NOA  いぬ・ねこの里親募集

  • 21Mar
    • とても悩ましい相性の良し悪し問題

      お兄ちゃんが年少組のお部屋に侵入してきて、シャロンくんの方を向いてて。なんかやな気がしたからお部屋に帰そうと抱っこしようとしたら一瞬噛もうとした。「ハッ」と気づいて噛まなかったけど、あれはやっぱりシャロンくんに飛びかかろうとしていたんだな。こないだ病院の壁に掲示してもらってたお兄ちゃんのチェキ。元保護猫だけど里親募集はしていないのでNOAのブログに出てくることはほとんどないし、名前も出してなかったけど。本当は多頭飼いはしたくないのだけど、保護した子が残ってしまっている現実があって多頭飼いになってしまってますが、やはり悩みは仲悪い子達のこと。特にけやきちゃんとジャムくんはいじめられっ子体質なので心配なのです。同じく病院に掲示してもらってたマーマレード・ジャムくんのチェキ。先生に「けやきちゃんは全員に嫌われてるんですけどなんでですかね?」って聞いてみたんですけど、どうしても相性の悪い子達はいるとのこと。けやきちゃんは元々多頭飼いには向いていないのでけやきちゃんだけをかわいがっていただけるおうちが見つかるといいねっておっしゃってくださいました。確かにそうなんだけど。猫好きのおうちってだいたい先住ちゃんがいるのでけやきちゃんみたいな子はなかなかお声かからないんだよな。頑張るしかない。今日はくるみちゃんの譲渡会の日です。くるみちゃんはおっきな黒猫ちゃんです。うちにいる子の中では一番おっきいです。でも性格は子ども。わがままだし、おてんばだし、叱られることも多いけど。けど。かわいい。むっちりしてて、もうちょい痩せた方がいいと思う。抱っこしてると重いけど。「ふぇ~~ん」って泣き声はなんだろう?ほんとにお子ちゃまな泣き方なんですよね。そんなくるみちゃんに会いに来てください。他にもたくさんの子達が優しい家族のお迎えを待ってると思います。みんなに良いご縁が結ばれますように。

      29
      テーマ:
  • 20Mar
    • 朝ごはんを食べ終わったばかりの平和な年少組。

      みんなの朝食の時間でした。30分前からうるさい年長組に比べてもみんなおりこうに待っててくれる年少組。普通は逆じゃないのか?おいしかった~🎼.•*¨*•.•*¨*•.¸¸🎶というみんなの満足顔です♡おいしかったね、シャロンくん♡今日もお薬しっかり飲んで元気に過ごそうね。くるみちゃんはまだ足らないそうですが、これ以上太ると困るから我慢しようね。そしてくるみちゃんがけやきちゃんのベッドで寝ちゃったので帰れなくなっちゃいました。ちょっと軽く朝の運動しようか。昨日、けやきちゃんの体重計ってあらためて小柄だなぁって思いました。そそ。また詳しいことはブログに書きますが、昨日の病院で先生に気になることを言われて複数の検査を受けました。捨てられた子って本当に過去がわからないから困ります。では、今日も素敵な一日となりますように。

      25
      テーマ:
  • 19Mar
    • くるみちゃん、3月21日(木祝)にあべので行われる譲渡会に参加します。

      幼い頃は毎月のように譲渡会に参加させて頂いていたくるみちゃん。同じ年頃の仔猫が多かったのと、そういう子達の下に潜り込んで姿を隠すという状態であまり目立たず、お声がけをいただいたご家族もありましたが、条件が折り合わずご縁には結びつきませんでした。譲渡会では普段の姿は全く見せないスーパー内弁慶なくるみちゃん。いつまでも居残っていては幸せはつかめません。この度、くるみちゃんのことをずっと心配して下さっていたボランティアさんのお声がけをいただき、久しぶりの譲渡会へ参加させていただくことになりました。なにせ、一番おっきく成長したくるみちゃん。しかも譲渡会ではきっとこれでもかというくらいちっちゃくなって固まってると思いますので簡単にご縁を頂けるとは思っていませんが、いちど実際にくるみちゃんを見ていただいて、どんな子かわかっていただくことができたら次へとつながるかなと思っています。他にもたくさんの猫達が参加されると思いますので、猫をお迎えしたいと考えていらっしゃるご家族はぜひ21日はあべのへ足を運んでください。そして、くるみちゃんにも会いに来てください。この度お世話になることになった譲渡会のご案内です。そして、このところはみんな病院通いが続いています。みんな恐怖におののきながらの通院です。病院に行くの怖がる子ばかりなんです。その恐れおののく表情をごらんください、シャロンくんは怖くて隅っこの方で縮こまることが多いんです。ジャムくんは恐怖の中で鼻を真っ赤にしてずっと泣いています。「ここはどこにゃ~?」ふだんあまり大きな声を出さないけやきちゃんもずっと泣いてました。みんな病院で検査を受けたりお注射してもらったりしましたが頑張りました。今日は譲渡会のご案内を先にしたかったのでみんなの病院の報告などはまた後日させていただきますね。ではまた。

