irie stylee

irie stylee

ラジオDJと主婦、好きな音楽を聴きながら家事を楽しもう!
そんな日々を紹介します。


テーマ:


昨日はバレンタインデーでしたね。

我が家では定番の行正り香さんの著書
「そうだお菓子を作ろう」に載っている
チョコチャンククッキーを作ることに。

この本に載っているお菓子はどれも
美味しくて、わりと簡単。
引っ張りだこの一冊です。


娘が学校から戻り、習い事までの間に
ラッピングして〜。

学校には持って行けないから、
習い事の先生にあげたい!と。

担当の女性の先生、
面白い男性の先生、
習い事が一緒の女の子、
そして学校のクラスが一緒で
習い事も一緒の男の子。

いや、最後の男の子は
どちらかというと私があげたいから。

いつも挨拶してくれて良い少年。

「あの子にもあげたら?」と提案すると
「いや、いや男だよ、男にあげたら
   勘違いされるから」と拒否な娘。

「いいじゃん、友チョコだよ」と私。
「じゃあ ママが渡せば?」と娘。

まあね、いいんだけど、
それ、微妙じゃない?
その少年も私が「はいっ」て渡したら
反応難しいだろうよ。


そんなやり取りがあり、
習い事も終わり、
娘にクッキーを渡したか聞いてみた。

娘は少年に
「友達だよ、友達だからね!」と強調し
渡したらしい。

そっか、そこ重要なんだね、、、。

で、少年はなんか言ってた?

「こっ、これは ヤバイ」
って言ってたよ。と。


少年!笑
それはどうゆう意味なんだ!?笑

ヤバイとは?!
手作りのクッキーが嫌いとか?

なんだろうな〜と思っていたら
今朝少年のお母さんからメールがきた。

「昨日は手作りクッキーありがとう。
   実は女の子からもらったの初めて
みたいで、友チョコと分かっていても
すごく嬉しかったみたい〜。」


なるほどー!
嬉しいのヤバイか!

可愛いーー。
可愛い過ぎかー。
胸がキュンキュンしちまうぜ。


これかー、息子を持つママたちの言う
キュンキュンは。

そりゃあ 可愛くてしょうがないね。
「ママ大好き」とか言われちゃったら
「ウチの坊ちゃんは誰にも渡さないざんす」
なママに私はなりそう。
ある意味、娘で良かった。笑


今日は学校で少年は娘に対して
ちょっとぎこちなかったりするんだろうか。

いいなー、バレンタインデー。


これから毎年娘と一緒に楽しませてもらおう。

テーマ:
気がつけばブログが放置状態。

いや、知ってたし、
むしろ気になってたし。

タイミング合えば書きたいことは色々。

人のブログは読んでるのに
自分のはなかなか進まず。

年末年始はバタバタで、
娘と旦那さんとインフルになって
今のところ、私は逃げ切れているが、
ちょこちょこ風邪をひいたり。
足の怪我はまもなく2ヶ月で、
ようやくテーピング生活が終わりつつある。

ほんと、今年は健康にいきたいわ。

最近、生命保険の見直しをしていてて
自分で資料を集めてもよく分からず、
「保険のなんちゃら」とか
そうゆう似たネーミングの3社に
それぞれ話を聞きにいってみた。

これが面白いことに、
それぞれに保険に対しての視点が違って

A社 担当 私より年上のおばさま

「病気して入院したらお金がかかりますよ〜、
  そんなあなたにはこんな内容で、
 こんなオプションあります」のてんこ盛り。

私、何才まで生きるの?仕事できるの?
病気になるのかな?
その後、ちょっと気持ちが不安定に。



B社  私より1つ年上の男性。
      塾の先生並みに質問形式で話してくる

担当者
「いま経済が伸びてるのって、どこの国だと
   思います?」
私「えー、えっと、中国ですかね、、、」
担当者「中国、それはなぜ?」
私「うーんと、なんとなくー」

損をすることが嫌と言ってた担当さんは
とにかく計算機をたたいて、
色々細かく計算してくれた。

「そもそも そんなに病気しますかね?」
という担当さん、保険はミニマムにした
方がいいという提案。

私は
「そうね、このまま大きい病気しないかもな」
と妙に楽観的になる。

C社

ファイナンシャルプランナー登場
私と同じ年の男性。

保険というより、お金をどう使うかな視点。

「なるほどなー」と思うことが多々あり、
勉強になった。

そして お金をこの先どう使って、
どう貯めていこうかという見直すきっかけにもなった。



どの面談も2時間は話を聞いたと思う。
そして結果的にC社に決めて
もうすでに契約もしたんだけど、
良いきっかけだったなと。

ミンゴスを始めて、
仕入れにお金が出るわりに
定期的にイベント開催できるわけでなく、
その分貯めてたらハワイに行けたかも
とか、いや、これから学費もかかるから
そんな浮ついた事ばかり考えてはいけない。
とか。

