こんにちは^ ^
 

 

自然と共にありのままに生きています。

吉元香織です。

 

 

あっという間に10月も半ば過ぎですね!

 

 

先週まで夏のように暑かったのに、

今日は冬のように一段と寒い湘南です。

 

 

 

我が家の息子は現在6歳で年長さんの学齢なのですが、

娘がこの春から湘南サドベリースクールに通うようになり、

それに伴い息子も通っていた仙台のこども園を退園しました。

 

 

 

その園は、広大な森に園舎をかまえ

自然と調和する生き方を地で行くとてもとても素敵な園で、

園長先生や先生方をはじめ、

そこに通う子供達・そのご家族の皆さんも本当に人柄や生き方も素敵で私も子供も大好きな聖地みたいな場所だったので、

正直とても離れがたいものがありました。

 

 

 

息子のためにもう1年仙台で過ごすか、

あるいは当時の私達にとって未知の世界であるサドベリースクールへの進学のために転居するのか、とてもとても迷いましたが、

とりあえずサドベリーの体験をしてみないと何も始まらない!

ということで一歩を踏み出してみたのが今年の春でした。

 

 

 

2人で体験に通い始めたら、

初めての場所で緊張感を感じながらも

自由を獲得するために設けられたルールの中で、

責任を持って自分達の時間を好きなように生きるサドベリーの生き方が

我が家の子供達には合っていました。

 

 

 

最近は次々と新たに通い始めた仲間も増え、

スクールの中でも新たな役割に積極的に参加したり、

毎日ミーティングがあるのですが、そこで議長をやりますと手を挙げたり、

議題を提案してみたりと主体性も出てきました。

 

 

自分達のやりたいことの提案で予算を獲得するために、

あれやこれやと事前に準備して試行錯誤している姿を見て

”学校に行きたくない!”と泣いていた娘は完全にどこかへ行ってしまったんだなぁ。

と感慨深いものを感じています。

 

 

異年齢のMIXなので、

お兄さんお姉さんの背中を見ているので

自然とそうすることが見についているようです。

 

 

 

サドベリースクールの良さは本でもわかっていましたが、

通ってみてこうして子供達がどんどん成長していく様を目の当たりにして、

仙台の生活を手放すことはとても勇気のいることでしたが、

あの時えいや!っと一歩踏み出すことができてよかったなぁ。

と、改めて感じています。

 

 

 

何かを手に入れいるには、

何かを手放して自分にスペースをつくらないと

手に入れることはできない。

 

やはり不変の真理ですね♡

 

 

 

 

 

 

 

今この瞬間もあなたが

あなたらしくありますように♡

 

吉元香織

YOGA SURYA ホームページ