信濃の国 | 信州発 カンポおじさんの田舎生活日記

テーマ:
 長野県出身の人なら誰でも知っている歌
 故郷を離れていると余計に懐かしくなる。
 長野冬季オリンピックの開会式にこの歌を聞いて
 世界中に散らばっている信州出身の
 ビジネスマンがあちらこちらで号泣したと言うのは
 有名な話である。 
 信濃の国の演奏は写真をクリック
 
と言うカンポおじさんも東京にいたとき
ある飲み屋で隣のネクタイのおじさんがこの歌を聴いて泣いていたので聞いてみると
「小諸」の出身だとのこと。
それから、カラオケで「信濃の国」を何回も歌っていたら、
いつからか知らないが、女子大生風の娘が一緒に歌っていました。
「諏訪」の出身だと言っていました。
人生でたった一度、若い娘と思い切ってデュエットできた最高の夜でした。

さらに出張で行ったシカゴのバーで隣の席で「信濃の国」を歌っている人がいて、
何故かジーンと来るものがあり思わず声をかけ一緒に歌っていました。
いろいろ「信濃の国」のことや「故郷信州」のことを夜遅くまで語らいました。
「塩尻」の方でした。ビジネスで来ていました。

このほかにも、国内で、海外でいろいろな人と「信濃の国」の出会いがありました。

全国の皆さんには超ローカルの話題ですみません。(長野県の地名が出ています。)
県歌「信濃の国」は、長野県で小学校を過ごした人は、
年齢を問わず誰でも歌うことができます。
写真をクリックして信濃の国をお楽しみください。

カンポおじさんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント