだろうか?周りの人の評価なんか気にしてる場合じゃないのです。死期が訪れて今やっている仕事をすぐに捨ててしまう様なら今、捨ててしまっても良いのではないですか?*自分にも言っています。上手くいくって何なんだろう。それは、本当に大切なこと?大切なのは”成功したか、失敗したか”そんなことなんかじゃない。”チャレンジしたか、しなかったか”それだけなんだよ。もし、このまま人生が終わってしまったら後悔すると思うなら"今の状況から何が何でも抜け出す””今の自分のままでは終わらない”自分を変える!人生を変える! そう心に誓ってこの瞬間から生きていこうよ。あなたは、今、生きている。”本当に大切にしたいもの”が見えていますか?それは、何ですか?今日もすばらしい1日になりますように。応援しています^^

  • 19Feb
    • その想い、ダダ漏れてます!の画像

      その想い、ダダ漏れてます!

      いきなりですが、私は猫が嫌いです。いや、正確に言うと怖いんです。光る眼も、何を考えているのかわからないところも・・・相容れません。決定打は、小2の時に近所のおばさんが溺愛していたでっぷりしたペルシャ猫が突然、庭に飛び出して行ったかと思ったら小鳥をくわえて自慢げに戻ってきたのを目撃したことでした。そんな私が”猫カフェ”に行きました。ある講演会の帰り道、久しぶりに会った友人達と”お茶して行こう”と言う話になり、カフェを探すのですがただの1件も見つからないのです。その夜、東京にはこの冬一番の寒波がやってきていました。珍しいことにワンピースにヒール姿な私。寒い! 寒すぎる!どのくらい歩いたでしょうか。やっと私たちの前に現れたのは”猫カフェ”でした。えっ、どうしよう・・・ここはムリって、言う?そんなこと言える???結局、私は猫嫌いを告白することは止め意を決してその店に入ることにしました。狭い店内には、妙に大きく、毛並みの良い猫が3匹。「頼む。絶対こっちに来ないで!」((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル結局、この日、私たちのテーブルにはただの一度もどの猫もやってくることはありませんでした。私は猫に向かって「来ないで~」などと口に出したりはしませんでしたが、私の想いは猫たちに読まれていたのだと思います。つまり、私たちの無意識な想いは「猫が嫌い」同様に言葉にしなくても漏れているということです。この言葉にせずとも表情や雰囲気からダダ漏れている想いには注意が必要です。なぜなら、この想いこそがチョット先の「現実」を創っているからです。”何かよくわからなくなってきたな”と思われている方、もう少しお付き合いください。ビジネスに例えると解りやすいかもしれませんね。「自分に自信がない」という意識がダダ漏れていると「集客」がうまくいかない。「お金が欲しい」という意識がダダ漏れていると「商品」が売れない。どうでしょうか?まあ、そういうことはあるかもしれない。そんな感じでしょうか?では、具体的にどうしたら良いのでしょう。答えは「簡単」です。自分の無意識からダダ漏れている想いを変えれば良いのです。そうすると、「現実」が変わるんです。この第一歩はあなたがどんな想いで生きているのかを「自覚」することから始まります。そして、ダダ漏れている想いを探して、変更します。すると、現実が少し遅れて変わり始めるんです。あなたが直面している「問題」は何ですか?その「問題」から解るあなたから無意識にダダ漏れている想いは何ですか?半信半疑でも現実が変わったら・・・儲けものだな。そう思ったら、是非試してみてください(^_-)-☆。今日もすばらしい1日になりますように。応援しています^^