      28
      テーマ:
  • 18Mar
    • 続いて里親募集サイトに掲載していただいてます(チャオ・イヴ・くるみ・ジャム・シャロン)

      昨日のトワちゃん、けやきちゃんに続いて、チャオくん、イヴちゃん、くるみちゃん、ジャムくん、シャロンくんを「いつでも里親募集中」さんに掲載していただいてます。甘えん坊だけど人間怖い。猫のチャオくん。典型的なツンデレちゃん、猫のイヴちゃんベタベタの甘えん坊、くるみちゃんは21日に久しぶりの譲渡会に出ます障がい児だけど一生懸命なマーマレード・ジャムくん重篤な心臓病と闘う猫のシャロンくん病気や障がいの子も含めて掲載していただきましたが、難しいのは分かっていますが、病気だからって幸せになる権利がなくなるとは思っていません。短命かもしれない、お金がいくらかかるか想像すらできない、介護や看病、通院という労力もものすごく大変。そんな子を迎えてくれるなんて普通じゃない。そしていくらお迎えしたいという気持ちを持っていただいても現実的にお金かかるし、仕事だって休まないといけない事態にも陥りかねない。でも希望をもって。ね。チャオくん、イヴちゃんだって野良性の強い子。家族全員が思いをひとつにして守り幸せにしていただくなんて簡単ではない。でも子どもの頃に比べたら全然接しやすくなってます。そして、くるみちゃんはほんっとにかわいい子ですから。また詳細描きますが21日の祝日は譲渡会に出席します。くるみちゃんに会いたい方は時間空けといてくださいね!

      23
      1
      テーマ:
  • 17Mar
    • トワちゃんとけやきちゃん、里親募集サイトに掲載してます。

      今まで掲載していただいていたものが古くなりましたので新しい情報でいつでも里親募集中さんに掲載していただきました。いつでも里親募集中「シュナMIXの女の子、「トワちゃん」いつでも里親募集中「猫のけやきちゃん」引き続きほかの子たちの情報も掲載していただいていこうと思っています。応援どうぞよろしくお願いいたします。

      28
      1
      テーマ:
  • 16Mar
    • 僕たちもキャットタワーで遊びたい!

      ジャムくん以外の年長組の子達は年少組の子達のお部屋に侵入してきます。その理由はのんびり日向ぼっこできたり、キャットタワーで遊んだりできるからなのです。元気っ子のチャオくん&イヴちゃんはいっぱい遊びたいのにお部屋にはキャットタワーがないもんね。というのも、マーマレード・ジャムくんが高いところに登りたがるのですが、必ず転落するので大ケガをしたら大変ということで置いてないんです。でも、僕たちは遊びたいのに。そうだよね。お兄ちゃんは日向ぼっこできたらいいみたいなんだけどチャオくんとイヴちゃんは刺激もほしいよね。たまにはゆっくり遊ばせてあげたいんだけど、ふたりともけやきちゃんをいじめるでしょう。特にチャオくんはけやきちゃんのおうちを力技でこじ開けて怖がらせた前科があるのでやはり人間がいない時には年少組のお部屋には入らせられません。でも、人間がいたらゆっくり遊べないんだよね。気にせず遊んでくれたらいいんだけど。悩ましいな。なにか考えてあげないとね。ではまた。

      22
      テーマ:
  • 15Mar
    • 【 大阪府 里親募集中 】シュナMIXの女の子、トワちゃん。

      先日、シュナMIXの女の子、トワちゃんの病院の日でした。「膀胱結石になりやすい体質」のトワちゃんは予防を兼ねた食事を摂ることでできる限り健康な毎日を過ごせるようにと努力しています。診察台の上のトワちゃん。かわいいお顔をしてますが、実はガタガタ震えています。トワちゃんにとって病院はとっても怖いところ。怖いけど頑張ってくれてえらいです。トワちゃんは膀胱結石の手術があって、検査をしたり手術をしたりその後も検査を続けていて健康なこと比べると里親募集の体制を整えるのが大幅に遅れてしまっています。もちろんすでに里親募集はしていますが、何が遅れているかというと初期医療を終えるのに時間がかかっているのです。避妊手術、ワクチン接種といっぺんにできないことがあるので時間をあけて進めてきましたが、この日はその最後、狂犬病予防接種をしてもらいました。これで準備は完了しました。お注射が怖いトワちゃん。でも本当に頑張ってくれました。ただね。体重がまた増えていた。トワちゃんはとても太りやすい体質。膀胱結石もできやすくて、その対策でペンハー対応のごはんにしているのですが、それでも体重が増えてます。これは本当によくない。運動で減量なんて簡単にはできません。究極は食べる量を減らすしかない。これまでもごはんの量は減らしてくれてるはずなんですけどね。かわいそうだけど次の検査の日まで8kg台には戻しておきたいというところです。トワちゃん、がんばれ!トワちゃんは優しい家族を探しています。めちゃめちゃ依存心の強い子で、人間にベッタリくっついて甘えてきます。家族に愛してもらってしあわせにしてあげたいと思っています。ネックは膀胱結石になりやすい体質。放っておけばまた膀胱結石ができて手術をしなくてはならなくなります。これは体質なので仕方ないのですが、できるだけその期間を延ばして膀胱結石になりにくいように管理する必要があります。かわいくて、性格もバツグンに良い子です。健康管理をしっかりして幸せにしてくださる優しい家族との出会いを待っています。昨日、お泊まりしていたホテルから帰ってきました。トワちゃん、とっても良い子にしてくれたようです。お友達と過ごしたり、スタッフさんに甘えたり、本当に良い子にしてくれました。こういう経験は大きいですね。優しい家族のお迎え待っていますのでどうぞよろしくお願いします。

      29
      1
      テーマ:
  • 14Mar
    • 繁殖場の犬はどこから来るのか?

      少し前にもこの写真を載せましたけど、今日の話題に合わせて再度載せました。この話題もここで何度も書いてますけど、一般の方はまだまだ知らない人も多いので。繁殖屋で子どもを産まされ続ける子たちも際限なく出産できるわけではないのである程度の年齢になると引退の時を迎えます。そういう子たちを引き取っている団体さんもあるし、ブリーダー自身で里親募集しているところも多いんです。さんざんお金儲けのためにこき使っておきながら里親募集って善人ぶるのは好きではないんですけど。逆にそのまま死ぬまで飼い殺しのブリーダーだってたくさんあります。さすがにこのご時世では保健所持ち込みの殺処分なんてできませんけど、一昔前は実際にバイトの名前で殺処分していたような業者もいたし、尼崎市のセンターのように業者の手先になって殺処分していたとこなんかも表ざたになったとこもありますよね。では引退した子のあとに産まされ続けるのは一体誰なんでしょうか?よく「ペットショップで売れ残った子はどうなるんですか?」って疑問をもつ人がいます。「殺処分されるかも?」と心配する人も多くいらっしゃるようです。でも実際はそういう売れ残った子たちがそのまま繁殖用に転用されることが多くなります。殺処分されなくてよかった~じゃないですよ。ずっと閉じ込められて飼い殺しです。ファミリーブリーダーとかでお散歩に出してくれるとこもあるにはありますが、一般的な繁殖屋はそんなことしません。それ以外にふれあい動物園なんかに出される子も多くなっているようですし、うさぎやモルモットなどの小動物はふれあい動物園でで使い捨てにされるケースがとても増えているようです。ストレスに弱い小動物をふれあい動物園なんかに出したら、そんなに長生きできません。まさしく使い捨て。お子さんたちの長いお休みの期間なんか出張ふれあい動物園とかよく出てきますけど、見た目かわいいけど過酷な現場です。今年はGWが長期になるので心配ですね。そんなふれあい動物園なんか重宝しないでくださいね。ちょっと前も滋賀県のふれあい動物園が無許可飼育で罰金刑が出てましたが「どうぶつがよく死ぬお騒がせ動物園」として有名でしたね。滋賀県のふれあい動物園のyahooニュース繁殖場についてはいろんな方がいろんな情報を出しておられるのでここでは細かく書きません。実際はここに載せてる写真のようなきれいに掃除されたとこなんてないんですからね。ずっとこんな小さなとこに入れられて引退する日まで過ごすんですよ。無事に引退して、その後里親さんに迎えられて幸せになれる子なんていいほうですから。そうならないことが多いのは想像できますよね?ペットショップで売れ残っている子を心配しているうちに、その子の姿が見えなくなって店員さんに「あの子は売れたんですか?」なんて聞いたときに店員さんから帰ってくる言葉。「あぁ、あの子は他店に移動したんですよ」大手のショップではこんな風に返ってきます。店員さんも実際は知らないんですよね。でもこの10年で本当に変わりました。10年以上前なんてもっともっと悲惨だったんですから。やはり市民の目が届くようになると変わります。「不要になったペットの定点回収」「金属バットを振り回して殺処分機へ追い込む職員」「定期的な野犬狩り」「機械的な全頭殺処分」昭和の時代はしょせん犬畜生なんて言われて人権というか何の権利もなかったんですから。動物愛護管理法の改正に向けての署名活動とかされている団体さんも多いと思います。市民の声を届ける大事な機会ですのでぜひみんなで参加しましょうね。ではでは。

