情熱の地酒を扱う日本酒専門店 カネセ商店
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

コーヒーが美味い朝

新潟の田舎の与板町に店がある当店は、

 

コーヒーを飲みたい場合、スタバは無いけど、

 

ナカムラコーヒーロースターsさんがあるので、そこでいつも買ってます。

 

ご夫婦でやってて、色々と教えてもらいながら飲むコーヒーって格別。

 

コーヒーって、豆や挽き方を知らなくても楽しめる、楽だよね。

 

日本酒はもっと楽に楽しめればな〜 と、悩めば悩むほど、どツボにハマる罠。

 

 

 

 

最近、タンブラーを購入したことをきっかけに、

 

豆を挽くミル、ステンレスドリッパー、ドリップケトルを購入。

 

豆はもちろんナカムラコーヒーロースターsさんにて購入。

 

全然詳しくないけど、ただコーヒーは好きというだけなんだけど、

 

コンビニのコーヒーはもう買えないな...  と感じてます。

 

本物を知ることが大切。(コンビニが偽物とかということではありません)

 

 

 

朝イチの起きてない体のスイッチをコーヒーで切り替える。

 

今日もいつもと同じく体が目覚めてくる。

 

 

 

さてさて、大分の中野酒造さんから、届きました!

 

 

 

純米吟醸生酒 

1800ml 2,800円(税別)

720ml 1,500円(税別)

https://www.kanese.com/SHOP/165538/list.html

 

 

食中酒とは何か、模索して作り上げられる一本、毎年味わいが異なります。

 

スピンオフ商品となります、限定販売酒!

 

 

今年も希望数量は入荷しませんでしたが、それでもたっぷりございます。

 

一言だけ、ちえびじんらしくジューシーでとても美味しい。

 

そしてこの価格、飲食店様も使いやすい仕様となってますね、ぜひぜひお求め下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

きっと忘れない

 

西高東低の冬型の気圧配置が決まると完全に孤立してしまう、

新潟県佐渡ヶ島!

雅楽代・天領盃 醸造元 天領盃酒造

そんな厳しい環境の中、天才かキチガイか、探究心の塊の一人の男が造る試験醸造が発売になる。

 

 

先日、サンプルを送ってもらった。

方向性も共有してて、良い落とし所だなと関心しつつ、頂く。

 

薄めな香り、穏やかでたおやか。

口当たりは軽く、チリチリと天然のガスがお出迎え。

味わい(旨味)はおとなしく、お出汁のように効いてくる。

小粒な酸味も僕の好きな感じ、絞ってすぐのサンプルでは大したもんだなと。

 

蔵元もまだまだ課題があると謙虚、

僕もその点は感じつつ、それよりもこの試験醸造の将来がすでに楽しみになっている。

新潟県らしく伝統は継承しつつ、他の蔵元さんから共有した技をアクセントに使っている印象。

 

この一本の日本酒から天領盃酒造の哲学というか、未来が見えてくるように思いました。

蔵元が言うように、まだまだ小さな課題は多いと思いますが、僕が一言だけ言いたいのは...

 

このお酒の味を絶対に覚えてて下さい

 

そして忘れないでいてほしい。

僕はきっと忘れない、いや絶対忘れない。

 

新潟で光る蔵元の一つ、天領盃酒造。

入荷数は、色々あって少ないですが、是非味わってみて下さい。

 

ブログを書いてるところに蔵元からメッセージが!

甘くて酸味のあるお酒が主流になってて、新潟らしいスタイルが蔑ろになっている。

過去の酒みたいな印象となってると感じ、自分なりに新潟のスタイルを模索。

純米仕込みで炭素を使わずにキレイで軽い飲み口をイメージしてます。

うん、わかるわかる。

 

 

webページでご案内予定です!

https://www.kanese.com/SHOP/175754/list.html

 

1800ml 4,800円(税別)

720ml 2,800円(税別)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本年もお世話になりました

 

改めまして、今年も大変お世話になりました。

一年がほんっっっっっっっっとに早い。

30代に入ってからも早いと思ったけど、40代は尋常じゃない。50代はもっと早い?恐ろしい...

 

今年は日本酒に対して新しい考え方を得る事ができ、またその事がすごく腑に落ちる内容。

僕もまだ勉強中なので詳しく書けないですが、SNSや会話の中で今の日本酒について話をしている内容は、

「マチの酒」であり、ヤマの酒やサトの酒ではない。なんのこっちゃ?だと思うんですが、そのうちに

しっかりと書きます。でも、これほんと大事なことです。

 

僕たち日本人が日本酒を飲む意味

 

この意味を、一緒に考えていきましょう、きっと日本酒の本質が見えてきます。

日本酒は何故誕生した?今も僕らの周りに残る日本酒誕生の秘話のヒント。。。

しかし僕も含めてほとんどの人がわからない、伝えられてないから。

 

1月3日に、食堂へりていじの伊藤薫を筆頭に、なぎさん、さゆりちゃんとスタッフが、

長岡店(角打ち+81カネセ商店)の前で、餅つきをするとのこと。

餅つきの意味って、知らないですよね?僕は知りませんでした、恥ずかしながら。

 

〜 天穏 小島杜氏より 〜

餅つきは臼(女)に米(種)を入れて、杵(男)で突いて(まぐわう)、

モチ(子ども)ができるという生命信仰の営みの象徴であるため日本の伝統行事として

尊ばれています。鏡餅を上から見たら何を表すかは縄文・営み好きには一目瞭然でしょう。

 

今年のターニングポイントになった、天穏への蔵見学。そして小島杜氏の思想、

そして持ち出し禁止の資料を特別に頂き、その後も小島くんとやり取りをしてて、

なんかゾクゾクしてきてワクワクしてきて。日本酒を商売に出来ている素晴らしさ、

改めて考えさせられました。

 

そしてこの思想(語り継がれてきた想い)を持ってる蔵元さんは少ない?居ない?みたいですが、

ワイン・陶芸・料理などではいるようです、その人達と天穏を合わせたら何か楽しそうです。

 

味や香りじゃなくて価値観を合わせる

 

また別の話で小島くんから「島根県と新潟県は繋がりがあるんですよ」と。

その夜の宴会場のこん吉堂の店主も「そうだよ、出雲崎っていう町あるでしょ?繋がりあるんだよ」と。

その繋がりについても、天が穏やかであれば窮することは無い、無窮天穏を飲みながら聞く。

こんな贅沢あるだろうか!

 

そして、小島くんは今またその営みをテーマに新たな挑戦をしている。

これがまた凄い、いや凄いというか、営みからくる流れだから、当然なのだろう。

凡人の僕は、ため息しかでない。

 

仕込み真っ只中、天穏 小島杜氏は春頃新潟入します。

日本酒について語りあいましょう。

 

 

そんな日本酒を自分を見直す年でした。

新年はもう少し自分で噛み砕いて勉強しつつ、皆様に日本酒と一緒に伝えていけたら、いいなと。

みんなで、日本酒を通じてハッピーになりましょう!そのためにがんばります!

 

マチの酒からサトの酒、ヤマの酒と、考え方を皆様と共有できたら、日本酒は本来の形を取り戻すよ。

 

では良いお年をお迎え下さいませ。

 

 

 

 

カネセ商店 スタッフ一同

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年末年始の営業のお知らせ

 

本年も残りわずか!!!!

まだまだ発送させて頂いております、有難うございます筋肉チュー

田舎の与板町は、静かですチーンあせる

 

 

 

さて、

年末年始の営業のご案内です!

 

え?

こんなに休むの?

 

 

と、お叱りムキーを頂くかもしれませんが、菊口もなんだかんだで46歳でございます笑い泣きアハハ

少しお休みを頂きながら、また更に加速できるようにがんばりますニヤニヤうふふ

 

 

とはいえ、

 

 

2日より、

発送業務開始です!

 

お店はお休みですが、店の中で荷造りをしてますので、

ご遠慮無くweb、電話、メッセージ、LINE等で、ご注文下さいチョキ

ビシッと発送させて頂きます!

