世界のブロガー スタンレー・よっしーのはなし

世界のブロガー スタンレー・よっしーのはなし

普通のサラリーマンだった僕が、ひょんなことからブロガーに転身してしまいました。
いろんな国に行ったり仕事をしたりしながら、なんとかやっている間にここまで来たので、
このままどこまで行けるか挑戦しています。

ウガンダのエンテベ国際空港の近くには、ヴィクトリアレイクという大きな湖があります。

その付近はリゾート地として開発されているのですが、ヴィクトリアレイクホテルは、ヴィクトリア女王が訪問する時に建設されたホテルです。

敷地はかなり多きく、ジム、プールの他、公園、イベントスペース、ヨットハーバーなどもあり、事あるごとにウガンダの富裕層の社交場として人気の高いホテルです。

 

部屋はアパートタイプの建物がいくつかあり、本館から歩いて5分くらいかかります。

 

高級なだけに清潔感溢れるホテルです。

 

ヴィクトリアレイクを眺めながら食事を楽しめます。ウガンダの要人が頻繁に使うそうです。

 

コロナも落ち着き、今年から海外に行けそうな感じもしますが、手続きが面倒に思います。

ただ、以前に比べて、外国の方がオープンになってきてますので、旅行そのものはやりやすくなっていると思います。

 

昨年から、コロナに関係なく海外旅行を楽しむ人もいますので、行き方と行き先次第だと思いますが、やはり雰囲気的に行きにくかったので、そろそろオープンになってほしいですよね。

カンポットで建設されていた大型の観光港ですが、遅れながらも完成しました。早ければ8月ごろに開港するそうです。

この港は大きな客船も停泊できるので、世界中からの観光客受け入れが可能となります。

またタイランド湾に面し、南シナ海に直ぐ出れるので、アジアからの旅行者も増えると思います。


更に、今後、カンポットで進められている大型プロジェクトも完成してくるため、カンポット不動産は盛り上がっていくでしょう。

目的をもって、意志を持って進むということは、より良い人生をおくるためにとても大切なことです。

そうすることで、状況や環境に流されたり一喜一憂することもなくなります。

更に、何より大切なことは、自分で気がついていける機会が増え、成長に繋がるのです。


なので、不安であったり、毎日退屈であったりする場合は特に目的と意志を持つと変わります。

カンボジア国立銀行(中央銀行)は、今年のGDP成長率を5%前後と予想しました。

これは、昨年の3%を上回ります。

 

ただ、その反面、世界的に高まるインフレ圧力などが経済成長の減速につながる可能性のあるようです。

 

まず、今年の経済成長要因としては、

農産物や輸送機器、通信機器の輸出、投資の拡大、海外出稼ぎ労働者からの送金増にけん引されると予想。

特に貿易と投資に関しては、地域的な包括的経済連携や中国との自由貿易協定などが追い風になるようです。

 

次に、経済減速の要因の可能性としては、

インフレ圧力による石油や食料品など輸入品価格の上昇、厳しいコロナ対策による中国経済の鈍化と新型コロナの感染再拡大による経済減速、異常気象による農業生産への影響などです。

 

経済成長の要因については、カンボジア経済の流れを見ているとよくわかりますが、経済減速要因に関しては、多くの国で同じことが起こるでしょう。

 

問題は、世界は資本主義として動いているので、今のままだと逃れられないわけです。ただ、こういった世の中でも全ての国が減退しているわけではなく、中には儲けている国や業界もあるでしょう。

発行されたお金は消えることはなく、移動しているだけでしょうから。

ちゃんと生きると、ちゃんとした人生になり、充実した人生となります。

適当に生きると、適当な人生になります。


どちらが良いのか?

ちゃんとした方がいいに決まってますよね。


では、ちゃんとするには、どうすればいいのか?

それは、自分の脳で考え、心で感じるのです。

これが究極の答えです。


それは、時には難しかったり大変かもしれません。

しかし、その中で培われることこそが大切なのです。

なので、近道や裏技的なことを考えるよりも、真っ当に正面から向き合うことをお勧めします。