そもそもいつまで仕事を頂けるのか、
うん、今やってる仕事を
改めてきちんとやらなきゃと思ったり。

引き締まりましたね〜。苦笑


ちょっとだけ無駄使いが減った気がする。


無駄使いとは
なんとなく使ってるお金。

なんとなくのカフェでのお茶。
なんとなくの安い服。
なんとなくのスーパーでの買い物。


これほんとに必要?食べる?喉乾いてる?
と自分に問う。

でも花は買うし、CDも買う、
お菓子も高くつくけど手作りしたい。

バランスだなーと。


この年になって
初めて感じたこと。

散々浪費した20代、30代があったからこそ
わかったのかもしれない。

10年後の自分って、、、

20代、30代の頃には思わなかった不安が
押し寄せてくる。

そんな話をママ友にしたときに彼女が言った。

「へー、私なんか10年後の自分を想像した時、
今と変わらず主婦なんだろうなーと
しか思うわないけど、逆に10年後はどうなってる
か?って色々考えられるなんてワクワクするね!夢があるっていいね」と。


そうか、そうも考えられるのか。

人生折り返し地点を過ぎたか、手前だか
分かんないけど、それなのに夢みることがある。

やってみたい事もまだまだいっぱいある。


今年はどれだけやれるかな〜。
ワクワクがまずは元気の源ですね。

なるだけブログも更新しなきゃだな。笑





  

テーマ:
残すところあと2日ですか、2018。

今月に入ってから早かったなー。
色々やりたかった事があったのに。

わりと家にこもりがちの一ヶ月でした。

なぜなら

娘、インフルエンザになる!
私、足の指の骨を痛める!

この二本立てですよ〜。涙

娘のインフルエンザは症状も軽かったし、
学校休んで家にいたけど
「どこかに連れていって」とも言われないし、
家が好きな私は その間に小掃除したり
まあ、やり過ごせましたよ。

しかしですね、自分の足の負傷は、、、。

そもそも始まりは
インフル明けで学校に登校した娘を
送り出し、「わーい、久々のひとり時間」
「ゴロゴロしてテレビでも見るかー」
とワクワクと台所にお茶を取りに行ったら

ぐぎっ、いや がぁつっ、

普通の椅子でなくて
頑丈なチャイルドチェアに足の指をぶつける。

いったぁー    と思った直後は
そんなに痛くなかったんだけど、
腫れてきて、なんか痛いかもしれない、、、
と思って、旦那さんに見てもらって
テーピングをしてもらった火曜日。

そう 火曜日は娘が終業式でした。
それで冬休み突入。

水曜日の朝にお風呂から上がって
テーピングをとったら
昨日より腫れてるし、皮膚は紫色だし、
やはり病院に行こうと思い診察へ。

結果 
レントゲンによると
足の指の第1関節が見えてないので
ヒビというか骨が欠けてるというか
部類で言うと骨折ではあると。

人生初めての経験、骨折。

ちょっとなぜか嬉しい。
一瞬だけ。

この年になって
「人生初めてのこと」があると
それがネガティブなことであっても
ニヤけしてまうのは
職業柄、ネタが増えたと思ってしまうから
だろうか。

そんなニヤケ顔もすぐに消える。

先生「完治するのに三ヶ月くらいですね」

えっ、さ さん 三ヶ月?!
春じゃん、春。
そんな季節が変わるくらいの時間が
かかるのか 骨ってやつは。

風邪とか体調悪いときって
とりあえず薬飲んで寝たら治る。
私は寝るのが好きだし、
寝て起きて、少しずつ体が軽くなる
あの感じは気持ちが良い。

しかしよ、骨は
寝て起きてもあんまり変わらない。
もどかしい。もどかしいのよ!

そしてたかが足の指を負傷したくらいで
日常生活がこんなに不便になるなんて!

歩くときは
左足のかかとを地につけて
つま先を浮かすスタイル。
これが腰にくるんだわ。

そして これから来る
バーゲンの時期にテキパキ歩けず
試着できないというのは
かなり痛い。色々痛い。

なんといっても
熊本の実家は店兼自宅の三階建て。
三階まで階段だし。

あー、足って、足って 大事。

ちゃんと前を向いて歩こう。
そして足が治ったら
新しい靴を買おう!と思ったのでした。


これから今年最後のラキミです。
また同じ話するけど。笑

よろしくお願いします。

Ameba人気のブログ