 

本年の締めのご挨拶はまだしませんよ〜

31日まで突っ走りますメラメラメラメラメラメラ

 

宜しくお願い致します。

 

 

 

 

分厚くダサいグラスが好き

最近、ビールグラス(6オンス)で日本酒をかっ喰らってます。

なみなみ注いで、おっとっと...  ジュルジュル。

 

うまいっ

 

高級なグラス、足の長い◯ーデルとかのグラス、怖くて持てない(笑)

最近は常温の日本酒を晩酌では飲んでるんで、尚更高級なグラスは似合わない(笑)

 

 

昨日も天穏の小島杜氏とやりとりしてて、

やっぱり常温の美味しさが一番だよねと。

と、新酒真っ只中のこの時期に言う(笑)

 

新酒は新酒で良さがあるので、逆に高級なグラスなど素敵なグラスで飲むほうが似合うね。

 

ただ、46歳の菊口はコップ酒に常温のお酒をなみなみ注いで飲むスタイルが好き。

新酒のフレッシュなタイプも、コップ酒に入れて飲むと面白いんだよね。

160mlくらいあるから、じっくりと飲んでいくと、ガスも抜けるし、温度も変わるから、味も変わる。

 

 

ということで、蔵元別のグラスを造っちゃおうかなと。

居酒屋で瓶ビール頼むと出てくるグラスのイメージ、そこに銘柄のロゴ。

 

うん、

 

ダサくていい(笑)

 

 

フォトショップでイメージ画像を作ってみた。

 

 

うん、ダサくていい(笑)

あ、ちゃんと蔵元に許可取ってますよ〜。

 

まずは天穏から作ろうかなと。

 

その後、許可を得てる蔵元は...

 

十旭日

竹雀

冨玲

玉櫻

七本槍

山陰東郷...

 

うちもいいよっていう蔵元さんいましたら、お声がけ下さい。

 

造るのにロットが小さいので、1個あたりのコストが高くなるんで、

1銘柄づつ作ります💦 

 

 

また、天穏の小島くんと「営み」をテーマにしたグラスも作る予定です。

コレもすごく楽しみです

デザインしてくれる人募集!

 

飲食店さんでも使ってほしいな〜 (*^^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「知識」と「意識」の間に...

大都会東京でもみくちゃにされながら仕事をしている息子の言葉が、

今の酒の業界にも言えるなと感じて、そんなことを思ってるときに着弾した銘酒。

 

吾有事 純米無濾過生原酒

1800ml 2,500円(税別)

720ml 1,350円(税別)

https://www.kanese.com/SHOP/141717/list.html

 

 

知識と意識...

何事に対してもこの二つの顔は認識する必要があって、

息子は飲食店に努めてて、筋肉系やダイエッター系の方がタンパク質を摂取しにくるような

「健康」や「減量」などをテーマにした飲食店。

 

息子も自ら肉体改造を行っており、ぽっちゃりしてたかわいい息子だったのに、

今どきの細マッチョ系に半年で変わってて(笑)、こうなったらパパも頑張るぜということで、

息子に相談しながらダイエットを行ってました。半年でマイナス10キロ達成〜チョキニヤリ

 

その過程で言われたのが、「知識」と「意識」が大切よと。

筋肉を付けたいのか、減量をしたいのか、両方同時に考えている人がいることでまず知識がない。でも意識は高い。

逆に本を呼んだり、ググったりして知識を豊富にゲットして安心してしまい、実行に移さない。知識あるけど意識がない。

 

 

この話を聞いてるときに、日本の造りにも通じるじゃないかと!

酒造教本などで机の上の知識、今の時代の流れの酒の知識を多くゲットしても、

今置かれている現状を把握し、自分のスタイルにあった酒造りを意識しなければ個性ある酒は生まれない。

逆に志高くやる気もみなぎってても、米も触ったことのない知識の無い人がいきなり酒は造れない。

 

ん?うまく伝えられてない?(笑)

 

そんなことを思ってたときに、りゅうやんが醸す吾有事(わがうじ)が入荷してきて、

まさに「知識」と「意識」の間にある美酒だと感じました。

知識はもちろん凄まじいものがある、ほんと勉強している、頭が下がります。

意識も誰よりも高いところを見ている、妥協もしないしね、まだ20代。恐ろしい20代である。

 

うちで3年間働いていたマコと同じ歳。

笑い泣き(マコも違った意味で恐ろしい20代!色んな面で同じ歳には見えんw)笑い泣き

 

りゅうやんのお酒は優しい気持ちになれるお酒で、どこか懐かしい匂いがする。

昔はりゅうやんが造るように真面目な日本酒(今みたいにテクニックなどが共有しずらい時代だった時の)

の匂いがして、20代の頃に飲んだ日本酒を思い出させてくれる。真面目な匂いだな。

決して今の日本酒が不真面目って言ってるわけじゃございません(笑)←大事なところw

 

いや〜 真面目な酒だな〜。日本酒って、人が出るっていうけど、ほんとそう思う。

りゅうやん渾身の一滴ページはこちらhttps://www.kanese.com/SHOP/141717/list.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Which do you like better ?

青りんご完熟りんご どちらがお好き?

 

りんごの季節ですね、毎日僕は食べてます。朝晩に笑い泣き

りんごは少し完熟して、意外とモサモサした?粉っぽい?りんごが好きです。

 

シャキシャキで蜜たっぷりよりも、

モサモサとしている方が食感が好き。

だから少し寝かせてからりんごは食べてます、菊口家はみんなモサモサ好き。

 

でも

 

日本酒となると、ダントツで青りんご系です!

ミルフィーユのように酸味と甘味が重なり、飲み疲れせずクリアな味わい。

 

 今年も青りんごの純米酒が入荷してきました!! 

 

 

奈良県のお酒じゃないよ?(笑) 福島のお酒!

奈良萬 純米生酒 中垂れバージョン

1800ml 2,600円(税別)

720ml 1,300円(税別)

 

webページはこちら

右差しhttps://www.kanese.com/SHOP/122615/list.html左差し

 

 

 

 

今年、天領盃酒造の加登社長が奈良萬醸造元の夢心酒造さんへお邪魔しまして、

加登くん曰く「とてつもなく勉強になりました!」と鼻息荒かった(笑)

 

そしてこの純米生中垂れバージョン、

某人気蔵◯◯◯の社長に「この仕込みの経過簿がほしい」と言わせる程の完成度。

でもそれをあげちゃう夢心酒造の東海林社長は、さすがです。

 

 

東海林社長が持ってる純米火入れ(https://www.kanese.com/SHOP/15361.html)は、

東京四谷の居酒屋でミシュランのふんわり風船星を持ってる萬屋おかげんさんの定番酒!!

店主の神埼さんとも先日電話で作戦会議。

そして、電話のついでに春に席を確保してもらう約束をチョキチュー

 

 

話を戻して、

奈良萬 純米生酒 中垂れは、当店の中ではリピート率5年くらい連続No1です!

飲食店様でも「困ったときの奈良萬」と言われるほどの安定感と美味しさ、今年もスイスイです。

 

 

キレイだ...キラキラ

 

何にでも合わせてほしいニヤリ

 

 

 

 

奈良萬ページへ! 右差しhttps://www.kanese.com/SHOP/122615/list.html左差し

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゲシュタルト崩壊と文佳人リズール

ふと思ったことがあって、それは職業病。

 

昔(20代)の頃って、詳しくはわからないけど、

美味しいとかこれ好きとか、少し苦手とか、ボヤッと美味しく楽しんでた。

 

それがだんだんと情報が頭に入り始め、またそうゆう情報の場にいることが多くなり、

情報過多な時間を過ごしてしまっている、酒業界にいるから仕方ないとは思うのだけど。

 

まさに ゲシュタルト崩壊 だと思った。

 

ゲシュタルト崩壊とは...

知覚における現象のひとつ。全体性をもったまとまりのある構造から全体性が失われしまい、

個々の構成部分にバラバラに切り離して認識し直されてしまう現象をいう。

幾何学図形、文字、顔など、知覚的なものがよく知られているが、聴覚や皮膚感覚においても生じうる。

 

 

味覚にもゲシュタルト崩壊は言えるのかなと感じた。

全体性なまとなりの美味しさで楽しめるのに、酸味が、甘みが、旨味か、余韻が、4vgが、ヒネ香が...

いつの間にか、探りをいれてしまう。要はアラを探す行為をしてしまっている。

目立つところだけをフォーカスして、それだけを意識し続ける。

それがプロ、それが通(ツウ)、それがカッコいいと思うからだ。

 

思い出してほしい、もっと純粋に楽しんでいたはずだ。

 

それを、この文佳人の特別純米リズールのおりがらみ生で取り戻してほしい。

 

 

文佳人 特別純米おりがらみ生

1800ml 2,700円(税別)

720ml 1,350円(税別)

 

右差しウェブページはこちら左差し

https://www.kanese.com/SHOP/158720/list.html

 

 

今回、文佳人の綾さんに無理言いまして、100本オーバー頂きましたチョキチューキラキラ

菊口の大好きな一本でございます!

フレッシュでシュワッと舌を刺激するガス感、甘みが溶け込んだ果実感ある酸味

なんといいますか、今年も抜群にうまいです!

 

ガス感がしっかりとあるんですが、ガスが抜けたあとの味も逃さず試してみて下さい。

シャンパンと同じで、ガスが抜けた後もスティル系の美味しさがあります。

 

文佳人は、ガス感ある味わいとガスが抜けたスティル系の味わいの

二段構え!

文佳人に死角無し!

 

 

うまい

 

うまい

 

うまいーーー!

 

 

 

はぁ

 

はぁ

 

はぁ

 

 

 

後悔させません!

https://www.kanese.com/SHOP/158720/list.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あべ

今から配達行きます!

仕込みのドタバタな中、蔵元杜氏の阿部裕太氏が自ら運転して配達してくれる。

決して近く無い距離を毎回。そのときに現状の話や、次の課題の話などを共有。

 

しかし、新潟を、いや日本を代表する酒になったな〜

酒質だけじゃなくて、考え方とか動きなども含めて。(偉そうなコメントになってしまった)

まぁ、ほんと貪欲で一生懸命で、酒は強くないのに付き合いも良くて、テキーラを飲まされたりw

 

そんな新潟の田舎で孤軍奮闘してる小さな蔵元の酒です。

フランスへ渡ったWAKAZEの今井くんも前期は阿部酒造の一員として頑張ってくれて。

とても蔵には見えない蔵だけど、夢が詰まった空間で作られた「あべ」は、飲む人をみんな笑顔にします。

 

 

あべ 定番純米吟醸おりがらみ生酒

原料米   :新潟県産 五百万石

精米歩合  :麹米50%、掛米55%

アルコール度:16度

価格    :1800ml 3,300円(税別)  720ml1,730円(税別)

 

 

 

 

ザラつきなくクリアな美味しさで、どのタイミングで飲んでも楽しく美味しいと思います。

頑張って設備投資を行い、理想へ向かって、頑張ってる。

 

沢山有名銘柄ありますが、まだまだ無名な「あべ」の応援、宜しくお願いします。

そして年明けは蔵へ行ってちょっと手伝ってきます。

そのままお酒積んで帰ってきます。

 

すぐに皆様にご案内出来るように準備しますので、お楽しみに。

 

ウェブページはこちらから!

右差しhttps://www.kanese.com/SHOP/147684/list.html左差し

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新酒画像を可能な限りアップ!冷蔵庫パンパン

疲れが溜まってきてる12月上旬...

やっぱり歳には勝てないのかな(笑) 疲労の蓄積度がすごい💦

あと約3週間、今年も最後までお付き合いをお願い致しますm(_ _)m

 

 

左から

 

鍋島 純米吟醸生 五百万石 1800ml 3,000円(税別) 720ml 1,610円(税別)

右差しhttps://www.kanese.com/SHOP/122614/list.html左差し

廣戸川 純米にごり生酒 1800ml 2,700円(税別) 720ml 1,350円(税別)

右差しhttps://www.kanese.com/SHOP/128186/list.html左差し

酒屋八兵衛 純米しぼりたて生 1800ml 2,685円(税別)

右差しhttps://www.kanese.com/SHOP/148677/list.html左差し

英君 純米しぼりたて生 1800ml 2,500円(税別) 720ml 1,300円(税別)

右差しhttps://www.kanese.com/SHOP/169075/list.html左差し

花巴 速醸純米うすにごり生酒 1800ml 2,400円(税別)

右差しhttps://www.kanese.com/SHOP/146664/list.html左差し

残草蓬莱 純米しぼりたて生 1800ml 2,800円(税別) 720ml 1,400円(税別)

右差しhttps://www.kanese.com/SHOP/141441/list.html左差し

 

 

 

左から

 

萩の鶴 純米初しぼり生原酒 1800ml 2,600円(税別) 720ml 1,300円(税別)

右差しhttps://www.kanese.com/SHOP/122618/list.html左差し

あべ 定番純米おりがらみ生酒 1800ml 2,950円(税別) 720ml 1,500円(税別)

右差しhttps://www.kanese.com/SHOP/122618/list.html左差し

天領盃 純米しぼりたて生 1800ml 3,000円(税別)

右差しhttps://www.kanese.com/SHOP/175754/list.html左差し

天領盃 純米にごり火入れ 1800ml 3,000円(税別)

右差しhttps://www.kanese.com/SHOP/175754/list.html左差し

松の寿 純米吟醸五百万石生 1800ml 3,000円(税別) 1,500円(税別)

右差しhttps://www.kanese.com/SHOP/122622/list.html左差し

七本槍 純米しぼりたて生 1800ml 2,800円(税別)

右差しhttps://www.kanese.com/SHOP/122605/list.html左差し

 

 

 

左から

 

金鼓 純米うすにごり生酒 1800ml 2,600円(税別) 1,300円(税別)

右差しhttps://www.kanese.com/SHOP/122562/list.html左差し

川鶴 純米限定直汲み生 1800ml 2,450円(税別)

右差しhttps://www.kanese.com/SHOP/150914/list.html左差し

澤の花 純米吟醸生 1800ml 2,660円(税別)

右差しhttps://www.kanese.com/SHOP/122602/list.html左差し

澤の花 純米吟醸生 さら雪 1800ml 2,860円(税別)

右差しhttps://www.kanese.com/SHOP/122602/list.html左差し

御前酒1859 プロトタイプ生酒 1800ml 2,800円(税別) 720ml 1,400円(税別)

右差しhttps://www.kanese.com/SHOP/176296/list.html左差し

吾有事 純米初しぼり生 1800ml 3,000円(税別) 1,600円(税別)

右差しhttps://www.kanese.com/SHOP/141717/list.html左差し

 

 

 

 

左から

 

仙禽 雪だるま(純米生酒) 1800ml 3,273円(税別)

右差しhttps://www.kanese.com/SHOP/151604/list.html左差し

奈良萬 純米おりがらみ生酒 1800ml 2600円(税別) 720ml 1,300円(税別)

右差しhttps://www.kanese.com/SHOP/122615/list.html左差し

鏡山 純米しぼりたて生 1800ml 3,000円(税別)

右差しhttps://www.kanese.com/SHOP/122565/list.html左差し

ちえびじん 純米生酒 1800ml 2,300円(税別) 1,300円(税別)

右差しhttps://www.kanese.com/SHOP/165538/list.html左差し

一白水成 純米吟醸生 1800ml 2,800円(税別) 720ml 1,400円(税別)

右差しhttps://www.kanese.com/SHOP/121801/list.html左差し

一白水成 特別純米ささにごり生酒 1800ml 2,300円(税別)

右差しhttps://www.kanese.com/SHOP/121801/list.html左差し

 

 

 

左から

 

鏡山 純米吟醸しぼりたて生酒 1800ml 3,600円(税別)

右差しhttps://www.kanese.com/SHOP/122565/list.html左差し

屋守 純米おりがらみ生酒 1800ml 3,000円(税別) 720ml 1,500円(税別)

右差しhttps://www.kanese.com/SHOP/122563/list.html左差し

貴 特別純米直汲み生 1800ml 2,850円(税別) 720ml 1,425円(税別)

右差しhttps://www.kanese.com/SHOP/122608/list.html左差し

山間 2号特別純米中採り直詰め 1800ml 3,090円(税別) 720ml 1,545円(税別)

右差しhttps://www.kanese.com/SHOP/122628/list.html左差し

山間 2号特別純米ori-ori-rock生(発泡性) 1800ml 3,150円(税別) 720ml 1,575円(税別)

右差しhttps://www.kanese.com/SHOP/122628/list.html左差し

髙千代 純米無調整おりがらみ生 1800ml 2,400円(税別) 720ml 1,200円(税別)

右差しhttps://www.kanese.com/SHOP/169676/list.html左差し

 

 

 

あーーー、もれてる銘柄ある笑い泣き ひとまず、再入荷酒も含めて新酒アップ!

明日も新酒が入荷予定ですし、いよいよ謙信より...

VIRGIN BEAT

の案内が届きました、入荷次第すぐにアップ致します!!!

 

そして当店エースの而今も入荷予定です、要チェック!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>