キーワードは子育て・お料理・認知症






キエーロをおススメしたい方(ご家庭)


 

はじめに…キエーロにはベランダタイプもありますよ

(底があるタイプ・コンパクトな寸法)

マンションなどの集合住宅で自前の庭がない

キッチンが二階以上にあって庭まで少々距離がある

そんな方にもチャレンジしやすそうです

 


詳しくはキエーロサイトへ

http://www.kiero.jp/make.html

 

 





・土(バクテリア)を利用すること

・風通しを良くすること

・日光を通すことができれば、

どんな材質の入れ物でも同じような効果が得られると思いますし、実際にいろいろな方法でキエーロをやっている方が沢山みえるようですよ





例えば、

大きめな(ご家庭の必要サイズの)プランターに、風通しを確保した状態で、透明度のあるフタ(ポリカーボネートなど)をかぶせておけばOKなのだと思いますよ♪強い風で飛んでいかないように気をつけて♪

 


一人暮らしの方などはプランターくらいが丁度いいかもしれませんね



減量ばかりに目が行きがちですが!

生ごみはニオイが気になるという方が一番多いと思うので、キエーロがあれば、溜まったごみから漂うニオイとはオサラバです

生ごみが無ければ、ごみ捨てに行く回数さえも減らすことができるかもしれませんね!

朝もラクラク~♪♪

 


❤️❤️❤️


このように、キエーロの仕組みはすべてのおうちで有効かと思いますが、こんなおうちには特におススメ!↓↓↓





①子育て中のご家庭


まずは文句なしで、

ごみが消えてしまうのが面白い!不思議!

子どもにウケる!と思う!



肉眼では見えない生き物

土は生きていることに気づくキッカケになるでしょう🎵


「ママ、バクテリアおりこうさんだね」

子どもから、こんな言葉が聞けたら嬉しいだろうなぁ!

私も、そんな子育てがしたかったです(笑)





幼児さんでなくたって、

太陽や風がもたらすめぐみや働き、分解のメカニズムや食物連鎖…

大気・水・土壌などの「生存基盤」への興味関心

たくさんの知恵を得る機会となるでしょう♡ 







②お料理好きなどで生ごみが多いご家庭


ちょっと言葉を選ぶのが難しいです

本当にお料理が上手な方って、あまりごみを出さずに作られるんですよね!

(なので表題を不愉快に思われたら申し訳ありません)




お惣菜やカット野菜を利用すると

家庭で出る生ごみは減りますね


その代わり、

プラスチック容器やビニールごみが増え、

製造元である事業者での産業廃棄物が増える

そんな構図になっているのですね







素材をまるごと入手すれば…可食部以外はごみになります

貰い物のまるごと野菜、

側の葉っぱを食べる気になる所までめくると、すごい量の生ごみが!(笑)あります!あります!

これも一挙に解決です!

尾頭付きの魚なども同じこと




私も大好きなのですが、果物には皮が付き物で

再利用を試みることもあるのですが…うまくいかないものも多いです

でも、キエーロがあれば✨

今年からはスイカもミカンも気にせずに食べられます(笑)






③認知症の方がみえるご家族


キエーロ楽しい♪とアチコチでお友達に自慢していたら…

こんな風に言ってくださった方がいます


「僕の父は認知症を患っています

父は今、これといって役目という役目もなく

母には怒られてばかり

怒っても仕方ないよと母にも言うのだけど、父の言動にも多くの問題があって…」


ふむふむ


「やる事のない父は、よく庭に出てボーっと外を眺めている時間が増えました

そればかりでは、あまり良くないと思っています

もともと自然が好きな父だから、キエーロ係りをやってもらったらイイのかも!

話を聞いていて、そんな風に思いました

父にも役割が出来るし、家族の役に立つって、生きている意味になりますよね!」

なんて素晴らしいアイディア💡




土は生きている

人間は誰かに支えられて生きている

そんなことも実感できるかもしれない!






