NOA  いぬ・ねこの里親募集 -2ページ目
  • 05Apr
    • 選挙やってますけど「どうぶつ行政」の視点で見ると?

      統一地方選まっただ中ですね。街宣車が町中を大音量で候補者の名前を連呼してますが、どの候補が住みよい街にしてくれるんでしょうか?大阪では、知事・市長・市議・府議、と4つの選挙が一緒なのでほんとにぎやかです。ここではどこの党とかどの候補とかの話はしません。でもね。これまでもいろんな政治家の方々(国政含む)が「殺処分ゼロ」と公約に入れ込んでいるんですけど、具体的な政策について踏み込んだ話ができる人ってほんといないんですよね。実際のところよくわかっていない政治家がほとんどなんじゃないか?動物愛護管理法の改正について要望や署名運動などもやっていますが、そういう市民の声をもう少し勉強したほうがいいような政治家も多いですよね。繁殖について、生体販売について、飼い主への教育や遺棄や虐待に対する罰則の強化など、いろんな問題が山積していますので、お題目で殺処分ゼロって言っておけばいいくらいの人なんていらないんだよね。本当に腰を据えてちゃんと考えてくれる人に当選してほしいなって思います。どうぶつ行政だけじゃないんで、それだけで当選されても困るんだけど、どうぶつ達のこともベースにしてより良い社会にしていっていただきたいです。例えば中学の社会科の授業で習った将軍・徳川綱吉公の「生類憐みの令」。授業中では笑いのネタにされてましたけど、冗談抜きで「生類憐みの令」を復活させてもらえんでしょうかね?そのまんまじゃ無理でしょうけど、現代版にアレンジしてね。最近、虐待とかのニュース多すぎるので、そういう犯人には厳罰に処しもらいたいもんです。文字ばっかじゃかわいくないので今日の夕方の年少組のお写真を載せますね。シャロンくん。最近、甘えん坊の度合いが増してるんですけど。素人の見た目の体調は安定している様子です。けやきちゃん。ほかの子たちと仲良くできないので、人間がいる時間はずっとこんなふうにそばにくっついています。この時間はPCで作業をしていたのでずっと足元で甘えていました。くるみちゃん。けやきちゃんのおコタの中で寝てるくるみちゃん。別名は仔熊ちゃん。起きてたら邪魔ばっかしてお仕事にならないので寝ていてくれてよかった。猫部屋での作業中の様子です。PCの画面はフィガロくん。もうすぐ命日だね。ではまた。

      27
      テーマ:
  • 04Apr
    • ブログやSNSをされてる里親さん

      里親募集をするにあたり、ブログでの情報の更新は欠かせないですよね。NOAで里親募集中の子はホームページのほか、里親募集サイトで公開していたり、それ以外にもチラシを作成して配布したりもしています。でもね。やはり、ブログを続けて見てくださっている方からお迎えのご希望をいただくとNOAの考え方もご理解頂いている方が多くてお話も進めていきやすいんですが、里親募集サイトからとかでお申し出いただく方々は「お迎えしたい」という思いが先にくるという感じなので悠長に話をしたいとは思っていなかったりして難しいことも多いんです。なのでブログはこれからも大事にしていきたいと思っています。いろいろ言われますけどね。いろいろ言う人のために書いてるわけじゃないので、家族とのご縁を待っている子たちのことを思ってくださる方々へこれからも書いていきたいと思います。今いる子達の健康と幸せのために。そしてつらい思いをする子たちがいなくなる社会にしていくためにね。里親募集している子をわが子としてお迎え下さった里親さん。本当に感謝の思いでいっぱいです。口うるさい存在だったと思いますが、そんなのも乗り越えてわが子とともに幸せな毎日を過ごしてくださっていることが本当に嬉しいのです。そんな里親さんには盆と正月くらいは近況をお知らせくださいね、とお約束しています。別に盆と正月に限ることではないのですが、年に2回以上はご連絡いただきたいと伝えています。まめにご連絡をくださる方もいらっしゃるし、ご丁寧に盆と正月に年賀状と暑中見舞いという形でご連絡を下さる里親さんもいらっしゃいます。ただ、全くご連絡のない里親さんがいらっしゃることが残念なのですが。来月あたりに法人格が変わったりお知らせすることもあるのでその時にそういうみなさんにもご連絡してみようと思います。そして里親さんの中にもブログやSNSをされている方がたくさんいらっしゃいます。ほとんどコメントしたり、いいネを押したりってことはしないのですが、幸せにして下さっている様子を拝見できることはこの上ない幸せです。なんかね。遠いところ(地理的には近いとこも多いんですが)に嫁にやった親のような気持ちになって見ています。平成もあと1ヶ月を切ってますが、新しい令和の時代にかけてもご家族そろって、健康で幸せな毎日を過ごせるよう祈っています。

