kawakamidenko

kawakamidenko

今日の川上電工

川上電工協業組合は高梁市川上町で板金加工業として地域の為に貢献できるように、日々精進しております。

創業当初は電装部品が中心でした。それから自動車のドアサッシュを主に自動車の子部品製造へと変わって行きました。

数年前からはオフィス家具部品、農機具等の板金加工業を始め、今に至ってます。

変化の激しい今の時代に遅れを取らないように日々進化できるように、従業員全員で知恵を出し、改善活動に取り組んでいます。

そんな弊社をこのブログで紹介していこうとブログを立ち上げました。

皆さん気に入ったら「いいね!」をしてくださいね。

 

昨日から急に寒くなりました。
 
なんで急にって思うけど、今日から12月になんですよね。
 
この寒さは当たり前なのかもしれません。
 
私は今日からタイツを履いてヒーター付きの服で寒さ対策です。
 
服もだんだんと重ね着が増えて厚みも増し、動き難くなります。
 
動き難いので肩はこるし疲れますね。
 
電気代が高騰しているので従業員に節電を毎日のように呼び掛け
 
ているので、私も我慢できることはしないと示しがつかないので、
 
ちょっとだけ耐えています。
 
この時期は体が冷えきって家に帰ることが多いです。
 
だから余計に我が家がホッとします。
 
3月末までは寒いので後4ヶ月は忍耐で頑張ります。
 
 
今日は流行語大賞が発表されていました。
 
やっぱり「村神様」

今年の「流行語」年間大賞は「村神様」 トップテンに「ヤクルト1000」「宗教2世」など

 

 

 1日、今年の「ユーキャン新語・流行語大賞」が発表され、年間大賞に「村神様」が選ばれた。 【映像】「ヤクルト1000」「宗教2世」など トップテン一覧(画像あり)  大賞に選ばれた「村神様」は、プロ野球ヤクルトの村上宗隆選手のことで、特大ホームランを量産しファンが「神」のように崇めるほど熱狂したことでついた愛称。今シーズン最終戦の最終打席に、日本人として初めて王貞治さんの記録を超える56号ホームランを放った劇的瞬間は、人々の記憶に強く刻まれたと評価された。

 このほかトップテンには、首都の名前がキエフから変わったウクライナの「キーウ」、日本ハムファイターズの応援ダンスの「きつねダンス」、世論を二分した「国葬儀」、関西人のくちぐせ「知らんけど」、スマホを肩から斜め掛けできる「スマホショルダー」、睡眠の質の向上をうたいヒットした乳酸菌飲料「Yakult1000」、そのほか「宗教2世」「てまえどり」「悪い円安」などが選ばれた。  また選考委員特別賞として「青春って、すごく密なので」が選出された。(ANNニュース)

 

 

村神様もいいですが、私はやっぱり仙台育英の監督が言った

 

「青春って密なので」

 

何度聞いても感動します。

 

この言葉を聞いたら私も高校時代を思い出します。

 

長男が来春から高校野球にチャレンジするのでそんな思いを感じて

 

欲しいですね。

 

 

 

先日、私が欲しかった台車をやっと購入できました。

 

 

高いので買うのをずっと諦めていましたが、いい補助金があったので

 

申請したら採択されました。

 

バネが付いているので、物を載せたら少しずつ下がり、取ったら

 

上がってきます。

 

なので、いつも同じ高さで作業ができるので楽ちんです。

 

まずは年輩の方、女性が使えるようにして少しでも体の負担を減らし

 

ます。

 

 

今年もあと一ヶ月です。

 

決していい年だとは言えませんが、「終わり良ければ全て良し」

 

って思える締めができるように毎日頑張ります。