どうも、久しぶりのブログ更新です・・・世間では、徴用工裁判の問題で、「K-POPアイドルのTwiceやBTSが紅白に出場できなくなるのでは?」などと話題になっているそうですが、そんな中、先週K-POPの人気アイドルグループTwiceとMOMOLANDのダンスの振り付け解説動画をアップしました・・・もし良かったらご視聴&goodボタン教えてもらえると幸いです(。-人-。)

 

 

 

 まあ、なんつーかね、この期に及んでネトウヨに「韓国を嫌うな!!」とか「ヘイトスピーチするな!!」とか言うつもりもないんですけどね・・・ただ、まあたった一言これだけは言いたい・・・

 

TWICEは良いぞ(•̀ᴗ•́)و ̑̑

 

と・・・。

 

 そんなワケで、徴用工の問題なんですが、まあ今回もあまり長々書くつもりはないのと、YouTubeライブでかなり時間をかけて解説してあるので問題の詳細は今回書かないのですが・・・

 

(↑詳しい議論は、コチラの動画を参照してください)

 

 で、まあとりあえず今回の問題で思い出したのが、政治学者の白井聡が中韓の反日感情に関して、「戦後は、日本が札束チラつかせて黙らせてただけ、中韓が日本からの援助なしでも発展できる経済力をつけた時点で抑圧してた感情が表面化した」みたいなことを言っていたことです。

 

 コレに関しては、ついでに言うなら、東アジアの中韓以外の国も経済的に発展してくれば、再度歴史問題を持ち出して日本を批判してくる可能性はあるということです。今後は、思わぬ国から批判されたりして、相当厳しい状況になっていくのではないかと。

 

 中国と韓国に関しては、日本の対外侵攻に関して最も大きな被害を受けた国であることや隣国であることなどの要因があって、日本の過去の歴史問題に関してもっともうるさく日本に抗議してきた国であるのですが、ネトウヨなどは、「中国と韓国だけが特殊で異常な国で、中韓以外の東アジア諸国は過去の日本の対外政策に関して概ね好意的であった」などという妄想を抱いています。まあこういった非現実的かつ過度に楽観的な見込みが外れたの典型例が慰安婦問題や南京大虐殺の問題でしょう。慰安婦問題などは問題視しているのは韓国だけであると勘違いしてアメリカなどに理解を求めようとしていたのですが、現実はアメリカからも非常に冷ややかな反応を示されて現実に日本がどのように思われているかを理解したハズなのですが、今後東アジアの国々も日本経済の相対的な優位性が低下してくれば、当然同様に歴史問題に関して日本に対して冷淡な対応を取るようになり、場合によってはハッキリと中国や韓国に味方することになるかもしれません。

 

 つまり、今後の日本が迎える危機は(自然災害を除けば)3重苦のような状態で、一つは経済的苦境、そして中国の軍事的脅威、さらに三つ目の要因として歴史問題というものが降りかかってくるワケです。これによって対内的にも対外的にも苦しくなる。

 

 繰り返しになりますが、歴史問題に関して今まで右派の人々は「歴史問題で過剰に日本を攻撃してくるのは中国と韓国だけだ!!」と楽観的な見方をしていたのですが、慰安婦問題では味方をしてくれると思っていたアメリカからも攻撃され、今度はおそらく第二次世界大戦の東アジアでの戦闘に関して、味方してくれると信じていた中韓以外の東アジア諸国から攻撃される事態になる可能性がある。

 

 ココに関しても、日本の右派は「海外に積極的に情報発信していけばきっと日本の立場に理解を示してもらえる!!」と考えていたのですが、現実には海外に情報発信すればするほど、歴史を直視していないと呆れられ、さらには歴史修正主義として批難されるだけの結果に終わっているワケです。

 

 要はドツボにハマってしまっているということですが、今後は歴史問題だけでなく、経済的にも安全保障もどうにもならなくなっていくでしょう。

 

 

↓先日の放送のアーカイブ動画です、出来ればチャンネル登録もオナシャス(。-人-。) 

 

『channel kattann』

 

 

↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σイェァ・・・・・----☆★

 

↓新しい動画投稿しました!!

 

 色々と批判されていた安倍の訪中ですが、この道産子ユーチューバーの目には、安倍が中国にすり寄ったのではなく、中国の方から日本にすり寄ってきてるように見えるらしい・・・

 

 

 

 

 安倍は「競争から協調へ」「パートナーであり、互いに脅威とならない」「自由で公正な貿易体制の発展」という3原則を確認したと主張し、必死に中国との親密さをアピールするも・・・

 

 

 アメリカの意向に逆らいたくない外務省は即刻否定・・・

 

『日中首脳会談 安倍首相の「3原則」波紋 外務省は否定』

 

 安倍晋三首相は26日、中国の習近平国家主席との北京での会談で、今後の日中関係について「競争から協調へ」「パートナーであり、互いに脅威とならない」「自由で公正な貿易体制の発展」を提起した。会談後、首相はこれを「三つの原則」と発信したが、同行筋は「三つの原則という言い方はしていない」と公式に否定。中国側の説明にも「3原則」の言葉はない。首相が外務省とすり合わせずに会談の成果としてアピールした可能性がある。

