*おいしいしあわせ*

ごはんを食べるのは毎日のこと。

私はどんなに疲れていても、よっぽどのことがない限りごはんを毎日作ります。

それは多分、私自身が「家ごはん」が好きだから。


このブログでは、そんな忙しい日々でも

できるだけ作り易く簡単に作れるレシピを紹介しています♪

1品だけでもいいから、手作りのものをお家で囲んで食べてみてください。

手作りのものってやっぱり格別です。

きっと「おいしいしあわせ」の笑顔がこぼれますっ!(*^o^*)

 

Bonjour.

 

少々ご部沙汰してしまいました。

なんだかこの夏、バタバタしておりました。

コロナ渦の中、良いバタバタ。

 

あっという間に9月になろうとしていますね。

夏が恐ろしい速さで過ぎて行って

なんだか寂しさもありつつ、

早くこの暑さ過ぎ去ってくれと思ったり。

 

もう家でも職場でも

「暑い」ばかり聞こえるこの頃。

漏れなく私も言ってますが。

 

 

 



 

今日は定番なすの揚げ浸し。

油との相性が良い野菜はたくさんあるものの

なすってやっぱり断トツ1位な気がする。

もはや、なすと油ってニコイチ。(昔プリクラの落書きに書いてたなぁニコイチ)

 


冷たくして食べるのが好きなのだけど

なすってもともと身体を冷やす野菜なんですよね。

夏はそれが良かったりもするのですが

冷え性な自分のために(笑)

生姜をたっぷり入れてみました。

お好みで夏の香味野菜もトッピングしたら

香りも味も相性抜群。

 


 

そして、なすと油はニコイチ!とめっちゃ断言しておきながらだけど

なすの油の吸収率ってもんのすごくて。

油のことが大好きななすは

ものすごい勢いで吸うんですよね。

そうすると油っぽかったりカロリーもグンと上がって

食べにくい方もいるので(代表者私。)

揚げた後に一度油抜きするのが

ワンポイントです。

とはいえ熱湯をかけるだけという簡単ひと手間。

これだけで煮あがりの質がだいぶ違います。

 

よく冷やしてご飯にもビールにも!

 

 



生姜たっぷりなすの揚げ浸し

(2人分)

・なす …大2本(1本130gくらい)

・生姜 …1片

A出汁(※)、みりん …各大さじ3

A醤油 …大さじ2

A砂糖、酒 …各大さじ1

・揚げ油、大葉の千切り、みょうがの輪切り、白ごま …各適量

 

(※)出汁は水大さじ3+顆粒和風だし軽くひとつまみでもOK

 

 

1. なすは縦半分に切り皮目に斜めに切り込みを入れて3~4cm長さに切る。生姜は半分はすりおろし残りは千切りにする。油抜き用の湯を適量沸かしておく。

 

2, 170度の油でなすを皮目からじっくり揚げる。両面しっかり揚がったらバットに付属の網またはザルに取り出して並べてシンクに置き、沸かした湯を回しかけて油抜きする。

 

3. 鍋にAと1の生姜を入れて火にかけふつふつしてきたら水気をきったなすを入れて中火で1~2分煮る。火を止めて粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やし食べる前に大葉、みょうが、ごまを好みでトッピングする。

 

 


 

生姜の香りがまたいい仕事してます。

実はこれ、

何年か前に

一度紹介していたレシピを

改良したものです。

久しぶりに少し直しも入れつつ作ったら

おいしかった~。

残暑厳しい今にぴったり。

よかったらぜひおためしください◎

 

 

Instagramもやっています。→@kanarecette

 

 


 

レシピブログランキングに参加しています。

↓ポチっと応援よろしくお願いいたします◎↓