関内会計~スタッフブログ~

関内会計~スタッフブログ~

~関内会計で働くスタッフのブログ~

こんにちは、横山です。

先週末から気温が急にさがってきましたね。

私は昨日、コートや毛布をクローゼットから引っ張り出してきました。

 

季節の変わり目になると「なんとなく体がだるい」「イライラする」といった症状を訴える人が増えるそうです。

これは「寒暖差疲労」という症状だそうです。

「寒暖差疲労」は寒暖差が激しいときに、人が体温を一定に維持しようとする機能が活発になるために発生するそうです。

 

「寒暖差疲労」を防ぐためには

・温度差を少なくする

・適度な運動をする

・よく眠る

などが有効なようです。

温度差を少なくするためには、空調をうまく活用したり、上着を重ね着して温度調整をすると良いそうです。

 

気温差の激しいこの季節、日ごろから対策を意識して「寒暖差疲労」をため込まないように心がけましょう。

 

横山でした。

―――――――――――――――――――――――――――

㈱関内会計は、

挑戦する経営者を応援します!

会社設立・税務・会計等で気になることがありましたら、

お気軽にご相談ください。

https://www.kannaikaikei.jp/

 

〒231-0013 横浜市中区住吉町1-14 第一総業ビル3階

TEL:045(680)4301

―――――――――――――――――――――――――――

 

 

こんにちは、濵川です。

今回はカードゲームの定番、UNOのお話です。

 

私にとって当たり前だったルールが実は公式ルールでは認められていない

と最近知ったので、今回は「本当に!?」と言いたくなる公式ルールを集めてみました。

(細部が異なる「競技ルール」もあるそうですが、今回は「公式ルール」です)

 

■ドロー2、ドロー4を出したら、次の人は指定枚数分カードを引かなくてはならない

 (同種だからと言ってカードを重ねて次の人に回すことはできない)

■ただしドロー4については「場の色と同じ色のカードを所持している場合には

 出すことができない」ため、 次の人は素直にカードを引くか、 条件を満たしていないのに

 ドロー4を出したのではないか確かめる「チャレンジ」を行うことができる

■当然ながらチャレンジに成功すればドロー4を出した人が、

 失敗すればチャレンジした人がそれぞれペナルティを負う

■記号カードでも上がることができる(つまり、手札が記号カードのみになってしまった場合に

 カードを2枚引かなければならないというルールはない)

■一度に出せるカードは1枚だけ

 (数字が同じ、あるいは記号が同じカードを一度に複数枚出すことはできない)

 

いかがでしょうか。

「そのルールでやって面白いの?」という気がしないでもないですが、

慣れ親しんだルールとはかなり隔たりがありますよね。

 

なお「手札が最後の1枚になったら『ウノ』と宣言する」というのは、

日本ウノ協会の説明書によると正しいルールのようです。

でも海外公式が「それは必須ではない」とツイートしたりもしているので、

調べている私としては「どっちやねん!」という気持ちになりました。

 

結局のところ、麻雀や大富豪同様、初めてのメンバーでやるときは最初にルールを確認して、

自分たちが面白いと思うルールでやるのが一番なのでしょうね。

ちなみに私は大学生の頃サークルの新歓合宿でUNOをやったときに「ドロー2にスキップやリバースを重ねても良い」と聞かされて「なんだそりゃー!」と当初困惑したものの、やってみると非常に盛り上がったという思い出があります。

 

以上、濵川でした。

 

 

―――――――――――――――――――――――――――

㈱関内会計は、

挑戦する経営者を応援します!

会社設立・税務・会計等で気になることがありましたら、

お気軽にご相談ください。

https://www.kannaikaikei.jp/

 

〒231-0013 横浜市中区住吉町1-14 第一総業ビル3階

TEL:045(680)4301

―――――――――――――――――――――――――――

こんにちは。関内会計の大森です。

 

運動不足の方が増えている昨今ですが、皆さんはいかがでしょうか。

かくいう私は運動不足を実感しています。

 

そこでジョギングでも始めようかと思っていた矢先、とある記事が目に入りました。

それはジョギングの健康効果が凄まじいというものです。

ダイエットや筋力向上は言わずもがなで、他にも以下のような効果があるそうです。

・肩こりの解消

・便通改善

・美肌効果

・ストレス発散

・安眠効果

・脳の活性化

・メンタル向上

・生活習慣病の予防

 

これを見るだけでやってみようかな?という気分になりますよね。

ちなみにジョギングとは、ゆっくりと快適なペースで走る、ウォーキングとランニングの間に位置する強度の運動のことをいいます。

ただしやりすぎは良くないそうなので、自分に合ったペースで始めていけるといいかもしれません。

 

興味の出た方は是非始めてみて下さい!

 

 

大森でした。