      40
      テーマ:
  • 03Apr
    • 侮れないサプリメント。少しでも楽になるなら。

      この土日はカミナリが鳴っててシャロンくんがめちゃめちゃ怖がっていました。お留守番の時間にもピカピカゴロゴロ鳴ってたのでめっちゃ心配しました。人間は洗濯物を乾燥機から取り出す時の静電気にめちゃめちゃ怯えているのですが...。ほんと電気系統は怖いですよね。そう言えば、獣医師の先生のセミナーで聞いた話なんですけど、携帯の充電器のコードとか齧る事故が多いそうなのですが、あれって意外と電気が流れていて、齧ったその時は何もおきなくても2~3日後に症状があらわれて亡くなってしまう子もいるのだそうです。細いコードだし、笑い話にしている人も多いと思いますがけっこう怖い話なのでお互い気をつけましょうね。さて。こないだの病院で背骨が浮き出ていて心配したシャロンくん。お薬のほかに、魚油を中心としたサプリメントを処方していただきました。知り合いの人に話したら鼻で笑われたけど。現在、シャロンくんが飲んでるお薬は2種類、そしてサプリメントも2種類飲んでいます。サプリメントは今回の魚油のものと、もうひとつは血小板などを作り出す細胞さい帯とプラセンタというもの。これが高いんだ(泣)元々、サプリメントなんて気休め程度にしか思ってなかったのですが、シャロンくんの場合はとにかく命に関わることなので藁をもすがる思いでお薬はもちろんサプリメントも欠かさず飲ませています。お薬はとても重要なところを守ってくれているのですが、サプリメントは全体的にシャロンくんの体を補っていくものという理解です。プラセンタとかのほうは、心臓の穴をふさいだりというのは難しいけど心臓病からの合併症を予防するという効果があるそうで、高いけど欠かせないんです。そして今回のは痩せていってる筋肉を補強するようなものとして処方していただきました。飲み始めて半月くらい経ちましたが、確かに背中のゴツゴツしたのがなくなってきています!ナデナデしていると手の感触が全然変わったので鈍感な自分でもわかるくらい。ほんとビックリ。サプリメントなんて効いてるのか効いてないのかわからんもん、という認識でしたが、こうして目に見えて改善しているのはうれしいですよね。魚油のサプリは根本の心臓病の部分のものではないけどプラセンタのほうも心臓に良い効果が出てきているように祈りたいです。今年に入ってから検査の数値がだんだん悪くなってきていて本当に心配してるのですが、少しでもブレーキがかかって良い方向へと進むことを期待しています。ほかにもシャロンくんのためにレイキとかしてくださっている方もいらっしゃって、本当にみんなでシャロンくんを守りたいなって思っています。引き続き、シャロンくんの応援をどうぞよろしくお願いします。でも同じように背骨が浮き出ているマーマレード・ジャムくんなのですが、先生(かかりつけ医は別なのですが)にシャロンくんのことをお話ししたけど、ジャムくんは体の機能が障がいによって動かなくなっていることから筋肉がやせ落ちてしまった状態で、シャロンくんとはまた違うのだと言われました。同じ症状でも原因と結果が違ったりするものなのですね。シュナmixのトワちゃんも膀胱結石になりやすい体質ということで、先日ブログ読者の方から「ウラジロガシ茶」を飲んでみては?というご提案をいただいて今調べているところなんですが、人間は確かに結石等の予防として評価されているようなのです。それで、犬にも与えてるという情報もいくつか見てるんですが、もうすこし深いとこを知りたいなと思って調べているところです。自分にはこんなにお金かけることなんてないんだけどみんなは健康を取り戻せばまだまだ家族と出会える可能性もあるんだから。がんばろう。

      38
      テーマ:
  • 02Apr
    • 新年度、こころあらたに。

      4月1日。新年度のスタートですね。そして新元号の発表がありました。「令和」だそうで。馴染むまで少し時間かかるかもしれないけど良いと思いました。いま、スマホで「令和」って打ったら「ようこそ」ってヒラヒラ舞ってました。これはSimejiがやってんのかな?昭和から平成に変わった平成元年一月はラブアンドピースの創始者であるAさんと初めて出会った月でした。その時一緒にいた先輩のNさんは今、兵庫県議会議員に立候補してます。市会から県会への転身ですが正直厳しいとは思うのですがね。なので個人的には平成はAさんとのかかわり合いをなくしては語れません。そして平成10年からですけどラブアンドピースとともにありました。そんなラブアンドピースも転機を迎えます。これまでの組織を一旦白紙に戻し、青少年は学習塾が、うさぎはSTRとして、それぞれ別の道を歩みます。そして犬と猫はNOAがそのまま引き継ぎます。法人格も変わる予定です。はっきりしたらまたお知らせしますね。NOAでは行政機関から依頼を受けた保護された犬と猫を引き取って優しい家族とのご縁を結ぶ活動をしていますが、それは本意ではなく、本当は捨てられたり、迷子になって帰れなくなる子をなくすことが一番の願いなのです。そのためにもっと一般の飼い主さんにどうぶつ達との共生について考えることができる勉強会や催しをもっとしていきたいなって思っています。でも、現実はまだまだ行き場をなくす子が多すぎるし、あれもこれもとやれるだけの余裕も力もありませんが。このご時世に、こんな地道な活動を10年以上続けるって我ながらすごいなって思います、思えば母親には「なんて飽きっぽい子だ」と散々あきれられていたくらい何をするにも続かなかった子が大人になってこんなに地道にやってるなんて。うさぎの時もそうでしたけど、犬と猫の活動もみなさんに支えていただかないと何も進みません。NOAは本当に支えてくださっている方も少数ですし、スタッフと呼べる人もいません。現在ご協力いただいているボランティアさんとフォスターさんを含め、大きなことはできないけど地道にご縁のあった子たちを幸せにするために、そして命にやさしい社会にしていくために頑張りたいと思いますのでどうぞよろしくお願いします。新しく出発するNOAですが、そんなに変わることとかはありません。ホームページはこちら→ team NOAteam NOA の連絡先はnoa@love-peace.jpです。ご支援の振り込み口座なのですが、法人格の変更で変わる可能性がありますが、今しばらくは現在の口座へご支援をお願いします。変更の際は改めてブログにてお知らせさせていただきますのでどうぞよろしくお願いします。前年度の会計報告はただいま鋭意作成中です、あとしばらくでできると思います。↓ご支援の口座↓◆ゆうちょ銀行記号14120 番号83125151 トクヒ)ラブアンドピース◇他の金融機関からの場合・・【店名】四一八(読み:ヨンイチハチ)【店番】418 【普通 口座番号】8312515【口座名】トクヒ)ラブアンドピース◆犬と猫の里親希望のみなさまへのご案内です。a)里親希望のみなさまへ(譲渡条件)と里親募集中のどうぶつ(犬・猫それぞれの条件)は必ず熟読の上、里親希望のお申し出をお願いします。お読みにならずにお申し出をされる方が多く、お話を進めていく中で条件にあわないという事例が多く、困っていますのでどうぞよろしくお願いします。b)正式譲渡の際に初期医療費の一部のご負担をお願いしていましたが、他のボランティアさんに比べ高いということもあり、値下げすることになりました。新年度より犬については30,000円、猫については20,000円の医療費一部負担金をお願いします。初期医療の内訳は以下の通り。= 犬 =フィラリア検査、フィラリア予防薬、ワクチン接種(8種~10種)、血液検査、便検査、フロントライン、避妊去勢手術、その他状態によってはレントゲンやその他の検査も行います。※狂犬病予防接種と畜犬登録の費用は別途いただきます。= 猫 =エイズ白血病検査、便検査、ブロードライン、ワクチン接種(主に3種)、血液検査、避妊去勢手術、その他状態によってはレントゲンやその他の検査も行います。上記のほか、病気やケガや障がいのある子たちも多く保護されてきます。そういった高額医療費がかかった子たちの譲渡に関しても上記の一部負担金だけでけっこうです。また余命いくばくもない重篤な病に侵されている子、老犬や老猫については譲渡費用を一切いただかない子もいます。そういう子の場合は募集要項の中で明記するようにしますのでよろしくお願いします。ボランティアさんと提携されている病院で受診をするとかなりお安くしていただけることもあるのですが、保護犬や保護猫だからと安易に扱われる病院に複数あたったこともあり、おうちの子と変わらずしっかりと診察をして治療を施していただきたいと病院に要望しています。そのため料金はおうちの子と変わりません。上記の初期医療だけでもけっこうな金額になりますが、里親さんへのご負担をなるだけ少なくしたいと努力を重ねております、ご理解いただけましたら幸いです。

