存在感☆

テーマ:

11月に入り、ようやく産休(*´▽`*)

お腹が張る回数は増えていく一方だ。←良い傾向☆

 

予定日は11月末だけど、お腹の主が育ち過ぎだということで、前倒して産む準備を始める。

育ち過ぎの原因は妊娠糖尿病だ。

 

血糖値のコントロール=食事制限は多少なりとも効果は出ているようだ……。

出産トライの入院が一週間伸びました( 一一)

 

朝3単位、昼3単位、夜5単位のインスリン投与中。

他の人のブログに飛んでみると、もっと多くインスリンを投与している人もいるし、食事制限でコントロール出来ている人もいる。

自分が血糖値のコントロールに挑んでみて、人それぞれなのは、努力云々の問題じゃなくて、体質の問題なのだと思う。

私の場合は、朝のインスリンが効きにくくなっているようだ。

朝ご飯の量が昼食より少ないのに、朝ご飯後の血糖値は昼より高い。

 

血糖値の管理入院の可能性を指摘されたが、何とか引っ張れてこれたのは、ラッキーだったと思う。

管理入院は、食べながら痩せれるくらいの食事が朝昼晩の三食と補助食が出るらしいが、きっと暇だ!

 

今は家で保育園の手続きやバイト先の会社へ提出する書類を書き進めてみたり、お腹がもっと張るように、スーパーへ片道40分かけて徒歩で行くように切り替えた。

ただ、気を付けるべきは、徒歩の時間を増やすと、血糖値が思いっきり下がる。

血糖値が59になった時はさすがにびびった。低血糖は、意識を失うことがあるらしい

 

助産師さんからは更にスクワットと階段の登り降りをお勧めされた。

子宮口を広げる処置を受けて、おしるしも確認出来たことだし、もうひと踏ん張り(=゚ω゚)ノ

 


お腹の存在感よ……(/ω\)

 

おのれ、妊娠糖尿病め(ーー〆

 

ご飯や麺(中華麺、素麺、うどん、蕎麦も)をお茶碗1膳程度食べてしまうと血糖値がぽーんと上がってしまう。

おかずを増やしても、炭水化物がないと、満足感は薄い。

妊娠前に比べたら、食べる量は圧倒的に減っていたが、母体の体型に変化なしだ(;^ω^)

 

ご飯の場合、一度に食べることが出来るのは、ご飯茶碗で言えば3分の1~4分の1程度が限界。←私の場合(-ω-)

栄養士からは「最低限の炭水化物は取ってください」「一回の分量を少な目に小分けに食べれば血糖値は上がりにくくなります」と指導され、朝昼晩の炭水化物を少量に抑え、別のタイミングでまた少量の炭水化物を取っている。

 

朝ごはんを食べるなら、午前9時くらいの時間帯が良いらしいが、夜に一日の疲れが出て、腰痛胃痛、頻尿や胎動(内側からの蹴り)が激しくなり、朝はむくみもあるので、昼頃の起床になっている。

常にだるい。休みは基本寝転がっているが、医療費が多くかさむので、気合いで今月末までバイトは続ける予定だ。

 

バイトは大体午後出勤。だから昼の12時を朝ご飯の時間に設定し……

 

起床後すぐ=血糖値計測

12時~ 朝ごはん(インスリン食前に投与)

●朝ごはん食べて二時間後に血糖値計測

15時~ 軽食

18時~ 昼ごはん(インスリン食前に投与)

昼ごはん食前食後2時間経ったら、血糖値計測

20時~ 軽食

21時か23時~ 夜ごはん(インスリン食前に投与)

●夜ご飯食べて2時間後、血糖値計測

 

ご飯の内容は細かく……( ..)φメモメモ←レコーディングダイエット状態。

6回食がベストらしいのだが、夜に3時間ほどバイトをする日があるので、5回食がせいぜい。

しかも、朝と夜ごはん以外は、おやつみたいな食事になっている。

「少量の炭水化物と野菜とタンパク質を取るように」理屈はわかるが、理想通りには取れない気がしますと相談すると……

栄養士からのアドバイスで、「ローソンの低糖質のパン」や「ソイジョイ」等を勧められた。

その他、ナッツやドライフルーツを取りすぎない程度に。

シリアルも探せば糖質の低いものがあったので、貴重な甘いおやつとして、シリアル(炭水化物)、牛乳かヨーグルトかチーズ(タンパク質)を補助食に当ててみたり、工夫と実験の日々だ。

