とある日、とある夜中。

 

寝かしつけで、ダラダラ~っと、チビ子とお話ししていたら…… 

チビ子「ママ、私がお腹の中から産まれて来て、嬉しかった?」

 母タロー「もちろんだよ。すっごく嬉しかったよ。」

 と、答えた後から、まさかの胎内記憶の語りが始まった(/・ω・)/

 

ここから、チビ子語りの箇条書き。

 

・ママと早く会いたいって思ったから、早く出てきた。 

・体が熱くなって、早く出なきゃって。熱かったの!

・くぐり穴があったんだよ(^^b

・丸い穴があって、繋がってないと出れないの。繋がらないままだとし〇じゃうから。

 

繋がってないと、〇んじゃうって……(;・∀・)本能で悟っていたのか?

 

チビ子「(私が)早く出てきて、吃驚した?」

 母タロー「うん、吃驚したよ。」

 チビ子「吃驚させたかったの(∩´∀`)∩」

 

イッシッシ( *´艸`)と笑うチビ子。お腹でねんねしてた時の記憶も残っていて、話してくれた。

 

 ・ママがくれたご飯が美味しかった。

・パパとママ、一緒におうちで暮らしてたでしょ。パパもママも良い人だから、大好き!って思ってた。 

 

確かに、結婚する前から同棲していた。

 

産まれた後の記憶。

 ・お腹が痛くて、えーんえーんて、泣いた。(臍の緒切った時の痛みかな?) 

・おうちに来てから、ここ大好き!って思った。←お腹にいた頃から、おうちは大好き!と思ってたっぽい。

・(出産時)ママもチビ子も頑張ったね。 ありがとう(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

……語り終えたチビ子。スヤスヤ~と寝た。

 

前触れもなく、教えてくれた。

そのまた後日、お腹の中にいた時の記憶を話そうとしてくれたが、結構忘れてしまったらしい。

母タロー「チビ子、全然忘れて良いんだよ。」

チビ子「めっちゃ、動いてたけどね。」

 

と、スヤスヤ~っと寝た。

 

高齢出産だったけど、チビ子が来てくれたのは、本当に奇跡だ。

チビ子、やって来てくれて、ありがとう。

 

お盆休み中、子供の頃に何度も行った屋島の水族館へ連れて行ってもらった。

image

↑屋島から見た瀬戸内海。


今は新屋島水族館という。
知らないうちに、一度?閉館したらしい。Wikipediaで調べてみても、色々厳しそうだが(←改修工事をしたくても、周りが国立公園なので、法律の壁が邪魔をしているらしい。)頂上という立地への挑戦か!イルカの水槽が新設され、イルカショーをしていた🐬

image

進行役は金ピカ衣裳のお侍さん。トーク、めちゃうま✨
飼育員さんも寸劇に参加してきて、ヒーローショーのお姉さん並みのテンションと元気の良さ、テンポ、掛け合いが見事✨
イルカさん達は、愛嬌があって、人懐っこくって、ショーは満点でした💯

それにしても、思い出を振り返る為、母タローは写メを撮ったのだが、出来が何ともアレだ。
ショーを盛り上げる金ピカお侍さんが生かされてない。イルカと記念写真を撮るつもりだったのに、イルカが見事に映っていない( ノД`)シクシク…↓は母タローが撮影。

image
それに引き換え、親父殿の撮った写メは切り取り方が上手い。
昔から親父殿は写真を撮るタイミングめちゃうまだった。
カメラからお手軽なスマホカメラに時代は変わっても、センスの差は歴然だ。

image

写メ撮影は、早々と諦め、チビ子と一緒にイルカショー、ペンギンへの餌やり体験、水族館内を迷路に見立てた大冒険を何回かクリアして、帰りはピンクのイルカちゃんを偉大なるジジ殿+偉大なるババ殿から授かり、無事帰京。
屋島の水族館、昔は凄く大きく見えたものだ。チビ子の目から見ても大きく見えただろうか。
一番喜んでたのチンアナゴの小さな水槽だったけどw

 

私が親になり、子供を連れてこれるなんて、想像もしていなかった。

昔、行った水族館は少し変わっていたけれど、変わっていないところは懐かしかった。

 

私は、香川にいた頃、旅行をした経験がほとんどない。お金が少し出来たら、チビ子には旅をさせてあげたい。

「ウッディが観たい。」とチビ子が言った。

トイストーリーのことではない。

『バズ・ライトライヤー』らしい。

 

ウッディは最初から最後まで出てこない。

けど、幼稚園で観ていたDVDのトイストーリーのバズに興味を持っていたらしい。

 

映画は何でも良い。私も観たい。

何だかんだ、観に行くまで二、三週間ほど掛かってしまったが(汗)

 

最近のパパ様は週六で仕事だ。

転職するとか、数か月前に聞いていたのに、その行動は全くない。

週一休みがあったら、寝て過ごすのがほぼ大半だ。

 

パパ様と一緒に過ごせない分、良い思い出を増やしたいのが、親心。

理解出来るか否かはわからない。映画の途中で寝るかもしれないけど、観ることは絶対!

 

最初から最後まで、ちゃんと観てた。

全体的に暗めの映像だった。きっと、チビ子は大人になるまで覚えてはいない。

けれど、映画を観ることが豊かさに繋がれば、最高だ☆

 

観終わって、うきうきのチビ子。←これがチビ子の感想の全てだ。

去年は、映画「おかあさんといっしょ」を三回も観たいと主張し、観たチビ子。

ドラえもんの映画も大満足で観た。

「バズ」も合格だったようだ。

映画館を出る時に、とある映画のチラシを目をキラキラさせながら、手に取っていた。

 

ドンブラザーズは必ず観る映画!

これは決定!

 

でも、予告は全くないけど、「おかあさんといっしょ」の映画は必ず観たいと何度も言う。

映画を映画館で観る、ちょっと贅沢だけど、心が豊かになる経験。

映画、良いよね(/ω\)♪