完本 1976年のアントニオ猪木 (文春文庫)  1964年のジャイアント馬場  1984年のUWF  マスコミが報じないトランプ台頭の秘密
ダメ虎を変えた! ぬるま湯組織に挑んだ、反骨の11年  判断と決断 ―不完全な僕らがリーダーであるために  読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門  古都がはぐくむ現代数学: 京大数理解析研につどう人びと
◆ダメ虎を変えた! ぬるま湯組織に挑んだ、反骨の11年
 ⇒【書評】 楽天・星野監督誕生秘話。裏切りの阪神、阪急統合への布石。

◆判断と決断 ―不完全な僕らがリーダーであるために/中竹竜二
 ⇒【書評】 決断した未来から今を振り返る。最も仮定の少ない決断、それがベスト。

◆読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門
 ⇒【書評】 捨てるために速く読む。

入社3年目までに勝負がつく77の法則 (PHP文庫)  リーダーシップからフォロワーシップへ カリスマリーダー不要の組織づくりとは  渡部昇一 青春の読書  告発 コミンテルンの戦争責任 近衛上奏文と皇道派
◆入社3年目までに勝負がつく77の法則/中谷 彰宏
 ⇒【書評】 朝早い社員が会社を制する。

◆リーダーシップからフォロワーシップへ カリスマリーダー不要の組織づくりとは/中竹竜二
 ⇒【書評】 仕事における成長とは?

◆月刊WiLL 渡部昇一 VS 小林よしのり
 ⇒【08月号】 小林よしのり氏、質問を質問で返して0点。
 ⇒【10月号】 小林よしのり氏、質問に「逆に」で返して0点。⇒花田編集長へご提案
 ⇒【11月号】 小林よしのり氏、質問のハードルが上がって涙目0点。
 ⇒【12月号】 小林よしのり氏、質問はスルーするもブーメランが戻ってきて0点。
 ⇒【01月号】 小林よしのり氏、質問で半年粘った挙句なにも進展しなくて打ち切り0点。
 ⇒【03月号】 小林よしのり氏、質問から逃げ切ったつもりが後ろ盾を完全論破されて閉店。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-10-08 22:34:29

深尾淳二氏を辿る古書の旅

テーマ:古書

「探している本はいつかは見つかる」とはよく言ったものだ。

私は最近、古書店巡りをほとんどしなくなってしまったのだけれど、

毎日気になる本だけはネット検索するようにしている(わずか2、3分の作業だ)。

ただそれだけなのだが、それでも幸運は巡ってくるようで、

先日、深尾淳二氏にまつわる古書をゲットする機会に恵まれた。

 

以前ブログで紹介した、

【前田裕子】戦時期航空機工業と生産技術形成―三菱航空エンジンと深尾淳二

を読了後、本書の参考文献である

・深尾淳二 技術回想七十年

・往事茫茫

に興味を持ち、探索の日々が始まった。

 

部数の少ない私家版を入手するというのは結構ハードルが高くて、

そもそも検索にヒットせず、検索結果はいつも0件。

けれど幸運にも、世代交代というべきか、手放す人が現れて、割合に早く手にすることが出来た。

 

私は航空機の専門家ではないし、また飛行機ファンでもないのだけれど、

深尾淳二さんのことはもっと知りたかったので、とても良い出会いとなった。

 

戦時期航空機工業と生産技術形成―三菱航空エンジンと深尾淳二
前田 裕子
東京大学出版会
売り上げランキング: 1,227,823
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-10-01 00:30:17

【渡部昇一】魂は、あるか? ~種の起原の先駆け、アルフレッド・ウォレスとの出会い。

テーマ:人生論

本書は故・渡部昇一氏の死生観を語ったものである。
そこでキーワードになるのが「魂は、あるか?」という問い。

死を考えると誰しも不安に襲われるものだが、生命には終わりがあり、避けることは出来ない。
ではどのように生きたら、より豊かに過ごせるか?
それは「魂はある。死後の世界はある」と信じて日々を生きることだというのが渡部さんの信念である。
私も魂はあると思う。根拠はないが、べつに白黒つける必要もない。
これといった宗教に属しているわけではないが、そう信じている。

さて。 個人的な本書の価値。 それは渡部さん生前最後の、書棚に並べられた、 アルフレッド・ラッセル・ウォレスに関する書籍群である。
さっそく古書店で、「心霊と進化と」を入手した。Amazonでは高価だが、あの手この手のネット検索力を発揮して(笑)、手頃な値段でゲット。

最近はフーバー大統領回顧録「裏切られた自由」周辺に注力しているが、 その傍らでちまちまウォレスを読んでいこうと思う。

魂は、あるか? ~「死ぬこと」についての考察~ (扶桑社新書)
渡部 昇一
扶桑社 (2017-09-02)
売り上げランキング: 850
心霊と進化と―奇跡と近代スピリチュアリズム
アルフレッド・R・ウォーレス
潮文社
売り上げランキング: 561,242
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-08-14 21:25:08

【柳澤健】1984年のUWF~プロレスもビジネスである。

テーマ:スポーツ

(久しぶりの投稿。ちょっとブログの編集が使いづらくなりましたね)

 

さて、待望の柳澤健さんの新著である。

私はUWFやUインターという言葉の響きだけ覚えているだけで、詳しいことは知らない状態で読んだ。

まず、タイガーマスクの活動期間が意外に短かったことに驚く。それほど熱心にプロレスを観ていたわけでもないので、長い短いの根拠はないのだけれど、アニメの影響もあってか?タイガーは長く活躍していたような印象があった。

 

本書は出だしが良い。ノンフィクションでありながら、文学的な構成。「1985年のクラッシュギャルズ」も同じような始まりだったと思うが、両者に共通するのは、出だしの事象はプロレスに関する事実(ノンフィクション)でありながら、いわゆるプロレス史の時系列に載るような有名な事象ではない。しかし、却ってそれが読者を惹き込む潤滑油になっている。

 

本題。

プロレスは、ビジネスである。ショーで魅せる、仕事なのである。

「1964年のジャイアント馬場」、「1984年のUWF」と続けて読むと、ビジネスとしてのプロレスが分かって大変面白い。ビジネスとしての軌跡を知る、おススメの一冊。

一方で、amazonプライムの「有田と週刊プロレスと」は、ショーとしての歴史をアツく楽しめる良い番組だ。

 

1984年のUWF
1984年のUWF
posted with amazlet at 17.08.14
柳澤 健
文藝春秋
売り上げランキング: 19,004
1964年のジャイアント馬場
柳澤 健
双葉社
売り上げランキング: 199,403
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。