  • 14Feb
    • [起業家]への道③ ~赤字からの脱却~の画像

      [起業家]への道③ ~赤字からの脱却~

      夏も終わりに近づき、見直しを開始。ビジネスのマニュアル通りペルソナ(☚理想のお客様)を設定することから始めました。ひらやのコンセプトは「おばあちゃんの家に来たかのようにくつろげる古民家」です。いらしてくださるお客様は「美味しい料理を食べながら、ほっこりとした時間を過ごしたいと思っている主婦」としました。*実際にはもっと詳細設定しています。そんな作業をしていた時、玄関のチャイムが鳴りました。”お久しぶり。どうしてるかなと思って・・・”常連のお客様が、旅行のお土産を持って様子を見に来てくださいました。そして、こう仰ったのです。”いつも丁寧なお食事を用意してくれてそれは嬉しいことなのだけれど、私としては、あなたがいてくれたら食べ物は何でもいいのよ。疲れていたらドリンクだけでも、それでもいいのよ”思わず、涙が溢れました。ありがたい・・・。実際、私とのおしゃべりを楽しみにいらしている方が少なくないことは理解していました。しかし、”お金を頂く”という重圧が私を過酷な労働に向かわせていたのです。「私が激務に溺れて疲れ果てても喜ぶ人は誰もいないんだ!」このことをスーッと受け入れることが出来た瞬間でした。そして、メニュー再編にスイッチが入ったんです。労働量を減らすことが必須と考え、いくつもあったメニューを「本日のごはん」1品のみに変更。作り手の顔が分かる無農薬野菜をウリにし、価格を1600円値上げしました。お食事をお出しする際に、野菜の作り手さんの紹介や、調理法を細かくお伝えする等、競合店の良いところをどんどん取り入れたことが良かったようで、「完売」が続くようになりました。レンタルスペースはお金を払ったらどなたでも使える場所から、私が興味を示さないと「借りられない場所」に変更しました。*表立って審査を義務付けたわけではありません。ウチじゃなくてもいいんじゃないですか~みたいなことを言ったりしてました。このことで「おたくのイベントはいつも良いわね」と言っていただけることが増え、イベントへのリピート率が大幅にアップ。ほとんどのイベントがメルマガだけで埋まるようになり、レンタルの方からも支持されるようになったんです。こうして丸2年も続いた赤字に「終止符」を打つことが出来ました。そうそう、ご存知でしたか?「いつか起業したい」と思って実際に起業家となる人は10人中1人なんだそうです。(参考:2017年12月日本政策金融公庫総合研究所「起業と起業意識に関する調査」)もし、すでに個人事業主としてのスタートを切っているのであればこの10人中の1人として、今、ここに存在しているということになります。私のようにこんなに長期にわたって赤字を放置することは、まずないでしょう。しかし、あなたも起業してどこかのタイミングで「苦しい」と思わないとも限りません。どうぞ日頃から周りの方に心の内を明かす癖をつけることをお勧めします。思わぬところに解決の糸口が転がっているかもしれませんよ。また、もし、あなたが起業前なのでしたら、今、この時点から「起業家」マインドで、進まれることをおススメします。私のように遠回りをしなくて済みますから・・・。それではいつかお目にかかりましょう。

    • 「起業家」への道② ~競合店のリサーチ~の画像

      「起業家」への道② ~競合店のリサーチ~

      それに加え、当時の私はあまりにも「無知」でした。例えば、「1000円のランチ」。これを提供するためにどれだけの労力がかかるのか、恥ずかしながら飲食店の経験がほとんどない私はわかっていませんでした。カフェもイベントも支持してくださっていたのは主婦層でした。台風が来たら客足は鈍る。これは、想定内。仕方がないとも言えます。しかし・・・、台風一過の日は、台風の当日以上に、人は来ない。溜まった洗濯物に負けるのです。桜が咲いたら、大型連休が来たら、運動会が催されたら、勝ち目なんかあるはずがない。こういうことも知りませんでした。そのため、作り過ぎた料理を目の前にして立ちすくんだことは一度や二度ではありません。そうやってもうすぐ2年が経とうとしていましたがまだ黒字化できずにいました。私はどんどん弱気になり、”仕込はやっておくから・・”などとバイトさんの労働時間を減らし、”明日は独りでも大丈夫だから”とバイトの人数を減らし、遂には営業日も減らし・・・。そして、本当にコーナーに追い込まれました。”資金難”です。これで解決の糸口が見つけられなかったらお店は手放すしかない。そう思ってまるっと”ひと夏”お店を閉め勉強を始めました。毎日、評判の良いカフェを訪ねたり、レンタルスペースのイベントに参加したりして過ごしました。例えば、カフェの場合・・・、入店して評判と第一印象を比較する。次に、席数・レイアウト・スタッフの数などを確認。席に着いたら、あらかじめ調べておいた1番人気メニューをオーダーします。その際、メニューは下げないで頂き、穴が開くほど研究です。価格帯は?食材の使いまわしは?原価率は?収益率は?回転率は?・・・・、そして、ざっくりな売上を割り出します。次のお店への移動する電車の中で感想をまとめ上げ、私のお店に転用できそうなアイデアがないか考えました。「この店から学ぶことがある!」と感じたら再訪。夜は、経営の本を読んだり、NET検索したり・・・。どの人気店も第一印象と料理と開催イベントの間に”不自然さ=違和感”がありませんでした。これはどんなビジネスにも置き換えられると思います。SNSで見かけて凄い人なんだな!会ってみたい!と思って体験会に参加してみたら、あれっ?本当に同じ人?がっかり⤵。これでは、ファンになってもらえるわけがないですよね。それと同じでご飯は美味しいけど、イベントはヘボいとか、とても素敵な雰囲気。だけど、ご飯はマズイ。そんなお店は人気店として名を馳せてはいません。どこから評価してもバランスが良いんです。続きはこちら⇒