      30
      テーマ:
  • 01Apr
    • あおり運転するヤツとどうぶつ虐待するヤツって

      昨年の春は力を入れてTNRを続けていました。そのおかげで、その地域で秋は仔猫の泣き声が聞こえませんでした。この春も今のところ大丈夫。このまま平穏な日々が過ぎますように。でもたまに新顔を見るんだよな。よそから流れてきた子なのか捨てられた子なのか。心配。野良ちゃんは専門でやってるわけではないので知識が伴っていないのですが、昨年のTNR後、しばらくして姿を見なくなった子達がけっこういるのですが、最近そのうちの数匹が元々いた所へ出戻ってきているのを目にしました。冬の間はどっか暖かいとこに行ってたのかな?野良ちゃんの生態は今ひとつ謎だ。少し前にTwitterのフォローをして下さっている方々をフォローさせていただきました。こういうのも専門用語あるんですよね?ぜんぜんSNS用語は知らないんですみません。するとタイムラインに流れてくるツイートの内容がガラッと変わりました。以前は政治の話題がとても多くて「なんで?」って思っていたんですけど最近はやたらとどうぶつ虐待の告発動画とか流れてくるんですけど(泣)それ以外もけっこう過激な画像だったりします。あまりそういうのは好きじゃないんだけど。虐待動画とかほんと目を覆うよ。なんだろ。拡散して虐待してるヤツを逮捕させるような流れを作ってるのかな。これまで闇から闇へ葬られていた事件が表面化することで摘発につながったり、今後の犠牲者を守ることができたりと良い面もあると思いますが、さすがに直視できないですよね。怒りの感情は見た時に出てくるものではなく、見た時は悲しみの感情ですね。そして時間が経過してコノヤローって思う。でも、この虐待しているヤツら。一種の病気なんだろうけど、ほんとに許せる話ではない。殺人犯とかの裁判で弁護側が「責任能力」がないとか主張することが多いけど、それこそ「は?」って思うんだけど。それと同じように虐待犯のことを一種の病気と思うって書きましたけど、責任能力は絶対ありますからね。だって虐待してるヤツらって自分より弱い小さなどうぶつ達をターゲットにしてるんでしょ。相手を見定めてる時点で責任能力あるじゃん。昨年とかテレビとかでもよくやってた「あおり運転」だってそう。ターゲットにされるのって軽四だったりファミリー車であったり、明らかに平和に生きてる人達じゃん。そんな人たちを煽って怖い思いさせてストレス発散でもしてんのか、それとも自分は強いんだぞと威嚇してんのか知りませんけど。だったら黒塗りの高級車でそれっぽい人達が乗ってる車を煽ってみろっていうんだ。どうぶつ達を虐待してるヤツらも同じことを組事務所にいるお兄さんを拉致ってやってみろっての。「自分より小さな者、か弱い者は全力で守ること」そんなん当たり前のことだと思うんですけど。悔しかったら強い者に向かっていけよ。学校のいじめもそうだけど、弱い者をターゲットにするやつが一番恥ずかしいヤツだ。そんなふうに思うのでした。

      31
      2
      テーマ:
  • 31Mar
    • 「害獣」と呼ばれる子の立場で考えると人間が一番の「害獣」なんだよね

      今日はただのボヤキです。あまり達観したものの見方をするつもりはないけど。よくニュースで流れてくる野生動物の問題です。今だけを見るんじゃなくてほんとは物事の根本をもっときちんと見据えて対策すべきかなって思います。「民家に熊が侵入した」「猪が畑を荒らした」大事な作物を食い荒らされたり、人がケガをしたり、ヘタしたら命を落としたり、なんてことも。こんなことは絶対にあってはならないことなのだけど。そもそも、彼らの住処に食べ物がなくなってきたのはなぜなのか?温暖化とかが関係してるのではないのか?あるいは彼らの住処を奪って開発を進めてきた人達にそうなる意識はなかったのか?ことごとく、悪いのは人間側なのですよね。開発を進める行政府や政治家の方々、そして企業のみなさま。そのひとりひとりを見たら本当に良い人ばかり。なのに役所や企業に勤めると長いものに巻かれるし、政治家や役所、企業の上層部はお金儲けのことしか頭にない。下々の者達が畑を荒らされようと、襲われて命を落とそうと具体的な対策はないんですね。後手後手になるなら最初から考えとけばいいのにって思います。ほんでなんかあったら見せしめに銃殺。毎度毎度、猟友会の方々大活躍ですね。写真はうちにいる仔熊ちゃんこと、黒猫のくるみちゃんです。里親募集中です。さすがに人を襲ったりはしませんのでご安心ください。どうぶつ達からしたら、いきなり自分たちの住処を荒らされて、食べものないから探しに行ったら害獣と言われて。たまったもんじゃないでしょうね。そこに住んでる人、畑で作物を作る人は悪くないけど、長い年月をかけてそう仕向けてきた人間社会があるのですね。もう元には戻せないんですよね。悲しいことです。

      59
      5
      テーマ:
  • 30Mar
    • 【 大阪府 里親募集中 】けやきちゃんの病院。けやきちゃんってすごい少食なんです。

      先日はけやきちゃんが病院に行きました。ジャムくんやお兄ちゃんのように病院に行く道中に断末魔の叫びをあげる子もいますが、けやきちゃんもずっと泣いてますが、小さなか細い声で泣きます。体も小さくて、他の猫達全員から総攻撃を受けてしまういじめられっ子体質なので人間が全力で守ります。ただ、けやきちゃんはウチで爪切りするのが難しくて病院でお願いしています(最初からチャレンジすらできないチャオくんとイヴちゃんも家では無理です)あと、病的ではないのですが、ものすごい少食で何か原因があるのかお聞きしてみました。1回の食事で8gを超えると全部戻しちゃいます。けやきちゃんの体重は3kgです。あまりに少食すぎるので1日に5回にわけてごはんの時間を設定しています。ただこれはけやきちゃんだけじゃなくてイヴちゃんもそんなところがあります。でもイヴちゃんは基礎のごはん量は10gくらいまでは大丈夫です。体重の差かな?全員にいじめられること。少食なこと。その他気になることも色々ご相談しました。ごはんに関してはフード自体があってないのかもしれないとのことで、先生の提案はウェットのフードとかを試してみては?というアドバイスがありましたが、多頭だとひとりだけ別メニューって難しいんですよね。実際は別メニューの子やお薬の子も多いのですが、さすがにウェットだと周りの子が騒ぐ。どうしたらいいのかなぁ。他にも気になることがあってホルモンの検査をしてもらいましたが、お会計で45000円もしてびっくりした。そんな高いんやね(驚)先月と今月、病院代がものすごいな。いつものシャロンくんとジャムくんのに加えてMRIが大きかった。年度末なので近々会計報告しますね。お待たせしてすみません。