土のチカラを借りて、楽しいことしましょう🎵

ごみを減らすと良いことがいっぱいですよ

環境に優しいこと、してみたい!って方に

【食】にまつわる、ごみ減らし♡

こんなお片付けも、おススメです♡





バックナンバーを貼っておきます♡


キエーロ【準備編】

https://ameblo.jp/kataduke-coach/entry-12386578922.html





キエーロ【設置編】

https://ameblo.jp/kataduke-coach/entry-12387515782.html





キエーロ【経過観察編】

https://ameblo.jp/kataduke-coach/entry-12389792247.html



キエーロでホントに消えた!

 


各地で豪雨被害

被害に見舞われた方々に一日でも早く穏やかな日常が戻ってきますように

 

四日市も長雨でした

経過観察として

ちょうど、キエーロを少し眠らせておこうと考えていた期間でしたが…

これからキエーロを続けていく上で、雨の日の作業を考えるキッカケになりました


 

「傘をさして、土にクワを入れて混ぜ込む」

たったそれだけ、時間にしたら2~3分のことですが、メンドクサイなぁっと思ってしまう日もあるかもしれませんね

雨の日のルーティーン、他の家事との兼ね合い…不都合はあるかしら?

豪雨のときはどうする?いろいろと考える時間になりました

でもね!やっていけそうですよ♪




キエーロを始めて、私の価値観がまた一つ新しく変わりました

ごみは、そのほとんどを行政サービスに任せてきましたが

少しでも、一部でも、自分でごみを処理できるようになって、とても嬉しい気持ちになりました

 

 


コンポストのことを【ペット】と比喩される方がみえますが、あの気持ち少し分かる気がします

「今日はどんな具合かな?」

「元気に分解してくれているかな?」

「虫や小動物に荒らされてはいないかな?」

本当に見守るような気持ちなんですよ

 

 

自助、互助、共助、公助

4つの助けが重要な時代

 

自分でできることを、まずはやっておく

自分の暮らしの課題を自分で解決する楽しさ

キエーロと出会って、初めて味わうことができました

 

経過観察中の五日間、

生ごみを再び集積場へ持ち込まなくてはいけないと考えたとき、

「行政サービスにお世話になります」と

自分でも思いがけないような気持ちになりました

 

少しだけ、ほんの少しだけ…

自分(我が家)が逞しく謙虚になった気がします()

 

 

前置きが長くなりましたが、

本題に入ろうと思います

 ❤️❤️❤️

結論から先に言うと!

素晴らしく消えていました!

すごいぜバクテリア✨

 

キエーロが太田工房さんから到着したのが6/26

土を入れたのが6/27

272829307/1234

と八日間(8マス)生ごみを投入し続けました

 

7/56789の五日間キエーロを休ませ(本当に消えるか確かめたかった)

今日掘り起こしてみました



途中、雨の止み間に見に行くと…たぶんね、これメロンの双葉🌱だと思います

可愛いなぁ♡

でもかき混ぜます

そして、二日後また双葉🌱()

これは埋める深さが足りないんだな、きっと

ちょっと胞子みたいな物体も出てきていました

かき混ぜておきました

 

 

さて今日掘り返してみると…

そのほとんどが消えてなくなっていました!

消えていなかったものを探してみました

 




①玉子の殻

②キウイのヘタ

③パイナップルの皮

④身の詰まったまま埋めたデラウェラ(ぶどう)

以上の4つが目視できました

 



このことから

やっぱり、できるだけ細かくして入れる方が良いこと(この段階でソコっ笑)



カルシウム(玉子の殻)や

食物繊維(果実の皮)は分解に時間がかかるようです

果物は抗酸化の作用もあると聞きますから、そんなことも関係しているかもしれませんね

 



まだまだ真相は分かりませんが、バクテリアに短時間で良い仕事をしてほしければ、なるべく細かくして埋めるのが良いですね

 



我が家はクワ(正確にはドブさらい笑)を使って埋めていますから、

生ごみを投入するときに同じクワでザクザクと割いてやれば、何ら余計な家事は増えません

これはまた楽しい!朝から土と戯れる時間ですね♪

 

そうそう!なんと!なんと!

