信州発 カンポおじさんの田舎生活日記
多くの地震、災害、豪雨により被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
また、大変なコロナ禍の中、苦しんでいる方々をを応援いたします。

           
←↑それぞれのバナーをクリックしてください。
   この日記は信州の田舎で、おじいさんとおばあさんの知恵を受け継ぎながら、

   米作りや野菜作りに挑戦しているおじさんが、四季折々の田舎の風景や歳時記を

   織り交ぜながら田舎生活の一断面を記録していきます。



       
                           
カンポおじさんのavatar
今日は「新嘗祭」である。
新嘗祭は、古くから行われている伝統的なお祭だが、
あまりよく知られていないように思う。
新嘗祭」の意味を知って祝ってほしい。

新嘗祭」を知らない人は、下のバナーをクリックしてください。
また、一番下の動画もご覧ください。

 ←↓クリック



 今年も恵比寿講に行ってきました。
 おじいさん、おばあさん、が生きていた頃は
 毎年行っていた。
←クリック
 お札を頂いたり、くじ引きで、商品を頂いたりして帰った。
 今年は、残念ながらクジ引きは「神=紙=ティッシュペーパー」が当たりました。
 以前は箒や熊手、醤油が当たり、縁起が良い気分になりましたが、
 今年は当たりませんでしたが、何となく縁起が良い気分になありました。
 来年も行こうと思います。

我が畑のほうれん草を今シーズン始めて収穫しました。
時間差(播種日)をずらして、畝に蒔いています。
冬中にゆっくりと収穫していく作戦なので、終わるまで時間がかかります。
さっそく、お浸しにして食べました。
単なる「お浸し」ですが自家栽培ですので、
心なしか年甲斐もなく、何となく美味しかったです。
都会にいた頃は、若かったこともあり、
こんなに「ほうれん草が美味い」なんて思わなかったです。
私の「氏素性」を知っている人は、こんなことを言う人だとは、
信じられないでしょう。信じられないと思うけれど、現在はこんな感じです。
何と言っても、私が田舎に住んでいることの方が七不思議と言う人さえいます。

松本一本ネギの掘り起しを始めました。
小さい苗を植え付けてから半年余り、種を蒔いてから一年2か月余り経っています。
ちょっと時間がかかりますが、これからの冬の時期に欠かせない野菜です。
鍋には必需品です。
私は道楽の一部としても栽培していますが、この時期が楽しみです。
今年は上手に出来たので、嬉しくてたまりません。





10月末から行っていた玉ねぎ植えが終わりました。
毎年の恒例行事のように行っていますが、今年も無事に終えることが出来ました。
今年は、苗が上手に出来ず、植付けに苦労しました。
植え付けた苗が元気に育ってくれるのを望んでいます。
この作業を終えると松本一本ネギの掘り起しが始まります。
信州も一段と寒くなってきていますが、頑張ります。

今年も11月になりました。
我が畑では、「玉ねぎ植え」が行われていますが、
隣の畑では、春に植え付けた「松本一本ネギ」の収穫時期が近づいてきました。
玉ねぎ植えが終わる今月末から掘り起しが始まります。
2005年11月頃、亡くなったおばあさんが収穫していた時の様子を思い出記録として、
載せておきます。
今年(2022年11月(現在)のネギ畑

2005年11月おばあさんの掘り起しの様子
                        写真をクリックしてください。
信州発 カンポおじさんの田舎生活日記  中央アルプスの中腹にある「不動滝」
 どこの山麓にもある滝のようだが。。。
 春夏秋冬・・・・独特の風情を醸し出す。
 今は紅葉の真っ最中。
 不動滝の「謂われ」と様子は写真をクリックして
 ご覧ください。
信州・伊那谷界隈の秋風景

過去にアップしたサイトをまとめました。(今年の写真ではありません。)
下のバナーをクリックしてください。







下のリブログのように耕した畑にマルチを貼って、玉ねぎ植えの準備をしました。
手動で行いますので、10日間ほどかかりました。
面積は約500㎡くらいです。
山の神とペアで行いましたが、相当疲れました。
正確に数えていませんが、昨年と同じ一万個くらいの
植え付け用の穴があるマルチを貼りました。
これから、11月上旬ころまでに頑張って玉ねぎ植せを頑張ります。