      23
      テーマ:
  • 29Mar
    • フォスター(預かりボランティア)って簡単ではありませんね

      現在は病気や障がいを持つ子達に手がかかることもあり、あらたに保護された子たちは今のところ責任をもって里親探しをしてくださるボランティアさんやグループにバトンを渡すことができています。本当にありがたいことです。お任せしっぱなしというのも良くはないのですが、責任を持てないのに手を出して他の子達も巻き込んで潰れてしまわないよう色々考えています。現在も犬と猫でフォスター(預かりボランティア)にお世話をしていただいている子たちがたくさんいます。なかなか里親希望のお申し出もない中でお世話をお願いしっぱなしというのはいけないので、できるだけこの子達を早く手元に連れてきたいのですが、うち自体が病気と障がい、野良性の高い子となかなか出ていかないタイプの子達が大半で動かしようがない。だから、比較的問題の少ない健康で若い子ということで「くるみちゃん」と「けやきちゃん」を推しているのです。無理くり放り出したいというわけではないですよ。一番人懐っこいふたり。仲悪いけど。人間の家族の中ならめっちゃ幸せになれると思うのです。フォスターさんのところにいる子達も手元にいれば、毎日の様子をみなさんにお伝えできることができるようになりますので、新しい家族との出会いもそれだけ出会う率も高くなると思うのです。それか、もっと広い部屋に引っ越せたらいいのですが、さすがにそれは現実的ではありません。春になるとまたあちこちで捨てられる子が出てくる可能性が高くなります。引っ越しなどで知らない場所に不安になっておうちから逃げ出しちゃう子も多くなります。そんな子達が増えると閑散期のように知り合いのボランティアさんを頼ってばかりというわけにもいかなくなります。悩ましい。シェルターのある団体さんと以外だとフォスター(預かりボランティア)にお世話をしてもらっているところが多いと思いますが、預かりさんもほんとに大変なんですよね。ただ単にお世話をするだけなんて簡単なものではありません。今までたくさんの方にお世話になりました。フォスターさんのおかげで幸せになれた子がどれだけたくさんいることか。しつけをされていない子が多く、無駄吠えや噛みぐせのある子、先住ちゃんに噛みついた子なんてどれだけいたか。分離不安症の子がとても多くてお留守番どころかお風呂やトイレに行くだけでもギャン泣きする子。ぃゃほんと大変。そんな子たちは里親希望をしてくださる方もなかなかいません。保護生活が長くなる子も出てきます。長くなっても変わらずおうちの子のように大事にしてくださる方もいますが、長くなればなかなかね。早く里親さんを見つけろと圧力をかけてこられる方もいますが、ここで問題になるのが、NOAの理念とかがよくわかっていないフォスターさんもたまにいらっしゃいます。一応最初にお話ししているんですけどね。鬼のように保護してきてものすごい低いハードルでガンガン里子に出している団体さんとかのような基準で思われてる方からはものすごい不満を言われます。初期検査でなんもなかったのに家の子たちに感染症が出てこっちのせいにされたことあるんですが、よくよく聞いてみると別のとこから新しい子を預かってるやんということや、家の子たちの病院代まで請求されたり、かわいくないからすぐに連れて帰れって言われたり、迎えにいったらひどくおびえていて話を聞いたらいうこと聞かないから蹴ったとか。善い人ばかりではなくひどい人も少なからずいたのでとっても悩むんですけど、本気でボランティアとしてフォスターも含めて一緒にやってみたいという方がおられましたら、一度お話を聞きにいらしてくださいね。どうぞよろしくお願いします。

      31
      テーマ:
  • 28Mar
    • 10年以上やってりゃそりゃ色々ありますよね。

      今日(昨日)はみどりくんの命日でした。3月はポルちゃん、はーちゃんと命日の多い月です。4月もフィガロくん、5月はふーちゃん、チャロくんとどの月も悲しい出来事を経験してきましたね。家族ができないまま天使になった子達は自分たちが心を寄せてあげないとって思ってます。組織は別れてるけどお世話をした大事な子達は分け隔てなく思ってあげたいです。どうぶつ達と関わる取っかかりになった山奥にあったセンターの子たち。里親さんのもとへ巣立って行った第1号はうさぎのピーターくんです。おうちでの暮らしは長くはなかったけど本当に大事にしていただきました。ママは大ベテランの方でしたが亡くなった時に本当に悲しんで下さり、ピーターくんはめちゃめちゃ愛されたんだなって胸が熱くなりました。実はそのママさんも若くして亡くなられたのですが、きっと今はピーターくんも一緒に天国で幸せに暮らしているんだろうなって思ってます。あれから10年以上。本当にたくさんの子達が優しい家族のもとへ巣立って行きました。たくさんの幸せな笑顔を見せていただき送り出した側としても本当に嬉しい気持ちにたくさんさせていただきました。でも。悲しいこと。悔しいこと。残念だけどそういう思いもたくさんしてきました。保護された子も様々です。ずっとほったらされていたであろう子や、虐待を受けていたと思われる子だってたくさんいました。余命幾ばくもない大病を患った状態で捨てられた子もたくさんいましたよ。連絡を受けて駆けつけた時にはもう...ってこともありました。幸せになれた子も、幸せになれなかった子も、みんな思い出として心の中に残っています。10年以上ですからね。そりゃいろんなことがありましたよ。昨日から少し過去を振り返ってたので色んなことを思い出しました。すべての子をここにあげることはできないけど。末期がんで苦しい思いをさせてしまったさくらちゃん。この状態で保護されてきてもほとんどできることがない。そしてこの状態で里親さんに託すのはほぼ無理。身近な人達にも厄介者扱いされた子が何匹もいました。こんな時、なんのために保護したんだろう?って悩ましく思います。さくらちゃん。ほとんどの子が荼毘に伏している中で、さくらちゃんは里山に眠っています。もうすぐ、さくらが満開になる頃ですね。同じく、病気で苦しんだロゼちゃん。ずっとけいれんをおこしたり、病院に通ったり、本当に大変だったと思います。犬だけでなく、人間も本当に苦労するということを感じました。大きな病気の子や、介護状態の子は、かかる費用のケタがあがってしまうので、複数いた場合は本当に大変です。何度か「家から逃げ出してしまった」ということがありました。わが家でもチャオくんを逃がしてしまい、泣きながら寝ずに探し回りました。チャオくんをはじめ、無事に帰ってくることができた子達がいる反面、悲しい帰宅をした子と行方不明のままという子もいます。いま、里親希望の方にしつこいくらい「脱走対策」について話しますが、これは経験した人じゃないとわからない部分でもあります。せっかくお迎えのご希望をいただいたのにお断りすることが多いのは残念ではありますが、ここだけは絶対に譲ることができないのです。いろんな思い出を思い返しながら今の思いも綴ってみました。ありがとうございました。