発案者でいらっしゃる葉山の松本さんがコメントを寄せてくださいました

「水分が足りないかも」そんなアドバイスをいただきました

 

正直、水分を足すといったことはしていませんでしたので

それは早速改善することにしました

 


我が家はキエーロのすぐ横に水道があることから

生ごみ運搬容器(アルミ鍋ですけど)をキエーロに向けて、ひっくり返したときに…鍋肌に少し残ってしまうごみを剥がしがてら、軽くゆすぐように水を注ごうと思います

 

もちろん、生ごみをしつこく水切りして運んでいるワケではありません

これまでに比べたら格段のボタボタです()

これ、すごくラクですよ

 

キエーロ採用の嬉しい副産物として

水切りネットの消費がめちゃめちゃ減ったこと!


三角カゴにはネットを掛けずに使うようになりました




排水口には、まだ掛けています(ちょっと変わったゴミポケットを使っているため、掛けずにはいられないため)

 

これまでは、水を切ることを最優先にしていたこともあり

ストッキングタイプの水切りネット(ポリエステル・ポリウレタン製)を使ってきましたが、これも卒業できそうです

これもプラスチック製品ですしね

今あるストックが無くなったら、

生分解性水切りネットさえ飛び越え()



純銅製のごみポケットに切り替えることも視野に入れ、我が家の新しいキッチンスタイルを考えてみたいと思います

何か良い知恵をお持ちでしたら、ぜひ教えてください

 

 

あぁ♡

またひとつ、ごみを減らせそうです

 

しばらく使ってから

またブログを書こうと思います

楽しみにしていてくださいね

 

 

興味を持ってくださった方は

関連記事へもお越しください

 

準備編はこちら↓

https://ameblo.jp/kataduke-coach/entry-12386578922.html?frm=theme

 

設置編はこちら↓

https://ameblo.jp/kataduke-coach/entry-12387515782.html

 

 

バクテリアdeキエーロは

どうして我が家へやって来た?【設置編】

 

 

電気を使わない生ごみ処理  バクテリアdeキエーロ✨



発祥の地は神奈川県三浦郡の葉山町

こんな素敵なものが生まれた地域はどんな町なのでしょう

 




三浦郡葉山町

https://www.town.hayama.lg.jp/

画像は上記のサイトからお借りしています

 

 



素敵な景色ですねー

近くに、こんな美しい海や山があって…葉山の皆さんは環境への意識も高いのでしょうね♪


キエーロのこと、もっと知りたい方は下記のサイトへどうぞ♪

http://www.kiero.jp/about%20us.html






 工業都市と言われる四日市市にも海も山もある!


自分の住む町の環境を守りたいという「ココロの根っこ」の部分は、どこに住んでいても、きっと同じだと思うのですよ

http://kanko-yokkaichi.com/night-view/

画像は四日市観光協会より借用しました




 

ごみ減らしは

子どもたちに残していく素晴らしい未来を作るのに不可欠だと思うのです

 


人が集って暮らすのだもの…

より良いコミュニティーに成長していきたいですよね

 


たとえ少子高齢化人口減少社会であったとしても、私たちは進化することを諦めてしまってはいけないと思うのですよ…

 

 


 

予告していた【使い方編】の前に、【設置編】を書くことにしました!どうぞお楽しみください😊




 

スタートはここでした↓

水分の多い生ごみを

焼却炉[四日市市の場合は溶融炉]で処理することには様々な問題があって(そもそも水気のあるものを燃やすのは大変)、


エネルギーも沢山必要だし、

施設を早く傷めることにつながってしまうので…

なんとか良い案はないものか探っていました


だから興味のあったコンポスト…

でもー!

「虫がわく・虫がくる」

「におう・クサイ」

「メンドくさい・挫折した」…

そんな話ばかり聞こえてきました(うまくやっている人ももちろん居ます!)



うーん、私にはハードルが高いぜ💦

今の私は出来たとしても…

歳をとっても続けていけるのだろか?

私ができないときは家族が出来るだろうか?

他の人に『良いことだよ』と広めていけるだろうか?


そんな風に悩んでいたときに、このバクテリアdeキエーロを知ったのです

 


ちょっと、ちょっと!

簡単なのにー♪

見た目も、まぁまぁおしゃれじゃない♡()

すんなり我が家にとけ込みそうな雰囲気!

