それは頭の声です | 自分とつながり、すべてとつながる

自分とつながり、すべてとつながる

「生まれてきてよかった」と言わせるヒーリング×瞑想ティーチャー、伊豆大島リトリートスペース「Retreat&Stay BHOGA」オーナー。世田谷との2拠点生活。オンラインセッションもやってます

こんばんは、エクタです。

 

年明けから

パーソナルスクールが

スタートしています。

 

毎日やりとりさせていただくと

気づきと変化が早いですね。

 

 

──── ★ ────

 

 

感じる力を育む

「Heart Garten Healing」

 

* 1/20(木)まで

 発売記念キャンペーン価格

 

詳しくはこちらへ

https://03auto.biz/clk/archives/fntpiv.html

 

────────── 

 

 

その理由はただひとつ、

 

「思い込み」を手放せる

からです。

 

パーソナルなやりとりをすると

「思い込み」が

顕著に現れるので

 

手放しのスピードが早くなります。

 

この「思い込み」ってやつは

自分だけでは気づくことができません。

 

自分の中では

それが当たり前だから

疑う余地などないわけです。

 

だからこその「思い込み」

 

今夜は、ご本人許可のもと

「思い込み」に気づくプロセスを

ご紹介させていただきます。

 

お役に立てば嬉しいです。

 

 

────────── 

 

受講生とエクタの

やりとり一部公開

 

────────── 

 

●受講生

「ワークの間中は

 ずっと憂鬱感を感じました」

 

 

○エクタ

「憂鬱感ってどんな感じですか?

 それは何と言っていますか?」

 

 

●受講生

「憂鬱感は

 胸の奥がズーンと重くて

 苦しい感じです。

 

 「怖い、やる自信がない」

 と言っています。

 

 今朝は仕事の心配事で

 目が覚めたりしたので

 

 仕事に対する憂鬱感を

 引きずっていたと思います。」

 

 

○エクタ

「怖い

 やる自信がない

 

 を、しっかり感じてあげてくださいね。

 

 「仕事に対する憂鬱感を

 引きずっていたと思います」

 

 は、頭の分析です」

 

 

●受講生

「「仕事に対する憂鬱感」というのは、

 頭の分析なんですね。

 

 これまで、

 いつも憂鬱感が湧いてきたとき

 理由を探して、

 

 その理由ならこうだから大丈夫と

 自分を納得させたりしてきました。

 

 それを憂鬱感を感じてあげることだと

 思っていました。

 

 私が感じてると思っていたことは、

 頭の分析だったですね」

 

 

「そんなわけで、

 怖い、やる自信がない…を

 しっかり感じてあげるというのが、

 

 どんな感じなのかが

 わからなくなってしまいました。

 

 何かよいアドバイスあれば

 お願いします」

 

 

○エクタ

「○○さん、

 感じることは難しくないんですよ。

 

 例えば、大好物を食べたとき

 

「美味しいっ!!!!!」

「嬉しいっ!!!」

 

 ってなる。

 

 ○○さんもそんな経験はありますよね?

 

 それを、

 

「これはどこどこの産地だから

 美味しいんだ」

 

「どういう栄養素があるから

 美味しいんだ」

 

「昨日から何も食べていないから

 美味しいんだ」

 

と理由をつけるのが頭での分析です。

 

それをしないで

 

「美味しいっ!!!!!」

「嬉しいっ!!!」

 

に浸る。

 

その時の内側の感覚、

身体の感覚にしっかり意識を向ける。

 

感じるってそんな感じといえば、

なんとなくわかりますか?」

 

 

●受講生

「とても具体的なアドバイス

 ありがとうございました。

 

 大好物を食べた時の例え、

 わかりやすかったです。

 

 美味しいとか楽しいは

 そのまま感じやすいですが

 

 憂鬱や不安などは、どうしても

 

 「どうにかしなきゃ!」って

 

 解決策を探してしまうのだと思いました。

 

 でももう探し疲れて、

 この頃はそのままやり過ごすことも

 多かったのですが、

 

 やり過ごすのではなく

 憂鬱感に浸ってみる。

 

 その時の感覚に意識を向けるというのを

 やってみようと思います。

 

 憂鬱感はかなりズーンと思い感覚なので、

 浸り切れるか…って感じです」

 

 

○エクタ

「参考になってよかったです!

