なごやキタアルプス の Outdoor Life

なごやキタアルプス の Outdoor Life

「山」と「スノボ」を中心とした、アウトドアライフを満喫しています。

これからも自然との触れ合いを大切にしてゆきたいと思います(^_^)


テーマ:
2018年11月24日(土)



『そうだまた京都へ行こう‼︎ 』


またまた、やって来ました、秋の京に…ウインク


嵐山を通り過ぎ
一通のトンネルを抜け、愛宕山の麓・清滝へ






この日は
清滝川に沿って上流へと上がり
紅葉の名所、高雄を目指します



観光客は車やバスでこの清滝川と並走する
高雄ハイウェイで向かいますが
谷あいの、清滝川沿いの自然歩道は
京の大混雑が
嘘の様に、静かな洛北の秋が味わえる超穴場です



さぁ、身だしなみを整えてっと







では、ぼちぼちと行きましょう







清滝川の
せせらぎを聴きながら、落ち葉の道を進みます







ところが、いきなり
ここにも
夏の台風の、爪跡が残っていました






ですが
昔から、🍁の名所と言われた地

足元には
ふかふかの落葉

とても、心地よい感触ですニコニコ






山の奥に
進んで行くにつれて
綺麗な紅葉が、癒してくれますニコニコ






そして
京の山歩きには
北山杉は、欠かせませんね

何といっても
姿勢がいいのです、すら〜っと






その隙間から覗く紅葉
乙なものです






何の変哲も無い『苔むす積み
『紅葉
コラボすると、いい感じですウインク






おやおや…????

葉っぱの影で、何か動きましたよ~❓






うお〜
あんな所に、スパイダーマンがいる びっくり


上から、独り占めの『紅葉狩とは
なかなか、粋なものですね






そうこう、しているうちに
どうやら
到着した様です、🍁の名所に


さぁ
高雄三山を目指しましよう






太古の昔から
紅葉の名所であった高雄山・槇尾山・栂尾山

その三つの山につく『尾』をとり
三尾さんびと言う

自然と調和した、美しい🍁の名所であり
四季折々の
美しさを育む地として知られてきた






まだ、観光客がやって来る前の朝一
高雄
静かな朝を迎えていました






画像に誰も、写りません


嵐山で、写真をとれば
1枚の画像に
大陸系観光客が20人…と言うのに びっくり






さてさて
まずは栂尾山から登ります






そこには
世界文化遺産でもある、高山寺があります






さすがは名山
洗礼された、雰囲気です


これは
パンフレットやポスターにもなっている
代表的なワンカットです







この日
現地でみると、こんな感じでした






この眺めも
印象的な
お気に入りのワンカットです






淡いオレンジに包まれた自然美

お上品な
アウトドア系の山です






いつまでも
この、テントサイトから眺めていたい

そんな
美しい風景が広がっていました






そして
やはり、高山寺と言えば
ニコニコ
爆笑
ウインク
『鳥獣人物戯画絵巻』

兎・カエル・鹿・猪・猿・馬・獅子…etc
様々な、不思議な人物が登場します






更に
この存在も、忘れてはいけません


『日本最古の茶園』

栄西が、中国から持ち帰り
栽培した最古の茶園がここにあります

今ではブランド茶の、宇治茶も
ここの苗から、発展したのです






さてと
栂尾山を後にして
次の山へと向かいましょう、次の山へと


(てくてくてく…🎵)






その途中
混雑する前に、ランチタイムとします


登山道から外れ
地図には載っていない
バリエーションルートを下ります


そのコルに
『せせらぎの音』の聞こえる
小屋があります、とても静かな小屋が







しばし
窓ごしの『紅葉』を堪能していると

来ました…来ました

「来はりましたぇ~」






瓦に鎮座する
精悍な、とんがりの姿


(ふむふむ)


連想するのは
鎌ヶ岳、冠山、高見山、槍ヶ岳…????



『京の瓦そば』
三種類の味を楽しみます
あたかも、ひつまぶしの様に

①まずは
スタンダードな、ポン酢だれで

②お次は
薬味を入れ、ピリッと

③最後は
上品にお箸でレモンをしぼり、あっさりと


(ふむふむ)







さてさて
お腹がいっぱいになった所で

ぶぶ茶が、でて来る前に
お次の山
槇尾山へと向かいます


清滝川に架かる、赤い橋を渡り
小高いピークへと
高度を上げていきます






そこにあるのが西明寺






先の栂尾山とは異なり
『赤』がメインの山です






派手過ぎず、地味過ぎず
程よい、静かな山です






そして、いよいよ
最後の山、高雄山へと向かいます

結構、長い坂が続きます






途中には
小休止のできるお店が、沢山あります






急登を駆け上がると
ようやく桜門に到着します

門をくぐると
広い空間が広がり
『赤』『オレンジ』の紅葉が鮮やかです






そして
更に進み、有名な広い階段を上がると
神護寺・金堂に到着






そして
この山では、やはりコレをしなければ


3枚の円盤を購入し
先ほど歩いて来た、渓谷に向かって投げます


でも、意外と難しく
3枚とも『ファ〜』…でしたてへぺろ





こうして
高雄三山を、満喫した後は

また
清滝川に沿って
東海自然歩道で戻ります

(トロッコ電車や川下りを眺めながら)
(嵐山へも続いています)






朝に比べ
日が射す川沿いは
一段と、秋色の輝きを増していました







逆さに映る紅葉も
鮮やかに …『赤』『黄』…






日帰りの旅でしたが
改めて
『日本の四季』を存分に楽しめました






やはり
『京の秋』は、ええもんどす







I            ❤️ 


京          都

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス