ちょっとだけ
アメリカの歴史の話しを。。。

アメリカって戦争の歴史ばっかりですが、
最初の戦いは、
独立のための戦争です。


この時は
フランスにサポートしてもらい
対イギリスの戦いです。
時は1765年。

当時の人たちはイギリス王国から
独立する必要があるのかっという論争からはじまってるので
今のわたしたちとは全く感覚が全く違います。
それでも、一生懸命独立の必要性を説いてくれた人たちと
実際に戦ってくれた人たちのお陰で
1776年には独立宣言する運びとなりました。



が、
イギリスは
この大陸をなかなか手放そうとしなかったために
独立宣言のあと、何年も戦争は続いて、
実際に終わったのは
独立宣言のあと、
17年もののちの1783年のことです。


1776年はちなみに日本では江戸時代で
平賀源内がエレキテルを発明したその年です。
(調べてみました。)



この7月4日には
独立のために
歴史的にとても活躍した2人がとても深く関わっています。
こう書くとへんな響きですが、、、

一人は、
独立の父と呼ばれた
トーマスジェファーソン大統領。(3代目)

そしてもう一人が
ジョンアダムス。 (2代目大統領)
彼はほんと悲運な男っていうイメージですが、
実は彼こそが独立の父と言ってもいいくらい
独立に深く関わっている人物です。


なんとこの2人、
同じ日に没しています。
ジェファーソンは83歳。
ジョンアダムスの方は、脅威の90歳。
50周年記念、
半世紀後の独立記念日です。
しかも2人の他界する時間はほとんど違いがありません。
1826年の7月4日。
明日は、彼らの命日です。


長年のライバル
よき盟友の最後と言われてます。
なんともすさまじい。
この言葉が正しいのか分からないけれど
命をかけて、アメリカを作り上げた2人の
政治家のほんものの執念のような
そんな最後だと思わずにはいられません。


わがやは歴史好きなんで、
こんなすごーい話しが大好きです。。
でもほんとに不思議じゃないですか~~はてなマーク

ちなみに、
6代目大統領のジョン・クインシー・アダムズは、
ジョンアダムスの第一子です。



日本でも、アメリカの
花火とか特別コンサートの模様が
きっとニュースになるかと思いますが、
もし、そんな映像を見たら
アメリカを独立させるために
がんばったすごい男達がいたことを
是非一度想像してみてください。


自分達が作った国の
その記念日に2人して死ぬなんて
なんか、かっこよくないですか~~~はてなマーク




ペタしてね
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へペンギン



そして
今のわたしたちは
毎年この7月4日が来ると
外に出て
バーベキューやったり
お祭りさわぎをします。

一体何人の人が
先人の苦労を考えるか分かりませんが
この一年に一度やってくる独立記念日は
アメリカ人にとっては
ちょっと他の日とは違う祭りです。。。