      36
      1
      テーマ:
  • 27Mar
    • 大阪府のセンターで里親募集している子たちがたくさんいます

      らぶぴヒストリーの後編です。元々、大阪府のセンターにいるうさぎたちの里親募集をしたのがきっかけで、捨てられた子たちを守り、優しい家族とのご縁を結ぶという活動を続けてきたのですが、当時は行政のホームページもわかりにくく、里親募集は建前で、新しい子が入ってくれば古い子の順に殺処分されていました(小動物の場合)。橋下さんが知事になって予算をガサっと減らされたと聞いていますが、ホームページはリニューアルされ、とても見やすくなって閲覧数も多くなったと思います。ここ数年は直接大阪府に里親希望をする方が多くなって、ウチらが仲介しなくても大丈夫かなって感じになってきたのでお手伝いもしなくなっていました。当時(2007年頃)は大阪府北部の山奥に猫や小動物たちのセンターがありました。そして犬は森之宮の古い建物の地下でした。あの円を描いて機械音を鳴り響かせて下降するエレベーターは死刑執行をされる囚人になったような気がしました。そしてそこにいる犬は譲渡の道はなく、全員が殺処分だったんです。その直前にブルセラ症の犬を全頭殺処分というのを太田房江知事(当時)が発表して、全国から苦情の電話が殺到して府庁の業務が停止して、大阪府庁の職員さんの間でどうぶつ愛護の人たち=テロリストみたいな印象を持たれていた暗黒の時代でしたね。その頃から考えると羽曳野市に大きな愛護センターを作って、高槻と森之宮の機能を移して一年半くらいでしょうか。まだまだダメなところもあるけど、お題目としては「殺処分ゼロ」を掲げて仔猫のミルクボランティアを募集・養成したり、基金を設立したり、一歩ずつですが前進しています。何よりミルクボランティアの講習会に松井知事自身が参加してました。コワモテな顔に似合わず猫好きらしいです。こういうのはほかの自治体ではあまり考えられないことですよね。大阪市もいろいろ問題はあるけど、それでも一歩一歩前進していて、昨年は杉本彩さんと吉村市長がお話をしたり、催しにも参加されたりしています。政治的な思惑はありませんけど、個人的には2007年以前の暗黒の時代に戻ってほしくはないんです。その頃、絶対殺処分しないでねって職員さんと約束していたハクビシンが突然殺された。偉い人が視察にくるというだけで見栄えの悪い子は全員殺された。上層部からの命令で殺処分したあの事件、絶対に忘れねーからな(怒)やっぱね。どうぶつが好きな人にトップにいてほしいんですよ。だいたい所詮犬猫畜生とか思ってるような人にどうぶつ行政ができるとは思っていないのです。これ以上踏み込んだ発言はしませんけど、判断基準はどうぶつ行政だけじゃないけどほんとどうぶつに関心のない人には知事や市長になってほしくないな。そして。よくネット上では「ショップで迎えるよりも保護犬(猫)の里親になろう」という言葉が躍っています。個人的にはそれがすべてではないと思っていますが、行政にいる子に関してはできる限りそういう思いを持っていらっしゃるご家庭に迎えてほしいと思っています。現在は仔犬から成犬、シニアちゃんまでたくさん優しい家族のお迎えを待っている子たちがいます。大阪府動物愛護センターで里親募集している犬たち全部で13頭かな。猫ちゃんもかわいい子たちがたくさんいます。大阪府動物愛護センターで里親募集している猫たち全部で14匹です。しばらくいなかったんだけど、うさぎも1匹入ってた(泣)あとはインコとチャボが家族のお迎えを待っています。大阪府動物愛護センターで里親募集しているうさぎ&鳥たち自分たちのとこで保護して里親募集をしている子たちや知り合いのボランティアさんのとこににいる子たちも本当に早く優しい家族と出会ってほしいんですけど、センターにいる子たちは職員さんが一生懸命お世話をしてくださっていますけど、やはり愛情という面では不足していますので、早く愛される家族の元へ巣立っていってほしいです。行政の譲渡にも条件があるし、提出書類があります。大阪府が譲渡する流れと申請書類はこちらみんなが幸せになれるようみなさんのお住いの自治体で家族との出会いを待っている子たちのことも知ってあげてくださいね。よろしくお願いします。

