10年後も勝ち残りたい起業家のための「集客」×「資金繰り」実践講座

10年後も勝ち残りたい起業家のための「集客」×「資金繰り」実践講座

会社設立の専門家だから分かる勝ち残れる起業の共通法則。
マーケティングと資金繰りに強くなり、10年後も安定した収益が手に入ります。


テーマ:

みなさん
こんにちは。

 

起業支援専門の行政書士田村です。

 

時間がなく、久しぶりの投稿となりましたね。
何名かの方から、最近記事更新してないね~
とご指摘を受けました(;^ω^)

 

読んでいただけることに感謝です。

 

今日は、補助金についてお話しますね。

 

起業したての方の販路開拓に使い勝手のいい補助金として
小規模事業者持続化補助金があります。

 

これは、販路開拓に必要な費用
例えば、ホームページ作成や、展示会への出展費用などを
3分の2まで補助してくれる制度です。

 

補助限度額は50万円(海外販路開拓など条件を満たせば100万円)
ですが、個人事業主にとって50万円を販路開拓のために用意するのは
なかなか、難しいかと思います。

 

この補助金は使いかってがいいため
人気が高く採択率が非常に低いです。

 

そのため、補助金申請書の書き方に工夫が必要なのですが
もっとも大事なことは、書き方よりも中身にあります。

つまり


自社の分析・ライバル分析
業界・外部の環境分析
販路開拓(補助事業)の必要性・有効性・効果

これらのことは、当然に申請書に具体的かつ説得的に
記載する必要があります。

 

だけど補助金申請の相談を受けて
よく感じることは

 

お金の使いみちについては
色々と夢を膨らませているけど(笑)
自社分析などが全然できていない方が
実に多いんですよね。

 

なんとなく分析ではなく
本当によく考えられた分析というのは
話しを聞いていると歴然とした差があります。

 

前者と後者の方が補助金の申請書を書いて
提出した場合、当然、後者の方が採択率はあがります。

 

補助金って、税金なので
なんとなくの使い道を書いている方には
出せないんですよね。

 

常日頃から事業計画や経営計画を練る必要がある
やはり、これにつきるのではないでしょうか。

 

事業計画を作成したことのない方って
けっこうおられます。

 

個人事業主の方で融資を受けたことのない方なら
作成している方が稀かもしれません。

 

もし、あなたも作成したことがないなら
一度作ってみることをお勧めします。

 

本日は以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

 


テーマ:

こんにちは。
起業支援専門の行政書士田村です。

今日は
夢をかなえるために必要なステップ
についてお話しますね。

例えば
あなたが年収1億円を
目指すとします。

では、その1億円を得るために
何をすればいいでしょうか?

こんな事を考えて
やることリストを
作れる方はほとんど
いないと思います。

なぜなら
人間は、自分の3倍程度までの事しか
イメージできないと言われているからです。

だから、いきなり高い目標設定を
するのではなくまずは小さな目標を
設定するのがいいでしょう。

いきなり年収1億円を稼ぐ方法なんて
分かりませんよね??

イメージできないことを目標にしても
まず実現できないでしょう。

これから起業を考え
収入がまったくないなら
まずは年収300万円を
第一の目標にしてみることを
オススメします。

これならできると
感じませんか??

300万円を達成したら、
そうしたら次は
900万円を目指しましょう。

起業1年目で900万円
をめざすより

起業1年目は300万円
を目指して達成できたら
次は900万円を目指す。

起業2年目で900万円を
目指してもいいし、
3年目で達成を目指す
のもいいでしょう。

これなら
目指しやすくなりますよね。

この辺りの達成年度は
個々の判断でよいかと思います。

言いたいことは
いきなり年収1億円を目指すのではなく
段階を踏んで(3倍以内)達成年収を目標にする。

という事です。

高さ5センチの壁を
1、5倍ずつしていくと

10番目の壁は高さ
2メートルになり
31番目の壁は
エベレストを超え
57番目の壁は
月に届くようです。

自分が頑張れる(イメージできる)壁の高さを設定して
まずは、そこを目指して頑張りましょう!

‎本日は以上です。
最後までお読み頂きありがとうございました。

 


テーマ:

みなさん
こんにちは。

 

起業支援専門の行政書士田村です。

 

今日は、自分の思考の限界を突破する
簡単な方法についてお話しいたします。

 

前提問題として
自分の思考の限界とは
何かというと。

 

人は自分の想像できる範囲内でしか
思考できないということです。

 

たとえば、服装について
考えてみましょう。

 

服を買うときは
だいたい同じ系統の服
ばかり買っていませんか?

 

ちょっと違う感じの服が欲しいと
チェレンジしてみても

 

あとで、今までの服と見比べると、
あまり差がなかった

ということはないでしょうか。

 

今もあるのか知りませんが
昔、毎週日曜日朝の関西テレビで

 

「頑張っている〇〇さんを変身させる」

という番組企画がありました。

 

たとえば、子育て一筋のお母さんを
綺麗にしようって感じです。

 

まずは、お母さんの普段着ている私服を
コーディネーターの方がみて
ボロカスにダメ出しをする(笑)

 

そして、
一緒に買い物と美容室に行くという
流れで番組が進みます。

 

その買い物でコーディネーターの方が
「この服がオススメです」

 

というと

不安そうな顔したお母さんが
「こんなの自分じゃ絶対買わない」
というわけなんですね。

 

で、変身してみると
似合っているわけで

 

家族みんなで感動!

 

拍手!!パチパチパチ~

 

という番組です。

 

ここで注目して頂きたいのが
「こんなの自分じゃ絶対買わない」
というセリフなんです。

 

自分の魅力というのは
自分では分かりにくいものです。

 

でも、それを引き出せる(アドバイスをくれる)
専門家や知人がいたら
一瞬で自分が上のゾーンに行くことができる
ということなんです。

 

みなさんも
「あの人ここをこうしたらいいのに」
と知り合いに思った経験ってありませんか。

 

外からみたら簡単なことでも
自分のことは自分では分かりにくいのです。

 

つまり、本日のテーマの回答は

 

新しい自分を見つけるためには
人のアドバイスを素直に受入れて
実践してみること。

という事です。

 

アドバイスを聞いて
「自分の場合は違うから」
など言って否定したり
していませんか?

 

人のアドバイスに素直になれる

 

これも経営者として必須の能力ですね。

 

まわりにアドバイスをくれる方がいる人は
その方を重宝してください。

 

いなければ、専門家を利用する等も検討してくださいね。

 

というわけで

 

本日は以上です。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

無料メルマガ配信しています。

ブログでは書けない情報も提供しています。

「10年後も勝ち残る起業の法則」

ご興味のある方は宜しくお願いします。

https://mail.os7.biz/add/7Qmj

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス