虐待と相談

虐待と相談

気づくと生き方には親の影響があるって思う。
でも自分でできる選択もあるはず。
虐待してるかも、されてるかも、
どうにかしたいと思ってるならどうにかできると思う。
カウンセリングの勉強していますが、一緒にその方法を探せたらと思っています


テーマ:

強い女性が好きです。

風と共に去りぬのスカーレット

エイリアンのリプリー

虐待された子どもとの関わりを書いた本「シーラという子」のトリイ

 

自分が弱くて無力と感じているからだと思いますが

あこがれます

 

どこかでそんな強い女性がだれかを助けるという妄想があるのだと思います。

 

自分が強い女性になって弱い、小さい人を助けるという妄想です。

 

 

しかし最近ご相談を受けていてじわじわと感じるのは

誰も弱い、小さい人など居ない

ということです。

 

私は助けるどころか

ご相談のお話を聴きながらその方の力に圧倒されます。

 

 

ご相談ではその方の資源は何かを考えながらお聴きします。

資源には内的資源と外的資源があります。

外的資源はその方の周りにあってその方を助けているもの、

働きかけたらその方を助けてくれるもの、人などです

家族、友達、恋人、親戚、ペット、ぬいぐるみ、音楽、本、

コミックの主人公の言葉やリスペクトする人の生き様、

そしてカウンセラーも資源です。

 

内的資源はその方の特質でその方を助けているもの

気付いたら更に活かせるものです

思慮深い、思いやりがある、人の事を考える、努力できる

行動力がある、冷静、観察力、分析力、まじめ、几帳面

意思の強さなどすべての性格が活かされます。

 

相談にいらっしゃる方は悩みにぶちのめされていて

何もかも悪い方向で考えがちです。

できていることをみないで、できないことばかりを見ています。

自分はこうだと決めつけて、何とかしたいと思いながら

できないかもと諦めていることが多いと感じます。

 

そうならざるを得ない状況を、とても理解できます。

同じ状況なら私はどうだろうと考える。

ぶちのめされていると思います。

だけどその方は

それをなんとかしようと

その状況から這いずって出てきて私に話しています。

リングの貞子みたいにね。

 

その力だけでも称賛に値します。

 

 

オズの魔法使いというお話を知っていますか

 

頭が悪いと思っているかかしは「知恵」を

心が無いと思っている木こりは「心」を

怖がりのライオンは「勇気」を探して、

どんな願いもかなえてくれるという

オズの魔法使いの元へドロシーと旅に出ます。

 

さまざまな事件のあと

どんな願いもかなえてくれるオズの魔法使いは

かかしに「ぬかを詰めた脳」

木こりに「おがくずを詰めたハート型の袋」

ライオンに「勇気が出るジュース」

を与え、皆は大喜びします。

 

でも3人が欲しかった「知恵」「心」「勇気」は

実は初めから彼ら自身が持っていたものでした。

 

というお話です

 

自分のことが一番見えない。

 

相談に来られた方が持っている資源を

力を見つけ、

それを活かして問題を解決する。


その時その方は誰かに助けてもらう

弱い小さい存在ではありません。

自らの困難を切り拓く力のある人です。

それはこの先生きている間中ずっと

困難のたびに資源として活かし

強化させてゆくのです。


その瞬間に立ち合わせていただき、

ご一緒に喜び、

ご一緒に感動させていただけることに


感謝しています