片山尚志(片山ブレイカーズ&ザ☆ロケンローパーティ) オフィシャルブログ Powered by Ameba
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

悲しいけれど愛する人よ、そこにまた陽は昇る

サウザーや野村麻紀が死んで、

京都に淋しい空気が漂っている。

ただでさえ友達に会えない毎日、

顔を合わせれば、亡くなった二人の話になる。

昨日のサウザーの「ロックンロール葬」に参加して、

今思うこと書いてみる。

 

 

 

2000年以降、騒音寺は片山ブレイカーズのライバルだった。

確実にお互いに意識していたし、

僕はなべさんに追いつこうと思って歌を練習していた。

スプリットツアーで、いろんな土地へ一緒に行ったし、

サウさんとは本当に良く呑んだ。

 

 

 

ライブで騒音寺をライバル視するような発言をすると、

大抵「そんなんやめろよ」と言ってきた。

 

 

「意識することないやろ?バンドとしては片山ブレイカーズの方が上やし、片山は片山で歌うたいとしてなべさんと肩を並べてるよ!」と。僕はそうは思わなかったけどね。

 

 

 

バンドの話に熱いところも似てたし、

ネジが外れたように間抜けなとこも似てた。

交通事故に遭って怪我をした時、

彼はお得意の燻製を届けてくれた。

いろんな土地で一緒に呑んで、

言えないようなエピソードを残してくれたし、

いろんなステージで戦った。

先輩だけど、いい友達だった。

 

 

 

こんなに云いたいことが沢山あるのに、

本人に伝えられなかった。

ステージで、それを伝えようと思ったけど、

照れ隠しのような言葉しか吐けなかった。

ほんとうの気持ちを話そうと思った途端、

泣きそうになったからです。

久しぶりに悔いの残るステージでした。

サウさん、ごめんね。

 

 

 

あんたのせいだけどね。

 

 

 

サウさんのお陰で、岡さんから電話が来ました。

10数年ぶりにチャイくんとステージにも立てた。

怒髪天のメンバーや懐かしい人たちに沢山会わせてもらったよ。

お礼を言えないのだけが残念だけどね。

 

 

 

今日もレコーディングします。

もう少しステージに立つ努力をするんで、

僕が死んだら一回くらい一緒にバンドやりましょう。

 

 

 

お別れを言う機会をくれたタムさん、トモタキさんに感謝を。

 

 

 

野村麻紀にお別れを言いたい人のためにも、

次は僕が動こう。

友人を失うのは等しく辛いから、

皆んなで少しわけあいたい。

 

image

 

つくる姿勢

未知のウイルスが全世界で猛威を振るい、25年目はあっという間に過ぎ去りました。この一年、沢山の人はもがき苦しんで過ごすことになった。僕も例外では無かったです。

 

 

 

昨年の今日、例年と同じように確認した筈でした。自分の踏み締める大地がとても脆弱に感じ、人の命の弱さと、それを跳ね返す強さを思い返す。1995年の1月17日の朝が僕を支える基盤となっている。25年、毎年再確認してきたのです。

 

 

 

その日からものの2、3ヶ月で、人間の自力を疑う世の中になりました。新型コロナは人々の健康と共に、経済不安や政治不信から起こる精神の安定、行動範囲や親しい友人、家族との交流までも奪いました。分断が進み、それを煽る人が沢山いて、文化の崩壊や、格差と貧困も拡散する。腹の底から不安。

 

 

 

阪神淡路大震災を生き残った僕は、26年後の今日も変わらず生き残っている。

阪神大震災が無ければ、この日、世界の情勢や自分の現状を鑑みる事がないのかもしれない。

26年後の僕も、あの日と相変わらずラッキーなままだ。

 

 

 

芸能人の自死や、日本の自殺率に関する報道を目にする度、本当の幸せを考える時期にきていると感じる。今、この状況は確実に昨年とは違うし、もう一歩深く「お前は今なにをするべきなの?」と問われてる気がします。

 

 

 

生活をしたり、曲を作ったり、配信してみたり、ライブをしたり、それがままならなくても、考えに考えて推進力を失わずに生きていく。人生をクリエイトする姿勢そのものを問われているんだと思う。

 

 

 

忌まわしい震災は25年もの間、生きることについて考えさせてくれる時間をくれました。26年目からは、コロナ禍で生きた1年を自分のプラスα強さに変換できるように考えたい。

 

 

 

今年も読んでくれてありがとう。

苦しい時もお互い頑張りましょう。

 

 

快進撃のガール〜CuBerryがアルファでのパワープレイに選出〜

 

ぼくのレーベル「AFRO D RECORDS」最初のアーティスト。

CuBerryがα-STATIONでのパワープレイに選ばれました。

こりゃ、嬉しいで!!

 

 

6月の「Hello! Kyoto Power Music♪」として

「Mr. Postman」という曲が正式に決定し、本日情報解禁!!

CuBerrySNSなどで発信中ですわ。

https://twitter.com/_CuBerry/status/1265221184687181824

 

 

「Hello! Kyoto Power Music♪」サイト↓

https://kyomag.com/kpm/

 

2020年6月度 

HELLO!KYOTO POWER MUSIC♪

■対象ARTIST:CuBerry (キューベリー)

■楽曲:「Mr. Postman」(ミスター・ポストマン)

■発売元:AFRO D RECORDS

 

 

 

ツアーが軒並み中止。

ライブができへんのは、新人としては結構厳しいんです。苦境に立たされているかもしれませんが、ひっくり返すくらいCuBerryの音楽には力があると信じています。

 

 

 

快進撃は続く。

乞うご期待。

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>