ご高覧ありがとうございます。

初めての方はこちらをご覧ください。

 

.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+

 

さて、そろそろイケそうなものに関しては過去問を解いていこうと思います。入試結果説明会に参加するために解いた1校を除けば、まだ過去問を解いたことはありません。というわけで、これが最初の過去問演習です。中学受験の時も過去問の結果をバンバン載せていましたが、高校受験でもやろうと思います。ただし、二郎がイヤだと言ったらそこでやめます。

最初に選んだのは平成27年の都立共通問題の国語です。あまり直近のはまだ取っておきたいですし、自校作成に入る前にまずは共通問題を解いてみようということになりました。結果は、、、

 

 

 

93/100点 受験者平均 +27.4点

(受験者平均65.6点)

 

でした。記述・自由作文を除けば、すべて合っていました。記述・自由作文にモザイクをかけているのは彼の要望です。恥ずかしいようです。

 共通問題の国語はなんとなくイケそうな気がしてきました。次は自校作成校の問題を解いてみようと思います。

 

 
 
 

ご高覧ありがとうございます。

初めての方はこちらをご覧ください。

.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+

 

夏季講習にお通いのお子さん、多いですよね。友人のお嬢さんも夏季講習に通っているみたいです。その塾は朝に始まり、夕方に終わるみたいです。短期集中タイプなのかな?そこまで詳しくは聞いていませんが、一日ガッツリやるタイプの夏季講習って、個人的にはあまり好きじゃないです。どうせ家にいる間は遊んでしまうから、、、なのかもしれませんが、塾で覚えてしまえる子を除いては、消化不良になりがちな気がします。

清太郎塾(生徒一人・汗)では私が二郎に対する選任講師で、ほかに週に1度、2時間見てくれるTK先生がいます。何をやるのか?といえば、1学期にやっていたことを引き続きやっています。現在の内容は以下の通りです。

 

英語

〇単語・熟語の暗記

1日1.5時間

 

 

〇リスニング対策(20分)

大体、2日に1回程度

 

数学

〇ウイニング・フィニッシュ

1日1.5時間

image

 

国語

〇出口汪の現代文講義の実況中継

1日1講義(大体2時間10分ほど)

 

 

 

〇都立高校共通問題過去問

今日初めて着手しました

 

 

理科

〇ウイニング・フィニッシュ

1日1.5時間

image

 

社会

〇ウイニング・フィニッシュ

1日1.5時間

image

 

これらを混ぜながら1日4~5時間程度になるように組んでいます。それに学校の宿題が2時間追加され、、、1日6~7時間程度になるでしょうか。。。

 

しかし、、、

 

二郎は頭痛持ちですから、その通りにはなかなか進みません。辛そうなら中断します。しかも、1時間で進む量もそれほど多くありません。平均的な高校受験生より勉強量は少ないかもしれませんね。

 

そして、現在の進捗状況ですが、、、

 

英語

ターゲットの単語・熟語が3周目です。いま、大体単語の1100番目前後です。完璧にするにはあと少なくとも10日は掛かると思います。

 

数学

証明問題が増えたこともあり、物凄く遅くなっています。今日はP163まで進みました。全単元を1周するまであと10ページです。やっと見えてきた。。。

 

国語

実況中継は7講目(2巻の第1講)まで進みました。選択肢を選ぶセンスは付いてきたように思えます。

 

理科

確認問題は全て終え、練習問題は17から始め、いま元に戻って練習問題1を終えたところです。

 

社会

やっと着手しました。昨日、確認問題の1~3を終えました。

 

二郎の通う学校は特に夏休みが短く2週間しかありません。夏季講習は夏休み限定、、、どこまで進めるでしょうか(汗

 

ご高覧ありがとうございます。

初めての方はこちらをご覧ください。

 

.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+

 

少し遅い話題ですが、タダで学べる予備校のおはなしです。これをブログで書かなかったのは、方向性がまだ定まっていなかったからですが、ほぼ「上手くいくな!」と思えるまでに成長したので、まだご存じでない方のためにご紹介します。

東進ハイスクールに勤めていた英語講師の森田鉄也氏と古文で有名な吉野敬介氏によるYOUTUBEチャンネル“ただよび”が4月からスタートしました。森田鉄也氏(以下、モリテツ)自身はモリテツチャンネルとして、様々な教育系YOUTUBERとコラボ動画をUPしていたため存じていたのですが、まさか辞めて“ただで学べる予備校”を立ち上げるとは思いませんでした。

最初はモリテツ氏の英語と吉野氏の古文のみでしたが、最近は現代文の宗慶二氏、数学の永島豪氏、化学の若原周平氏も加わり、そして、これからも徐々に科目も増えていくみたいです。

 

 

YouTubeの予備校「ただよび」文系チャンネル 第0講より

 

YOUTUBEのため、動画は1本10~13分程度、短く内容が簡潔にまとめられているため、大変視聴しやすいです。ただ順番通りに視聴するのがやや面倒、、、しっかり勉強したい人は再生リストからアクセスしたり、エクセルにアドレスを貼っておくと便利かもしれません。

 

いまは

文系チャンネル

理系チャンネル

があります。

 

ご興味のある方はどうぞ。。。

私はモリテツ英語と吉野の古文はほぼ視聴し終えました。感想は

 

スタディサプリやTryItとは少し方向性が違う

 

ですね。淡々と授業を進めるスタディサプリは本当に、学校の授業をやや塾や予備校寄りにしたような感じでわかりやすいです。ただ、、、やや印象に残りづらく、そして、長いですね。TryItは最近放置状態です。トライとしてはマネタイズが上手くいかなかったのでしょうね。

ただよび はとても面白いですし、思いっきり予備校のノリです。そりゃ、予備校のカリスマ講師が教えているのですから、当たり前です。レベルもとても高く、良く要点がまとめられていると思います。

 

ただし、、、

 

そのまま視聴しただけだとバラエティ番組感覚で、そのときは面白くても、すぐ忘れてしまうかもしれません

 

リンクにPDF形式のテキストが貼られているので、それを見て復習し、手を動かして暗記し、そして、しっかり定着したかを問題集で解いてみるなど、工夫が必要だと思います。

とはいえ、内容は今までの教育系YOUTUBEチャンネルの中でも最強じゃないでしょうか。まだ、始まって4カ月なので、知名度はないと思いますが、このまま講義が増え講師陣が増えたとしたら、、、

 

マンモスチャンネルになるのは間違いないですね!

 

東進や河合塾にとっては、スタサプなど比にならないぐらい、とてつもない驚異になることでしょう。だって、予備校とほぼ同じ内容が全部タダなんですもの。ただよび講師へのギャラはgoogleさんが払ってくれます。

私は親の資本力による教育格差や、努力もせず才能も無いのに、閉鎖的な教育業界に胡座をかくバカどもが嫌いなので、この動きは歓迎したいとおもいます。