プロが語る~第5条~新築建売り住宅の選び方♪必須の7か条! | かごしま ホームインスペクション 新築 リフォーム 耐震診断
2018年09月12日

プロが語る~第5条~新築建売り住宅の選び方♪必須の7か条!

テーマ:住まいのこと

第5条 買うと決めたら、どんどん注文つけるべし!

 

そろそろ契約に進む段階に来たら、細かい手直しや要望はどんどん出しましょう。

完璧な物件などありませんが、悪意のない手抜き・見落としも多いもの。

 

 

 

・新築でも現状有姿が条件

中古住宅の場合は、経年劣化してますから見たままの状態での購入。

つまり「現状有姿」が、特約事項にも記載され、

かつ「かし担保」も売主は免除の条件がついたり(個人間売買の場合)。

 

新築建売りは、経年劣化は少ないとはいえ、やはり現状有姿が基本。

その上で、メーカー保証やアフター規定、かし保険などで安心感がアップ。

でも、入居してからのクレームはお互いに面倒ですよね。

引越し時や、入居後に傷がつく場合も多いのです。

かならず、引き渡し前に細かく点検して、手直し要望を出しましょう。

 

・業者の利幅は大きい!現地への注文と資金計画書のチェック

新築建売りの場合は、土地+建物の両方の利益がのりますから、

業者にとっては、利益幅も大きいのです。

売れない期間の金利負担もあるので、リスクも大きいですし。

どれくらいのってるのかって?ネットでは書けないです(笑)

 

さらに、資金計画書も、細かくチェックしましょう。

よくわからない「○○手数料」なんてのは、業者の小遣い稼ぎ。

本当に必要なのかどうか、業者の姿勢を問いましょうね。

 

・「大丈夫ですよ」は、理由を問え

お客さまからの、割と多い問合せ→

「基礎にヒビが入ってるが、大丈夫か?」

「使ってある材料は、長持ちするのか?」

「メンテナンスの見極めは、どうしたらいいのか?」

やはり、目に見える範囲での心配ごとが圧倒的ですね。

 

対して、担当者の答えは?→「大丈夫です!」

 

大丈夫じゃありません、とは絶対に言わないでしょう(笑)

どうして大丈夫なのか?さらに掘り下げて質問して下さいね。

納得できる理由のない返答は、知識が無い証拠です。

 

 

大切なマイホーム!

しっかりと選んでくださいね!!

 

 

 

 

かごしま長持ち住宅ぷらすさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス