郷ひろみコンサートIN高松

テーマ:
今年のひろみのコンサートは、平日なので無理かな、、って諦めていました。と、高知のファンクラブの友達から、高松のチケット、ひとり急遽、行けなくなったので行かない?と連絡もらいました。
 仕事は、3時までで切り上げ県民ホールへレッツゴー!
高知の友達になかなか会えないアクシデントはあったものの無事開幕、間に合いました。
六列目というひろみとの距離の近さにドキマキは止まりません。
歳を重ねるごとにパワフルになっていくひろみ。もう、最高です。
二億四千万のラストでは、ステージの端から端を全力疾走!あー、やっぱりひろみは、スーパースターだ!
最高の夜、諦めていたひろみに会えるなんて、 私にとって、最近で一番嬉しい出来事でした。

ひととき例会

テーマ:
二ヶ月ぶりに朝日新聞高松支局で、例会です。
今回は、原稿持参しました。皆、それぞれの作品で、読み応えあり合評にも力が入ります。ぷっと笑えるエッセイから社会風刺な声まで、プラス近況報告ありで充実なひとときでした。
お昼は、いつもの谷口でパスタランチで〆でした。(^-^)

関東に送ります。

観葉、多肉植物の土2㍑   装飾バークチップ1㍑入りを小袋に詰めて花屋さんに送ります。

袋詰めをしているのは、春から仕事に来ている30代の美人スタッフさんです。

彼女を花に例えると、周りを明るくして、オリエンタルな「アルストロメリア」みたいな人です。





今日も、工場の中は、30℃超え、末長くお願いします。

迷子のキジドリのひな

テーマ:
会社の近くで、キジドリが子育てしてます。
キジドリ親子が道路を横断中、車が来て慌ててひな鳥が近くの民家の2階に避難しました。でも、まだ飛ぶのが充分じゃないので、2階から飛び立つ事が出来ずにうずくまっています。
母鳥は、心配そうにひな鳥を探してます。
もちろん、大きな声で鳴いてます。
でも、鳴いていると、悪役の烏が近づいてきてひやひやです。



半分、青いの中村倫也君

テーマ:
朝のNHKの連続ドラマで、律の友達役を好演中の中村倫也君が人気急上昇らしい。

ゆるふわ男子で、彼女が5人くらい居るモテモテ男子で、独自の哲学がまたすごい。
「犬を可愛いなあって拾ってくるじゃない。そしたら、また、可愛いなあって犬を拾ってきて飼うよね。そしたら、前に飼ってた犬、捨てられる?捨てられないやね。そしたら、犬が知らない間に5匹になっちゃった、」

さすが北川脚本です。
でも、オバサンになっちゃった私としては、
二匹目か、三匹目の犬になる恋愛経験もあったらよかったかな、って思います。