 アメリカ一国に忠誠を誓いたい外務省主流派と中国とアメリカ両方の属国になりたい安倍と財界との対立でしょうか?ネトウヨは、過去に日本と中国という両隣の大国の顔色を伺って強い者につこうとしてきた韓国の事大主義をバカにしていましたが、まさに今現在日本が中国とアメリカという2つの大国の狭間で全く同じ状況になっているのだから

笑えます。え?日本が中国にすり寄ってるんじゃない!!中国が日本にすり寄って来てるんだ!!って?バカも休み休み言ってくれ( ̄▽ ̄;)

 

 えー、今回はKAZUYA君特集ということでもう一つ・・・

 

 

 

 先の文章では、一つ目では、後藤さんは自己責任で危険地帯に踏み込んだことに触れた上で、それでも国家には自国民を保護する義務があり、まして、人質が取られている状況でテロ組織を挑発する安倍のやっていることは論外である、と主張し、二つ目の新しい文章では、自己責任を盾に、「潔く死ねば良かった」だの「国家の助けを借りて生き延びて恥ずかしくないのか?!」だのとバッシングするネトウヨを批判しているワケで、しっかりと文章の意味を理解すれば特に矛盾もしていない。要は、「自己責任」という単語一つを振りかざしてワーワー騒いているバカをバッシングしているという意味においては、ここで騒いでるKAZUYAをも上手く先取りした上で揶揄していると言えるかもしれない。

 

 わざとやってるのか、本当にバカだから文脈を理解できないのか分からないけども、なんつーか彼のプロパガンダも段々と悪質かつ巧妙になってきてるなぁということを感じます(-_-;)

 

 

↓先日の放送のアーカイブ動画です、出来ればチャンネル登録もオナシャス(。-人-。) 

 

『channel kattann』

 

 

↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σイェァ・・・・・----☆★

 

↓新しい動画投稿しました!!

 

 オワコン芸人の松本人志さんが、安田さんとは名指しをしないまでも、中東で捕まるジャーナリストは身代金詐欺なんじゃないか?みたいなことをテレビ番組で言ってたらしいです。

『松本人志、安田純平氏解放に苦言 「喜ばしいことだがジャーナリズムならなんでも通る」』

 

■松本人志、個人的には文句を言いたい
安田氏に対してコメントを求められた松本は…

「辛辣な意見をいろいろ聞きますが、NHKで『おかえりなさい。良かった』と報道するのは当たり前で、それは大事なことで…、じゃなかったら日本が怖いよね。

そこで一人の人を皆で叩くような、そんな状況になってたら『日本、大丈夫か』って思いますよ。だから、それはよかったよかったでいいと思います。

ただ、安田さんと個人的に道であったら、ちょっと文句は言いたいですね。あのだから、極端な話、わざと人質になって身代金を折半しようやって奴が出てこないとも限らないですからね。もしくは、そういうISへの参加をする奴も出てくるかもしれない。

もちろん、安田さんは絶対違うと思いますよ。でも、そういうことを考えたら、もうこれ以上は辞めようねって感じにはしてほしい」

 

 つか、このKS番組まだ三浦瑠璃なんか使ってるのかよ・・・(-_-;)

 

 ちなみに、我らが絶望右翼ブタこと水島御大はもっとハッキリと「安田純平は身代金詐欺ではないか?」という疑惑を呈しています。

 

 

 いや、もうなんつーかバカも休み休み言ってくれって感じなのですが・・・ちなみに、どこぞのBK総理が「テロリストに屈しない」だの「テロリストとは交渉しない!!」だのと勇ましいセリフを吐きながら金をケチって後藤さんと湯川さんを見殺しにしたのが2015年1月。そして、安田純平さんがシリアで拘束されたのが2015年6月。果たして安田純平さんは政府が「身代金の要求には応じない!!」「テロリストとは交渉しない!!」と高らかに宣言し、実際に二人の囚われの日本人を見殺しにした現実を目の当たりにしながらも、果敢に身代金をだまし取ってやろうと詐欺行為を試みたというのでしょうか?さらにいえば、現在日本政府が身代金の支払いに応じたという方向は一切なく、事前にカタール政府に払ってもらうことを予測できたとは到底思えません。

 

 となると、ほとんど何を目的にしたどのような詐欺行為であったかすらよく分からず、身代金詐欺を言っている連中も正直言ってとにかく安田純平が気に入らないから何でもいいから難癖をつけているとしか思えない。

 

 もちろん、今回の問題は色々と中東情勢の込み入った事情とも関連しており、様々な国家や組織の思惑が交錯する中で謎の多い事件であるとは思うのですが、それにしてもあまりにも珍妙な説や、どにかくケチをつけたい連中による難癖に近い誹謗中傷が多すぎるなと感じます。

 

 

↓先日の放送のアーカイブ動画です、出来ればチャンネル登録もオナシャス(。-人-。) 

 

『channel kattann』

 

 

↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σイェァ・・・・・----☆★

 

↓新しい動画投稿しました!!