誰も書けない「失敗しない中古マイホームの買い方!7か条」~序章~ | かごしま ホームインスペクション 新築 リフォーム 耐震診断
2018年04月03日

誰も書けない「失敗しない中古マイホームの買い方!7か条」~序章~

テーマ:住まいのこと

夢のマイホーム♪ 新築でも中古でも、家族の夢のスタートですね♪ 

 

でも、失敗するお客さんって、最初から大体わかります。

いろいろ勉強されても、所詮は素人さんですもの。

見当違いなところで、立ち止まったり、こだわりすぎる方も多い。

 

だからと言って、営業マンを全部信用して大丈夫ですか?

 

 

営業マンって、思ってても絶対に言わないことがあります。

 

通常、中古住宅の仲介業者って、売主さんを探すことに必死です。

だって、買いたい人は勝手に寄ってきますもの。

そう、仲介業者は、最初から「売主側」の場合が多い。

でも、こんなことは絶対に言いません。

 

そんな中、失敗しない中古マイホームの買い方を、お教えしましょう。

 

 

~まず、大前提~

 

 

「いつまでに、いくらかけて、どういう暮らしがしたいのか?」を決める!

 

マイホームのスタート、基本中の基本!

 

私が、「いつも最初に」お客さんにお話するのが、これです。

そろそろマイホームが欲しいなぁ、って、きっと理由がありますよね?

 

もう少し掘り下げて、自分の気持ちを、きちんと整理しないと、

すぐに、マイホームの樹海に迷い込みます。

 

目一杯に、きっちりと決め込まなくても大丈夫ですが、

「できればこれくらい。MAXでもここまで!」的には決めること。

 

「いつまでに?」

次の春までに、消費税が上がるまでに、親が元気なうちに、

子供が学校にあがるまでに、定年で田舎に戻るまでに。

いつまでに? 具体的に考えましょう。

 

「いくらかけて?」

自己資金・親の援助・住宅ローン

ここで肝心なことは、住宅ローンは「いくらまでなら払えるのか?」が肝心!

「いくら借りられるのか?」ではないことが重要です!

次の第1条で、詳しくお話します。

 

「どういう暮らしがしたいのか?」

まず、生活スタイルです!

一人暮らし、家族で子供の成長とともに、親の面倒をみるために。

完全に、それぞれのプライバシーを保つのか?

お互いの雰囲気が、感じられる距離感を保つのか?

必要な部屋数、便利さを考えた立地条件が見えてきます。

 

次に、価値観!

住む人が一番大切に思う、マイホームの価値は何なのか?

今の住まいで、一番困っていることは何でしょう?

デザイン、間取り、構造、メンテナンス、

空間、バリアフリー、温熱環境、

趣味、設備、家電。 「食う・寝る・遊ぶ」

 

優先順位を整理すると、費用のかけ方も見えてきます。

 

「いつまでに、いくらかけて、どういう暮らしがしたいのか?」

 

ここをはっきりさせないと、必ず軸がぶれます

 

「なんとなく、のマイホーム」は、他人の影響を受けすぎます。

すぐに、マイホームの樹海に迷い込み、

最終的には、「こんなはずじゃなかった」となります。

そして、考える余裕のある方が、圧倒的に有利です。

 

相手はプロですもの、とてもかないません。

 

 

 

さあ、しっかりとすぐに考え始めましょうね!!

 

 

 

 

かごしま長持ち住宅ぷらすさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.