速報❗️「ジャガーの眼」情報解禁❗️ | 劇団唐組 公式情報

劇団唐組 公式情報

劇団唐組からの情報を掲載します。
詳しくはこちらにお問い合わせ下さい。

165-0034 中野区大和町4-3-9 03-3330-8118

13:00~17:00(公演期間中は11:00~14:00頃)


テーマ:

 皆さまこんばんは❗️

東京では梅の花がチラホラ蕾をほころばせ始め、しとしと雨も温かみを帯び、少しだけ春を感じる2月の終わりでしたね。


大変お待たせいたしました。唐組春公演の全ての情報解禁となりましたのでお知らせ致します❗️

チラシとポスターも出来上がりました🎵

今回もとても美しくかっこいいものになりました。客演陣は、初めましての方も、またよろしくの方も入り混じり賑やかな公演になりそうです。


一般前売り券は大阪と東京は3月10日(日)宮城と長野は4月15日(月)に発売開始致します。たくさんのご予約お待ちしております❗️❗️


唐組・第63回公演

【唐十郎‘85名作選】

ジャガーの眼

さあ、この路地を抜けてみよ!

ジャガーの眼に射抜かれて……

 

作=唐十郎

演出=久保井研+唐十郎

 

[役者陣] 久保井研、藤井由紀、岡田悟一、福本雄樹、福原由加里、加藤野奈 ☆ 全原徳和、内野智、大鶴美仁音、月船さらら、重村大介、オバタアキラ藤森宗、山田隼平、新美あかね、藤尾厚弥、山本十三 

[公演場所・公演日程] 

※週によって公演曜日が異なりますのでご注意下さいませ。

● 大阪=南天満公園

4月26日(金)27日(土)28日(日)

● 新宿=花園神社

5月4日(土)5日(日) 10日(金)11日(土)12日(日)

6月1日(土)2日(日) 7日(金)8日(土)日(日)

● 池袋=雑司ヶ谷・鬼子母神

5月18日(土)19日(日) 24日(金)25日(土)26日(日)

●宮城石巻市中瀬公園 石ノ森萬画館ウラ

  6月15日(土)16日(日)

● 長野=長野市城山公園 ふれあい広場

6月22日(土)23日(日)

 

[開演時間] 毎夕7時(6時30分開場)

  [入場料]  前売券3,500円 当日券,600円  学生券,00円(劇団でのみ販売)当日受付で学生証をご提示下さい。

※入場整理券(前売券と引き換え)及び当日券は、午後2時より受付にて発行致します。

※ 独立した幼児以外の幼児は入場をご遠慮下さい。

 [前売り開始]3月10日(日) 東京・大阪

                     4月15日(月) 宮城・長野

[チケット取り扱い]

●唐組 03-3330-8118

●チケットぴあ(大阪・東京公演のみ)

http://pia.jp/t

 0570-02-9999(Pコード:492-625)

●イープラス 

http://eplus.jp/karagumi/PC&携帯)

●ローソンチケット  

http://L-tike.com/karagumi/

0570-084-033(大阪Lコード52682)(東京Lコード32200)(宮城・長野Lコード21739)

0570-000-407(オペレーター対応)

ローソン・ミニストップ店内LOPPiで直接購入可

[問い合わせ] 

唐組 Tel 03-3330-8118

 [物語]

-肉体の一部を追うものはなく、追われようとする一部もない-

物語は、しがない青年・しんいちが、肉体市場で角膜を購入し、移植したことから始まる。

その角膜が、かつての持ち主の恋人のくるみを呼び寄せ、青年を平凡な日常から、冒険的な非日常へと導く。

サンダル探偵社の田口は、助手くるみの依頼を受け、“幸せのリンゴ”を追って路地に立つ。

その前に現れた男・扉の押す車椅子には、田口がかつて愛した等身大の美しい人形・サラマンダが乗せられていた……。

外科病棟で移植手術を繰り広げる、肉体植民地・Dr.弁。

所有者の人生に関与し、人の体で三度も生きる“ジャガーの眼”はそんな彼らを取り込んで鋭く輝いてゆく……。


唐組さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