      69
      4
      テーマ:
  • 13Mar
    • 体が揺れるのでごはんを食べるのも大変です。

      お馴染みのマーマレード・ジャムくん。ごはんを食べてる動画です。正面から撮るとそんなでもないんですが、障がいの影響で体が大きく揺れています。なのでお皿にごはんがたくさんある時はいいのですが、少なくなってくるとお顔も揺れているのでなかなかお口に入らなくなってしまうのです。なのでごはんの時はできるだけジャムくんの体を支えて揺れを抑えながら食べてもらっています。そうして人間の目がジャムくんに集中してるので他の子達に目が行き届かなかったりしがちなので注意したいです。体調が悪くてごはんが進まないという子がいても、他の子が横取りして食べちゃうので気づかなかったということがありましたので本当に気をつけたいです。

      33
      テーマ:
    • お泊まりしているトワちゃんと新しいサプリを購入したシャロンくん

      シャロンくんの次の検査の予定は今週の土曜日です。先月から心臓の状態も徐々に悪化してきて心配がつきませんが、お薬とともに服用していたサプリメントをより良いものに変えました。サプリだけで一日1000円という高価なものですが、次の検査で少しでも値がよくなっていることを願いたいです。うちにいる子達ってみんなかわいいんだけど、シャロンくんって特に美形だし性格もいいし、本当に病気さえなければっていつもおもってしまいます。そして、シュナMIXのトワちゃん。お姉ちゃんのご都合でホテルでお泊まりしています。お姉ちゃんにものすごく依存していて、新しい家族を探さなきゃいけないのに、お姉ちゃんがそばにいてくれないと不安で不安でしかたない子になってしまっているので、お泊まりなんか大丈夫かな?って心配していました。お姉ちゃんが、ホテルのブログに掲載されているトワちゃんのところをスクショして送ってくれました。馴染んでいるようでホッとしました。他の子達とも仲良くできているのかな。それは里親募集するのに大きな出来事ですよ。トワちゃん。がんばれ。トワちゃんは強い子だよ。

      23
      テーマ:
  • 12Mar
    • お迎えする時はぜひ犬(猫)の気持ちを考えてください。

      NOAでは猫ちゃんの里親希望を下さる方には「脱走対策」について口うるさく言っています。お迎えいただいた子がおうちから逃げ出してしまったという事件が何度もあったからです。でも直接里子に出た子ではないのですが、犬の脱走が本当に多いのです。迷子を保護したことも何度もありますし、ネットでは迷子の情報があふれています。明らかに捨てられたんだろうなって子も多い反面、大事にしてもらってた感が滲み出ている子の情報も多いです。行政機関に出入りしているとピークの季節には毎日複数の迷子犬が保護されてきているのを目にします。その大半は家族が探して迎えに来てくれますが、残される子が行き場を失いNOAへやってくるという感じです。ともかく、こんだけ迷子になるということは対策はしていってもらわないと。油断して迷子にさせて交通事故でって話もしょっちゅう目にしますからね。お散歩中に不意にリードを離してしまった。ノーリードの散歩で驚かせる出来事があった。雷や花火に驚いて飛び出していってしまった。その他もろもろ。大事な子を迷子にさせることは理由もいろいろです。対策できることはしっかり対策し、油断をしないようにということなのですが。お迎えしたばかりの子には特に注意が必要です。ペットショップやブリーダーからお迎えした子(仔犬)と保護された子(成犬)をお迎えした場合でも少し違いがありますし、保護された子でも捨てられて保護された子、ブリーダー引退犬、野犬等、とその子が過ごしてきた環境は様々です。NOAでは捨てられた子、あるいは迷子になったけど家族が迎えにきてくれなかった子が対象になります。この子達はなぜ自分が家族と離れ離れになっているのか理解できていない子も多くいます。そう。はやく大好きな家族のいるおうちに帰りたいと必死になってる子が多いのです。その中には身勝手に捨てられた子や虐待を受けていたような子もいます。そんなつらい思いをしてきたというのにその子にとってはその飼い主が家族だって思っていたりするのです。ほんと明らかに大事にされてこなかったであろう子でも飼い主が迎えに来るのを待ってるんですよ。そんな子を見てるとほんと涙、涙です。NOAではフォスターさん(預かりボランティア)のおうちでおせわしていただくことが多いです。怖かったね。寂しかったね。不安だったね。そう言って少しでも安心してもらおうと優しく接してくれます。でも、当のわんちゃんは「誰ですか?」という状態の子もいます。なので、本当にここは安心していいところなんだとわかってくれるまでは、早くおうちに帰りたいとソワソワしてたりするのです。なので、お散歩の時はもちろん、おうちでも下手に扉を開けっ放しにしたりするのはとても危険です。そしてそれはフォスターさんに限りません。フォスターさんに大事にされた子は「ここが自分のおうちなんだ、そして新しい家族なんだ」って思ってたりします。そこで新しい家族だよ、今度こそ幸せになるんだよって送り出した里親さん宅で「ぼくのおうちはどこ?家族はどこ?」と不安になってる子がいます。人間は幸せになるんだよ~って送り出してるのに当のわんちゃんは「また捨てられたの?」と不安になってたりします。お迎えされた里親さんも、うちで幸せにしてあげなきゃって色々と準備して下さっているのに、早くお家に帰る!って必死に思ってたりするんです。よくよくお迎えした子のこと、犬でも猫でも同じです。心から安心して自分のおうちだ、自分の家族だ、そう思ってくれるまで決して油断しないようにしてくださいね。トライアル中の迷子は本当に多いし、そこで事故に巻き込まれると大きな後悔になってしまいますので。みんなして、大事な子を守って、幸せにしてあげましょう。よろしくお願いします。

      39
      2
      テーマ:
  • 11Mar
    • 【 大阪府 里親募集中 】シュナMIXの女の子、トワちゃん。

      久々の登場となります、シュナMIXの女の子のトワちゃんです。トワちゃんはお姉ちゃんと一緒にいろんなところへ連れていってもらっています。そしてお散歩友達なんかもたくさんできて。早く優しい家族ができますようにって神社やお寺に行ってお祈りしています。かわいくて、性格が良くて、とっても賢いトワちゃん。こんな良い子、なかなかいませんよ。ずっとブログを見てくださっている方はご存知と思いますが、トワちゃんは膀胱結石の手術を受けました。どうも何度も膀胱結石になってしまう体質のようで、良い子なのに捨てられたのはそれが原因ではないかなって思うのです。だから、できるだけ膀胱結石が再発しないよう食べものにも気をつかっています。再発しないようにという道筋が見えたらきっと優しい家族ができると思うのです。だって本当に良い子なんですもん。先日、検査のために病院に行きました。そのお話はまた明日。かわいいトワちゃんの応援。どうぞよろしくお願いします。

      27
      1
      テーマ:
  • 10Mar
    • 花粉症。

      人間は花粉症がつらい季節ですね。聞けば花粉症のおさるさんとかもいるそうです。みなさんのおうちの子達は大丈夫ですか?みんな機嫌よく過ごせていますように。こちら。シャロンくんの陰に隠れて様子を見てるチャオくん。ほんとはこのお部屋にいてはいけないんですけどね。ケンカさえしなければお部屋を分ける必要もないんだけど。花粉症のおかげですべてにおいて集中力がなくなってきています。はやく花粉の季節が過ぎ去りますように。

      30
      テーマ:
  • 09Mar
    • ~僕は僕らしく~心臓病のシャロンくん

      『心室中隔欠損症』シャロンくんの心臓病の名前です。今も複数のお薬とサプリメントを飲んでいますが治る可能性はゼロ。そして一縷の望みをつなごうとした手術も術中に命を落としてしまうということでダメになってしまいました。シャロくんってとっても甘えん坊だし、お茶目なところもあるし、このブログをずっと見てくれている方なら覚えている方もいらっしゃると思いますが、卒業していったあずきくんに性格もルックスもよく似た「弟キャラ」の男の子です。性格もいいし、かわいいし、病気さえなければ絶対優しい家族と出会えて幸せになれたと思うのです。それが、生まれつきと言われる不治の病に侵されてしまい、ほかの子たちが元気に飛び跳ねて遊んでいるのにシャロンくんは体が動けない。寝ている時間が多くなってしまう。このことを当のシャロンくんは「なんで?」って思っていると思います。そんな表情をよく見かけました。もうひとりの障がい児のマーマレード・ジャムくんとはお部屋が違うので基本的には顔を合わせませんが、うちにいる子でとってもかわいそうな子たちなんです。でも、先日のMRI検査を受けた時の神経科の専門医の先生からジャムくんは障がいの直接の影響で命を落とす心配はしなくてもよさそうだという診断をいただいたのに比べて、シャロンくんのほうはもっと深刻で、現在お薬で保っている心臓の状態が破綻してしまったら一気に命の危機に直面します。一番心配されているのが『肺水腫』。とても怖い症状です。ともかく苦しみを最小限にするために細かい検査を受けています。お薬も絶対に切らせてはいけません。病院代もものすごく高額になっています。そんなシャロンくんですので安易に里親さんとしてお迎えしてくださいとは言えません。でも、たとえ短い生涯だったとしても『しあわせ』って思ってもらいたい。それは一番に大切に愛してくれる家族のもとで過ごすことなんだと思います。正直、これからかかる医療費は症状の悪化とともにどんどん上がっていきますし、循環器科の専門医の先生なんてそんなにいらっしゃるわけではないので現在の病院、あるいは循環器専門病院などに急患で駆け付けられる距離でないといけません。だから正直無理だなって思っていますが、それでも呼びかけをあきらめることはしません。ぼくらしく生きているシャロンくんのためにも。引き続きシャロンくんのことを応援してください。よろしくお願いします。

      28
      2
      テーマ:
  • 08Mar
    • 【 大阪府 里親募集中 】猫のけやきちゃん

      こないだから、けやきちゃんとくるみちゃんのコンビで病院に連れて行く機会が続いています。でもこのふたり、とっても仲が悪いんです。だからけやきちゃんは人間がいる時間以外はけやきちゃん専用のおうちで過ごしています。ぺろっけやきちゃんはうちにいる子の中でも飛びぬけて小柄な女の子です。ライバルのくるみちゃんが並み居るお兄ちゃんたちよりもおっきい子なのでケンカしたらひとたまりもありません。くるみちゃんとだけ仲が悪いのかと思いきやそうでもありません。となりのお部屋からよく侵入してくるチャオくんとイヴちゃんにも相当嫌われています。チャオくんとイヴちゃんと対峙してしまったらケガどころでは済まなくなるかもしれません。だから絶対に人がいないときにけやきちゃんをおうちから出せないんです。シャロンくんとだけちょっとだけましなんです。ほんとに時々だけど、けやきちゃんがシャロンくんが近づいても怒らずにぺろぺろしたりすることがあります。いつもじゃないですけどね。でも逆に心臓病で去勢手術ができなかったシャロンくんを興奮させると心臓の状態が危なくなるのでふたりっきりにはさせられません。なかなか簡単ではないですね。シャロンくんはせっかく女の子と仲良くできるチャンスなのに人間に邪魔されて不満そう。ひとの恋路を邪魔するやつ状態になってしまっています。けやきちゃんはほとんどの猫と仲良くできません。なので多頭飼育は無理だと思います。でも、めちゃめちゃ人間大好きでめちゃめちゃ甘えん坊な女の子です。いつもべったりくっついてきて、人間にふれていると安心するみたいです。他の子たちと一緒のとこにいると、いじめるほかの猫たちに怯えている状態になってしまいます。そんな環境から早く卒業させてあげたいと思っています。とてもかわいいけやきちゃんの優しい家族を募集していますのでNOAのホームページをご覧になってください。どうぞよろしくお願いします。

      25
      2
      テーマ:
    • 里親のみなさま、最期のその時まで愛情を、そしてできればご連絡を。

      里子として迎えていただいた子達。10年以上もやってるのでお別れする子もたくさんいます。優しい家族と出会えぬまま天に召された子達はホームページの中にある「メモリアル」のページに掲載しています。そして優しい家族と出会えて幸せになれた子達は基本的に供養は里親さんにお任せしますので、こちらですることはあまりないのですが、それでも元の飼い主に捨てられて心傷ついた子達を里親さんにつなぐまで一生懸命お世話をしたので思い入れの強い子達ばかりなんです。なので亡くなった時もご連絡はいただきたいんですね。年に何度も近況をお知らせしてくださる方、年に1~2度だけど連絡して下さる方。本当にありがたいんです。お迎え頂いた子はトライアル期間を終えて正式譲渡の書類にサインしていただいたら基本的にはそのおうちの家族として幸せにしていただきます。虐待やネグレクトなんかしたらそりゃ取り戻しますが、初期の頃はともかく今はそんな人はさすがにもういません。だけど、近況のご連絡をいただけない方もやはりいらっしゃいます。お忙しいのはわかります。めんどくさいというのもわかります。だけどお約束なのでね。お願いしますよ。このようなお願い記事を書くと必ず「連絡しなくてすみません」とご連絡下さる方がいらっしゃるんですが、その大半はちょっと遅くなった程度でほぼほぼちゃんとご連絡下さっている方だったりします。なんか申し訳ないです。そんなやいやい言ってるつもりはなくてほんとにご連絡のない方にたいしてお願いしているだけなんです。先日、続けてうさぎちゃんの里親さんからご連絡をいただきました。そのどちらもsakagamiが担当していた時期にお迎えいただいた子で、AYAさんが入るよりだいぶ前の子達なのです。その中で連絡先がわからなくなったという方がいらっしゃいました。NOAとSTRはそれぞれ独立して活動をしていますが、特にだいぶ前の里親さんには、担当者や連絡先が変わったりして戸惑わせてしまいましたね。申し訳ありません。平成31年3月の時点でうさぎチーム SAVE THE RABBITS への連絡先はnoa_usagi@love-peace.jpにお願いします。犬や猫に関することは今まで通りnoa@love-peace.jpへお願いします。メールのご返信はできるだけ早くできるように努力していますが、少人数での活動のため手が回らずお返事が遅くなってしまうことがあります。ご理解いただけますようよろしくお願いいたします。

