岡本紘子 九寸名古屋帯「春も春」「3/15-17 型絵染 岡本紘子展にて出品します。」 | 愛知県名古屋市の着物屋 きもの美濃幸 3代目若だんなの徒然日記

愛知県名古屋市の着物屋 きもの美濃幸 3代目若だんなの徒然日記

名古屋市中村区大門商店街にある
きもの美濃幸 ラ・クロシェット
の日々の徒然です!


テーマ:

名駅西、名古屋市中村区大門にあります、

着物専門店&男着物専門店きもの美濃幸

3代目若だんなですウインク

 

きもの美濃幸公式HPはこちらキラキラ

http://kimono-minoko.nagoya/

 

 

3月15日から開催をします、

 

型絵染 岡本紘子展

~季節を彫り、四季を染める~

 

詳しくはこちら

型絵染 岡本紘子展 開催します。

 

 

この個展に合わせて、

昨年10月に、工房に足を運ばせて頂き、

準備を進めてきましたのですが、

 

その際に、

せっかく当店での個展開催となるので、

女性用の九寸名古屋帯と、

男性用の角帯を、各1本ずつですが、

注文、染め出しをお願いしてきました。

 

 

型紙で染めるものなので、

同じ模様の帯や着物はありますが、

色の取り合わせは、美濃幸オリジナル。

 

美濃幸らしい「岡本紘子の世界」を、

お楽しみ頂けたらと思っています。

 

 

昨日のブログや、下にも添付しましたが、

案内状に載せたものがその2本ですが、

 

それぞれのアップ写真を、

ブログでご紹介したいと思います。

 

 

今日は、女性用の九寸名古屋帯。

 

 

岡本紘子 九寸名古屋帯「春も春」

 

 

その名も、今の季節にぴったりな、

春の野山を凝縮したかの様な、九寸。

 

見ているだけで楽しくなる、

そんな染め上がりの一品です。

 

 

小高い丘の稜線を描き、

そこに在る何気ない自然の愛らしさ、

美しさを型に彫り込み、染めあげる。

 

 

10月にお伺いした、

岡本さんの工房から見える、

丘の稜線を思い出させてくれます。

 

 

花が咲き、蝶が舞う丘。

 

 

岡本さんの作風上、

決して写実的なものではありませんが、

氏の心のフィルターを通して見える、

自然の在るがままの姿が、

そこにあります。

 

 

どこか懐かしく、原風景を感じるのも、

岡本さんの作品に共通すること。

 

師匠である、芹沢銈介氏が追い求めた、

型絵や民藝の真髄が在るのでしょうか。

 

 

染め上がって来て、

そのものを手に取った時、

一瞬、「地味かな?」と思ったのですが、

 

何の事はない、

 

長着に合わせてみると、

抜群の個性と、本質的な良さを感じる、

美濃幸の大切な一本になりました。

 

 

期中皆さまに、

春爛漫を感じながらご覧頂けますことを、

心から楽しみにしております。

 

 

名駅西、名古屋市中村区大門にあります、

着物専門店&男着物専門店きもの美濃幸

3代目若だんなでしたウインク


にほんブログ村 ファッションブログ 男性着物・和装へ
にほんブログ村

きもの屋若だんな えいくんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