ブロガー スタンレー・よっしーのはなし

ブロガー スタンレー・よっしーのはなし

普通のサラリーマンだった僕が、ひょんなことからブロガーに転身してしまいました。
いろんな国に行ったり仕事をしたりしながら、なんとかやっている間にここまで来たので、
このままどこまで行けるか挑戦しています。

最近、人気のあるエリアのチョロイチャンバーですが、この辺の2019年の相場は2014年に比べると驚くほど上がっています。

 

ちなみに、メイン通り付近で1平米1300ドル〜2800ドル

サブ通り付近で、1平米1000ドル〜2000ドル

 

さて、この一等地にレジデンスが建設されます。

立地は川沿いで、今後も発展を見込めますし、付近には多くの開発が進んでいます。

平米あたり2000ドルで、1つの部屋は、45平米〜139平米という様々なスタイルです。

 

仮に45平米だと、45×2,000ドル=90,000ドル(約950万円)です。

そこに諸経費を入れると1,000万円超えるくらいです。

手頃な金額かもしれませんが、その辺は安いのか高いのか現時点ではわかりません。

 

他に、北部のガーデンシティ(チャイナタウン)から約20分です。北部は、南部と同じく大きな開発が進んでいますが、中国の人が移住してくるので、かなり人口が増加します。

 

そんなことよりも、東部への橋ができると東部の住宅地やレジデンスが上がるので、楽しみですが、ここは東部とプノンペンの中継点になるので上がる要素は高いと言えます。

今までは広く浅くという、マルチなタイプが主流でした。
例えば、ポータルサイト的な感じでしょうか。

しかし、これからはマニアなほど詳しいというか、好きを超越するくらいのマニア的に詳しい人が求められる時代なりそうです。

その訳は、以前はマニア的情報にアクセスするのが難しかったのです。
それは、そのマニアが情報発信していなかったといこともあります。

しかし、これからは情報発信が今以上にやりやすくなるので、今まで埋もれがちだったマニア情報にアクセスしやすくなるのです。

マニアって言い方が誤解されそうですが、要するに詳しい人、専門家的に詳しい人のことです。

なのでこれから情報を発信する場合は、広く浅くよりも深く詳しくということが一つのキーになります。

 

たまたま見つけましたが、プノンペンの賃貸家賃ですがわりと安いですね。

 

例えば、王宮の近くの住宅では、家賃が6000ドルです。円にして約63万円

部屋数8部屋で、2階建てのプール付きです。

 

購入価格した場合の価格は250万ドルです。

日本円で2億6千万円ほど。

 

首都の中心で一等地なので、2030年にはもっと上がっているでしょうね。

2010年以前だと想像もしなかった価格です。

そう考えると不動産で財を成す人がいるのは納得ですね。

 

ダイニングキッチン

 

3階建ての2階階段

 

プール

人には、願望があります。
 
例えば…

収入を上げたい。

時間にゆとりを持ちたい。
海外旅行に行きたい。
良い車が欲しい。
モテたい。
しかし、実現することが難しいという人が多いわけです。
 
なぜ、難しいのか?
 
それは、そう思ったり、願ったりしているだけだからです。
実は、多くのことは実現するのは簡単なのです。
 
その方法は、考え方と行動を変えることです。
なるべく目的に達成できるように考えて行動すると、その効果は表れます。
 
これ以外にありません。
 
例えば、痩せたいと思いながら太るような食事や生活をしていても、いつまで経っても痩せないのと同じです。
 
なので、わりと単純なわけです。
問題は、その願望や目的を本当達成するために、どこまで頑張ることができるのか?
もっと大げさにいうと、どこまで身を投じることができるのか?ということです。
 
 

今年はコロナの影響により、アセアンの経済が縮小されました。

 

フィリピン8.3%

タイ7.1%

マレーシア6.0%

カンボジア2.8%

 

さて、2021年の成長予測ですが、

マレーシア7.8%

フィリピン7.4%

カンボジア6.8%

ベトナム6.7%

このような成長率が見込まれます。

 

更に2025年には、

アセアン成長国の中でも、

カンボジアが1位になるそうです。

 

今のカンボジアの成長を見ると、2023年位から成長が目立つと思うので、2025年に1位になるというのは不思議ではありません。

 

しかし、どうして2023年なのか?

 

それは現在進んでいるプランが、2023年ごろから完成を始めるので、様々なことが動き出すからです。