      9
      テーマ:
  • 07Mar
    • スキンシップ、そして心を通わせることがとっても大事なのです。

      おうちで一緒に暮らしている子達は野生動物や畜産動物と根本的に違うことがあります。それは「人の愛を受ける」ということ。おうちの子と人の愛を受けることのない野生動物や畜産動物では心の輝きが全然違うのです。でも誤解のないように補足しますが、野生動物や畜産動物も感受性は高く、喜びや悲しみを感じます。屠殺されるために向かうトラックに乗せられるのを嫌がるし、乗せられた子達は涙を流しています。畜産業者のみなさんは知ってますよね?やはり愛されたことのない子は愛される喜びを知らない。それはそれでかわいそうなことだとは思いますが。保護された子達の中には家族に愛された経験のある子がいます。そういう子は家族の愛を探し求めます。愛された経験のない子も保護されてきます。そういった子は野生動物や畜産動物と同じような表情をします。そこからおうちの子になれるようにリハビリを始めるのです。今うちにいるのは猫たちが中心です。猫は犬ほどの表現力はありませんが、それでも喜怒哀楽は手に取るようにわかります。仲のいい子も悪い子も。いろいろいるけど幸いなのは全員人間が大好きだということ。チャオくんとイヴちゃんはちょっと距離はあるけど、それでもふたりとも全然くっついてくるしね。イヴちゃんなんてこうして甘えてくれるのは一日に1回だけですよ。それでも以前はさわらせてもくれなかったことを思うと全然変わってくれたと思う。けやきちゃんは人の目が届かないところでは誰とも一緒にさせられないので孤立しがち。だからその分、人が寄り添ってあげなければいけません。病気、障がいの子達がいるので限られた時間の中、本当に大変なのだけど、みんなとふれあってあげる中でキラキラしたお顔で見上げてくれます。みんな、それぞれ新しい家族のもとでめいっぱい甘えられる日が来ますように。

      27
      テーマ:
  • 06Mar
    • マーマレード・ジャムくん朝からギャン泣き

      マーマレード・ジャムくんのけたたましい泣き声で叩き起されました。あわてて駆けつけるとお兄ちゃんにボコボコにされているジャムくんの姿。「なんでいじめるの!」お兄ちゃんを引き離し、ジャムくんを抱っこ。お耳に噛まれた跡が。あぁ、かわいそうに。でもね。仲が悪いこのふたり。先にケンカをふっかけるのはジャムくんなんだよなぁ。弱っちぃのになぜかお兄ちゃんに食ってかかるジャムくん。そして案の定ボコボコにされる。お兄ちゃんは加減を知らんからなぁ。朝から悩ましい。

