観心の手のひら

観心の手のひら

手の平にはたくさんの情報が詰まっています。
そこから伝わってくる物語や、観心が感じた日々の事、つらつらと書いています。

鑑定料は30分5000円です。
延長は10分2,000円となります。
よろしくお願い致します。



私は妄想族だ。


大体の妄想は極端で厨二病的な妄想ファンタジーか、真っ黒黒すけ出て来たんかい!な腹黒妄想。


昨日出勤時の電車内で職場での鬱憤をドロドロ妄想し続けていた時に起こった出来事。


隣に座っていた方がドアに向かう時に私の足を踏んだのだ!


謝れや!と思ったが、全体重をかけられた感じではなかったので許した。←何様🤣


その時ふと思った。


「あ、悪い事考え続けていたら引き寄せちゃうな!」


と。


私は念が強いので良いも悪いも引き寄せがち。


特に悪いのはかなりな確率で引き寄せる🤣


「人を呪わば穴2つ」


これは真実だよなーといつも思う。


持論だが、心底願えば大体は叶う。


良い事も悪い事も。


心配し過ぎるとそれが現実になった事ありません?


嫌な事程、鮮明に細かく想像しません?


それ、願っているのと一緒ですからね。


良い事も同じように鮮明に細かく想像してみたら叶う確率は上がります。


良い事はどこかで


「どうせ叶わないよね」


と自分を諦めていたりするので精度が落ちたりします。


心配は全身全霊で想像するので成功率は高い🤣


どうせするなら良い想像にしたい。


なぜなら自分に「害」がないから。


どうせ叶わないよねとちょっと凹むくらいは大した傷にはならないし、願いが叶えば自信に繋がる。


悪い事は性格歪むし良い事は少ないので、あまり考えない方が無難。


下手な考え休むに似たり。


足を踏んで私に気付かせてくれた天使は大柄太めのおじさんでした😆





昨今のコロナ騒動で


「コロナはただの風邪だ!」

「ワクチンなんか打つな!」


といった風潮と


「コロナは危険!」

「パンデミックの終焉の為に早めのワクチン接種を!」


といった風潮の2つが目立つように思う。


私はどちらの言い分も見比べている。


そして、今日ある記事を見た。


スピリチュアルな観点からの記事だった。


どうしても違和感が拭えなかった。


「コロナで死亡した人数は癌で死亡した人数より桁違いに少ない」


「だからコロナは恐れるものではない」


といったような記事で正直「またか」と思って読んだ。


そして、なぜ違和感を感じるか考えてみた。


そして気付いた。


「癌は人にうつらないじゃん」と。


コロナは感染症だし、癌や自殺とも違う。


これはまるで車の事故と飛行機の事故の死亡率を比較しているのと似ていると思う。


車の事故率と飛行機の事故率は違い過ぎる。


車と比べて飛行機は安全安心な乗り物?


確かにそうだ。しかし、事故れば死亡率はどうなる?


比べるのはどうかな?と思わないかな?


そして何よりコロナを軽視する方々に言いたいのはコロナで苦しんでいる方が沢山いるのと、亡くなった方がいる事実をどう思っているのか?と。


どんな病気でも亡くなった方への軽視はどうなんだ?


必要以上に恐れるのはストレスだが、どんな理由があるにしろまだ治療法が確立されていない病気に慎重になるのは悪い事ではないと思う。


私はコロナはただの風邪だと今の時点では言わない。


私は医者でも研究者でもないからだ。


しかし、私は今回ワクチンは打たない。


変異しまくるコロナに対応しているのか疑問だし、痛い思いして副作用が出るのは嫌だから今回は見送る。


しかし、この先打たないとは言い切れない。


そこは個人で決めれば良いだけだ。


コロナ陰謀論も読んでいて


「ほう、、、これが本当なら、、、」


と思わないでもない。


しかし、鵜呑みにはしない。


その逆も然り。


どっちつかずと言えばその通り。


ただ、日頃


「愛」だ「光」だと言っている方々がコロナはただの風邪だと言い張り、亡くなった方々はいないような態度をとるのはどうなんだ?と思うのと


「コロナにも愛を送りましょう」


とかいうのも何か違うよねと思う。


愛を送るのはそれこそ全てで良くないかな?


全ての中にコロナも含まれるしね。


まぁ、私は私自身と私の愛する人々、生かしていただいている存在にいつも感謝をしているけどね。


恐れ過ぎず、かといって軽視し過ぎず、日々体調に気遣い、なるべくストレスを溜めないで生活する。


私はスピリチュアルが好きでスピリチュアルな生き方をしていきたいと思っているが、行き過ぎたキラフワと言われる考えや行動はスピリチュアルではないと思っている。


まぁ、好きにすればいいとは思うけれどね。


どんなに数字を並べても科学的に見えてもその中の矛盾を見つけたなら吟味するのが良いと思う。


訳の分からない科学に寄せたなんちゃってスピリチュアルやエネルギーワークに傾倒するくらいなら三大宗教にハマった方がマシだと思うけどね。


信仰宗教ではないですからね。


もしくは私の友達のように


「私は私しか信じない!」


と我が道を行く方が余程スピリチュアルだ。


病める人に温かな言葉や行動を。


そして人として当たり前の事が出来る人が本当のスピリチュアルな人だ。


言いたい放題書いたが、本音だから仕方ない😆


持病があり、コロナを健康な人より恐れてしまう方もいるでしょう。


しかし、恐れが免疫を下げるかもしれないので恐れ過ぎず、平穏に生活出来るとよいですね。


私はあなたではないので祈るしか出来ませんが、少しでも恐れが小さくなりますように。


痛みや苦しみが少しでも小さくなりますように。


痛みで凹み、ネガティブな気持ちになるのは私にもわかります。


私の痛みも小さくなりますように。


病気で苦しむ方々が少しでも減りますように。










昨日職場でムカついてその子が傷付くように言葉の暴力を投げつけた。


他の人から


「観心さんはAさんを下に見てるんだよ。だからそんな事を言えるんだ」


と言われてハッとした。


確かに私は言っても大丈夫な人と認識した人には結構辛辣だ。


見下しているつもりはなかったが、「甘え」はあった。


「この子にならこれくらいしても大丈夫」


という甘え。


今まで大丈夫だったからこれからも大丈夫とは限らない。


人は変わるし、その時の気分で受け止められるかどうかもわからないからだ。


そして、自分なら別にそれくらいで怒ったりしない!というのは「驕り」だ。


今までは我慢していたのかもしれない。


嫌だと言えない人もいる。


しかし、嫌だと言えないのは相手の問題。


それに気付かないのは自分の問題。


先ずは自分の問題を解決するのが先だ。


小さい事だけれど大切さだなと思ったので書いてみた。


きっかけは「超くだらない」ので書かない🤣


仕事には一切関係ない事。


私はまだまだ自分を1番にしないとイラつくんだと反省。


それを相手に求めるのは良いとしても求め過ぎるのは良くないし、相手の性格も把握していないとトラブルの元だ。


職場は友達の集まりではないし、仕事が優先だが、人間関係がうまくいかないと仕事にも支障が出る。


謙虚を身に付けたいと思った出来事でした。