 

 さらに補足すると、

 「浸り切れるか…って感じです」も

 頭の声です。

 

 心はただ、

 「怖い、やる自信がない」

 って言っているのです。

 

 それを優しく聞いてあげる。

 一緒にいてあげる。

 

 そんな感覚だとよいと思います。」

 

 

 

────────── 

 

頭の分析はいけないの?

 

────────── 

 

そもそもなぜ、

感じる練習をしているの?

 

頭の分析はいけないの?

 

と疑問に思った方も

いらっしゃるかもしれません。

 

もちろん、

頭で分析することが

いけないわけではないんです。

 

行きていくうえで

それもとても大切なこと。

 

ですが、○○さんが

パーソナルスクールを受講された

目的は

 

自分の生きづらさの解消

 

でした。

 

○○さんの生きづらさが

具体的にどんなところなのか

お伺いすると

 

 

「思考優位で、

 感じること(ハート)を

 置いてきぼりにしている」

 

ことが、

その理由のように感じました。

 

なのでまず最初に

感じる練習からスタートしました。

 

いかに普段、感じているようで

感じていなかったことに

気づくことから。 

 

 

ではなぜ、感じることが

大切なのでしょうか?

 

 

自分とつながるため。

 

自分を知ってあげるためです。

 

 

「その理由ならこうだから大丈夫と

 自分を納得させたりしてきました。」

 

本当に

納得させてあげられたなら

良いのですが

 

多くの場合、

ただ抑圧して、封印してしまう。

 

それがずっと自分の中に残っていて

ある時、姿を見せるのです。

 

なので

納得させるのではなくて

 

そこにある感情を

ちゃんと認めてあげる。

 

コントロールせずに

感じてあげる。

 

そうすると何がおこるか?

 

そのままの自分を

受け入れることになります。

 

自分を愛することに

つながってゆくのです。

 

感情を感じることは

時に苦しいし、辛いけれど

 

どこかに

ホッとするような

安心するような

感覚が生まれてきます。

 

置いてきぼりになっていた自分と

自分とつながったから。

 

ヒーリングがおこるのは

こんな時です。

 

頭での納得ではなく。

 

 

【パーソナルスクール

 1名様のみ追加募集します】

 

詳しくはこちら

https://03auto.biz/clk/archives/mksjfo.html

 

 

今夜はここまで★彡

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

 

エクタ 【ヒーリング×瞑想】ティーチャー
 



-------------------------------------------------- 

■主な実績

●50種類の高次元エネルギーを
 4年間で2,500件伝授したエネルギーマスター

●ボディセラピーとエネルギーヒーリングを融合した
 独自セッションを1,000件以上提供

●クライアントの9割が
 「自分と繋がる方法を知って、人生が変わった」

●15年の瞑想歴で、
 瞑想が苦手なヒーラーへの指導を得意とする

●作家、画家、デザイナーなどの
 アーティストからも熱い支持を得ている

●“エネルギーを上げる”インテリア、ファッション、
 ライフスタイルの提案も可能
 
●「心に効きます」「何度も読み返しています」
 ハートに響くメルマガ配信中

 →お申込みはこちら

-------------------------------------------------- 

■プロフィール

1973年、東京生まれ。 

子供のころから何をしても“これじゃない感”があって、
理由もない生きづらさを感じていました。

なぜ人は生きるの?
どうしたら楽に生きられるの?

その答えをみつけるべく
心理学や哲学、カウンセリング、
目に見えない世界の探究を始めました。

WEB制作に携わりながら、
身体と心、魂に働きかけるヒーリングを10年以上学び続け
2010年、独自のセッションをスタート。

2013年、人生観が一変した目覚めの体験後に退社し、
ヒーリングや瞑想の指導を始めました。

-------------------------------------------------- 

■ミッション

すべてはひとつに繋がっている(ワンネス)ことに目覚め、
その中で自分らしく(ユニーク)創造的に生きる”という、
新しい時代の生き方を体現していく。

《エクタという名前の由来は、「ワンネス」と「ユニーク」
相反する2つの意味を持つサンスクリット語です》