  • 13Feb
    • 「起業家」への道① ~起業家予備軍マインドからの脱却~の画像

      「起業家」への道① ~起業家予備軍マインドからの脱却~

      食育アドバイザーになりました。セラピストになりました。コーチになりました。つまり、お仕事を始めました。なので、頑張っています。ブログは毎日欠かしません。SNSも毎日3回投稿です。隙間時間を使ってアピールします。まずは、お友達に。そして、お友達のお友達に。チラシも作って近所のカフェに置いてもらいます。無料の掲示板にも貼りに行きます。すると・・・、お申し込みが入り「お金」をいただくことが出来ました。毎日がとても充実しています。これからもっともっと頑張ろうと思います。起業した頃の私はこんな感じでした。2009年の春、“心底、飽きた・・・”と言うだけの理由で20年近く身を置いた金融業界を去りました。今、考えれば、頭のネジがいくつか外れていたのかもしれません。そして、2年ほどマクロビ料理を学んだ2011年、震災直後に自分の場所を持ちました。「くらしのアトリエひらや」の始まりです。”おめでとう”好きなことを始めた私に周りのみんなはそう言って祝ってくれました。そう・・・、始めたばかりの時は忙しかったけれど楽しかったな。なのに・・・。半年もたたないうちに私は、どうしようもなく「苦しく」なっていました。プライドが高かった私は、誰にも相談をすることができませんでした。どうしてよいの全然わからず、目の前のことをとりあえずこなす日々を送っていました。「いつかは起業したい人」と「起業家」の一番大きな違いは、ゴールの置き方にあると言われます。「起業したいと 夢見ている人」は、”収入を増やしたい”、”時間の束縛から逃れたい”、など起業すること自体が目的になりがちです。一方、「起業家」は、実現したい夢・社会が明確にあり、それらを現実するための手段として「起業」を選んでいることが多い。結婚はゴールではない。スタートである。よく耳にする言葉ですよね。起業もこれと全く同じだったんです。やってしまった💦私は、「起業」することをゴールとしたまま、本当に起業してしまい、苦しくなっていたんです。続きはこちら⇒

  • 07Feb
    • どっちが最初?の画像

      どっちが最初?