      28
      テーマ:
  • 05Mar
    • 「飼えなくなりました」自己弁護はしてほしくないですね

      3月5日はうさぎのポルちゃんの三回忌でした。STRとは分離したのですが、今日のお話は犬や猫にも通ずるお話ですので書いていきますね。ポルちゃんは右も左もわからない初期の頃の子なのでたくさん苦労をかけてしまった。そして色んなことを学ばせてもらいました。そして一昨日はポルちゃんと同じセンターから保護されたまめちゃんが亡くなりました。11歳でした。このふたりに共通しているのが、迎えてくれた里親に再度見放されたという考えられない経験をしたことです。ポルちゃんは里親として迎えられ1週間もしないうちに追い返されました。電話を切ってその足で新幹線に乗って迎えに行きましたよ。しかも信じられないことにその里親さん、それから数年後、別の犬の里親希望をしてきました。名前も住所もメアドも一致。なにそれ?意味がわからん。先日亡くなったまめちゃんは赤ちゃんの時にセンターで保護されて、迎えられたおうちで3歳まで過ごしたあと、その里親から離婚することになり経済的に飼い続けることが難しいから返すと言われました。当時のセンターでは出戻りは問答無用で殺処分になります。なのでこちらで引き受けました。まめちゃんを届けにきた里親。別れを惜しむでもなくあっさりと帰っていきました。そしてその翌日。SNSでupされた「ユニバなう」という楽しそうに遊ぶ写真を見ました。その後すぐにブロックされて音信不通。ふざけるな!めちゃめちゃハラがたちました。そして3年間どんな暮らしをしてきたのか、まめちゃんは病気が見つかり、さらに精神を病んだ状態になりました。赤ちゃんだったので不妊手術は里親の責任でしなければならなかったのにしてなかったし。そんなまめちゃんを救ったのは当時小学生だった新たな里親さんのお嬢さんでした。まめちゃんは精神状態に不安定さがあり、噛みつくことがあって、ママはお迎えを断念しようかと思っていたところ、小学生のお嬢さんが「ママはそんな軽い気持ちで迎えようとしてたの?」と訴えてくれました。ママもその言葉に胸を打たれてお迎えしたいと申し出てくれました。まめちゃんの精神も落ち着きを取り戻し、噛みつくこともなくなりました。そして二度も捨てられたまめちゃんを11歳になるまで大事にしてくださいました。小学生だったお嬢さんもこの春から大学生だそうです。まめちゃんを幸せにしてくれてありがとう。特にこのお嬢さんには感謝しています。人間、生きていれば色んなことがあります。楽しいこともあればつらいこともある。でもそれらをひっくるめて人生なんですよね。大事にしていた子を守り続けられなくなることだってあるかもしれません。仕方ないことも正直あるでしょう。でも最後まで責任を果たそうと努力する人ととにかく放りだそうと焦る人。極端に別れるんですよね。10年以上やってるので引き取ってくれって相談は山ほどきました。ご自身の病気であったり破産であったり、あるいは飼い主が亡くなって遺された子をという話もありました。その他には失業や離婚というものから結婚するからとか赤ちゃんがうまれたからとか、そんなもん知るかって理由のものもありました。いつもなんの罪もない子達がつらい思いをするんです。数年前に届いたメール。「飼えなくなった、もう保健所に連れていくしかない。引き取ってくれ。」そのメールに返事をしたがその後何も言ってこなかった。しばらくして届いたメール。「なぜ返事をしない、あの子は保健所で殺処分になった。あなたがたのせいだ!」という非難のメール。受信設定で何かしていたんだろう。こちらの返事が届いていなかったようだ。テメーで保健所に持ち込んでこっちに責任をなすりつけるってどんな神経してるんだって思いますけど、この人、こっちに責任転嫁したおかげで自分が殺したという罪悪感は持ってないでしょう。許されるべきではないのに、しれーっと暮らしているんだろうな。みんな言う。 お迎えする前にあれは大丈夫?これは?と色々聞くんだけど「大丈夫」って返事しか返ってこない。里親希望の人でも不安材料をあげたらどんなことがあっても守ります。と断言してていざトライアルの段になったらあちこちウソついてたり、トライアルが終わるまで我慢して正式譲渡になった途端やりたい放題するひととか。書類が揃ってたらOKする行政とか、とにかく回転数をあげないといけない団体とかならOKでもウチはそういうふうにはしてないのです。それで、何かあったらもう飼えません。ってあっさり白旗をあげる。色々提案しても「しかたなかった」。これが決まり文句。お迎えする時に将来の見通しが甘いし、諦めが早すぎる。ほんとにもう。ちゃんとしてる人はちゃんとしてるけど、無責任な人はほんと無責任。そんなのに関わりたくないよ。でもその手元にいる子のことを考えると何だかわからない感情になってしまいます。ほんと病むわ。あ。いつもの通り「私はちゃんとしてますぅ」って個別のことではありませんので。あくまで今まであったひどい実例とその予備軍がたくさんいるというお話です。ではまた。

      26
      3
      テーマ:
    • 【 大阪府 里親募集中】黒猫のくるみちゃん

      くるみちゃん。なぜかいつもけやきちゃんをいじめます。そして最近ではシャロンくんのこともいじめます。こんな書き方するとどんだけ乱暴者なんだと思われそうですけどコロッコロで甘えん坊なお子ちゃまなんですよ。めずらしくきれいに撮れたくるみちゃん。本人はじゃれてるだけなんだと思うけど体が大きいからね。やられる方は圧が強く感じるんだ。まだ若くて遊びたい盛りのくるみちゃん。先住ちゃんがいなければ心配することも少なくてめちゃめちゃ楽しくなります。もちろん脱走対策は必要ですけど。優しい家族のお迎えを待ってます。里親募集要項はNOAのホームページをご覧下さい。よろしくお願いします。

      28
      1
      テーマ:

プロフィール

NOA

自己紹介:
行政機関に保護された捨てられて居場所がなくなった犬や猫の心と体をケアし,終生幸せにしていただける新し...

続きを見る >

フォロー

月別

一覧を見る

Ameba人気のブログ