 


詳しくは

バクテリアdeキエーロが

我が家へやってきた!【準備編】はこちらをご覧ください↓

https://ameblo.jp/kataduke-coach/entry-12386578922.html

 

 



敷地の東に位置する

我が家では一番日当たりが良い、

おまけに風通しも良い場所に設置することにしました

すぐ横には水道栓もあるしね♪

 


この通り、底板はなく地面に接しています


波板(ポリカーボネート)の屋根がついているのがキエーロ✨





 

我が家仕様に

幅は約145cm、奥行は約60cm、高さ(深さ)は約45cm

というビッグサイズに仕上げてもらいました

 





そうそう!

キエーロを作るのに、素材に決まりはないのですよ!

土を囲うことのできる枠と、

雨を防ぎ、太陽光を取り入れるための透明な屋根であれば

なにを使っても生ごみの分解ができるんですって!

 




屋根は完全に密閉せず、

木枠との間に隙間を作っておきます

 

(この画像は太田さんの工房)






この隙間を風が通るんですね♪

虫たちの出入りも自由

微生物が生きていける環境ですから、虫が入るのは当たり前だと思っています

 


ただ、虫を閉じ込めないため、住み着いてしまうことはないと思います

毎日のように掻き混ぜますしね!





 

キエーロが我が家へやってきて、今日で五日目

生ごみを入れ始めて四日目です


↑強気になって、バナナアイス10本分
↑パイナップルもいってみるか!
↑メロンもいくぜ!
麦茶も沸かし放題だ!



 

夏場は45日もすれば、すっかり分解してくれるそうです(気温が下がる冬場は2週間程度かかるらしい)

我が家のキエーロは、分解速度が落ちても無造作に()投入し続けられるようにビッグサイズにしたのです!

 


今回は

まずは八日間…続けて投入して

一旦投入を停止

停止してから5日後に本当に消えているか検証してみようと思っています

 



しばらく使ってみて

コツが分かってきたら、【使い方編】を書こうと思います

楽しみにしていてくださいね





この記事は【旬の片付け 7月編】を兼ねます

 

バクテリアdeキエーロが

我が家へやってきた!【準備編】




そもそもキエーロって、何?

という方は、こちらのリンクへどうぞ↓

http://www.kiero.jp/about%20us.html



バクテリアdeキエーロは

毎日出る生ごみを、

「なんとか家で処理できないものか…?」と

いろいろな方法や機械を試しつづけた神奈川県の葉山にお住まいの松本さんというご夫妻が十年かけて辿りついた最後の形だそうです

 






消滅型生ごみ処理器

とも言われているそうですよ

 

黒土の中にいる微生物が生ごみを分解するため、

特別な菌等を購入する必要はないのだそう

初期投資は必要ですが、ランニングコストがかからないのが魅力ですね!

 


生ごみを入れ続けても土の量は増えないんですって!

なんだか不思議ですね

もう少しキチンと理科を勉強しておけば良かったな()

 



我が家にやってきたキエーロは…

四日市市のご近所、東員町にある太田工房さんに製作していただきました

 

太田工房さんには以前、愛犬のくぐり戸を付けていただいたことがご縁で、私のわがままなオーダーに、いつも応えてくださっています

太田さんはオーダー家具職人さん

さまざまな木工製品、内装工事などをされています

 


愛犬のくぐり戸(完全オリジナル)↓

 






我が家のお気に入り♡リビングワゴンのリメイク

https://ameblo.jp/kataduke-coach/entry-12378687362.html

両方とも太田さんにお願いしました

 

 


今回のキエーロは我が家仕様に

大きく仕上げていただきました

なぜ大きくしたのかは、またの機会にブログに書きたいと思います



シックなカラーに防腐剤加工をしてくださっています

やがて朽ちるのも木製の特徴

私も太田さんもキエーロは初めてなので、今回の仕様が、どれくらい持つものなのか関心をもって観察していこうと思っています

 


使い始める前に、

用意したモノを記録しておこうと思います

 



まずは

①【黒土】

黒色がかった火山灰土のこと(関東ローム層の表面部分から採取される)


