かんちくログ

1発屋どころか、まだ1発も打ち上がってませんが。勝負は、これから。


テーマ:

NHKスペシャル「キラーストレス」という番組で紹介されていた、ストレス対策のコーピングという方法。
ストレスを回避するための気晴らしを考えてあれこれリストアップしておいて、ストレス状態のときに、その中のどれを試したら一番解消されるかな・・・と考えながら試してみる。どのストレスにはどの気晴らしがいいのか。
 

なるほど。客観的に自分のストレスを観察できてコントロールできるのかもしれない。

で、実際にストレス解消方法を試せなくても、それをやっているところを思い浮かべるだけでストレスは少し消えるらしい。ほんまかいな・・・と思って試してみたら、確かに少し楽になった。

よくよく考えてみると、憂鬱なことを思い浮かべたら、実際に体験していないのに気分がふさいで胃が痛くなるわけで、その逆だってありなわけです。気が晴れることを思い浮かべたら、実際に体験していなくても、気持ちは晴れるわけです。

リストアップしてみると、自分がどんなことに気持ちが晴れるのかがわかって面白い。眺める系が多い。服とか雑貨とか本屋とか文房具とかを眺める。雑誌を眺める。可愛い女の子の写真を眺める。湖を眺める。小説を読むというのはリストに入ってこなかった。気晴らしというか、集中して行う行為だからかもしれない。食べる系も多い。ネットは気は晴れないな。中毒になるけど。
きらきらと澄んだ湖を眺めているところを思い浮かべる。そうすると、嫌なことや悩んでることをぐるぐる考えるのを一瞬ストップできる。ちょっと気持ちが楽になる。


人間の脳って面白い。小説を書いているとき、わたしの体と脳はいったいどうなっているんだろうなあ。
 

しかし、100個挙げるんだって。今23個。100個もあったらそれこそ百人力って感じがする。なんかこう、式神みたいじゃないか。ストレスが襲ってきたら、スマホの中のリストからそのストレスと戦える式神を選んで召喚。うーむ、たくさん集めたくなってきた。


ところで、原作担当している漫画の最新刊出ました。そして、ただいまキャンペーン中で一巻無料です。ラブコメです。よかったらどうぞ。

6巻、新キャラが活躍しますが、夜桜さんの描いてくれた新キャラ男子が、もう、わたし好きすぎて…!主役の柴田さんより好みすぎて、揺れ揺れです。すんません。

https://www.cmoa.jp/title/129981/vol/6/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
大阪市全域に暴風警報が発令されたため、本日のイベント「幽宴その2」は一部二部ともに中止、10/15の同じ時間に延期することにしました。
予定を空けてくれたみなさん、すみません。

来月、もし、お日にち空いていたらぜひお越しください。さらにブラッシュアップしてお迎えします!

なかなか他にないイベントになりそうですよ。秋のまち歩き、楽しそう。

10/15なら行ける!という新たな参加者もどんどんお待ちしています。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
わたしの実家は岡山で、父方の祖父はぶどうも作ってました。いまは祖父は亡くなり、叔母がぶどう農園のオーナーになって、ほかの人が作っています。
いろんなことに手を出す祖父で、ぶどうを作り始めたのもわたしが小学生くらいのときだった気がする。その前は電気工事の会社してた。町長さんとかもしてたような。まだあまり甘くなかったり不揃いだったりしたぶどうを食べた子どものときの記憶がうっすらとある。
いまや立派なひとふさ千円とかで出荷する堂々たる高級果物ですが。

いやあ、ぶどうにしろなんにしろ、こんなにおいしいものを作れるってすごいなあ。

というわけで、毎年秋になったらぶどうが我が家に届く。今は商品のぶどうにはまだ早い時期なのだけど、不揃いで出荷できない早摘みのぶどうの詰め合わせを送ってくれた。

{6F475F58-BB12-464C-BFB3-9D312839D521}


ぶどうの種類ってこんなにあるんか…!
甘さや酸味が少しずつ違って、バランスが絶妙で、どれもおいしい。
せっかくだから、この違いを書き残しておこう、と思い、書いてみた。

{3232FDD8-3EF4-4C1E-AFAF-A9F71F356710}

全部「甘い」しか書けなかった。
甘さの種類は違うのに!違うということはわかるのに!