      34
      テーマ:
    • ラブピヒストリー~この春から心機一転がんばるよ~

      今日のブログ記事はたぶん興味のない方が多いと思いますが、大事な変更点もあるのでお時間のある時に読んでくださいね。それよりもこの次のブログ「大阪府のセンターで里親募集をしている子がたくさんいます」の記事のほうが大事なのでそっちを優先して見てくださるとうれしいです。先日、たまたま青少年活動を別法人に移行したということが話題に出たので、どういういきさつで今があるのかということを書いていこうと思います。思い起こせばLOVE & PEACEが設立されたのは1998年。平成10年ですよ。PTAの全国組織の会長とか国会議員とか大学教授とかえらい人がいっぱいかかわる中で若かりし頃のsakagamiもかかわりを持つことになりました。その時はただの下っ端でしたが、ドロップアウトした非行少年少女たちに寄り添いながら学校に復帰させたり家庭内の問題を親御さんや学校、教員の方々と一緒になって取り組んでいくというのを主に担当していました。後年になるといじめ問題や引きこもり不登校の問題などにも携わるようになっていきました。そして青少年の問題に取り組んできた実績をもって、2003年(平成15年)にNPO法人になる時に代表理事に就任しました。当時は理事長じゃなく代表理事という呼称だったのです。でも、あの時、無理くりに代表理事になってて良かった。当時は偉い人がたくさんいる団体だったので、自分の思いとかを主張してもひと言で否定されて何もできんかった。上層部の意向はエリートのO氏をトップに据えてsakagamiは事務局長として支えろというものだった。別にO氏と仲が悪いわけではなく、むしろ仲は良かったのだけど、上に名誉職みたいな人を置かれると何もできへんと反発した。もうひとつ別団体の立ち上げがあったので、そちらの代表にO氏、事務局長にsakagamiが入るという政治的な妥協を提案し、創始者であるA氏とスポンサーのBBAの影響力が物凄く強い団体だったけど何とか代表権を手にして、自由に活動できる権限を担保することができました。関係のない人からしたらそんなもんどうでもいいって話なんですが、実はそれがあったから後年、どうぶつ達の活動を団体名義でしていくことができたのです。特にウチは行政機関を相手にしてる部分が多いので、そういうのなかったらできなかったこともたくさんありますしね。どうぶつ達との関わりを持ったのは2007年(平成19年)から。最近のようだけどもう12年前になるんだな。年を食ったわけだ。青少年チームのほうは学習塾と連携して新しいメンバーが頑張って活動を続けてくれています。やはり時代が大きく変わって昔ながらのやり方では子どもたちの心を育てていくのが難しくなってきたこともあり、若い人たちにバトンを渡しました。そしてどうぶつ達とのきっかけになったうさぎ達の活動もAYAさんがリーダーとなって頑張ってくれているので多少のお手伝いは続けていますけど運営が分かれました。そして残された犬と猫のことをNOAとして続けているのです。そんなわけで、NPOとして運営していくほどの規模ではなくなってきたことと、NPOってほんとに事務作業がけっこう大変なのでそんな人手もないので、もう少ししたら法人格を変えようと思っています。年号も新しく変わるのでそのタイミングで組織変更をできるように準備していますので、今後とも変わらず応援よろしくお願いします。引き続き、どうぶつたちとの活動の部分を次の記事で書いていきますのでぜひご覧くださいね。

      9
      テーマ:
  • 26Mar
    • 【 大阪府 里親募集中 】チャオくんとイヴちゃん

      こないだシャロンくんとくるみちゃんがいつも寝ているコタツの中にチャオくんとイヴちゃんが入って寝てました。この写真はその時にコタツの中から出てきたチャオくんです。イヴちゃんはまだ中にいるのですが本当にマイペースな兄妹です。その上にくるみちゃんがいるのですが、すごい体格差でしょ。シャロンくんには負けないくるみちゃんですが、やはり年長組には遠慮してるようです。実際、チャオくんは体に似合わずものすごいパワーなのです。イヴちゃんは本当に美人さんです。でもこのふたりブログに登場する回数が少ない。とにかく一番写真を撮るのに苦労するふたりです。抱っこもできないし、甘えてくれるようにはなったけど、どこか警戒心は持ち続けている。野良性の強い子達です。こないだもチラッと書いたかも知れませんが、人間に対する警戒心が解けず子どもの頃は本当に触ることもできませんでした。ずっと「こんな子達に里親さんなんて見つからない」と思い込んでいましたが、ほかのボランティアさんのお話を伺うとそんな子は珍しいことではないそうです。簡単には託せないけどね。しっかりとした里親さんと出会えるよう頑張ろう。前回も同じような写真を載せましたが、チャオくんとイヴちゃんが居場所を占領すると、その場を譲ってふたりで寝てるシャロンくんとくるみちゃん。

      26
      テーマ:
  • 25Mar
    • 年長組と年少組の明確な力関係

      年長組と年少組はお部屋が分かれています。相性の悪い子もいるのですが、その中でも力の差が激しいのに全く容赦しない子もいるので大けがを避けるために基本的には出入りを自由にはできないようにしています。お留守番の時間はお部屋を仕切っている扉に鍵をかけて出入りができないようにしていますが、人がいるときは出入りする時にいちいちロックをしないのでたまに年長組が年少組のお部屋に侵入してきます。年長組がいない年少組のお部屋では若くて元気なくるみちゃんの独壇場。くるみちゃんを形容するのってなんか難しい。猫というよりは犬っぽい。でも仔犬というよりは子熊っぽい。そして女の子なんだけど男の子っぽい(ボーイッシュっていう意味です)。結論として言えるのは「かわいい」ということなんですけど。けやきちゃんは年少組のお部屋の中でさらに小部屋で過ごしています。シャロンくんは心臓の病気があるのでそんなに動くことはできませんがリラックスして過ごしています。そんな平和な年少組のお部屋に年長組が侵入してきます。障がいのあるマーマレード・ジャムくんは入って来たいと泣きますが自力では入ってくるのは無理なのです。でも、お兄ちゃんとチャオくん&イヴちゃんは隙があったら入ってきます。その中でもお兄ちゃんは年少組からしたら町内会の怖いおじさん状態なんでしょう。年少組はお兄ちゃんの姿を見ると、みんな緊張で固まってしまいます。お兄ちゃんが歩くと年少組は無言で道をあけます。わかりやすい構図。チャオくんとイヴちゃんは年少組からしたら部活の先輩とでもいう感じなんでしょうか。一定のリスペクトはしているようです。お兄ちゃんが来た時のように隅っこで息をひそめるようなことはありませんが基本的には居場所は譲ります。年少組はゆっくりしたいときでも年長組に気を使ってゆっくりできない感じになるのはかわいそうなのですが、これも社会性というものなんでしょうか。昨夜もチャオくんとイヴちゃんが年少組のこたつの中で寝ていました。追い出されたシャロンくんとくるみちゃんは野良寝してます。なんかサル山のボス猿みたいな年長組なのでした。