      「これ、完全に起始と停止が逆転してます・・・」先日、整体にメンテナンスに行った時のことです。右側が全体的にだるく、整体師さんに歩き方を診てもらい、こう言われました。私の場合、“左は歩くとお尻が上がるけど、右は下がってしまう“とのこと。つまり、右足の筋肉の"始まりと終わりを逆に使っている"のだそうです。これは、「卵が先か、鶏が先か」、という話とは違って、完全に間違っているのです。その証拠に、歩けば歩くほど疲れ、更に、足が太くなっていくんだそうです。由々しき事態です!今すぐ何とかしてください!!ということで、治療してもらい解決できました。めでたく、右側のどんより感も消えましたよ。*本当はどうしてそうなったのかも知りたいところです。さて、ビジネスでも同じようなことが起こっている方を見かけます。「資格がとれたら・・・好きなことで起業するつもりです」正論に聞こえますが、これは起始・停止の逆転です。“起業”で成功できない・しない人の典型的な考え方とも言えます。少し、考えてみてください。赤ちゃんの時、”もう少し筋力が付いたら立ち上がろうかな”なんて考えなかったですよね。何度も何度も失敗して、家具の角で頭を打ったりしながらそれでも諦めずチャレンジしているうちに身体が出来上がり立ち上がることができた訳です。「起業」もこれと同じ。"やってみる!"が先なのです。資格取得はその後で十分です。私は、2010年にレンタルカフェでマクロビ料理の提供をはじめました。それまで、お湯しか沸かしてなかったのに・・・デス。包丁を握って1年も経たないうちにお客様に召し上がっていただくということを始めました。その結果として、ある程度なんでも作れるようになるまでの時間を大幅に短縮すること出来たと思っています。*最終的にリマ師範科卒業し、2011年にカフェをオープンさせています。(高い金額ではなかったですが、)人様からお金をいただくのだから・・・、と必死になれたことが良かったのでしょう。*思い出すと額から汗が滴ります💦今のベストを尽くして経験を積むことで、出来るコトは確実に増えます。最初はお金をいただかなくてもいいと思いますよ。周りに何と言われようが、経験を積んで自信をつけたほうが早道です!今できる範囲で活動を始めて、どうしても必要!となってから「資格」を取るための勉強を始めてみる。最低でも、学びとアウトプットは「同時」に行うことをルールとすることをおススメします。それでは、いつかお目にかかりましょう。

  • 31Jan
    • 何を仕事にする?の画像

      何を仕事にする?

      「あらららら!何してるの?一体何が始まったの?」狼狽する母。私は、そんなことはお構いなしで、覚えたばかりの方法で”服のたたみ直し”を始めたのでした。この夜、私は嬉々としてやり切り、結局、夕飯も食べなかったと今でも我が家の語り草となっています。デパートの婦人服売り場で母が試着を終えるのを待っていた時のことです。ブラウスの片方の袖が表に出るようにたたまれているのに目が留まりました。そーっと広げ、そーっと元に戻す。中に挟まれている”カサカサ言う紙”を見つけた時は感動で震えました。試着に夢中になっている母の目を盗んで、ブラウス、セーターカーディガンなどなど、広げて・・・、戻して・・・、を繰り返しました。そして、家に着くや否や自分のタンスの引き出しを全部ひっくり返し、半紙を挟んで、片袖を前に出す形でたたみ直したのでした。この時、私は4歳か5歳か・・・。その後、「片付けオタク」の道をまっしぐら。小学生に上がるころには、妹の部屋、キッチン、リビング、と、テリトリーを広げつつ、どうしたら家族が散らかさないような提案ができるのかに興味がシフトしていったように思います。現在、私は「才能発掘コンサルタント」として、様々な方の相談をお受けしていますが彼らのお悩みNo.1は、「何を仕事にしたらいいか分からない」です。これには2つの問題があると思っています。1つ目は、「自分を知らない」。2つ目は、「仕事を知らない」。2つ目に関しては別の機会にお話しするとして、今回は1つ目の問題の解決法についてお話してみたいと思います。先ずやってほしいのは「自己分析」です。えー、今更そんなこと?大学生じゃあるまいし・・・。そんな声が聞こえてきそうですが、そんなあなたはこれ、やり切りましたか?やったことがある方は多いけれど、やり切ったことがる人って案外少ないのもこの「自己分析」の特徴です。今、やっていること、目の前のやるべきことから少し距離を置いて、自分を俯瞰してみる。そして、特に、幼少期の自分をよくよく観察してみてほしいのです。なぜなら、そこに今も変わらない本質的な「あなた」が眠っている可能性が高いから。子供の時に好きだったことは、損得や他人の目を気にすることなくあなたが没頭していたこと。どんなに小さなことでも思いつく限り、書き出してみてください。私の場合、この子供の頃を振り返って、見えてきたのは「片付けオタク」の気質でした。そして、なんだか周りから頼まれることが増えていたビジネスコンサルは、「脳内整理」つまり、「脳内お片付け!!」だから、頼まれるのか~。と、納得がいき、だったら、本格的にやってみよう!と思うに至ったのです。是非今更??と思わず、自分と向きあってみる時間をつくって「自己分析」を、やってやり切って、あなたの”幼少期から続くオタク性”を見つけてみてください。独りで出来そうにないなぁと、思われたら3月の「おしごとラボ」で一緒にやり切りましょ。⇒詳細はHPよりどうぞ!今日もすばらしい1日になりますように。応援しています^^