これは難しい…。

来月、日本酒の味を自分の言葉で表現してみよう講座を美人唎酒師と一緒にやるのだけど、そして、まずは自分がお手本作ってみるのだけども、果たしてできるのだろうか。

{47E1B5B8-F69F-4CD6-94E9-45401C3A3419}

打ち合わせの様子。
一緒にやるのはテレビタレントやモデルやラジオパーソナリティーや造形作家として活躍中のほっぺふき子さん。ラジオドラマをさせてもらった、アフタヌーンレーダーのパーソナリティー。
10/16の19:00から京橋のOBPアカデミアで。大阪城が見える素敵コワーキングスペースです。
定員最大16名なので、ほっぺさんの美女パワーですぐに埋まるに違いない。
すぐ埋まったらどうしましょう…って、打ち合わせの間、そのことばかり気にしてました。すぐに埋まったら、また別日程で同じ内容で開催するかも。申込や詳細など出ましたら、お知らせします。

そして今週末は、幽宴その2。台風が心配です。第2部は雨天決行。第1部は中止となる場合は、申込時にお知らせいただいたメールアドレスに連絡します。
まだお席あります。よかったらぜひ。
これ終わったらあれやこれやの缶詰だわ…。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

9月17日開催予定でしたが、台風のため延期しました。
10月15日に改めて開催します。ご予約受付中です!

 

 

 

3年前、写真スタジオを運営する光画社さんと一緒に納涼イベント「幽宴その1」をやりました。小川未明の短編「森の暗き夜」を木村友昭さんのイラストとともにお届けする朗読ライブと、光画社のJyariさん撮影のフォトムービーに合わせた書きおろし物語。あと、医学部怪談。

その時の様子はこちら

普段はあまり…というか全然怪談やホラーと縁がなくて(なぜわたしに依頼した…!)、普段わたしの作品を読んでくれている人たちとは違う人たちもたくさん来てくれて、ここで出会って新たにつながった人もたくさんいる。
好評だったのでまたやりたいなと話してたのだけど、忙しさにかまけているうちにあっという間に3年が経ってしまった。
幽宴その1をやったスタジオは今はなくなり、新たに廃工場を利用したスタジオがオープンし、ますますご活躍の光画社さんと「幽宴その2」を開催することになりました。

というわけで、怪談の面白さとは何だろう・・・と、ずっと考えているのです。ただグロいだけのものはまた読みたいって思わないし、驚かせればいいというものではない。わたしは恐いものは苦手なんだけども、怖いのは苦手と言いつつも、霊とか信じていないところもあったりして、なんかやっぱりわたし無理じゃない? 何でわたしに依頼するのだ・・・と悶絶しておりましたが、それでもようやく怪談の面白さがわかり始めてきました。こんなことも起こるかもしれないという、少しだけずれた異世界を共有するというか、ふっと現実と非現実との境がわからなくなる浮遊感を楽しむのかもしれない。エレベーターで下降するときに、ふっと内臓がせりあがるような、あれ。

あとは土地と結びついた話が面白い。人は移り変わる。土地に物語が刻まれていて、そこをわたしたちは歩いて暮らして、物語を体で再生させる。

今回は、2部制。第1部は、大阪の土地に根ざした念と想を巡る観光家 陸奥賢さんの案内で、旧奈良街道を中心に歴史と怪異をめぐります。絶対面白い。
というか、さっきのさっきまで陸奥さんを60代くらいのおじさまだと思っていたけれど、30代のお兄さんでしたよ。

(・・・光画社の高田氏が、「私の知り合いに変わったおっさんがおってさ~」って適当な紹介するから)

陸奥賢さん
【プロフィール】
観光家/コモンズ・デザイナー/社会実験者。1978年大阪生まれ。ライター、放送作家、リサーチャーなどを経験。現在は「大阪七墓巡り復活プロジェクト」「まわしよみ新聞」「直観讀みブックマーカー」「当事者研究スゴロク」「歌垣風呂」「劇札」等を主宰。應典院寺町倶楽部専門委員。著書に『まわしよみ新聞のすゝめ』。


※陸奥さんがやっているまわしよみ新聞という試みを紹介した記事(面白そう!)
 