 

血糖値のコントロールが出来ない場合は、指導入院になると聞いていたけれど、現状を維持すれば入院せずに切り抜けられそうだ。

 

いつも腹八分目に届かない。

でも赤ちゃんはどんどん大きくなるのみだ。

赤ちゃんはすでにぽっちゃり体型を指摘されている。今以上にぽっちゃりになったら、大変だ><。

ぽっちゃりは母だけで良いのだ( ノД`)シクシク…

 

インスリンを打ちながら低血糖にならない程度に食べ、血糖値が上がり過ぎない程度に食べる。

ちょっとだけコツが掴めてきた。

出産したら、妊娠糖尿病は治ると聞く。あと一ヵ月半。

絶対無事に健康な子を産むのだ(*ノωノ)

 

なでなで。

テーマ:
子が宿って、8ヶ月目に突入。
融通がきかない体になってきた実感が日々強くなってきて、働きたい気持ちと休まねば動かない体との対立で、しゃあないか……そんな境地に至っている。
 
先日、病院の検査で甲状腺機能低下症と妊娠糖尿病が発覚し、今は毎食後に血糖値の検査をすることになった。←むくみ、胃痛、息切れ等道理で体がだるいわけだ(。・ε・。)ムー。
 
バイトの時間は以前から減らして続けてきたけれど、これまでのペースも難しくなってきた
一日三時間程度がせいぜいなのかもしれない。
 
だけど、以前経験した鬱より全然マシな体調なのがちょっとだけ救いだと思う。
体調の変化は他にも……前よりブチキレやすくなったり、体が少々だるくても仕事に関することはエンジンがかかって無理やり動きまくり、クタクタになってしまうのはたまに傷。でも、以前経験した鬱より全然マシなのはちょっとだけ救いだと思う。
今は特殊な体質。受け入れるしかない。
今の課題は血糖値を調節出来るよう、工夫すること。
これまで、一日2食ペースだった食事を4食程度に増やした。
食事の回数が少ない方が血糖値が上昇しやすいらしい。
 
朝はだるくて朝食はさっぱり食べれないしバイトもあるので、昼と夜は普通に食べ、昼食後、夕食後、頃合いを見て
ナッツ、ドライフルーツ、果物、ヨーグルト、牛乳、野菜ジュース等、パパっと飲めるものか食べたいおやつを無茶食いしないよう食べる。
医者から細かい指示はなかったけれど、ネットで色々調べてお試しの最中。
忙しさの関係で食事回数3回程度になっても、気にしないようにした。
ぶっちゃけ血糖値や甲状腺の異常は胎児の異常に繋がってくるのだが、完璧を求めても最初から完璧に出来ないし、続けることが大事だと思う。
 
ちなみに私が引っ掛かった検査での血糖値は、食事前はクリア。1時間後NG。2時間後クリア。
今回医者の指示で調べているのは、食前の血糖値と2時間後の血糖値。
改善されないと指導入院となるらしい。どうなりますことやら(´□`。)
 
妊娠して、体は負担をずっしり感じるようになったが、去年に比べてかなり健康的な生活を送れるようになった。
妊娠糖尿病と甲状腺機能低下症は別問題なのだけど。
 
血糖値の検査は少しばかりの痛みを伴うが、命を産み出す為だから我慢出来る。
子を生かす為、親としても生きていく為、やるべき努力は続けていく。
先々のことで心配なことはあるけれど、一日ずつ確実に生きて、生きる努力を積み重ねるしかないのだと思う。
 
ここ数ヵ月で体質も変わったが、心境、思想が何より大きく変わった。
たかだか43年くらいしか生きていないが、30年近く凝り固まっていたものが覆されていく。
人生何が起こるかわからない、疑念は消えることはない。無事に子を産んであげれるかもわからない。
 
お腹を毎日撫でながら、奇跡を信じている。
 
*体がだるめなので、コメント欄はしばらく閉じます。