  • 29Jan
    • 前世を知って・・・の画像

      前世を知って・・・

      ”あなたの前世は、富士の樹海で大量発生したバッタの1匹です”以前、ネットの「前世占い」をポチったらこう書かれていて、なんというか、掛け目なしにしっくり来た。占い師さんが面と向かって言わない「真実」のような気がしたからかもしれない。世の中って手放しで嬉しいときも、どうしようもなく悲しいときも、結局「おもしろいな」と思う。悲しいや、苦しいを、沢山やりたいということは決してないんだけど、なんというか、喜怒哀楽全てが同様に、単なる”体験”だと思うワケ。それらの感情に”優劣”を大して感じてない、と言えば、伝わるかな?それは、前世が「バッタ」だからなのかもしれない・・・。今ある仕事の99%がなくなる時代に備えて・・・などと、最近よく目にするけど、これは、ある意味本当なんだと思う。ネットの占いがあるからもう「占い師」という職業はなくなるということではなく、人の温かさや人にしかできないことこれらはもっともっと価値あるものとして取り扱われることになっていく、と言うことなんだと思っている。「仕事を選ぶ」って、今世、人間だからできること。大変でも、楽ちんでもどっちを体験するかは自分で選べばいい。選んだら・・・、巡りがはじめるよ♪ところで、私の「来世」を知ってたら教えてほしいなー。今日もすばらしい1日になりますように。応援しています^^

  • 25Jan
    • 【自己紹介】の画像

      【自己紹介】

      はじめまして。Meguです。「才能発掘コンサルタント」として、これから起業する予定の方や、既に起業している個人事業家さんの相談に乗ることを仕事としています。バタバタとした毎日の中で、ふと脱力できる瞬間。それは、萬福くんと目が合った時。愛嬌たっぷりな丸い目がかわいい8歳の亀♂です。私は、現在、東京杉並の古民家にこの萬福くんと2人暮らし。毎日、生徒さんを含め、いろんな方が訪ねてきてくださるのでワイワイガヤガヤ楽しい毎日を送っています。それもこれも、自分の“数字”を活かして仕事をすることが出来るようになったから。「数秘術」と言う統計学(☚今後、詳しく書いていきますね!)との出会いによって☑ルーティンワークが出来ない☑飽きっぽい☑ハマると、おかしいくらい集中し、全てを投げ出すなどの私の短所が全て元々の気質だと知り、全身の力がストンと抜けました。まるで、自分の「取扱説明書」を手渡された気分だったかな。そして、これはもう自分の「取説」をきちんと理解し、自分を上手に「取り扱い」することでこんな自分を受け入れるしかない!とある意味開き直ることが出来たんです。そこから、いつもビジネスがサクッとは上手くいかない理由も見えて・・・。一番の原因は、「自分らしくないこと」を、「自分らしくない方法」で、やろうとしていたことでした。ほかの人の「成功法則」を真似て、上手くいかず苦戦していたんですね。実際、自分の「取説」に合った方法で動き始めたら、あっさりと黒字化し、「なんかうまくいってるね」「どうやってるの?教えて」と言う方々が現れ、気が付けばビジネスコンサルがメインのお仕事となりました。2018年秋より、数秘術を活用した「パラレルキャリア塾」という稼ぐことだけにとらわれない!自分の心地よいを探す!ことを最優先する起業塾もスタートさせています。このブログでは、単にノウハウをお伝えするつもりはありません。謎が解ける!即実行できる!そんな情報を数秘術を交えてお伝えしていこうと思います。将来、起業したい方、もちろん、既に起業している方にもお読みいただきたいです。いつかお目にかかりましょう!

