韓国のスタバ

先日、友達とスタバに行ったんですが

スタバって全世界共通、

注文しなくてもいてもいいお店、

なんだそうですね。

 

 

私、知らなくて。

 

 

マカオに行った時にガイドさんが

“マカオの人はとってもおおらかで

 マカオのスタバは注文しなくても座っていていいんです~”

とおっしゃっていたので

マカオのスタバだけがそういうスタイルなのかと思っていました。^^

 

 

先々週辺りまで

韓国はものすごく暑くて

スタバが大盛況だったらしいです。

 

 

各家庭にクーラーがあっても

電気代がばかにならないし、

とはいえ、行くところが特にない、

ということで

スタバに居座る人がいたんだとか。

 

 

 

私がスタバに行ったのは

まだ春先だったかな~。

 

 

ちょうど携帯のアプリでたまったポイントがあったので

それを使って買おうと思ったんですが

旨く行っているかどうかわからなくて

店員さんに何度も聞いてしまった^^;;

 

 

あとで、きちんとポイント割引されていたのを

確認できました。

 

 

その時飲んだのがこちらのカフェモカ。

 

 

 

生クリームたっぷりでうれしい~。

 

 

でも、生クリームを乗せたあと、

カップをかぶされてしまうと

このカップを取るのが大変なので

出来ればカップはかけないでほしいです~><

 

 

 

 

デトックス相談はこちらから↓

韓国の夏の食べ物

先日、友達とお昼を食べに行った時の写真です。

 

 

友達はコンククス。

 

黒豆のコンククスです。

 

 

真っ白なので

どんな風に撮っても

おいしそうに撮れないね~、と

二人で言っていました。^^;;

 

 

コンククスは

お店で食べるのが一番です。

 

 

自分で作るのは大変だし、

市場で売っている汁は

家に持って帰ってきた時点で

ちょっと酸化してしまい、味が変わってしまいます><

 

 

私は鶏肉が乗った冷やしククス?

 

 

韓国で夏の滋養強壮と言ったら

鶏肉です。

 

サムゲタンが主流ですが

こんな風に鶏肉が乗っている料理もあります。

 

 

鶏肉が好きな私にはぴったりなんですが、

夏しか食べれないのが残念~。

 

 

麺はそうめんですが

味付は冷麺に近いです。

 

 

さっぱりしたのを食べたい時に

良いですね。

 

 

 

デトックス相談はこちらから↓

靴を買う

テーマ:
夏のサンダルって難しいーー。

去年、黒いサンダルを買ったんですが
足の小さい私は靴底から足がはみ出ちゃうーーー。

それでもそれ以上小さいのないし、
いつも通る駅の靴屋さんは
どこも同じデザインしかなくて、
うーーーん、と悩んでいたんです。


去年買ったサンダルが黒ということもあり、
白いサンダルが欲しくて探していて、
去年、冬の靴を買ったお店の靴が良かったので
そのお店に行って
1万ウォンの白いサンダルを購入。


これがなかなか良かったんですが、
ぬあんと、
一週間で紐の部分が靴底から取れた。(;´Д`)


海とかでサンダル履くと
濡れてしまってセメダインが弱くなり
取れちゃったりするんですよねー。


で、これを直そうとすると
きたなーく縫うしかないんです。


いちかばちか。


カンナムの靴修理屋さんに持っていったら
最近はビスで止めるらしく
やっぱりそれも汚い。


1万ウォンだし、泣く泣く諦める。


そして再び黒いサンダルを履いていたんですが
歩くのが早い友達と歩いていたら
足が痛くなってしまいましたー。


骨折というわけではないのですが、
そんな感じに足の指の骨が痛い。


でも触ると痛くないんですよーーー。


パスの代わりになるメンソルオイルを持っているので
それを何度か塗っていたら良くなりました。


でも、靴は買い換えないとなー。


いつも仁川からバスでカンナム駅に乗ってくるんですが、
ちょうと入ってくる地下街のところに
靴屋が沢山あるので、そこで買うことにしました。


一軒目のお店では、私がウロウロしてるのに
全く声をかけてこない。


声をかけられないほうが買い物するには楽ですが、
買わない可能性も高い。



特に気に入るデザインがなかったので
別のお店に移動。


お店の外に並べてある靴をいくつか履いていたら
お店の中にもあるのでみてくださいーと
声をかけられました。


実際、お店の中のものってちょっと値段が高いので
あまり入ったりしないんですが
ちょっと見てみるか、と入ってみました。


若い店員さんに私が履いているのと同じような靴を勧められましたが
いや、これが痛いから違うのが欲しくてーといいつつ、
ちょっと楽そうに見えるサンダルを手に取ってみました。


すると、ちょっと年配の店員さんが
サイズはいくつ?と聞いてきて
私が試しに履いていたサンダルと
似たようなデザインのサンダルを
持ってこられました。


履いてみたらピンヒールなのにすっごい楽ー。


でも、試しではいた方のサンダルも気になるので、
そっちも私のサイズに合わせて持ってきてもらいました。


うーん、なんかしっくりこない。


"こっちのほうが楽だよー。
 お客さん、足が小さいからこれが良いよ"
と言われ、確かにそうだなーと思って
勧められたサンダルを購入。


ここで値引きして、と言えたら良いんですが
私は言い値で買ってしまいます。


買ったサンダルはこちら。


白かベージュが良かったんですが
薄いピンクしか無かった。


これで45000ウォンしましたが、
安くてすぐに捨てるより
ちょっと高くても長く楽に履ける靴が良いですよね。