九段ブルー歯科「口臭が気になり始めたら」のブログ 

これまでご愛読頂きありがとうございました。

 

九段ブルー歯科の口臭検査では口臭を発するガスの種類を分析することによって

1)       硫化水素 ⇨舌をはじめとする口腔内の汚れ ⇨当院での口腔内清掃ならびに

                          スケーリング歯ブラシ練習

 

2)       イソプレン ⇨肝臓疾患・脂質代謝障害の疑い ⇨場合により消化器内科ご紹介

 

3)       メチルメルカプタン ⇨歯周病 ⇨当院での歯周病内視鏡検査

                                         口腔内清掃、スケーリング、歯ブラシ練習など

 

4)       ジメチルサルファイド ⇨ 消化器系疾患 ⇨場合により消化器内科ご紹介

 

5)       その他、口臭を検知しないにも拘らず口臭が気になる  ⇨当院でのカウンセリング

                           ⇨場合により心療内科ご紹介

 

という解決方法をご提示致します。口臭検査は無料(要予約)ですのでお気軽にご相談下さい。

 

 

また、3)のメチルメルカプタンが検出され口腔内に多量の歯周病菌の繁殖が予測される方へのオプションとしまして、口腔内細菌DNA検査を実施しております。歯周病菌と心筋梗塞/アルツハイマー型認知症/大腸がん/早産/糖尿病など全身疾患との関連が続々と明らかにされている昨今ですが、数ある歯周病菌の中のレッドコンプレックスと呼ばれる細菌群の存在有無をDNAにより確認することは意義のあることと考えております。

(完)