      23
      テーマ:
  • 24Mar
    • 今年に入ってからほぼ毎日ブログ書いてるのですが。

      昨年までは1ヶ月の中でブログの記事を書いた日が半分も満たない月が多かった。中にはひとケタの記事しか更新していない月もあった。それだけ余裕のない毎日だったんですけど、そんな人気ブログなわけでもないので、更新頻度が少なかったらアクセスは伸びないし、応援してくださる方も増えませんよね。そんな反省をもとに、今年に入ってから「どんな些細な記事でもともかく書こう」とほぼ毎日ブログを更新しています。しかしどんだけ頑張ったところで大した影響力があるわけもなく。そしてなぜか里親募集してる子達の記事はそんなにアクセスが伸びないのに、能書きを書いた記事はめちゃめちゃアクセスが伸びる。その流れで里親募集中の子達の記事も見て貰えたらいいんだけど、ぜんぜん広がらない(泣)運営は別れたけど、うさぎチームのSTRはインスタのフォロワー3000超えてるんじゃなかったかな。NOAなんてインスタは80だぞ。フォロワーさんのフォロー返ししたりしてないし、コメントも返すの遅いし、コメントしに行ったりしないしな。フォロワーさんとコミュニケーション取っていった方が広がるんだろうけど、そういうの得意じゃないんです。得意じゃないでそのままにしてるから進展がないわけで。誰かしてくんないかなぁ、なんて言ってもみんな忙しいのに甘えるなって話ですよね。なのでこないだ手始めにTwitterのフォローをして下さっている皆様をフォローさせていただいた。タイムラインに流れてくるツイートの質がえらい変わったけど。それはともかく。そもそもSTRは写真のセンスもいいし、撮り方も上手だし、ワードセンスもあるしなー。おしゃべりしてる表現だって「〇〇でしゅ~」とかじゃないもんな。被写体は同じくかわいいのに、こんなに人気に差が出るというのは携わってる人間力の差なのだろう。ライヴ配信とかもよくやってるしね。NOAでもこないだ少しライヴ配信やってみたけどやっぱりダメだなぁ。ドッグランとかで遊んでるときにライヴするのがいいよね。また何か考えましょう。ほんと、ブログ毎日書こうと決心して頑張ってるつもりなんですけど求められているものってあるのだろうか?悩ましいですね。でも時々だけどファンレターみたいなものが届きます。ほんとにありがたいし、嬉しいことです。もちろん人間を応援しているわけじゃなく、犬や猫達のことを応援して下さっているんですけど。そんな応援をいただいているのだからぐちぐち言わずに頑張っていきます。ありがとうございます。

      32
      テーマ:
  • 23Mar
    • 病気に打ち勝つためにダイエット頑張れトワちゃん!

      日々書きたいことがたくさんあるので話題にする日には結構日にちが経ってたりします。そんな今日の主役はこの方。このべっぴんさんは誰ですか?実は先日お姉ちゃんにトリミングに連れていってもらったトワちゃん。とってもきれいにしてもらいました。トリマーさんにもとってもおりこうにしてたよって褒められたそうです。今月は病院に行ったり、お泊まりに行ったり、忙しかったトワちゃんなのですが、ブログを見返してみたら肝心の病院での話題を書きますって予告だけしといて書いてなかったようです。この写真の日です。写真はupしてたのにね。この日は検査をしてもらったのと、狂犬病予防接種を受けました。そして後日区役所に届出も済ませました。きれいになったトワちゃんの写真を見ながら。検査の結果はペンハー8。かなり高めです。そして食事量を減らしているにも関わらず体重が増えています。太りやすい体質、そして結石ができやすい体質。ここにメドがつかないとなかなか里親募集をしてもお声がかかりません。性格は100点満点なんですけどね。先生からも食事量を一気に減らさないと体重は減らせられないと言われました。運動だけではダイエットは難しいようです。そうそう。上の病院の診察台の上の写真の右のお手手に靴下を履いてるのがわかると思うのですが、ちょっとお手手が痛かったようです。この後、食事量を減らしているのですが、少しづつ体が軽やかになったのか楽しく遊べているようですよ。ともかく、トワちゃんは本当に良い子なんです。人が大好きでずっと愛されたい子なんです。トワちゃんの体質のことを理解して大事にしてくださる優しい家族のお迎えを待っています。どうぞよろしくお願いします。

      28
      テーマ:
  • 22Mar
    • 譲渡会がんばったくるみちゃん、まだまだ里親募集中です。

      春分の日はくるみちゃんは譲渡会に参加してきました。幼いころから何度も譲渡会に参加してはほかの子たちの下に潜り込んで、怖がっていたくるみちゃん。周りの子に新しい家族が決まっていく中、くるみちゃんだけ取り残されていきました。そして居残ってしまって、体も大きく成長し、他の保護猫たちとずっと過ごしてきましたが、同じ多頭崩壊の子を引き取って里親さんへとつないだボランティアさんからくるみちゃんのことを気にかけていただき、今回の譲渡会参加へつながっていきました。くるみちゃんは思いっきり内弁慶。お部屋ではけやきちゃんにケンカを売り、シャロンくんに乗っかってマウントを取る。でもきゃりーに入れられると「ふにゃ~~」って不安そうに泣きます。女の子なんだけど、女の子っていうより「子ども」っていう感じのくるみちゃんなのです。ボランティアさんが車を出してくれて現地へと向かいました。今回は「あべの」での開催。ほとんど地元みたいなもんです。参加するのはくるみちゃんだけですが、お留守番組はチラシでの参加です。さっそく怖がっているくるみちゃん。でも仔猫の頃のように震えていたりってことはありませんでした。不安な中ではありますが、普通に過ごしてくれて一安心です。今まで参加してきたあちこちの譲渡会は来場者もボランティアさんも熱量がすごかったんですが、今回の会場はいい意味でのんびり。参加されているボランティアさんのお話を聞きながらいろいろと勉強させていただきました。昨年のGWにパルボウィルスを発症して亡くなった「ふーちゃん」がいたエリアでTNRをされているボランティアさんのお話を聞いて、実はふーちゃんが保護されたより前にその地域でパルボウイルスが蔓延していて多くの子たちの命が失われていたことをお聞きしました。そうだったのかぁ。ふーちゃんを亡くしてからもうすぐ一年。きっとそのエリアで生まれた子だったんだろうなぁ。ほんとにパルボは怖い。そしてそのエリアの近くでうちも多くの子たちの不妊手術をしましたが、継続してそのエリアのみならず広いエリアで猫たちのためにがんばっておられるボランティアさんに感謝です。そのボランティアさんのところにいたかわいいきょうだいがトライアルに内定していました。幸せにしてもらえますように。今回はくるみちゃんにはご縁がありませんでしたが、他にも本当にいろんなことを学ぶことができました。何よりあまりボランティアさん同士の連携をしていないので、ほかのボランティアさんのやり方とか考え方がわからなかったのですが、ほんとにしっかりと考え真摯に取り組んでいらっしゃる姿に感動しました。脱走対策にすごい細かく話をするのが嫌がられる原因なんだろうかとか、譲渡の際にかかる費用のこととか、うちで言うとチャオくん&イヴちゃんのような野良性の強い子のこととか・・・。うちだけじゃないんだと知ってやる気が出ました。お世話になったボランティアのみなさん、本当にありがとうございました。ただ個人的に体力が・・・が・・・(泣)ほんとに普通に過ごすのも難しい今日この頃。もうだめだぁ。って思いもありますが。負けずにがんばろう。