この土を使うのは、発祥の地が葉山とも関係しているかもしれませんね



ふかふかした土です

火山灰と枯れた植物が混ざり合ったものなので、有機物を多く含むそうですよ


我が家のキエーロはデカイので

14リットル×12袋を用意しました



1袋は湿っていて、今日は入れませんでした

あと45袋は足した方が良さそうに見えています

 


でも深さは20cmは充分にありそうですから

明日から生ごみの投入は始めてみたいと思います♪

 

 




それから

②【スコップ】

スコップ売場を不審者のごとくウロウロして、吟味してきましたが…

買ったのはコレ!




日々清掃 大金 *きれい*

青ヌリ 清そう器 小 どろあげ専用()

名前がイイ!

いわゆるドブさらい用ですね

 

毎日のように行う作業だから…

スコップが自立してくれるのは、きっと助かるのでは?

投入する生ごみの量を考えても、うん!イイ感じ!

 

 



そして

③【生ごみ入れ・生ごみ運搬容器】

アタマを動かせ動かせ!

ちなみに今朝の生ごみ(キエーロで分解できそうなごみのみ)はこんな感じでした

・玉子の殻×3

・目玉焼きの残骸×少々

・バナナの皮×一本分

・キウイの皮×一個分

合計112

夜はもっと出るよなぁ

 

毎日使う、でも雨の日は埋めに行かないかもしれないし

生ごみがほんの少ししか出ない日も予想外に大量の日もきっとある

真夏はどう?冬になったら?…

いろいろと考えた結果

軽くて丈夫なアルマイト(アルミニウム合金)の片手鍋18cmにすることにしました!



・軽くて片手で持てる()←家事をスムーズにまわしていくためにも片手で制御できるツールは良し!


・キエーロは神経質に水切りをする必要がない。むしろ水分が必要


・冬になって、分解速度が落ちたときは23日分溜めて投入することもあり得る


・生ごみを常温で放置できないときに冷蔵庫に入れられる形状(におわない等)

 




野菜くずや果物の皮、玉子の殻、魚の皮…18㎝の丸い容器に捨てられるなんて!

ちょっと調理もやりやすくなるのかも♪(キエーロ行き専用鍋にしますね笑)

 



費用は

キエーロ本体 12,000円(太田工房)

※今回は実験的に製作していただきましたので価格は変更される可能性があります

黒土 4,326円(168リットル分 コメリ大矢知店・ディオワールド四日市店)

青ヌリ柄清掃器 648円(コメリ大矢知店)

アルマイト片手鍋 1,980円(ディオワールド四日市店)

合計 18,954

 



ビッグサイズにしたことで黒土代がかさみましたし、様子を見て、もう少し足すための資金が必要になりそうです

 



ごみは行政に丸投げしていたけれど…

自分の家でも処理ができるようになるんだ!

ちょっと嬉しいなぁ😆

目指せ!ごみ減量💪

 



次回は

使い方編が書けるといいなぁ

 

人から【教わる】だけの人は、残念ながら伸び悩みます
  
 


完全に受け身で、
「良い情報や技術は外部からしか得られない」
「私は教えてもらわないとできない」と思っているクライアントは
悩むばかりで、自分で考えようとしないので、やがて頭打ちする傾向があります
  


  
素晴らしいね!スッキリしたね!
すべての現場が、それだけで前進できるワケではありません
   

   
ご自分の傾向や、向き・不向きな手法に、ご自分で気づいていただく

コーチは、
あなたの良さを相殺してしまう矛盾したやり方や
持続可能ではない仕組みを浮かび上がらせることも大切な役目なのです
   


  
人から教えられるよりも、自分で気づいた方が身につく
自発的に取り組む方が何倍も深く、自分を整えることができるものです
   


  
自分の心底で望まないことは拒絶するでしょ?
私たちは生き物なんだから
いかせ命、こころに響く小さな言葉を信じよう


ここは小三元狙いか…?

曇天雨天が多かった五月

梅雨入り直前の今金土日と晴天の予報

この貴重な晴れ間に、なんとしても冬布団と夏布団を入れ替えたい!

