MotoGP/Moto2・Moto3 カタールテスト ロサイル・インターナショナル・サーキット | 坂田和人オフィシャルブログ Powered by Ameba

坂田和人オフィシャルブログ Powered by Ameba

坂田和人オフィシャルブログ Powered by Ameba


テーマ:

3月1・2・3日にカタールテスト ロサイル・インターナショナル・サーキットにて、Moto2・Moto3のオフィシャルテストが行なわれました。

 

Moto3は、昨年のランキング1位から4位までの4人がMoto2クラスへ参戦したため、今回のテストで何となく全体の構図が見えてきたように思えます。

気になる日本勢は、昨年より上位に位置しているように感じました。しかし、個人的な意見ですが、もうワンランク上に位置して欲しかったです。

 

Moto2も、昨年のランキングトップ10以内のライダー4人がMotoGPクラスへ参戦。今年はエンジンがトライアンフとなり、デバイス系も良くなったと言われており、全体的にタイムが上がる傾向にあるでしょう。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

以下、<motogp.com>より。

 

Moto3 オフィシャルテスト~フェナティが開幕直前のテストを制す。

日本勢最高位は鈴木の8番手。鳥羽は11番手、真崎は13番手、佐々木は15番手、小椋は19番手。

 

 

<R.フェナティー/今シーズンはMoto2からMoto3クラスへ変更となったフェナティー>

 

 

軽量級のオフィシャルテスト3日目、最終日は3日、ロサイル・インターナショナル・サーキットで行われ、2日目総合1番手のロマーノ・フェナティがトップタイムをマーク。シーズン開幕直前のテストで総合1番手に進出した。
現地時間の14時00分から15時20分、17時00分から18時00分、19時20分から20時20分のセッションが実施され、真崎一輝、フェナティ、アロン・カネトが1番時計を記録。

2日目総合11番手の鈴木竜生は、32ラップを周回して0.805秒差の8番手に浮上。
初日から連続して総合5番手に進出した鳥羽海渡は、57ラップを周回して0.921秒差の11番手。初日総合8番手に進出した真崎は、35 ラップを周回して0.961秒差の13番手。2日目に接触転倒して総合23番手に後退した佐々木歩夢は、47ラップを周回して1.056秒差の15番手。 2日目総合15番手の小椋藍は、46ラップを周回して1.386秒差の19番手だった。

 

 

オフィシャルテスト
1. ロマーノ・フェナティ: 2分05秒285
2. トニー・アルボリーノ: 2分05秒4515(+0.230秒)
3. アロン・カネト: 2分05秒653(+0.368秒)
4. ロレンソォ・ダッラ・ポルタ: 2分05秒771(+0.486秒)
5. ニッコロ・アントネッリ: 2分05秒792(+0.507秒)

 

サーキットレコードラップ:2分05秒862(14年/アレックス・マスボー)
サーキットベストラップ:2分05秒590(18年/ホルヘ・マルティン)

 

 

以下、Moto3クラスのCombined Standings Days 1-2-3 のリザルトです<motogp.com>

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

Moto2 オフィシャルテスト~ロウズが総合1番手を維持。
トップ19までが1秒以内に接近。長島はコンマ8秒差の総合14番手。

 

 

<S.ローズ/Moto2に戻り2年目のローズ>

 

 

中量級のオフィシャルテスト3日目、最終日は3日、開幕戦カタールGPの開催地、ロサイル・インターナショナル・サーキットで行われ、2日目総合1番手のサム・ロウズがトップタイムをマーク。総合1番手に進出した。

現地時間の15時30分から16時50分、18時10分から19時10分、20時30分から21時30分のセッションが実施され、ロウズが2度の1番手に進出した後、マルセル・シュレッターが今回のテストで初めて1番時計を記録。

2日目に総合16番手から11番手に浮上した長島哲太は、48ラップを周回して0.867秒差の14番手だった。

 

 

オフィシャルテスト
1. サム・ロウズ: 1分58秒439
2. トーマス・ルティ: 1分58秒663(+0.224秒)
3. レミー・ガードナー: 1分58秒755(+0.316秒)
4. アウグスト・フェルナンデェス: 1分58秒757(+0.318秒)
5. マルセル・シュレッター: 1分58秒787(+0.348秒)

 

サーキットレコードラップ:1分59秒421(16年/サム・ロウズ)
サーキットベストラップ:1分59秒052(16年/ジョナス・フォルガー)

 

 

以下、Moto2クラスのCombined Standings Days 1-2-3 のリザルトです<motogp.com>

 

 

 

 

 

 

 

坂田和人さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