      28
      テーマ:
  • 21Mar
    • とても悩ましい相性の良し悪し問題

      お兄ちゃんが年少組のお部屋に侵入してきて、シャロンくんの方を向いてて。なんかやな気がしたからお部屋に帰そうと抱っこしようとしたら一瞬噛もうとした。「ハッ」と気づいて噛まなかったけど、あれはやっぱりシャロンくんに飛びかかろうとしていたんだな。こないだ病院の壁に掲示してもらってたお兄ちゃんのチェキ。元保護猫だけど里親募集はしていないのでNOAのブログに出てくることはほとんどないし、名前も出してなかったけど。本当は多頭飼いはしたくないのだけど、保護した子が残ってしまっている現実があって多頭飼いになってしまってますが、やはり悩みは仲悪い子達のこと。特にけやきちゃんとジャムくんはいじめられっ子体質なので心配なのです。同じく病院に掲示してもらってたマーマレード・ジャムくんのチェキ。先生に「けやきちゃんは全員に嫌われてるんですけどなんでですかね?」って聞いてみたんですけど、どうしても相性の悪い子達はいるとのこと。けやきちゃんは元々多頭飼いには向いていないのでけやきちゃんだけをかわいがっていただけるおうちが見つかるといいねっておっしゃってくださいました。確かにそうなんだけど。猫好きのおうちってだいたい先住ちゃんがいるのでけやきちゃんみたいな子はなかなかお声かからないんだよな。頑張るしかない。今日はくるみちゃんの譲渡会の日です。くるみちゃんはおっきな黒猫ちゃんです。うちにいる子の中では一番おっきいです。でも性格は子ども。わがままだし、おてんばだし、叱られることも多いけど。けど。かわいい。むっちりしてて、もうちょい痩せた方がいいと思う。抱っこしてると重いけど。「ふぇ~~ん」って泣き声はなんだろう?ほんとにお子ちゃまな泣き方なんですよね。そんなくるみちゃんに会いに来てください。他にもたくさんの子達が優しい家族のお迎えを待ってると思います。みんなに良いご縁が結ばれますように。

      30
      テーマ:
  • 20Mar
    • 朝ごはんを食べ終わったばかりの平和な年少組。

      みんなの朝食の時間でした。30分前からうるさい年長組に比べてもみんなおりこうに待っててくれる年少組。普通は逆じゃないのか?おいしかった~🎼.•*¨*•.•*¨*•.¸¸🎶というみんなの満足顔です♡おいしかったね、シャロンくん♡今日もお薬しっかり飲んで元気に過ごそうね。くるみちゃんはまだ足らないそうですが、これ以上太ると困るから我慢しようね。そしてくるみちゃんがけやきちゃんのベッドで寝ちゃったので帰れなくなっちゃいました。ちょっと軽く朝の運動しようか。昨日、けやきちゃんの体重計ってあらためて小柄だなぁって思いました。そそ。また詳しいことはブログに書きますが、昨日の病院で先生に気になることを言われて複数の検査を受けました。捨てられた子って本当に過去がわからないから困ります。では、今日も素敵な一日となりますように。

      26
      テーマ:
  • 19Mar
    • くるみちゃん、3月21日(木祝)にあべので行われる譲渡会に参加します。

      幼い頃は毎月のように譲渡会に参加させて頂いていたくるみちゃん。同じ年頃の仔猫が多かったのと、そういう子達の下に潜り込んで姿を隠すという状態であまり目立たず、お声がけをいただいたご家族もありましたが、条件が折り合わずご縁には結びつきませんでした。譲渡会では普段の姿は全く見せないスーパー内弁慶なくるみちゃん。いつまでも居残っていては幸せはつかめません。この度、くるみちゃんのことをずっと心配して下さっていたボランティアさんのお声がけをいただき、久しぶりの譲渡会へ参加させていただくことになりました。なにせ、一番おっきく成長したくるみちゃん。しかも譲渡会ではきっとこれでもかというくらいちっちゃくなって固まってると思いますので簡単にご縁を頂けるとは思っていませんが、いちど実際にくるみちゃんを見ていただいて、どんな子かわかっていただくことができたら次へとつながるかなと思っています。他にもたくさんの猫達が参加されると思いますので、猫をお迎えしたいと考えていらっしゃるご家族はぜひ21日はあべのへ足を運んでください。そして、くるみちゃんにも会いに来てください。この度お世話になることになった譲渡会のご案内です。そして、このところはみんな病院通いが続いています。みんな恐怖におののきながらの通院です。病院に行くの怖がる子ばかりなんです。その恐れおののく表情をごらんください、シャロンくんは怖くて隅っこの方で縮こまることが多いんです。ジャムくんは恐怖の中で鼻を真っ赤にしてずっと泣いています。「ここはどこにゃ~?」ふだんあまり大きな声を出さないけやきちゃんもずっと泣いてました。みんな病院で検査を受けたりお注射してもらったりしましたが頑張りました。今日は譲渡会のご案内を先にしたかったのでみんなの病院の報告などはまた後日させていただきますね。ではまた。

      29
      テーマ:
  • 18Mar
    • 続いて里親募集サイトに掲載していただいてます(チャオ・イヴ・くるみ・ジャム・シャロン)

      昨日のトワちゃん、けやきちゃんに続いて、チャオくん、イヴちゃん、くるみちゃん、ジャムくん、シャロンくんを「いつでも里親募集中」さんに掲載していただいてます。甘えん坊だけど人間怖い。猫のチャオくん。典型的なツンデレちゃん、猫のイヴちゃんベタベタの甘えん坊、くるみちゃんは21日に久しぶりの譲渡会に出ます障がい児だけど一生懸命なマーマレード・ジャムくん重篤な心臓病と闘う猫のシャロンくん病気や障がいの子も含めて掲載していただきましたが、難しいのは分かっていますが、病気だからって幸せになる権利がなくなるとは思っていません。短命かもしれない、お金がいくらかかるか想像すらできない、介護や看病、通院という労力もものすごく大変。そんな子を迎えてくれるなんて普通じゃない。そしていくらお迎えしたいという気持ちを持っていただいても現実的にお金かかるし、仕事だって休まないといけない事態にも陥りかねない。でも希望をもって。ね。チャオくん、イヴちゃんだって野良性の強い子。家族全員が思いをひとつにして守り幸せにしていただくなんて簡単ではない。でも子どもの頃に比べたら全然接しやすくなってます。そして、くるみちゃんはほんっとにかわいい子ですから。また詳細描きますが21日の祝日は譲渡会に出席します。くるみちゃんに会いたい方は時間空けといてくださいね!

      24
      1
      テーマ:

プロフィール

NOAのプロフィール

NOA

自己紹介:
行政機関に保護された捨てられて居場所がなくなった犬や猫の心と体をケアし,終生幸せにしていただける新し...

続きを見る >

フォロー

月別

一覧を見る

Ameba人気のブログ