冬の残骸を片付けたい!

私だけではなかったでしょうね







スッキリしました♡

どんと来い!梅雨☂️

一安心






羽毛布団って、あたたかくて軽くて冬布団の代表選手ですね


同時に、ふっくらしていますから押入れの中でかさばったり、側生地がツルツルしていて、なだれを起こしたりどのように仕舞ったらいいのか悩ましいと感じている方が多いです





最近は

クローゼットのみで押入れがないタイプのおうちも増えました

ウォークインになっていて、ホコリが入り込みやすい構造になっていることも多いです



床に直接置くなら円柱形におさまる収納グッズ等もありますが、叶うなら腰丈以上の高さに収納したいものです(湿気や害虫対策等)





私は、上のような布団袋を使っていますよ

クライアントにもオススメしています


各メーカー、数年ごとにマイナーチェンジしているようですので、似たようなタイプが様々あります

色やまち幅、平行ベルトタイプなど

いろいろありますよ




共通のポイントは優しく抑えた状態でスリムに収納できること

ベルト(クロステープ)はマジックテープになっていて、かさ高を調整することができます




こちらの三枚の画像はアイメディアさんのものをお借りしています






不織布の羽毛布団収納袋の耐久性は丁寧に扱って78年という実感です

使用の仕方・保管場所・劣化を進める直射光の有無などで大分違いますが、不織布が朽ち果てるときの姿は衝撃的です(劣化の進行はなんとなく察知できますが、最終的に粉化します)のでお気をつけください



不織布もごみになりやすいので課題はありますが、通気の確保の点で優れた素材だと感じています




いっとき、掃除機で圧縮するのが流行りました

確かに保管スペースは抑えることが出来ますが、思ったより面倒な上に羽毛を傷めてしまいますから、あれはオススメしてないです






お片付けの際には、持ち過ぎていた布団を処分される方が多いです

・よく考えて買う

・余計なものを貰わない(布団は身内から貰う機会が多いアイテムです)

・適量をお手入れしながら大切に使う

大事ですねー


布団は

ワーストごみ(ごみとして、出し過ぎ・大きい重い・処理困難)として全国的に減量啓発が行われていますよー

協力していきたいですね!





そうそう!

羽毛布団は、その名の通り鳥の羽が入っている布団です

軽くて、あたたかくて、フワフワしていますよね



鳥が我が身を削って人間に暖をとらせてくれているのですね!

生物資源を無駄にしないように心がけたいものです




羽毛布団・ダウンジャケットは処分場に出さずにリサイクルしましょう!


いろいろな団体が資源回収しています

一例(三重県)

UMOUプロジェクト

https://mie-akaihane.or.jp/umou.php






お片付けとは

不要な【モノ】と【コト】を手放すことから始まることが多いので、現在の暮らし方や慣れている環境を変えてしまうという一面があります





たとえ、それが無駄と矛盾に満ちた暮らし方や環境であったとしても

私たちは慣れているコトを手放したり、変化させることに不安や恐れを抱くものです







不要な【モノ・コト】を手放すには

勇気を出して行動に移さなければなりません

 


片付けるとは→決めて行動する

ということ

大切なのは今とこれから






自分の状況を

見て見ぬふりするのをやめて、きちんと把握する





耐えることでもなく

我慢することでもなく

ネガティヴに捉えることでもなく

粛々と現状を把握すること


それに最善の方法で向かっていく本当の強さが必要です







今の自分に不要な【モノ・コト】は自分の強さで手放しましょう

そして、新しい価値観や習慣をおさめるためのスペースを作りましょう


{8E710000-C386-4CAE-9CBA-F861BF6F3FB2}


たいていの場合、水筒持ち歩いています♪
忘れると「あーー💦しまったなぁー」と即座に思うので習慣になっていることを自覚しています♪




家族は学校や職場でペットボトルを買うこともあるようなので、せめて家庭では極力減らそうと思っています♪
(出先でペットボトルを買えば…道中は身軽ではありますよね!重たいものを持てないこともありますしね!)




