河内晩柑

テーマ:
今日のピカピカ☆日本は
愛媛県愛南町の「河内晩柑」を紹介しました!

{7CD64428-951B-47D8-A8E5-22B81E6E96D2}






大正時代に熊本県の河内というところで見つかり、普通のみかんであれば秋から冬に収穫なのに、
一冬越えた春から夏の遅い時期に収穫するので、「河内晩柑」と名付けられたそうです。

{DEA482E5-6ADE-46FC-92B7-62DAFDC85720}





河内晩柑の育て方の特徴は

今年収穫するものと来年収穫するものを同じ木で育てていること。
一年以上じっくり育てることで甘さと程よい酸味のおいしい河内晩柑ができるんです!


さらに、
成長の勢いがすごい木なので
チェーンソーで木を少し傷つけるんです。

葉で作られた糖が根に行きすぎているので、果実に糖が行くように流れを遮断するんです。


まさにスパルタ式栽培ですね!



たくさんの苦労を抱えながらも
飴と鞭の栽培によって
果肉がプリプリのおいしい河内晩柑ができるんです!


{52CD2253-140F-4623-A1B5-B110FBC5AAC8}



吉田さん、農家の方々
お世話になりました!
ありがとうございました!!


{F81051A6-D291-42B0-AED3-082264264ED2}





早朝の愛南町^ - ^




明日は千葉県でーす!!

よろしくお願いします!




kaoru♪