nishiのブログ

nishiのブログ

60歳を過ぎ、そろそろ自由に生活しようと考えているおじさんです。
写真とお酒が好きで、日々のドラマを写真に残したいと考えています。
皆さん、よろしくお願いします。

(※モデルさんご本人以外、このブログに掲載されている画像の無断使用を禁じます。)

今年もまた、ヒクイナが姿を見せてくれました。

ただ、昨年に比べて出現率が少なくなったように思えます。

昨年は倒された葦が多かったため、見やすかったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おわり

昨日掲載したモズと縄張り争いをしていたカワセミです。

モズに餌場を占領されてしまい、出番の少ないカワセミでしたが、比較的近くで撮影できましたので掲載します。

残念ながら、ホバーリングやダイビングの写真は撮れませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おわり

モズが魚をとらえるシーンを撮影しました。カワセミの捕獲をまねたのでしょうか。

モズはいろいろな鳥の鳴きまねができるので、百の舌を持つという百舌(モズ)の名前がついています。

器用で、とても賢い鳥のようです。

魚の捕獲はプロのカワセミに敵いませんが、なかなか上手に捕まえていました。

捕獲シーンはピンボケですが、今回はこれを掲載させていただきます。

 

 

 

少しですが、ホバーリングもします。

 

魚をくわえたシーンです。

 

 

 

 

 

 

小さな猛禽と呼ばれるだけあって、鋭い爪をしています。

 

左のカワセミと縄張り争いです。(微妙な距離感)

縄張り争いでは、百舌の方が強いようです。

 

最後にまた、捕獲のシーンです。(ピンボケですが)

 

 

 

 

捕獲シーンの良い写真が撮れましたら、次回また掲載します。

久しぶりに投稿します。

 

練習を兼ねての投稿です。

これからもマイペースでやっていきますので、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

おわり

4月になり、冬鳥がどんどん姿を消し、寂しくなりました。

そんな中で、夏の渡り鳥が少しだけ、この公園にも立ち寄ってくれます。

今回紹介するキビタキも、東京ではなかなか見ることのできない鳥だと思います。

4日ほど前に1回だけ見ることができましたが、その後は姿を見せませんでした。

 

 

 

 

おわり

この公園でもカワセミはよく見かけるのですが、掲載はしませんでした。

それは、近くで撮影できる場所が少なく、カメラを構えていてもその前を通り過ぎるだけ。

カワセミは、飛ぶ宝石と言われますが、飛んでいるカワセミの撮影は難しいですね。

今回は、遠くから撮った写真の寄せ集めですが、ひとまず掲載しました。

今後良い写真が撮れましたら、再び掲載させていただきます。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

おわり

昨日と本日、カイツブリの親子の2グループを紹介しましたが、読者からなわばり争いのトラブルがないかとの質問を受けました。カイツブリは、縄張り意識がとても強いそうです。

池はとても広く、それぞれが縄張りを持ってすみ分けているのですが、それでも親同士が近づくと戦いが始まりました。そのバトルの様子も撮影しましたので、追加で掲載させていただきます。

まず、敵が近くにいることがわかると、水面を忍者のように走って近づいていきました。そしてバトルが始まります。バトル後も、しばらくにらみ合いが続きました。親は、子供に危害を加えることはしませんでした。

 

 

 

おわり

カイツブリの親子の続きです。

今回は、別グループの4羽の子連れです。

このグループは、数が多いためか、親の背中に乗せることはしませんでした。

水面に映る緑や茶色の模様がとてもきれいでした。

ここでも、親がえさを与える様子が見られました。

 

 

    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おわり

今年初めて、カイツブリの親子を見ました。

すでに大きく育っていましたが、親鳥の背中に乗っての表情はとてもかわいいものです。

親からエビや魚をもらう様子も、絵になりますね。子供でも大きな餌を丸呑みします。

この公園では、子供が3羽のグループ(今回)と、子供が4羽のグループの、2つのグループがいました。

明日は、4羽のグループを紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おわり

このオオジュリンは、3月ごろから見かけていたのですが、葦の中に隠れていて見つけにくく、見つけても撮影までには至りませんでした。4月になり慣れてきたのでしょうか、葦のてっぺんにも顔を見せるようになり、撮影できました。この鳥は、夏羽になるとオスの顔が黒くなるのですが、まだ冬羽のままです。遠くから見るとスズメのようですが、仕草がとてもかわいい鳥です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おわり