ライター放送作家…! そして数々のイベントの実行者!
こんな方の企画なんて面白いに決まってるじゃないか。
わたしも1部に行きたい。・・・けど、リハとセッティングがあるのでスタジオでお待ちしつつ、第2部にも陸奥さんはトークしてくれますよ。

第2部、わたしはフォトムービーに合わせて語ります。
今回はセーラー服は着ませんが、幽宴その1のときの特典ブロマイドが余っているので、その2に来てくれた人で希望者にはあげます。

恐いの苦手っていう人もたぶん大丈夫。わたしも苦手だから。

イベントのタイトル通り、恐いというより何か幽玄な気持ちになってくれればいいな。

幽宴その2
開催日 : 9月17日(日曜日) 10月15日(日)
時間 : 第一部 16時~ 近鉄河内永和駅二階改札前集合 徒歩で出発 一帯のスポットを巡ります
第二部 19時~ 光画社スタジオにて 21時頃まで

参加費 : 第一部 二千円  第二部 二千円 (両部通しは合計三千円)

募集人数 : 第一部 20名様 第二部 40名様 (定員に達し次第締め切りとなります)

第二部会場 : 光画社スタジオ(大阪府東大阪市)

最寄駅は地下鉄中央線「高井田」駅


イベントの詳細とお申し込みはこちらです!
http://www.takoland.com/kougasha/event

 

残り席少なくなってきました。
会いにきてください。よろしくお願いします。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

似合う色と好きな色は違う。たぶん、自分にないものを求めるんだろうな。

昔は服の方に自分が合わせてやるなんて思ってたけど、そんなモデルみたいな芸当はできないことに最近になってようやく気づいた。過去の写真を見ると似合ってない服ばかりでしょっぱい思いになる。でも中には似合ってるものがある。しかも、同じ青系でも似合うのと似合わないのがある。


似合う色を肌の色や目の色に合わせて4タイプに分けるカラー診断があって、自分ではなかなかわからないけど似合う色や似合わない色の一覧を見たら、どう見てもわたしはサマータイプだった。日本人に一番多いタイプらしい。サマーというと、はつらつとしたヒマワリみたいな女性を思い浮かべるけれどそうじゃなくて、爽やかな涼しげ系。


紫陽花の色。

緑っぽい水色とか、青っぽい緑とか、オフホワイトとか、ちょっとワイン色よりの落ち着いたくすんだ赤とかが得意。


ピンクとか黄色とか黒とか赤とか青とか紺とか、ぱっきりした色に憧れるのに、似合わないんだな。老けて見える。


でも、ないものねだりするより、自分の持ち味を生かして伸ばしたほうがいいと、ファッション以外の面では学んできているので、応用することにする。


そこまでたくさんある色じゃないので、お店の前を歩いていて、紫陽花の色の服があったら、わたしの色だ~って心の中で叫びながら近づいてしまう。そして骨格や体型の問題で、本当に似合う服って少ないということに気づいたので、似合ったら買う。


好きな色とは違うけどって思ってたけど、似合ったら嬉しくて、それがそのまま好きな色になる。


これは香港で買ったシルクのブラウス。写真じゃわかりにくいけど少し緑がかっている。夏になったのでようやく出番。


{D031DF06-821A-4557-8411-6CFDC6E467A6}

↑アプリの効果がすごい。もう自撮りもポートレートもへこむから嫌だ…と思いかけてきた最近ですが、このアプリなら撮った瞬間からつるつるすべすべ…現実を見なくて済む…。画像はイメージですって書いとこ。そしてショートヘアに見えるけど結んでます。


近況ですが、映画撮影はひと段落して(映像スーパーバイザーの下沢さんが鋭意編集中)、ライター仕事したり、新作小説の執筆したり、9月のイベントの準備をしたりしています。


幽宴2をやります。また詳しい告知はあとでしますが、残席少なくなってきたのでよかったらぜひ!


幽宴その2詳細&お申し込み


いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。