葛根湯薬剤師? | 福井県坂井市の漢方薬局 酒井薬局のブログ

福井県坂井市の漢方薬局 酒井薬局のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
落語の方に「葛根湯医者」という小噺があります。
どんな患者さんが来ても、「ああ、葛根湯を飲みなさい」という調子で、葛根湯しか処方しない、というお医者さんの話です。

一般に藪医者のことを言っていると思われがちな話なのですが、漢方には「異病同治」といって、同じ方剤でいろいろな病気を治すという方法論もあるので、葛根湯でさまざまな病気の患者さんが治っているのならば、それは名医ということになります。

古来、日本人はこの葛根湯を好むらしく、風邪などの熱性病に限ることなく、慢性病にも広くこの処方を応用してきました。

私は、薬学生だったときに漢方医学講座を受講していてインスピレーションを得、大学卒業後すぐに、その直感に従って漢方の流派に入門しました。その入門直後の、まだ23歳だった頃に最初に受けた漢方相談は、医療機関に入院中の患者さんからのものでした。
その患者さんは、耳下腺炎による高熱のため入院して一週間にもなるが、点滴などの治療も一向に効果が現れない、とのことで、来局されました。

今の私なら、入院患者さんに漢方を出すかどうかわかりませんが、そのときの私は躊躇することなく相談を受け、薬を出しました。
難しい理論がわからなかった駆け出しの頃だったので、あくまで基本に忠実に証を取り、葛根湯を投与しました。
耳下腺炎なら、柴胡剤などを考えても良さそうですが、表(体の表面)が塞がっていることが、とても気になったのです。

その後、何日か経ってから、その方が隣の隣の町から、はるばるお礼を言いに来られました。「あのお薬を飲んでしばらく経ったら、たくさん汗が出て、一気に熱が下がり、おかげですぐに退院できました。本当にありがとうございました。」
このときの患者さんの嬉しそうな顔、感謝の言葉、これは終生忘れられないでしょう。

この第一号の患者さんに出した方剤である葛根湯は、私の漢方家としての原点になりました。
ちなみに、私は葛根湯ばかり出す訳ではありません、念のため。



【国際中医師・不妊カウンセラーによる漢方相談】

漢方薬局 酒井薬局
http://www.kanpou-sakai.com/

〒919-0416
福井県坂井市春江町江留下宇和江30
TEL. 0776-51-3862

■営業時間
月・火・水・金曜日/午前9:00~午後6:00
木・土曜日/午前9:00~午後5:00

■定休日
日曜日、祝日


iPhoneから送信

福井県坂井市の漢方薬局 酒井薬局さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント