かぜのこぴゅう、イエメンからエジプトへとぶ
Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2013-04-06 15:40:54

一年という月日

テーマ:エジプトでのせいかつ
一年ぶりにエジプトを訪れた。

かぜのこぴゅう、イエメンからエジプトへとぶ

$かぜのこぴゅう、イエメンからエジプトへとぶ

10歳になったカーリドは、既に完全なる男の子で
あいさつのキスは出来なくなってしまった。



かぜのこぴゅう、イエメンからエジプトへとぶ

床屋のターレクを訪ねたら、ちょうどその一帯が停電中。
ターレクは、携帯のライトでお客さんの頭を照らしながら仕事を続けていた。
「この停電はモルシーのせいなんだよ」とお得意のジョーク。いいね。



かぜのこぴゅう、イエメンからエジプトへとぶ

商店のおじさんも相変わらずのダンディ。



かぜのこぴゅう、イエメンからエジプトへとぶ

一番最初に住んだの家の近所の子どもたち。
オマル。ホサム。ヨーセフ。アブデルラズィーズ。
この子たちの親は、きっと観光の仕事が激減して大変なのだろうが、子どもたちは相変わらず元気に走り回っていた。サッカーが出来たら、もう少し男の子とも仲良くなれるのになぁ。



かぜのこぴゅう、イエメンからエジプトへとぶ

同じく一番最初に住んだ家でお世話になったアハマド。
彼が居てくれなかったら、私のエジプト生活はもっと早くに終わっていたと思う。



かぜのこぴゅう、イエメンからエジプトへとぶ

こちらも、最初の家でゴミ収集をしてくれたおじさん。割れたビンを捨てるときに「気をつけてね」と声を掛けたのが、恐らく仲良くなったきっかけだった。
毎朝あいさつする私たちを、近所の人たちが妙な目で見ていたのだが
彼は気にしている様子が無かった。私には、それが本当に嬉しかったのだ。




かぜのこぴゅう、イエメンからエジプトへとぶ

雑貨屋のおじさん。だったが、布団屋さんに変わっていた。そっちの方が儲かるらしい。ピラミッドの前で布団ってどうでしょうか。




かぜのこぴゅう、イエメンからエジプトへとぶ

こちらの雑貨屋さんは健在。カメラを向けるとイヤイヤするのも健在。




$かぜのこぴゅう、イエメンからエジプトへとぶ

ジュース屋のアリーは、一年前にもらった写真を無くしたので、もう一度撮って欲しいと言った。
「最近、この辺りは治安悪いの?」と聞いたら「いや、ここはいつも最高だよ」と笑った。



かぜのこぴゅう、イエメンからエジプトへとぶ

ゲストハウスのおじさんに、部屋のシャワーはお湯が出るか確認したところ「why not」と言っていたのに、サハン(お湯を作る装置)が壊れていて待てど暮らせど水しか出てこない。まぁ、よくあることですな。



かぜのこぴゅう、イエメンからエジプトへとぶ

ベッドには有り難いことに蚊帳がついていたのだが、盛大に穴が開いていた。これぞエジプト!と部屋で独り小躍りした。



かぜのこぴゅう、イエメンからエジプトへとぶ

田舎で食べる鶏肉とモロヘイヤスープは絶品。



かぜのこぴゅう、イエメンからエジプトへとぶ

気持ち良すぎてうとうと。


$かぜのこぴゅう、イエメンからエジプトへとぶ

うとうと。


お世話になった人たちに一通り会ったところで、旅が終わった。
何て幸せなんだ。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス