MAILELAULI'I'S BLOG

MAILELAULI'I'S BLOG

横浜市金沢区にあるフラ教室ケアラニフラスタジオのブログ

皆様お久しぶりです。

新年のご挨拶もしないうちに年が変わって、2月を迎えてしまいました。

 

コロナの感染状況も希望の持てない状況が続いています。

そのような中、恐る恐るながら教室はレッスンを続けています。

もちろん、空気循環と室内の消毒はレッスンを終わるごとに行い、イベントも開催されるものには出演しています。

 

去年の事になりますが、11月14日、平塚の花菜ガーデンでマカマカさん主催のフラコンサートがありました。

全曲生演奏の下、我がスタジオでは3曲出演させていただきました。

スタジオからは遠距離でしたが、海辺の道路を富士山を見ながら会場に向かい、とても快晴な一日だったため、生徒の皆さんのテンションも上がり、舞台は最高の笑顔で楽しむことができました。

舞台がなければなかなか私たちは色々なところに出かけるという機会が持てません。

そんな中で、この舞台は心が晴れる思いでした。

 

そして年末を迎え、バタバタとしながら新年最初の舞台、「第2回藤沢ウィンターハワイアンフェスティバル2022」(1月16日)藤沢市民会館の舞台に出演しました。

準備期間が短かったにも関わらず、6曲と私のソロが1曲で参加することができました。

このコロナの時期にも関わらず、客席もほぼ埋まり、出演の生徒たちも一人参加できない以外、50人の生徒が本格的な舞台を楽しむことができました。

 

その後、コロナの感染が強まり、私たちはこんな時期に思いがけず舞台を堪能できたことを感謝しています。

これから先、見通しが立ちませんが、それぞれが健康生活に注意を払い、なんとか踊り続けていきたいと願っています。

現在のところ、4月17日大桟橋の舞台が予定されていますが、まだ現実感が湧いていません。

それぞれが、自分の生活を維持できることを心から願っています。

 

実は、久しぶりで本格的な舞台に出演いたしました。

 

7月22日、藤沢市民会館ホールで、第1回 ハワイアンサマーフェスティバルが開催されました。

 

コロナ期のため、実はこの会は1月に予定のプロブラムでした。

 

ともかく、開催されることがうれしくて、生徒と私は心躍る気持ちで当日を迎えました。

 

客席の対応は一席ずつ開けながらということで、お客様も検温したり消毒したり、それぞれ細かい対応をして迎えました。

 

私たち出演者は、11時前にはリハーサルのため準備を始め、リハーサルの時はマスクをしたままで舞台に立ちました。

 

久しぶりに広いステージで、立ち位置の確認と、音の出力など気にしながら、それでも一曲通して踊ることができました。

 

ケアラニフラスタジオでは、6曲エントリーし、最後に生バンドで私のソロが予定されていました。

 

広い控室を用意していただき、リハーサルを終えてからそれぞれゆとりを持って準備に入ることができ、それぞれの生徒はこれから始まる舞台のために、助け合いながらワクワクと準備を進めました。

 

舞台は、予定通り開始されケイキの子供たちの列もそろい、目を輝かせて、生き生きと踊ってくれました。

 

大人の出演者は、直前に変更したフォーメーションに関わらず、集中力を持ってそのフォーメーションで踊り切りました。

 

本当に舞台がこんなに楽しいものなんだ、ということを思い出させてくれる時間となり、私のソロも、バンドの人達がそれなりの演奏を私のために届けてくれ、会場のお客さんと一体になるひと時でした。

 

本当に、皆さんと過ごしたこの日の舞台は、これからのコロナと関わる毎日に力を与えてくれたものとなりました。

 

生徒の皆さん、観客の皆さん、バンドの皆さん、スタッフの皆さん、ありがとうございました。

 

心から、御礼申し上げます。

 

8月のデパート、9月の大さん橋、それぞれ舞台は中止となりました。

 

また、舞台から皆さまとお会いできる日を楽しみに、レッスンだけはしっかり続けていきたいと思っています。

ご無沙汰しています。

 

イベントがほとんど中止になっているので、ついつい怠けています。

スタジオでのレッスンは、生徒の皆さんは休まずに参加し、その時間だけは楽しくフラを踊っています。

もう一年もこの生活で、先が見えていません。

10月にハワイで行われるイベントも、今何とも言えない状態で、日々のレッスンが私を含め生徒さんたちの唯一の楽しみです。

各クラス、生徒さんの数もコロナの影響で少しタイトになっていますが、その分それぞれの生徒さんに目を配り、丁寧な指導ができることが大きなメリットに感じています。

これから先、いつまで続くのか見当もつきませんが、今置かれた現実の中で、生徒さんのフラを中身の濃いものにしていけたらと努力したいと思います。

 

皆様の健康を心よりお祈り申し上げます。

 

私事ですが、4月、息子に女の子が生まれました。