こんにちは。

スピリチュアルタロット占い師 月杜奏音(つきもりかのん)です。

いつも読んで下さって、ありがとうございます。

 

 

母は、予定より遅くなりましたが、来週退院の予定です。

日にちはまだ決まっていませんが、早く退院したいと言っていたので、そこは少しホッとしています。

 

 

ですが、間質性肺炎になってしまった原因である抗がん剤を、今後は点滴で投与できなくなるので、これからどういう治療をするのか、まだ主治医の先生からは伺ってないし、

 

 

母は、膵臓癌末期だから、どうせ完治する見込みはないんだから、もう治療はせんって先生にはっきり言うとか言ってるし、

 

 

もーこれからどうなっていくんだろ・・・と少々メンタルが落ち気味でございます・・・。

 

 

これからの目途がまだ立ちませんので、もうしばらく鑑定はお休みさせて頂きます。

 

 

元気になった入院中の今の母は、きっと退屈なんでしょうね・・・。

 

 

私が夕飯を作っている時間とか、犬の散歩に出る時間とか、いつもは把握していて、LINEとか電話とか遠慮してくれる人だったはずなんですけど、

 

 

最近は、そんなのおかまいなしに、どーでもいい電話を長々とかけてきます。

 

 

いや、いいんです。病気なんだから仕方ないです。私しか話し相手がいないだろうし、私も覚悟を持って母と向き合っているつもりですし・・・。ちゃんと愛想よく話はしますよ。

 

でもですね。

 

 

今散歩中だから、帰って折り返しかけるけん・・・とかこっちが言ったら、普通は、あっごめんごめんとかって言って、一旦電話切りますよね・・・。

 

 

あーそーなん?とか言いながら、切らないんですよ。

 

 

ずっと、一方的に話すので、私は一人で、二匹の犬たちを連れて夜道を歩きながら、片手に二本のリード、片手にiPhone持って、話さなければいけないわけです。

 

 

「ほんと最近、お母さんKYっちゃんね。病気のせいやろうけど。

正直、もう少し気を遣ってほしいわっ」

 

 

と、夫に愚痴った途端、

 

 

リビング内のどこかから、バキッともの凄い音がします。

音がした場所を調べますが、異常はなしです。

 

 

ちょっと母のマイナスな話をすると、すぐ、家の中のものが、バキッ、ガタン、ガサッと、大きな音と立てます。

 

 

まだ、新築の家なので、そんなにガタが来ているわけはないはずなんですけど・・・。

 

 

多分、

 

 

気の強い母親が、

「はぁ?文句あんの??」

って怒ってんのか、

 

 

亡くなった父が、

「いいやん、それくらい」

って言ってんのか、

 

 

母を守っている守護霊さんたちが、

「あんたは心が狭いねー」

って嘆いてんのか、

 

どれかだと思います。

 

いいじゃん!!私だって、人間なんだから、時々ガス抜きをしないとやっていけないよ!!!

 

 

ブーブー言いながらも、元気に長生きしてくれればいいなとは思いますが、先が見えないって、ほんと不安ですね。

 

 

と、ここまで書いて、昨日は寝たのですが、

今朝がた夢をみました。

 

 

亡くなった祖父(母の父)が、私の前に現れて、小さな声で、何かつぶやきながら、私にメモを見せるのです。

 

なんって言ってるのかな・・・と耳を祖父の口元に近づけると、

 

 

「じいちゃんが迎えに行く当番やけん、奏音だけにこっそり教える。誰にも言わんとよ。」

 

 

そして、周囲を気にしながら、手に持っていたメモを私にこそっと見せます。

 

 

そこには、祖父の手書きで、

 

 

〇月△△日、もしくはその前日

 

 

と書いてありました。

 

 

そこで目が覚めました。

 

 

〇月△△日は、10数年前に祖父が亡くなった日です。

 

 

もしかして・・・。

 

 

その前日から容体が悪くなって、

祖父と同じ日が母の命日となるということなのでしょうか。

 

人の生死は、占いでは占ってはいけないし、神様たちも口を真一文字に結んで、絶対教えてくれません。

 

 

多分、最期を知ってしまうと、頑張れなくなる人もいるし、悪いことを企んだりする人もいるだろうから、言ってはいけないルールなんだと思っています。

 

 

なので、ここでも敢えて日にちは書かないでおきます。

 

 

占いや神様は人の死期を教えてくれませんが、私は、死期を感じてしまうことがあります。

 

 

その方の背面がなんとなく黒かったり、もやがかかったような感じで、顔がハッキリ見えない時です。

 

 

それが視える時は、亡くなることを、もうどうにも変えられない運命で、だいたい3週から3か月後には、この方は命が尽きてしまいます・・・。

 

 

母の場合、まだそんな感じではないですし、その祖父が知らせた日にちは、今から3か月以上半年以内の時期なので、

 

 

まだ変えることができるかもしれない、妙に信憑性のあるタイミングであることが、逆に怖いと感じます・・・。

 

 

今日も今から、頼まれたものを届けに母の病院に行ってきます。

今日は、面会ができるみたいなので、久しぶりに顔を見ることができます。嫌ですけど、その辺もなんとなく確かめてきます・・・。

 

 

ぐちぐち言いながらも、最後まで悔いなくサポートしたい・・・でも本当は元気で長生きしてほしい、それが娘の本音です。

複雑な空間にいますが、頑張ります!

 

 

今日も読んで下さって、ありがとうございました。

 

お試し料金でご依頼頂ける特典や、読者様限定メニューあり。もっとたくさんの鑑定内容や、怖い話を配信する
奏音からのスピリチュアルメッセージメルマガへのご登録は、
🌸🌸こちらからご登録ください🌸🌸
スピリチュアルカウンセラーが製作するパワーストーンアクセサリー。ラブラブ↓↓ホームページはこちらです。↓↓ラブラブ
スピリチュアル★パワーストーンショップ