坂田和人 オフィシャルブログ Powered by Ameba

坂田和人 オフィシャルブログ Powered by Ameba

坂田和人 オフィシャルブログ Powered by Ameba

昨日11月29日はツインリンクもてぎにて、「第7回 MUSASHI HARC-PRO. スカラシップ」のトレーニングを行ないました。

 

 

スタッッフ、参加者、コースの都合が上手く折り合わず、前回のトレーニング(10月11日)から1ヶ月以上の期間が空きました。

 

お忙しい中、ハルク・プロの本田会長がお越し下さいました。

この日は、今年一番の冷え込みで朝方は−3度まで気温が下がったようです。

9時にサーキット入りしましたが、気温は4度と寒かったです。

そのため、今回は今年初めてタイヤウォーマーを使用しました。

 

 

今回は、ロードコースで3本のスポーツ走行。

1本目の10時30分のコンディションは、気温6度・路面温度17度でした。

走行台数も少なく、とても走り易かったです。

走行中は指先が冷たく感じましたが、指の感覚がなくなるような寒さではなかったですね。

 

 

第6回までにスカラシップ生各々が課題をクリアしてきましたが、今回の走行では「今まではなんだったんだろう」と思ってしまうほど後戻りしていました。

特に第6回では、全員がとても良い走りをしていたのに…。

スカラシップでは初めてのロードコース走行、路面温度が低かった、また1ヶ月以上空いたとは言え、あまりのペースの遅さにイントラ陣も肩を落としてしまいました。

 

 

2本目12時00分の走行時は、気温10度・路面温度21度。3本目13時30分は気温14度・路面温度22度まで上がり、この時期としては恵まれたコンディション。

しかし、残念ながら大きな改善もなくトレーニングを終えました。

 


走りのイメージや走行中での考え方の足りなさ、それが結果として現れた1日でした。。。

今まで書いてきたレポートをしっかり頭に入れていれば、今日のようなことはなかったハズです。

 

スポンサードして頂いている、MUSASHI様、ハルク・プロ様、アライヘルメット様に大変申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 

今までは「言われるからやっていただけ」、そう言われても仕方のない今日の走行内容。

特に今時の若いライダーにありがちなことなのですが、こればかりは彼らが変わろうとしなければ何も変わりません。

 

次回は今回のことのないように、各自のプライベートトレーニングで改善して欲しいです。

 

 

ーーーーーーーーーーーー

Twitter <kazuto_sakata>

ーーーーーーーーーーーー