  • 12Sep
    • 富士山登山を終えて~ベストな荷造りを検証してみた~の画像

      富士山登山を終えて~ベストな荷造りを検証してみた~

      富士山登山から3日経ち、筋肉痛がなくなりましてめでたく日常が戻ってきました。普通ってスバラシイ!昨日まで昔のロボットのようになっていたのです。そして、興味深いのは、食べたいものがいつもと全然違うということです。*これはまだ続いています。そのうち、時間を見つけて書きます。荷物を片付ける前に、富士山登山に本当に必要なもの、出来たであろうベストな荷造りを超初心者の私が考えてみることにしました。*もし買い足すなら…も、補足しておきます。早速、スタート!◎当日の服装 右端のふくらはぎサポートは要らなかった~。↑当日の服装 ◎当日の荷物↑持って行った荷物。5.5キロ◎リュックと中身たち(5.5キロ)↑そのほか、携帯、UVリップ、日焼け止め&予備の水も。◎使わなかった、及び、不要だったもの・タオル   手ぬぐいで足りた・エコバッグ   ジップロックで足りた・バンドエイド   みんな持ってる・アーミーナイフ   富士山は至れり尽くせり・携帯充電器(*2)写真を撮る余力なく・・・  ⇦持参したほうが良いそうです。・チューブ      思ったより歩きながら水は飲まない・予備の水   買えば良いのです。・ヒヤロン      元々手を痛めていて、その応急処置用でしたが不要でした。予想外だったのは、携帯で写真を撮ることすら億劫だったことでしょうか。超初心者さんは写真はお仲間に任せても良いと思います。そして、水は意識して飲むようにはしましたが、それでもそんなに沢山は必要ありませんでした。足りなくなったら買いましょう!そして、残ったものたちは??? ↓ ↓ ↓注意:日焼け止め、リップ&携帯が写真に載っていません。合計で3.2キロ!これなら10%ルール(*1)も楽々クリア!(*1)荷物は自分の体重の10%まで。スペイン巡礼で学んだコト。2018 私的、超初心者向け富士山登山「持ち物リスト」!*もちろん、上記写真以外に、当日の装備が必要です!・リュック 25L ・ザックカバー・ポール・グローブ・帽子・サングラス・ヘッドライト・砂避けスパッツ・レインウェア上下・薄手のダウン・替えの長袖 ←当日の服装次第でこれも不要?・替えの下着・ソックス・手ぬぐい・日焼け止め・リップ・ディッシュ・ゴミ袋・お菓子・保険証・財布・携帯これで十分!と私は思います。注意:思いがけず、このブログを読んでくださった達人よりメッセージが届きました。「携帯充電器は持って行った方が良い」とのことです。理由は、富士山は山小屋も沢山あるので比較的安全だけれど、遭難した場合、携帯がある意味命綱となることもある。また気温が下がると電池の減りが早くなるからとのことです。ちなみに私の充電器(*2)は、かなり重たい部類だと思います。それでも140gです。持参しましょう(^^)/今のところ、富士山再チャレンジ!など全く考えていない私が、なんでこんな検証をしているかというと・・・。実は、7合目を超えたあたりで荷物を他のメンバーさんに持っていただかなければ山小屋に到着できないかも?というくらいヘロヘロになってしまったのです。自分で持てない程一体何を持っていたのか?本当は何が必要だったのか?を確認させて終わらたいなと思いました。ということで、出来たであろうベストな荷造りを検証してみました。◎補足買い足したいと思ったもの。・防寒用の手袋 (軽くて風を通さないもの)・速乾性のある下着(ドライナミック、アクティブスキンなど)速乾性の下着は、ウィンタースポーツ用のものを一枚持っていて、今回はそれを着替えとして持参し、初日はTシャツを着て行きました。それが、雨に濡れ重たくなり厄介だったので、もう一枚あったらよかったなと思いました。今年は9/9をもって閉山となった富士山ですが、来年以降チャレンジする方で、体力に自信のない方は参考になさってくださいね。~おまけ~↓最初に持っていこうとしていた荷物。8キロ‼ バカバカ