とはいえ、
防災用備蓄を兼ねた水の空ボトルや
うっかり水筒を忘れてしまったときに外で買うペットボトル、
会合などで出していただくペットボトルが家の中に入ってきます



 
  
我が家では真冬を除いて、麦茶をヤカンで沸かして飲んでいます
無着色無添加なので安心だし、本当に雑味がありません
その味に慣れているので、ペットボトルのお茶には少し抵抗がありまして、もうずっとそうしています





いつ頃からか、予定外に入ってくる、それらのペットボトルを水筒として2〜3回は麦茶を入れて持ち歩き、その後すすいでリサイクルするようになりました(洗って何度も使うことをメーカーは想定していないため、連続使用は強度等に問題がある恐れがあるため)



  
   
{D770D713-19A8-4DD0-90D5-17F8EAC9D53B}

朝ドラのヒロインが楽しそうに落書きするのを見て、マネしてみました(笑)
テンも積極的に協力してくれましたのでアップします(笑)
  




{C4646361-0036-4B9A-B8DF-8F6E649DA12A}
   
ペットボトルごみがついに限界⁉︎ NHKクローズアップ現代↓
https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4126/


リビングワゴン

最近は素敵なものが沢山出回っていますね♪

  

{4DD1CDCC-2BBD-425E-90CC-ACA87B58C009}

{47A1CB91-17F2-47B4-B859-C3F0FF21109F}

{BA27C49A-3360-408E-85AE-B159FB679626}

{CDD417BF-E288-43EF-8107-86B801E592DC}

{FF615435-5A08-442A-AC80-5E5EF710E244}

{B713DBF2-E7A2-4654-8165-054110AE1B6B}




  

我が家のリビングワゴン

{84263120-B7C7-4C9E-BADA-41A28960BD36}


昭和っぽい金具の取っ手を木製のツマミに取り替えてみました

{5DCA486A-78D0-401F-ABDA-C73148BAAA67}

(よくよく見るとアンティーク加工がしてあったりします)

  



    

去年から【カリモク60】をリビングソファにしているのですが、昭和っぽい金具取っ手がソファに合わず、部屋の中で浮いてしまっているのが気になっていました




でも

我が家のニーズにはピッタリな仕様のリビングワゴン♡


キャスター付きは当然のこと

お掃除ロボットを使うときには、持ち手を「エイっ」と持ち上げて邪魔にならない所への移動もラクラクなんですー

  



    

さまざまな商品を調べてみましたが、どれもしっくりこなくて

気に入ってるし、まだまだ使えるしちょっとモヤモヤしていました

  


   

{1FEF3DBC-C446-4B1F-9E6C-FC6FF32EF941}

「そうだ!リメイクしたらいいかも⁉︎」と思い立ちましたー

土台が和風なので限界は感じていますが(笑)

お気に入りを使い続けられることに大きな喜びを感じています♪♪

   



     

    

リビングの【出たがり困ったちゃん】

悩ましいと言われる方も多いです


・今日の新聞

・読みかけの雑誌

・一応読んどくか広報

・目を通しておきたいカタログなど

更新される情報のつかの間の置き場所




・つめ切り

・耳かき

・綿棒

・保湿クリーム

リラックスタイムの友、スキンケア用品




・虫刺され剤

・リモコン各種(我が家は使用頻度からテレビとエアコンのみ立ててあります)

・ティッシュ

今すぐ出てきて欲し~のグッズたち





リビングワゴンにまとめるという手もアリ〼

福島家に捜し物ナシ(笑)

毎日ご機嫌ですよーー♪

今日は個人事業主さんお二人【ペア】で5S勉強会をご依頼いただきました



住まい(おうち)の中にビジネス領域がある方、本当に増えたなぁと思います



時間や約束事、
現状のスペースですら管理(コントロール)できないのなら、事業の拡大や売上アップ・業務改善は困難です
現状管理不足の克服からでしか改善は生まれませんねー



当たり前にできることを増やしていく
自分の器を大きくしていくことから始めませんか?




「カミセミナー」同様、
5S勉強会のペア受講・グループ受講も賜ります
住まいと仕事場の区分があやふやなことで、それぞれに支障が出ている方にもオススメです


お片付けの威力って素晴らしいですよ!